2021年04月07日

『モッズ・ビートの誕生』 In the Beginning the Mod Story

7996B875-094C-44F1-B5B1-1D8F69E6555A.jpeg

これぞブリティッシュ・ビートの原点ルーツ・オブ・モッズ・ビート

映画『さらば青春の光』('79年作)でその破天荒なライフスタイルに魅了されたファンも多いはず。

60年代初頭にかけてイギリスの若者の間で大流行したライフスタイル・ムーブメント=モッズ。ザ・フー、スモール・フェイセス他のロックバンドにも多大な影響を与えた、当時のオリジナル・モッズたちが好んで聴いていたR&Bソウル、モータウン・ビートを中心にセレクトした2枚組コレクション。

75A46CB7-E6D5-451B-A703-44DF01744F27.jpeg

In the Beginning the Mod Story

<収録内容>

[Disc 1]

1. Last Night - The Mar - Keys

2. Please Mr. Postman - The Marvelettes

3. Just A Little Bit - Rosco Gordon

4. Watch Your Step - Bobby Parker

5. When You See Me Hurt - Carl Lester & The Showstoppers

6. Hurricane - Dave "Baby" Cortez

7. (Do The) Mashed Potatoes Pt. 1 - Nat Kendrick & The Swans

8. Turn On Your Love Light - Bobby Bland

9. If You Gotta Make A Fool Of Somebody - James Ray

10. I Like It Like That (Part 1) - Chris Kenner

11. Whole Lotta Woman - The Contours

12. My Girl Josephine - Bill Black

13. Hey ! Baby - Bruce Channel

14. Shop Around - The Miracles

15. Shout - The Isley Brothers

16. The Hunch - Paul Gayten

17. I'm A Man - Bo Diddley

18. Bye Bye Baby - Mary Wells

19. Got My Mojo Working - Muddy Waters

20. Gonzo - James Booker

21. You Better Move On - Arthur Alexander

22. Baby It's You - The Shirelles

23. Well I Told You - The Chantels

24. Unchain My Heart - Ray Charles

25. You Can't Sit Down - Part One - Phil Upchurch


[Disc 2]

1. The Mountain's High - Dick and Dee Dee

2. Peanut Butter - The Marathons

3. Pony Time - Don Covay

4. Hey Little Girl - Dee Clark

5. Buttered Popcorn - Diana Ross & The Supremes

6. I Pity The Fool - Bobby "Blue" Bland

7. Peppermint Twist - Joey Dee & The Starliters

8. Volcano - Billy Preston

9. Searchin' - The Coasters

10. Sweets For My Sweet - The Drifters

11. Hide Away - Freddie King

12. A Certain Girl - Ernie K. Doe

13. The Snake - Maximilian

14. Satisfied With My Lovin' - Marty Lewis

15. Don't You Just Know It - Huey "Piano" Smith & His Clowns

16. A Fool In Love - Ike & Tina Turner

17. My Babe - Little Walter

18. Stick Shift - The Duals

19. Ain't It Baby - The Miracles

20. Stay - Maurice Williams & The Zodiacs

21. I Just Want To Make Love To You - Etta James

22. What'd I Say Pt. 1 - Ray Charles

23. Mama Said - The Shirelles

24. Twist & Shout - The Top Notes

25. You Can't Sit Down Part 2 - Phil Upchurch


映画を観るよりアルバムを聴きながら走り続けたら、モッズ疾走感を味わえると思います。

posted by koinu at 14:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

Ozric Tentacles『Space for the Earth 』

『大地の息吹(Space Of The Earth)

海沿いのブルー・バブル・スタジオにて、エド・ウィンが、20192020年にかけて制作収録された。


)

E977C164-4A38-4198-9B2E-F930491C3CCA.jpeg

「地球に生まれた人々が楽しむための宇宙の音楽である」ーエド・ウィン 


アンダーグラウンドシーンから1983年結成された、Ozric Tentaclesのオリジナルメンバーたちがゲスト参加して、7つの新曲によって構成された集大成的アルバム。綿密なサウンドになったぶん、初期のぶっ飛んだプログレ・ハードなリズム感は抑え気味です。


Ozric TentaclesSpace for the Earth 


https://youtu.be/PO8tS7-qv7E

エド・ウィン(g, kbds)

ブランディ・ウィン(b, kbds)ふ

サイラス・ネプチューン(kbds, synth)

バラージ・センデ(ds, perc)


A0CF092C-3DD5-441F-9907-D2C581851A70.jpeg

Special Guests

ジョイ・ヒントン(synth)

ニック・ヴァン・ゲルダ―(ds)

シャンピニオン(fl)

ポール・ハンキン(perc)

posted by koinu at 21:17| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季語「春の鳥」の俳句

春の鳥 あけぼの楠を はなれたり


おのがこゑに 溺れてのぼる 春の鳥

930A997D-5490-4B65-AD36-0887C90CC061.jpeg

百千鳥 映れる神の 鏡かな


鷲の巣の 樟の枯枝に 日は入ぬ

posted by koinu at 10:28| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

ルドンの絵画表現

224C5773-5E86-468C-A1D0-0DD4D9C9031A.jpeg
ぼんやりとした絵に見える人は、
色彩について想いを馳せてみましょう。
089ADCC1-10FD-45AB-92C0-6D85BAF58F65.jpeg
ルドン絵画の色彩あふれる世界。
posted by koinu at 11:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

『アゴラ69 〜僕らの詩〜』ラジオドラマNHKFM放送

NHK-FM4月放送ラジオドラマ『アゴラ69 〜僕らの詩(うた)〜』」
作:吉村ゆう 音楽:大崎剛

歌手になる夢を諦めた中島悠大は、コロナ禍で閉店が決まった行きつけのライブハウス・パワーを訪れる。古いステレオから流れる音楽に耳を傾けるうちに、悠大は1969年の新宿にタイムスリップしてしまった。若き日のパワーのオーナー・加藤やその恋人・真理子らの手助けを得て、悠大はその時代で暮らし始める。やがて歌を通して反戦を訴える集会に参加した彼は、歌姫・マキと恋に落ち……。

■ NHK-FM「青春アドベンチャー『アゴラ69 〜僕らの詩(うた)〜』」
2021年4月5日(月)〜9日(金)、12日(月)〜16日(金)放送。
出演:醍醐虎汰朗、高月彩良、長村航希、北香那 / 小柳ルミ子、田本清嵐、伊沢勉、小島範子 / 犬塚あさな 棚橋真典、田中靖浩、天野順一朗 / オータアツシ、藤木力、水野恭輔、原みなほ / 池戸陽平、東達也、岡陽介
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「かぜのひきかた」辻征夫

簡単そうに思える表現だけど、言葉の背後にある想いを知ると、詩の世界はますます広がっていく。


「かぜのひきかた」辻征夫


こころぼそい ときは

こころが とおく

うすくたなびいていて

びふうにも

みだれて

きえて

しまいそうになっている


こころぼそい ひとはだから

まどをしめて あたたかく

していて

これはかぜを

ひいているひととおなじだから

ひとは かるく

かぜかい?

とたずねる


それはかぜではないのだが

とにかくかぜではないのだが

こころぼそい ときの

こころぼそい ひとは

ひとにあらがう

げんきもなく

かぜです

つぶやいてしまう


すると ごらん

さびしさと

かなしさがいっしゅんに

さようして

こころぼそい

ひとのにくたいは

すでにたかいねつをはっしている

りっぱに きちんと

かぜをひいたのである


(詩集『かぜのひきかた』より)


辻征夫1939年8月14日、東京浅草生まれ。2000年1月14日、脊髄小脳変性症の闘病中、急逝する。他にエッセイ、小説、俳句なども手がける。凄腕の抒情詩人として、その一生を詩に捧げた


『詩の話をしよう』辻征夫【目次 

1 詩の話(最終詩篇のこと縦の軸と横の軸自作詩の背景について物語ができるまで三好豊一郎の最後の言葉)

2 辻征夫詩抄(山本かずこ選)(宿題鳥篭蛇いちご六番の御掟について昼の月 ほか)

3 辻征夫自筆年譜

posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

▽坂本冬美作品集NHKFM

43日土曜 NHKFM 午後030分〜 午後200

説得力ある歌い手による、生かされた「詩の世界」はじんじんきますよね。午後のひと時に「坂本冬美作品集」を堪能されて下さい。


「夜桜お七」作詞:林あまり   作曲:三木たかし

 赤い鼻緒がぷつりと切れた 

すげてくれる手ありゃしない 

置いてけ堀をけとばして 

駆けだす指に血がにじむ  

さくら さくら いつまで待っても来ぬひとと 死んだひととは おなじこと 

さくら さくら はな吹雪燃えて燃やした肌より白い花 浴びて

わたしは 夜桜お七 さくら さくら 弥生の空に さくら さくら 

はな吹雪  口紅をつけて 

ティッシュをくわえたら 

涙が ぽろり もひとつ ぽろり  

熱い唇おしあててきた あの日のあんたもういない たいした恋じゃなかったと すくめる肩に風が吹く  

さくら さくら いつまで待っても来ぬひとと 死んだひととは おなじこと さくら さくら はな吹雪抱いて抱かれた 

二十歳の夢のあと おぼろ月夜の 夜桜お七 

さくら さくら 見渡すかぎり  

さくら さくら はな吹雪 さくら  さくら さよならあんた さくら  

さくら はな吹雪


 あまり(1963 110 - )歌人、作家、声優。

短歌に演劇的な構成を導入して、大胆な性描写や暴力を詠み込んだ過激な作品を発表して注目を浴びた。同世代の俵万智とともに「ライトヴァース」と称され、80年代の口語短歌の浸透に貢献した。

「演劇的な構成意識、口語文体に加えて、二行書き表記や記号の使用といった表現面のラディカルな個性は、強靭なモチーフ意識と相俟って、歌壇外の読者にも幅広い支持を得ている。」穂村弘


坂本冬美作品集

「夜桜お七」(522秒)<東芝EMI TOCT24638

「あばれ太鼓」(422秒)<東芝EMI TOCT24635

「祝い酒」(405秒)<東芝EMI TOCT24635

「男の情話(セリフ入り)」(432秒)<東芝EMI TOCT24635

「能登はいらんかいね」(436秒)<東芝EMI TOCT24636

「火の国の女」(431秒)<東芝EMI TOCT24637

「男惚れ」(401秒)<東芝EMI TOCT24636

「風に立つ」(451秒)<東芝EMI TOCT24639

「凛として」(444秒)<東芝EMI TOCT24639

「銃爪(ひきがね)」(403秒)<東芝EMI TOCT24861

「夜空の誓い」HIS337秒)<東芝EMI TOCT24861

「うりずんの頃」(449秒)<東芝EMI TOCT24861

「気まぐれ道中」(426秒)<東芝EMI TOCT4580

「紀ノ川」(453秒)<EMI TOCT40191

「俺でいいのか」(356秒)<ユニバーサル UPCY5078

「アジアの海賊」(441秒)<EMI TOCT40241

「可愛い花」(243秒)<ユニバーサル UPCY7301

「ブッダのように私は死んだ」(458秒)<ユニバーサル UPCY5093

「また君に恋してる」(418秒)<ユニバーサル UPCY7301

posted by koinu at 11:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「週刊文春」はなぜ五輪組織委員会の「発売中止、回収」要求を拒否するのか

オリンピック記事では週刊文春に「内部資料を直ちに廃棄して、今後、その内容を一切公表しない」と申し入れたらしい。裁判になったら大事な証拠物件なので、裁判する相手に証拠物件の隠滅を命じるとは裁判に負ける。

【組織委員会の要求】
1.本件記事が掲載されている週刊文春4月8日号を直ちに回収し、今後の販売を中止すること
2. 本件ネット記事を直ちに削除すること
3. 保有している内部資料を直ちに廃棄し、今後、その内容を一切公表しないこと

「週刊文春」はこれらの要求に応じることはできません。その理由は以下の通りです。
 まず、東京オリンピックは、日本国民の多額の税金が投入される公共性、公益性の高いイベントです。日本で開催されるこのイベントが、適切に運営されているのか否かを検証、報道することは報道機関の責務です。

国家予算をオリンピックと称して貪り尽くして、大金を身内で分け合った清和会と電通たち。ずさんな会長たちの狼藉ざんまいの果て、辞めた演出家の後釜は据えないのだから、「開会式」はないのだろう。これは三文小説並みのひどい結末だぜ。
posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

阪田寛夫さんの詩と歌

「はるさめ」坂田寛夫 


だいどころでは

はるさめを

みずにひたして

ふかします


らくごでは

ふなぞこを

がりがりかじる

はるのさめ


えいがでは

はるさめじゃ

ぬれていこうと

かさをわすれた 半平太


はんぺんは

はるさめと なべでにます

はるさめふるよる

ことこと こと


ほんとはなきむし はんぺんた

はるさめと にられた

おなべを おもって

さめざめ ないた

(坂田寛夫詩集より)


短編アニメーションになりそうな、坂田さんの詩フレーズたち。まるで無垢な生き物みたいな感触です。

阪田寛夫さんといえば、歌の作詞も随分と手掛けられておりました。


『もえあがれ雪たち』NHKみんなの歌

作詞阪田寛夫 作曲宇野誠一郎

編曲村川千秋  

https://www.nhk.or.jp/minna/songs/MIN196712_04/


もえあがれ 雪たち

ぼくらの町に 降る 

煤によごれた 雪たち


まっさらの 太陽が 

きみたちの 結晶を

ガラスより 鋭く

つらぬいてさす時


もえあがれ 雪たち 

青い 炎の色に 


うた中山千夏【常盤台小学校児童合唱団】映像アニメ:多摩美アニメクラブ/グループKAO

初回放送 196712月〜196801

https://youtu.be/8qNXRn3X5Ss

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さくら満開🌸です

676CE25D-2E25-4987-B133-DCC709D6E49C.jpeg
桜名所の公園を散歩道に歩く
posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする