2018年02月03日

2月3日は「節分」。

煎った豆を撒いて邪気(鬼)を追い払い、無病息災を願う日。鬼は外〜 福は内〜」


「鬼門は近寄らず荒れるに任せるが吉、触ることは凶。」という。
人間関係も同様かもしれない。
「鬼は外〜 福は内〜」

鬼門は手入れをしたり近付いたりすれば凶事を招くとして、
敷地の北東の「角部分」は雑地のままに放置して、庭として手を入れないらしい。 https://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00514/

posted by koinu at 09:42| 東京 ☀| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

渡辺直美、Gap世界展開“日本代表”に グラミー賞候補SZAと踊る

渡辺直美、Gap世界展開“日本代表”に グラミー賞候補SZAと踊る  
お笑い芸人の渡辺直美が、米アパレルブランド・Gap(ギャップ)が展開する新コレクション『Logo Remix Collection』のグローバルキャンペーン映像に日本代表として出演する。29日(日本時間)から世界同時公開される。


 Gapの歴代ロゴをリミックス(再編集)し、Tシャツやパーカーなどに使用した『Logo Remix Collection』が日本時間30日(オンラインストアでは29日先行)に世界で発売されることを受け、グローバルキャンペーンを実施。キャストには、音楽、演技、コメディー、社会活動などの分野で自身の確固たる表現を確立し、それぞれの方法でクリエイティブカルチャーの“リミックス”を実践している男女9人が起用された。 
 NEWS24 日本


posted by koinu at 16:27| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

氷は滑るのだ!

562107ED-F5D8-4859-B049-72850E7FFD1F.jpgA117B333-1BF2-42E6-A2EF-F910413D7059.jpg
posted by koinu at 13:54| 東京 🌁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

氷が滑る理由 いまだ未解明

  2018年1月後半の大寒波では日本海側だけでなく関東地方にも雪が降り、転倒や車のスリップなどで700人以上がケガ(*1)をしました。
 それは氷という物質(H2Oの固体状態)の持つ、ある特殊な性質からくるものでした。それが「滑る」です。
 もちろん、鉄板の上に水や油が撒かれていれば滑りますが、乾いた鉄板であればいくら寒かろうが熱かろうが、滑ることはありません。でも氷は、水が撒かれてなくとも滑るのです。なぜなのでしょう。


 他にも氷は、他の物質にない特殊な性質をいろいろ持っています。その2つ目が「増える」です。ふつうの物質は、液体から固体になるとき、体積が減ります。たとえば溶かしたパラフィン(洋ロウソクの原料)を、コップに入れて冷やしていくと真ん中が大きく凹みます。体積が15%も減るからです。

 でもH2Oの場合には逆です。固体(氷)になると体積が10%増えるので、液体(水)に浮くようになります。



posted by koinu at 13:10| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ大豆でまめ撒き・恵方巻きの方角とは


なぜ大豆で豆まきするのか

恵方巻きの方角の決め方とは



posted by koinu at 09:24| 東京 ☁| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

皆既月食の観測スケジュール

日本で皆既月食が観測できるのは2015年4月4日以来約3年ぶりとなります。

観測スケジュール 国立天文台から
1月31日夜の皆既月食
20:51     欠けはじめ
21:51     皆既食の始まり
22:29     食最大
23:08      皆既食の終わり
2月1日0:11部分食の終わり


「皆既月食」気になる天気は…

1月31日は皆既月食。ちょっと道具を揃えてスマホできれいに撮影してみよう!

posted by koinu at 11:32| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

運慶は1151年頃生まれの仏師

平安末期から鎌倉初期にかけての仏師で、写実的な仏像の様式を確立した。

鳥羽上皇が院政を敷いていた時代に、仏師 康慶の息子として生まれました。

康慶は奈良の興福寺を拠点とする集団「奈良仏師」に属しましたが、1170年頃より独立して「慶派」と呼ばれる仏師集団を創設します。「円派」「院派」ら京都を拠点としていた仏師集団に比べてマイナーな存在でありました。


運慶は康慶の嫡男で、後継者として育ちました。運慶の最初期の作品として知られているのが、円成寺大日如来坐像です。運慶25歳頃の作品で、当時主流の単純化・理想化された様式「定朝様」と比べ、写実的な布の表現や、肉感的な顔が特徴となっています。


1180年、平清盛の命によって東大寺、興福寺が焼き討ちに遭います。間も無く清盛が亡くなると、朝廷は藤原兼光を長官として興福寺の再興に乗り出します。そこで運慶は、父・康慶らとともに存在感を発揮しました。

1185年に壇ノ浦の戦いで平家が滅亡すると、運慶への依頼主には北条時政、和田義盛ら鎌倉幕府の重鎮が増えていきます。



【運慶の作品】

運慶の代表作として知られるのが、東大寺金剛力士像。

高さ8メートルを超える巨像であり、運慶、弟の定覚、息子の湛慶、そして運慶と並ぶ名仏師である快慶の4人が中心となり、1203年に作り上げました。写実的な筋肉の表現や、勢いのある布の描写が特徴です。興福寺無著菩薩・世親菩薩像。肖像彫刻としても日本史上の傑作として知られます。


1203年、運慶は僧侶として最高の位である法印に就任。奈良仏師としては初の快挙であり、名実ともに当代最高の仏師として知られるようになります。その後、武士の力が強まっていくに従い京都を拠点としていた円派・院派は全国に散逸し、慶派の勢力が拡大。

運慶は1224年に亡くなるまで、江戸期まで続く慶派の礎を築いたのでした。


posted by koinu at 09:19| 東京 ☁| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

特別展  運慶―鎌倉幕府と霊験伝説―

日本を代表する仏師 運慶と鎌倉幕府との関係や、運慶仏が霊験あらたかなものとして信仰されたことに注目して関連作品を展示紹介。


平成23年春の金沢文庫、昨年秋の東京国立博物館の「運慶展」に続き、本展示をご覧になることで運慶の全貌が明らかになるでしょう。 

 2D8AF955-5C31-475A-A3A4-E414DCC002D3.jpg   

主催 神奈川県立金沢文庫/朝日新聞社/文化庁

会場 神奈川県立金沢文庫

会期 平成30年1月13日〜3月11日


posted by koinu at 17:12| 東京 ☀| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運慶のミニアチユア

280EB062-5946-420B-91A6-C3ACEE14386E.jpgB2F6A593-AF73-493C-9E28-081785313703.jpg1051F73D-6A30-4B84-8136-9A35FCAED14F.jpg

運慶展の会場でガチャコーナー300円。
posted by koinu at 12:13| 東京 ☀| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

ペンギンタロット」の世界へ・・・

タロットカードは不可思議なシンボルが描かれて、これらキーワードを繋ぎ合わせることでタロットは世界の側面を照らし出すとことができる。漠然とした無意識の断片が、元型のイメージとしてのカードによって具現化され、その人固有の無意識の形を喚起させる。 

52CCDF4B-9668-442E-9FD4-7A9882C251DD.jpg
◆非合理的なシンボルやイメージこそが、無意識の世界を解く鍵。 

◆無意識の領域に存在して無意識に人を動かす全人類に共通する心理パターン。このパターンが自然界にもあったことを符合させた図形こそタロット。 無意識の中にあるものを喚起させ、導き出されたキー  ワードを解釈することでその人だけに当てはまるパターンがある。

◆“シンクロニシティ(共時性)”という無意識の領域にあるものと現実の世界に起こることには一種のアナロジーが存在し、人が偶然として片付ける出来事も、すべては無意識の中にある原因により必然的に起きている。

◆自分の無意識を知ることで、これから自分の身に起こることや、未来に起こる出来事を予測することができる。

9CD790D5-31DE-44D4-A47C-C9F53B72F9F6.jpg
◆タロットは普遍な無意識を発掘する道具であり、その無意識を意識化する手段として、占い師が相談者の未来を予測する際に行うカード解釈は、まさしく医師が患者に質問を出して、その内容から医学的に解釈し、患者の精神状態を推測しながらカウセリングを行う心理学の手法そのものです。


◆大アルカナ22枚組・解説書付 
◇Amazonにて「ペンギンタロット」を限定販売中。
シリアルナンバー入り。800部のみ再販予定なしです。


C4D8021F-2D8E-41B4-9534-B0F257000D3A.jpg
「ペンギンタロット」の世界へ・・・」  http://koinu.cside.com/
posted by koinu at 20:00| 東京 ☁| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする