2017年07月16日

Cool In The Pool / Cool In The Pool / Holger Czukay

雨の午後に聴けば、音楽以外にもイメージ拡大する曲。Canのベーシストだったホルガー・チューカイのソロ作品。

アヴァンギャルドだけれども、とっても愛嬌あるポップソングにも思える、不思議なサウンドコラージュ技法。
ほとんど映像作品に近い感覚でカッテングされて、動物園に迷いこんだ世界が体現される絶妙音楽。

ディヴィッド・バーン/ブライアン・イーノの「My Life in the Bush of Ghosts」に似た音かもしれない。

posted by koinu at 14:20| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

『おそめ』石井妙子(新潮文庫)

かつて銀座に川端康成、白洲次郎、小津安二郎らが集まる伝説のバーがあった。その名は「おそめ」。マダムは元祇園芸妓。小説のモデルとなり、並はずれた美貌と天真爛漫な人柄で、またたく間に頂点へと駆け上るが―。

私生活ではひとりの男を愛し続けた一途な女。ライバルとの葛藤など、さまざまな困難に巻き込まれながらも美しく生きた半生を描く。隠れた昭和史としても読める一冊。

82E67D0A-8397-4263-B802-AEB8F81A21AD.jpg

〔本文より〕

両手を押し開けた扉につけたまま、いかにもドアが重たかったと言いたげに身体をわずかに預けて、ただ立っている。しかし、その立ち姿には隙がなく、しかも、人を誘い込むような柔らかさであった。

茄子紺の薄絹がやさしい線を描いて、ほっそりとした姿態を包んでいた。襟元は深く合わされ、襟を詰めて少しもき崩れたところがない。透けるように白い顔、昔はさぞやと思わせるつややかな髪は、左右にきっちりと分けられ後ろで小さく髷にされていた。顔は能面のように表情がなかったが、不思議と冷たさは感じさせない。

おそめ、その人に違いなかった。

それにしても、なんと小柄で可憐であることか。いや、何より私を強くとらえたのは彼女の全身に漂う透明な空気だった。少女のよう、という言い方では不満が残る。友が言った「何かの精のよう」という言葉が、まざまざと思い出された。

  • 序章 出会い おそめ―伝説の銀座マダム (新潮文庫)より
  • 読んでいて人が生きた時へ、すんなりと入れる安心感あるドキュメントだった。著者の代表作を全て読書したくなったのでAmazonで注文した。

石井妙子  1969年、神奈川県茅ヶ崎市生れ。白百合女子大学卒。同大学院修士課程修了。’97年より、毎日新聞囲碁欄を担当。囲碁の記事を書く傍ら、約5年の歳月を費やして『おそめ』を執筆。綿密な取材に基づき、一世を風靡した銀座マダムの生涯を浮き彫りにした同書は高い評価を受け、新潮ドキュメント賞、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補作となった。


「おそめを歩く 京都編」

昭和20年代から昭和40年前半に京都木屋町、東京銀座にあったバー。京都祇園出身の上羽秀ママが経営して、文化人、政治家、経済人に絶大な人気があった。

http://www.tokyo-kurenaidan.com/osome1.htm

posted by koinu at 11:50| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

『小池百合子研究 父の業を背負いて』

ノンフィクション作家の石井妙子さんが注目するのは、父・勇二郎の小池氏への影響。「意外なほど家族については語られていない。『山師』『嘘とはったりの人』と呼ばれた破天荒な父のもとでいかに育ったのか。」

DD3ED1DB-4542-46BB-A760-291501377A21.jpg

〈関西にはいたくない。破産するかもしれない親がいる。その波をかぶらないように、自分で自分を養い、生きていかなくてはならない。そう考えたとき、彼女は決断し、カイロへと渡ったのではないだろうか(略)彼女のサバイバルな、挑戦し続ける人生はここから始まっている〉『小池百合子研究 父の業を背負いて』本文より


『小池百合子研究 父の業を背負いて』「新潮45」1月号掲載

https://www.dailyshincho.jp/article/2016/12270810/?all=1


『文藝春秋』今月掲載の石井妙子さん「男たちがみた小池百合子という女」が素晴らしいドキュメント作品になっております。


4ADD288E-3DE6-492D-8F00-D103CC1CA60D.jpg

なかなか優れたドキュメントです。この記事のために『文藝春秋』を買いました!

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/75944/74549/114908810

posted by koinu at 10:58| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

港のオアシス

670DA0C3-D95F-42CB-B2C2-F9842468156F.jpg
ゆったりできる場所を求めて
posted by koinu at 09:26| 東京 ☀| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

港みらい

2206BA35-B617-4D22-8D73-149E42DC24E6.jpg
港を迂回する船舶など動いている。
posted by koinu at 17:00| 東京 ☀| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

「安倍離れ」女性顕著…支持率30ポイント下落

39E4F622-D326-4DB0-A5E3-CE24EA87F35F.jpg                            

読売新聞社の全国世論調査では、性別や年代を問わず、「安倍離れ」が広がっている実態が浮き彫りとなった。

 内閣支持率は、今年に入り最も高かった2月の66%から約5か月間で30ポイント下落した。2回前の調査(5月調査)からの下落幅でみても25ポイントとなり、2008年10〜12月に麻生内閣で46%から21%に下がったときと並ぶ急落ぶりだ。

 男女別にみると、女性で厳しい見方が顕著に表れた。女性の内閣支持率は、前回(6月調査)からマイナス18ポイントの28%に下落。専業主婦に限っても、マイナス18ポイントの27%とほぼ同様だった。男性はこれまで支持率が比較的高く、前回は支持53%が不支持40%を上回っていたが、今回は支持45%と不支持46%が拮抗きっこうした。


   2017年07月10日     読売新聞

posted by koinu at 09:05| 東京 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

『不合理ゆえに吾信ず』埴谷雄高〔現代思潮社〕

――私が ≪自同律の不快≫

と呼んでいたもの、それをいまは語るべきか。

-------------------------------------

――さて、自然は自然において衰退することはあるまい。

(p14-15)


――薔薇、屈辱、自同律――
つづめて云えば俺はこれだけ。

28A68ADB-F6D8-426B-9139-E88D18A0C830.jpg

埴谷雄高が同人誌『構想』(昭和14(1939)年〜昭和16(1941)年発行)に発表したアフォリズム集。『死霊』の原型となる諸観念が其処に早くも既にして、描出されているという。


これはアフォリズム集ではなく、散文詩集ではないかという見解もあるが、《自同律の不快》の発芽が示されている濃厚な発案プログラムといえる。輝かしい原石となる必須の一書。

8AB57D7A-E68B-4B6E-B924-9EBD3755B8A4.jpg

-------------------------------------

私はしばしば想いなやむのであるが、不快の裡に棲むものは論理と詩学のみであろうか。
翅よ、翅よ、誰がここから飛びたつであろう。(p16-17)


『不合理ゆえに吾信ず』埴谷雄高〔現代思潮社〕
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『埴谷雄高作品集』のすすめ

長編小説『死霊』は作者が生涯のライフワークとされた作品であるために、年代ごとに様々なバージョンがある。現在は全集として完行未然に近く、講談社版は高価であるために、書店や図書館にも全巻閲覧は困難となっている。


すでに刊行された『埴谷雄高作品集』(河出書房新社)は、比較的に埴谷書物では文庫本より安価入手となっている。政治論文やエッセイなど多すぎるとおもわれるが、代表作はこれで読めば充分な読書となるだろう。

第2巻『短篇小説集』は『死霊』以外の文学作品から、『不合理ゆえに吾信ず』と密度の高い小説が選ばれている。目次を見ると驚愕する内容。Amazonで300円以下から販売されている、単品オススメの一冊。



030F5B03-2CB9-4E7A-8509-D12BA1E481F4.jpg


『埴谷雄高作品集』全15巻・別巻1巻(河出書房新社、1971.3〜1981.1)

*第10巻は未刊。



第1巻 死霊 1971.3.25

 

死霊…………………………………………… 7

*『死霊』考(吉本隆明)……………… 295

*解題(白川正芳)……………………… 313

 



第2巻 短篇小説集 1971.8.15

 

不合理ゆえに吾信ず………………………… 7

虚空……………………………………………93

意識………………………………………… 123

深淵………………………………………… 149

闇のなかの黒い馬………………………… 171

宇宙の鏡…………………………………… 179

夢のかたち………………………………… 187

神の白い顔………………………………… 195

影絵の世界………………………………… 205

*意識を主題とする小説(秋山駿)…… 357

*解題(白川正芳)……………………… 377

 



第3巻 政治論文集 1971.6.30

 

序詞―権力について……………………… 7

政治のなかの死………………………………17

憎悪の哲学……………………………………29

敵と味方………………………………………42

組織と闘争と敵………………………………62

目的は手段を浄化しうるか…………………65

暴力考…………………………………………80

暗殺の美学……………………………………87

沈黙について……………………………… 101

デモについて……………………………… 103

選挙について……………………………… 109

棄権について……………………………… 115

反議会主義について……………………… 117

埴谷雄高氏への公開状(吉本隆明)…… 120

自立と選挙………………………………… 125

党と大衆団体について…………………… 131

六月の《革命なき革命》………………… 136

自己権力への幻想………………………… 147

死者の哀悼者へ…………………………… 152

象徴のなかの時計台……………………… 156

永久革命者の悲哀………………………… 165

革命的志向なき革命的人間について…… 191

指導者の死滅……………………………… 204

革命の意味………………………………… 221

抑圧の武器と反逆の武器………………… 235

死滅せざる「国家」について…………… 246

戦争と革命の変質の時代………………… 260

革命の変質………………………………… 266

*埴谷雄高の政治観(鶴見俊輔)……… 279

*解題(白川正芳)……………………… 293

 



第4巻 文学論文集 1971.12.20

 

序詞―寂寥………………………………… 9

存在と非在とのつぺらぼう…………………15

夢について……………………………………27

可能性の作家…………………………………38

不可能性の作家………………………………53

夢と想像力と…………………………………65

存在と想像力…………………………………68

思索的想像力について………………………74

夢と人生………………………………………79

観念の自己増殖………………………………83

還元的リアリズム……………………………94

迷路のなかの継走者……………………… 105

何故書くか………………………………… 110

あまりに近代文学的な…………………… 117

カントとの出会い………………………… 124

現実密着と架空凝視の婚姻……………… 128

『散華』と《収容所の哲学》…………… 140

埴谷雄高氏へ(高橋和巳)……………… 145

埴谷雄高氏への手紙(真継伸彦)……… 150

論理と詩の婚姻について………………… 159

「政治と文学」について………………… 165

決定的な転換期…………………………… 171

椎名麟三…………………………………… 177

武田泰淳…………………………………… 184

梅崎春生の挿話…………………………… 191

踊りの伝説………………………………… 195

『崩解感覚』の頃………………………… 203

三島由紀夫………………………………… 206

詩人の或る時期…………………………… 212

酒と戦後派………………………………… 217

異常児荒正人……………………………… 239

本多秋五…………………………………… 246

原民喜……………………………………… 250

原民喜の回想……………………………… 255

絶望・頽廃・自殺………………………… 260

大井広介夫人……………………………… 268

「近代文学」創刊まで…………………… 277

「近代文学」同人拡大の頃……………… 306

「近代文学」と「中国文学」…………… 311

終章―想像力についての断片…………… 315

*見てしまつた男の夢(井上光晴)…… 325

*解題(白川正芳)……………………… 339

 



第5巻 外国文学論文集 1972.5.15

 

序詞―隕石………………………………… 7

ドストエフスキイと私………………………10

ポオについて…………………………………24

サドについて…………………………………34

ドストエフスキイの方法……………………48

ドストエフスキイの位置……………………54

ドストエフスキイに於ける生の意味………67

ドストエフスキイの二元性…………………75

三冊の本と三人の人物………………………85

一冊の本『白痴』……………………………88

私の古典………………………………………91

読者と作中人物………………………………93

若者の哲学……………………………………96

ラムボオ素描……………………………… 105

ニヒリズムとデカダンス………………… 122

メフィストフェレスの能動性…………… 135

モンテーニュとパスカル………………… 139

ルクレツィア・ボルジア………………… 142

二十世紀文学……………………………… 165

二十世紀文学の未来……………………… 168

証人エレンブルグ………………………… 175

権力の国境………………………………… 188

悲劇の肖像画……………………………… 198

転換期における人間理性………………… 215

自由とは何か……………………………… 233

自閉の季節………………………………… 256

宇宙のなかの人間………………………… 269

黒いランプ………………………………… 284

*埴谷雄高の「場所」(大江健三郎)… 291

*解題(白川正芳)……………………… 301

 



第6巻 随想集 1972.2.20

 

序詞―アンケート………………………… 9

あらゆる発想は明晰であるということについて……12

平和投票………………………………………26

即席演説………………………………………41

内界の青い花…………………………………49

叔父の心臓……………………………………52

闇のなかの神仙………………………………58

緑いろのヴェニュス…………………………64

心臓病について………………………………68

煙草のこと……………………………………75

論理と詩との婚姻……………………………87

闇………………………………………………93

或る時代の雰囲気………………………… 104

農業綱領と『発達史講座』……………… 112

雑録ふうな附記…………………………… 119

歴史のかたちについて…………………… 135

戦争の時代………………………………… 146

海鼠塀の想い出…………………………… 168

潔癖症……………………………………… 174

断崖病……………………………………… 177

断崖病について…………………………… 179

精神病型…………………………………… 184

臓器感覚…………………………………… 186

闇のなかの甘美な推理…………………… 191

アンドロメダ星雲………………………… 194

光速者……………………………………… 199

仰寝………………………………………… 201

腕組み……………………………………… 204

うえ谷とむこう坂………………………… 207

安吾と雄高警部…………………………… 209

無言旅行…………………………………… 212

講演嫌い…………………………………… 216

野球の悲劇性……………………………… 219

ファン気質………………………………… 222

ニヒリスティックな選手………………… 224

無記憶型…………………………………… 226

短波放送…………………………………… 230

ハイマートロス…………………………… 232

古い映画手帖……………………………… 234

映画の無気味さ…………………………… 255

冬の扇……………………………………… 259

単性生殖…………………………………… 261

ファウストの実現………………………… 263

ベビー・ママ……………………………… 266

裸体の世紀………………………………… 269

乳房について……………………………… 273

性的人間…………………………………… 277

文学者の性理解…………………………… 280

箴言の記憶………………………………… 300

パネルの上の黒いランプ………………… 304

*「反埴谷雄高」論(倉橋由美子)…… 313

*解題(白川正芳)……………………… 329

 



第7巻 戦後文学論集 1 1978.9.30

 

序詞―アンケート 戦後の小説ベスト5……11

自然と存在……………………………………13

廃墟からの出発………………………………30

廃墟の頃………………………………………43

新しい価値転換………………………………52

椎名麟三の歩み………………………………62

椎名麟三のアイロニイ………………………65

椎名麟三の心臓病……………………………67

ドラマの原型…………………………………70

飢えの季節……………………………………72

ニヒリズムの双生児…………………………81

野間宏小論……………………………………84

『青年の環』第一部…………………………94

『青年の環』第二部……………………… 101

『青年の環』……………………………… 105

武田泰淳…………………………………… 110

見えすぎる洞察者………………………… 119

未知を見るもの…………………………… 132

武田泰淳小論……………………………… 136

『異形の者』……………………………… 142

『風媒花』………………………………… 144

『森と湖のまつり』……………………… 148

『貴族の階段』…………………………… 153

『「愛」のかたち』の頃………………… 159

武田泰淳の変化…………………………… 162

武田泰淳の苦行…………………………… 165

『俘虜記』………………………………… 167

大岡越前探偵と私………………………… 173

感覚人、島尾敏雄………………………… 176

はじめの頃の島尾敏雄…………………… 178

島尾敏雄を送る…………………………… 181

『われ深きふちより』…………………… 183

『硝子障子のシルエット』……………… 185

中村真一郎について……………………… 187

中村真一郎のこと………………………… 189

匂いと色と響き…………………………… 192

結核と私達………………………………… 193

水平志向の成熟…………………………… 196

『禁色』を読む…………………………… 204

三島由紀夫『私の遍歴時代』…………… 209

花田清輝『復興期の精神』……………… 211

『錯乱の論理』…………………………… 213

ショック療法……………………………… 214

中村光夫と戦後派………………………… 216

中村光夫『想像力について』…………… 219

「ツクエ」探偵…………………………… 221

平野謙の円熟……………………………… 224

本多秋五…………………………………… 230

売れない賞………………………………… 232

『物語戦後文学史』……………………… 235

強い芯を備えた隠者……………………… 237

純粋日本人、藤枝静男…………………… 239

無言の業…………………………………… 241

荒正人……………………………………… 243

荒エレクトロニクス……………………… 247

ストゥルトゥス、ポリティクス………… 250

十九年間の変遷…………………………… 252

「近代文学」の思い出…………………… 256

お喋り族兼推理族………………………… 259

還暦祝い…………………………………… 263

想像力について…………………………… 266

記録型の芸術と渇望型の芸術…………… 280

「難解」と私……………………………… 288

宇宙型と神人型…………………………… 290

竹内好……………………………………… 293

国士竹内好………………………………… 295

竹内好『魯迅』…………………………… 297

*〈戦後文学の党派性〉の底に(桶谷秀昭)…… 299

*解題(白川正芳)……………………… 311

 



第8巻 戦後文学論集 2 1978.11.25

 

序詞―事実と真実についての断片………13

招かれざる酒客………………………………20

田村隆一の姿勢………………………………22

田村隆一『言葉のない世界』………………24

黒田喜夫頌……………………………………29

安東次男『澱河歌の周辺』…………………34

木下順二『ドラマの世界』…………………37

加藤周一『ある旅行者の思想』……………43

長谷川四郎の四季……………………………45

不思議な哲学者………………………………47

古賀剛のこと…………………………………50

中薗英助のこと………………………………53

石川淳の顔……………………………………57

安部公房のこと………………………………60

安部公房『壁』………………………………64

『第四間氷期』………………………………68

存在のどんでん返し…………………………70

吉本隆明の印象………………………………72

安保闘争と近代文学賞………………………76

『芸術的抵抗と挫折』………………………80

江藤淳『作家は行動する』…………………83

『小林秀雄』…………………………………86

現代的知性の構図……………………………89

江藤淳のこと…………………………………95

堀田善衛と開高健………………………… 114

龍の法螺…………………………………… 119

開高健『過去と未来の国々』…………… 122

抵抗のなかの自立………………………… 125

全身小説家、井上光晴…………………… 128

井上光晴の「最高!」…………………… 131

井上光晴『書かれざる一章』…………… 134

『虚構のクレーン』……………………… 136

『死者の時』……………………………… 138

『地の群れ』……………………………… 140

立原正秋の印象…………………………… 142

中井英夫『虚無への供物』……………… 144

推理小説と探偵小説……………………… 145

いいだ・もも『斥候よ 夜はなお長きや』…… 147

闇のなかの一本の蝋燭…………………… 149

森崎和江と第三の性……………………… 152

辻邦生のこと……………………………… 153

青年辻邦生………………………………… 155

木星人、北杜夫頌………………………… 158

百の顔と百の心…………………………… 160

北杜夫の「びつくり顔」………………… 162

『夜と霧の隅で』………………………… 164

『楡家の人びと』………………………… 169

小川国夫の人徳と文徳…………………… 172

倉橋由美子『人間のない神』…………… 174

渋沢龍彦…………………………………… 176

『黒魔術の手帖』………………………… 178

『毒薬の手帖』…………………………… 180

『神聖受胎』『犬狼都市』……………… 182

『サド侯爵の生涯』……………………… 185

『夢の宇宙誌』…………………………… 187

栗田勇のコレスポンダンス……………… 190

苦悩教の始祖……………………………… 193

『悲の器』の頃…………………………… 199

『憂鬱なる党派』の時代………………… 204

『憂鬱なる党派』………………………… 207

真継伸彦の苦渋…………………………… 209

現代の六無斎……………………………… 212

現代の行者、小田実……………………… 215

石堂淑朗のこと…………………………… 217

青年大江健三郎…………………………… 221

大江健三郎『ヨーロッパの声・僕自身の声』…… 224

『個人的な体験』………………………… 226

対立者の論理……………………………… 228

ロビンソンの読書………………………… 234

批評基準の退化…………………………… 241

長篇の時代………………………………… 248

灰色の人生………………………………… 252

自己消費の情熱…………………………… 256

政治の周辺………………………………… 260

闇のなかの思想…………………………… 266

価値転換への試み………………………… 272

多様さの傾向……………………………… 275

私小説との距離…………………………… 278

微笑と残虐の謎…………………………… 281

堅固な実体感……………………………… 284

現実と観念………………………………… 287

二つの傾向………………………………… 290

構成と思想の図式………………………… 293

インテリゲンチャ論……………………… 296

短篇への要望……………………………… 299

《なし崩し》の季節……………………… 301

社会主義のなかの「罪と罰」…………… 306

純文学の建設見積書……………………… 311

*一冊の書物(日野啓三)……………… 317

*解題(白川正芳)……………………… 327

 



第9巻 戦後文学論集 3 1979.5.10

 

序詞………………………………………… 9

太宰治、追悼…………………………………11

堀辰雄…………………………………………13

癌とそうめん…………………………………17

高見さんのサーヴィス………………………20

伊藤さんの予言………………………………24

二人のドン・キホーテ………………………28

大井広介………………………………………32

『文学者の革命実行力』……………………34

梅崎春生をいたむ……………………………36

梅崎文学碑と椎名麟三………………………37

椎名麟三君を悼む……………………………40

宗教と政治と文学と…………………………42

戦後文学の党派性……………………………59

戦後文学の党派性、補足……………………70

はじめの頃の椎名麟三………………………87

「夜の会」の頃………………………………92

椎名麟三の昇華………………………………97

強力な原子核……………………………… 100

花田清輝との同時代性…………………… 102

花田清輝の弁証法………………………… 108

「序曲」の頃……………………………… 115

日沼倫太郎君を悼む……………………… 120

村上一郎君追悼…………………………… 122

高橋和巳君をいたむ……………………… 124

小さな生の焔……………………………… 126

高橋和巳をしのんで……………………… 132

破局への参加……………………………… 148

目に見えぬものを伴侶として…………… 157

精神のリレー……………………………… 170

妄想、アナキズム、夜桜………………… 179

断片的な回想……………………………… 183

最後の二週間……………………………… 185

初期の頃…………………………………… 206

「お花見会」と「忘年会」……………… 215

武田泰淳と百合子夫人…………………… 222

最後の四個月……………………………… 228

落日の夢…………………………………… 243

竹内好の追想……………………………… 250

二つの大患………………………………… 258

戦争中のこと……………………………… 265

敏感な直覚者……………………………… 273

*始源へ到る夢(真継伸彦)…………… 279

*解題(白川正芳)……………………… 289

 



第11巻 紀行文集 1979.8.20

 

姿なき司祭―ソ聯・東欧紀行……………… 7

姿なき司祭………………………………… 9

ドストエフスキイと運転手………………19

《民衆》の顔………………………………47

セルゲイ君…………………………………65

ワルソー・ゲットー………………………91

レーニン・ブールヴァール…………… 116

魔法の町………………………………… 135

町のなかの国境………………………… 154

欧州紀行…………………………………… 179

見知らぬ空港で………………………… 181

キルケゴールの墓……………………… 189

身分制の壁……………………………… 195

ハイデルベルクの花火………………… 206

スイスでの遺失物……………………… 214

ヨーロッパの記念碑…………………… 218

「魔法の森」の啓示…………………… 222

首のない像……………………………… 226

三組の花嫁……………………………… 232

米の味…………………………………… 249

*自我の復活(小川国夫)……………… 267

*解題(白川正芳)……………………… 275

 



第12巻 映画論集 1979.11.30

 

I 闇のなかの思想―形而上学的映画論……11

死の意味……………………………………13

心のなかの国境……………………………19

二つの明暗…………………………………25

創造と記録について………………………32

無自覚な汚れ………………………………39

記憶の不思議さ……………………………45

戦争と革命のあいだ………………………52

白と黒のなかの物体感……………………59

無責任の体系………………………………64

奇妙な過渡期………………………………66

永遠の裸体…………………………………71

感動と恐怖の二重構造……………………78

慣習からの離脱……………………………81

悪魔観の退歩………………………………89

暗さの魅力…………………………………96

裁きの論理…………………………………98

未来への恐怖…………………………… 103

事実の内的過程………………………… 106

動と静のリズム………………………… 111

州境いの川……………………………… 118

死の上の生……………………………… 126

II…………………………………………… 135

二つの射殺……………………………… 137

革命の墓碑銘―エイゼンシュテイン『十月』…… 143

『私に殺された男』…………………… 150

二重操作の顔…………………………… 154

『ロベレ将軍』………………………… 158

暗黒の一体感…………………………… 160

外と上からの解放―『パリは燃えているか』…… 163

政治における共感の難かしさ―アラン・レネ『戦争は終つた』…… 170

悪徳と美徳の組合せ―『アルジェの戦い』…… 174

『この目でみたソ連』………………… 180

魂の二重性―『マドモアゼル』……… 183

巨大な無関係―『欲望』……………… 190

白夜のなかの表情……………………… 197

生物の進化と想像力と―『ローズマリーの赤ちやん』…… 202

頷きあいの彼方―『テオレマ』を観て…… 207

一枚のエルンストの絵に―塙書房『文学読本』…… 210

エルンストの《物霊》………………… 215

クービンの絵に寄せて………………… 218

一杯の魔女の図に……………………… 222

ロバート・フランクの写真集に……… 225

記念すべき小説と絵画の婚姻………… 227

映画のなかの日本―木下恵介の映画を見て…… 230

事物の変化の瞬間―『忍者武芸帳』… 236

真実の多面性―『絞首刑』をめぐつて…… 242

映画と国家意識………………………… 246

苦渋の勝利―『審判』………………… 249

フォークナーの映画…………………… 252

『崖』…………………………………… 255

飢えのなかの鶏………………………… 257

『白痴』………………………………… 260

『白痴』寸感…………………………… 263

三つの映画『白痴』…………………… 268

生かされた「重い味」―『カラマーゾフの兄弟』…… 271

*金魚鉢のなかの金魚(渋沢龍彦)…… 275

*解題(白川正芳)……………………… 283

 



第13巻 回想 思索集 1980.3.31

 

I ……………………………………………… 7

裂け目の発見―文学的小伝……………… 9

『資本論』と私……………………………17

平田さんの想い出…………………………22

伊東三郎の想い出―「農民闘争」時代のこと……29

或る時代の背景……………………………38

II 影絵の時代 ………………………………51

発足の日……………………………………53

政治と文学と………………………………61

戦後の畸人達………………………………86

「夜の会」のこと…………………………96

「近代文学」の存続…………………… 104

戦後の病歴……………………………… 141

回復期の仕事…………………………… 157

III ………………………………………… 163

宇宙型と神人型………………………… 165

思想の幅………………………………… 168

IV 薄明のなかの思想―宇宙論的人間論…… 171

生誕について…………………………… 173

意識について…………………………… 179

存在について…………………………… 187

愛について……………………………… 196

性について……………………………… 203

政治について…………………………… 207

革命について…………………………… 216

芸術について…………………………… 227

死について……………………………… 239

宇宙について…………………………… 245

*あとがき………………………………… 256

*〈のつぺらぼう〉と〈仏〉(森川達也)…… 261

*解題(白川正芳)……………………… 273

 



第14巻 対談 1 1980.8.5

 

序詞………………………………………… 7

文学創造の秘密(秋山駿,森川達也,埴谷雄高)……11

私の文学を語る(秋山駿,埴谷雄高) ……38

『闇のなかの黒い馬』を語る(古屋健三,埴谷雄高)……64

革命と死と文学(大江健三郎,埴谷雄高)……87

夢と想像力(高橋和巳,埴谷雄高) …… 128

私と『罪と罰』(上総英郎,埴谷雄高)…… 151

ドストエフスキイと現代(秋山駿,埴谷雄高)…… 181

文学の論理と政治の論理(真継伸彦,埴谷雄高)…… 207

戦後文学と思想性(白川正芳,埴谷雄高)…… 226

自由と存在(野間宏,埴谷雄高) ……… 243

*埴谷さんの宇宙圏の中で(辻邦生)… 275

*解題(白川正芳)……………………… 283

 



第15巻 対談 2 1981.1.9

 

序詞………………………………………… 7

思索的渇望の世界(吉本隆明,秋山駿,埴谷雄高)……11

意識 革命 宇宙(吉本隆明,埴谷雄高)…… 128

「意識 革命 宇宙」注釈……………… 187

〈少年〉と〈夢魔〉(大岡昇平,埴谷雄高)…… 230

原点としての「南」(島尾敏雄,埴谷雄高)…… 261

文学の世界と学問の世界(丸山真男,埴谷雄高)…… 287

*政治と風俗の遠景(磯田光一)……… 321

*解題(白川正芳)……………………… 329

 



別巻 埴谷雄高論 1972.11.30

 

“あつは”と“ぷふい”(武田泰淳)…… 7

埴谷雄高論(吉本隆明)……………………11

逸脱の論理(高橋和巳)……………………25

小説は改変する(秋山駿)…………………58

『死霊』入門(本多秋五)…………………75

死者もまた夢をみる(遠丸立)………… 103

『死霊』論(桶谷秀昭)………………… 127

ロマネスクの反語(菅谷規矩雄)……… 143

『不合理ゆえに吾信ず』論・覚え書(藤一也)…… 181

原初に自発するもの(日野啓三)……… 197

虚無主義の形成(鶴見俊輔)…………… 216

永久革命者とは何か(吉本隆明)……… 244

国家と存在の告発(伊藤成彦)………… 254

死滅せざるアナーキズム(宮内豊)…… 274

埴谷雄高の想像力(竹内泰宏)………… 291

潜行と飛翔(森川達也)………………… 314

非在と意識(粟津則雄)………………… 334

「論理の忌まわしさ」について(白川正芳)…… 349

闇へ(諸田和治)………………………… 386

自殺の形而上学(磯田光一)…………… 406

*埴谷雄高年譜白川正芳〔編〕………… 425

*参考文献一覧白川正芳〔編〕………… 443


☆ 全国図書館でも『埴谷雄高作品集』(河出書房新社)は閲覧可能だとおもわれる。現金正価格で全巻購入する価値はないだろう。埴谷雄高の真の読者なら、作品以外は閲覧読書で把握できる内容。

 

posted by koinu at 08:59| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

埴谷雄高 独白「死霊の世界」

わが国初の形而上小説、今世紀最大の実験小説、『死霊』。この未完の作品で、作者は何を語ろうとしているのか。


NHK・ETV特集のために埴谷氏は、作品『死霊』の自己解説とともに、文学や哲学、戦争・政治・革命、さらに人間存在と宇宙について、70時間にわたり熱烈に語った。1997年2月19日、埴谷氏逝去。われわれと宇宙に向けて放たれた「遺書」となった。


埴谷雄高の独白した重要と思える言葉は、全て筆記してノートか頭脳へ記憶しておきたまえ。そうしないと《自同律の不快》などは録画しても、意識する深部へは届かない。さもなければ、「死霊の世界」一切を記憶から消してしまう共犯者となるのだ。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再発見 日本の哲学 埴谷雄高――夢みるカント (講談社学術文庫)

埴谷雄高は、『死霊』という難解なことで有名な小説の作者として知られています。一方で、『死霊』は、みごとな情景描写もちりばめられた、きわめて魅力的な小説でもあります。
埴谷の有名な言葉に「自同律の不快」があります。埴谷の哲学を象徴する言葉と言っていいでしょう。
では、これは、いったいどういう意味なのか。そして、小説の形で表現された、埴谷の哲学とは、どのようなものなのか。
伝記的な事実を持ち出せば、戦前の日本共産党の非合法活動に参加し、逮捕されたあと、未決囚の独房の中で、天野貞祐訳、カント『純粋理性批判』と出会います。そこから、埴谷は、終生、哲学的思索を続けるわけです。
本書は、自身、カント『純粋理性批判』をはじめとするいわゆる「三批判書」のきわめて優れた翻訳を世に問うた哲学者による、渾身の埴谷雄高論です。
『死霊』によりそいながら、「私はほんとうに私なのか」という埴谷の「存在の哲学」を読み解き、戦後日本を代表する哲学的思索の全貌を、端正な文体で明らかにする力作です。

48595A69-D365-477B-95C6-7E70F5EC4409.jpgB40DC15E-E373-41EC-A2F3-656C399D78DC.jpg

熊野 純彦 1958年生まれ。東京大学人文科学研究科博士課程修了。現在、東京大学教授。専攻は、哲学、倫理学。主な著書に、『レヴィナス』(岩波書店)、『西洋哲学史』(岩波新書)、『ヘーゲル』(筑摩書房)、『マルクス資本論の思考』(せりか書房)など。また、訳書にカント『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』(作品社)、ハイデガー『存在と時間』(岩波文庫)などがある。


《死霊の世界》は独房でのカント哲学から始まり、構想されたと埴谷雄高さんは語っていた。この底辺の押えは必須だろうと思える。


posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする