2017年03月10日

2040年の典型的労働者の特徴

2040年人間の仕事は、どう変わるだろう。世界はアンドロイドが溢れ職を失った人々は生体インプラントを余儀なくされる可能性。

 

■2040年の典型的労働者の特徴■

赤い目: 24時間のべつ働いているので充血している。アメリカ、中国、インドのデイタイムに合わせて働くのだ。

弱い目: ずっとウェアラブルなデバイスを注視しているため視力が弱る。しかしレンズ調整により視力は補正できる。

小さな男性生殖器: 忙しいため人間同士の関係が希薄になり、結果的に生殖行動の回数が減るため生殖器官は退化する。

大きな脳: ソフトウェアとメモリを入れると脳のキャパが上がる。

大きな胃と体: 運動しない上食べてばかりいるのでデブになる。

眉間に刻まれた皺: ストレスが酷いので常に眉間に皺が寄っている。

両利き(手): いろんなデバイスを両手で触っているうちに両利きになる。

言語能力: 業務上の必要性から中国語、ヒンズー語、スペイン語とポルトガル語を話すようになる。

インプラント機器(耳): 面倒なBlootooth機器やらスマホのイヤホンやらの煩わしさを排除し、耳に直接スピーカーを埋め込む。

インプラント機器(指): 業務を助けるためやセキュリティ・プロトコルを実行するために指にチップが埋め込まれている。

インプラント機器(全体): スタミナをアップし、思考能力のパフォーマンスを向上させるために(何かが)インプラントされている。

未来学者によれば、我々はその頃には「なんでも屋」となり、生活時間に関係なく24時間態勢で仕事をしている。たとえば我々はニューヨークの雇い主のためにカスタマー・サービスを引き受ける一方で、シンガポールのボスの銀行口座の入出金をチェックし、デリーのブランドのマーケティングのためのアイディアをひねり出している。

posted by koinu at 09:10| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

Dan Hicks and the Hot Licks: Greatest Licks - I Feel Like Singin' Trailer

Dan Hicks & The Hot Licks (Artist) 
Greatest Licks - I Feel Like Singin'
一周忌となるDan Hicksのアルバムがリリースされるみたいだ。


1 Strike It While It's Hot! 4:11
2 Where's The Money?  5:17
3 That Ain't Right 3:08
4 I Scare Myself 3:44
5 I Don't Want Love 3:36
6 Tangled Tales 2:33
7 How Can I Miss You When You Won't Go Away? 4:30
8 The Piano Has Been Drinkin' 4:22
9 That's Where I Am 3:08
10 Hey Bartender 5:33
11 I Feel Like Singin' 4:23
12 The Blues My Naughty Baby Gave To Me 4:39
posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

Nitin Sawhney:ニティン・サウニー



Nitin Sawhney - Homelands

posted by koinu at 15:06| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナディアはヒンドゥー語で「川」を意味する。

Nitin Sawhney:ニティン・サウニー が1999年9月リリースしたアルバム”Beyond Skin”に収録の名曲’Nadia’。

ナディアはヒンドゥー語で「川」を意味する。スリランカでも同じ音で 川を意味するらしい。




(雨のせいかもしれませんが)川の水がいっぱいになっている

'Nadia baharahi hey' which means now the rivers are flowing in full swing

今,川が勢いよく流れている。

'Mora Sayya Bulaaye' My lover is woken up due to the sound and now he calls me

彼がその音で目を覚まし,私を呼んでいる。

'Suney raahe' the nature, ways, path etc are able to listen to the river flow

自然の中で,川の流れが聞こえる。





posted by koinu at 12:11| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

DAN HICKS / IT HAPPENED ONE BITE

ラルフ・バクシーのアニメーション映画のサントラとして75年制作が開始されてだが、紆余曲折して映画は制作中止となり、結局アルバムがリリースされたのは78年。

ソロ名義だがホットリックス全面収録に参加。プロデュースもトミー・リピューマで、事実上ダン・ヒックス・アンド・ヒズ・ホットリックス5枚目のアルバム。 

内容はサントラ云々はまったく関係なく、ノスタルジックでコミカルで、演奏はかなり上質な音楽となっている。

1. Cruizin' 

https://youtu.be/AdvkVOuXa6s

2. Crazy 'Cause He Is

https://youtu.be/nCxd_tVgk2o

 3. Garden In The Rain 

https://youtu.be/27hzl6TClxk

4. Boogaloo Jones 

https://youtu.be/5zQRl7AX348

5. Cloud My Sunny Mood 

6. Dizzy Dogs

 7. Vinnie's Lookin' Good 

https://youtu.be/x1Zfz27nNaw

8. Lovers For Life 

9. Collared Blues 

https://youtu.be/_Pmgna6WqLo

10. Waitin' 

https://youtu.be/DS9oGFjsEOY

11. Reveille Revisited 

12. Mama, I'm An Outlaw 

13. Boogaloo Plays Guitar


posted by koinu at 13:53| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の中のただの庭

Dave Rubinoff - A Garden In The Rain, 1929


http://jp.youtube.com/watch?v=hefIGmyOGQc


雨の中のただの庭

ちょっとばっかの緑の小道の近く

灰色の空の下 そっと色づいていました


雨粒が花壇にキッス

花々は喉がからからで頭を上げた

香りをプッと出して、ありがとう

って、言ってるみたいだったよ


ほんとに例えようも無いほどここは素敵で

例えようも無いくらい

多分それは

僕が君と一緒だったからだね


雨の中のただの庭

でもそれからお日様がまた顔を出してくれて

そして僕らに幸せをくれたんだ


ほんとに例えようも無いほどここは素敵で

例えようも無いくらい

多分それは

僕が君と一緒だったからだね


雨の中のただの庭

でもそれからお日様がまた顔を出してくれて

そして僕らに幸せをくれたんだ


しゅびどぅびどぅびどぅーわー ♩


posted by koinu at 09:43| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

ダン・ヒックス(Dan Hicks, 1941年12月9日 - 2016年2月6日 )

1960年代初期から活躍しているアメリカ合衆国の歌手ダン・ヒックス。
スウィングやジャズ、フォーク、そしてカントリーなどをブレンドして生み出される彼の楽曲は独特で、
ときに「フォークジャズ」とも呼ばれる。


posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

Rウォーターズ「今日からレジスタンスは始まる」

元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズが、“Pigs(Three Different Ones)”のライブ映像を公開した。
昨年10月にメキシコで行われたライブで収録された同映像はロナルド・トランプ米大統領を批判する内容のパフォーマンスになっている。同映像にウォーターズは「今日からレジスタンスは始まる」とメッセージを寄せている。


Pigs (Three Different Ones) - Pink Floyd
ぶた(三種類の) - ピンク・フロイド

Big man, pig man, ha ha charade you are.
大偉方の ぶた男 何て なんちゃってな奴だ あんた
You well heeled big wheel, ha ha charade you are.
大物の動向に便乗して 何て なんちゃってな奴だ あんた
And when your hand is on your heart,
お前が 胸に手を当てて誓う姿は
You're nearly a good laugh,
爆笑寸前ものだよな
Almost a joker,
冗談すれすれだ
With your head down in the pig bin,
頭を下げるのは ポリ桶の中
Saying "Keep on digging."
「捜査を続けよ」と言いながら
Pig stain on your fat chin.
あさった汚れが 太ったあごに付く
What do you hope to find.
お前は何を探したいんだ
When you're down in the pig mine.
豚の掘る金脈にいる時分のお前は
You're nearly a laugh,
お前は失笑寸前だな
You're nearly a laugh
お前は失笑寸前だが
But you're really a cry.
実は時代に求められた悲鳴なのさ
Bus stop rat bag, ha ha charade you are.
やな奴の前で時代のバスが停まる 何て なんちゃってな奴だ あんた
You fucked up old hag, ha ha charade you are.
いかれた おいぼれ魔女だな 何て なんちゃってな奴だ あんた
You radiate cold shafts of broken glass.
お前が撒き散らしてるのは 冷たいガラスの破片
You're nearly a good laugh,
お前は 爆笑寸前ものだな
Almost worth a quick grin.
笑みがこぼれていいほど
You like the feel of steel,
お前が好きなのは自分に似た鉄の感触
You're hot stuff with a hatpin,
熱上げるのは 賄賂を留める 帽子の鉄金具
And good fun with a hand gun.
お楽しみは 鋼鉄の銃器
You're nearly a laugh,
お前は失笑寸前だな
You're nearly a laugh
お前は失笑寸前だが
But you're really a cry.
実は時代に求められた悲鳴なのさ
Hey you, Whitehouse,
おい あんた ホワイトハウス
Ha ha charade you are.
何て なんちゃってな奴だ あんた
You house proud town mouse,
お前さんは 白い家が自慢な 町ネズミさ
Ha ha charade you are
何て なんちゃってな奴だ あんたは
You're trying to keep our feelings off the street.
お前は 町の現状から 俺たちの気をそらそうとしてる
You're nearly a real treat,
大盤振る舞いってくらいに
All tight lips and cold feet
みんな固く口を結び 冷たい足の逃げ腰で
And do you feel abused?
それでもお前は罵倒された気でもするのかい
.....! .....! .....! .....!
・・・!・・・!・・・!


You gotta stem the evil tide,
お前は悪しき潮流をせき止めなくちゃ
And keep it all on the inside.
みんな ホワイトハウスの中にとどめて
Mary you're nearly a treat,
メアリー 振る舞いが過ぎるぜ
Mary you're nearly a treat
メアリー 振る舞いが過ぎそうだが
But you're really a cry.
実は時代に求められた悲鳴なのさ

※1番は、「貪欲な人」と同時に「汚職警官」の事を歌ってるようです。
2番は、おそらく当時のサッチャー政権を皮肉っているらしい。
3番は実際のアメリカの政府のホワイトハウスと、道徳取り締まり屋の女優
メアリー・ホワイトハウスを掛けているようです。
"Pigs"は「貪欲な人間」「市民生活に介入したがりな公人」
「鼻突っ込みたがりな道徳屋」を指しているのかもしれません。
http://mewtz.blog.fc2.com/blog-entry-80.html
posted by koinu at 11:00| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

首藤康之の踊る旋律 〜振付家マシュー・ボーンの世界〜

NHK FM 午後9時10分〜 午後10時00分

「バレエ音楽“白鳥の湖”第2幕“白鳥の踊り”から」
チャイコフスキー:作曲
(管弦楽)ニュー・ロンドン管弦楽団、(指揮)デーヴィッド・ロイド・ジョーンズ
(6分00秒)<ワーナー WPCS-11848-9>
「“カルメン”組曲 第1番から 前奏曲」
ビゼー:作曲
(管弦楽)トゥールーズ・キャピトル劇場管弦楽団、(指揮)ミシェル・プラッソン
(2分12秒)<東芝EMI TOCE-8313>
「バレエ音楽“眠りの森の美女”から 序奏」
チャイコフスキー:作曲
(管弦楽)モントリオール交響楽団、(指揮)シャルル・デュトワ
(4分02秒)<ポリドール POCL-1368-9>
「バレエ音楽“くるみ割り人形”第2幕から 花のワルツ」
チャイコフスキー:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)サイモン・ラトル
(6分52秒)<EMIミュージック・ジャパン TOCE-90150-51>
「バレエ音楽“ドン・キホーテ”第3幕のパ・ド・ドゥから アントレ」
ミンクス:作曲
(管弦楽)ソフィア国立歌劇場管弦楽団、(指揮)ボリス・スパソフ
(1分56秒)<CAPRICCIO 10 540-41>

首藤康之の踊る旋律 〜振付家マシュー・ボーンの世界〜
http://www4.nhk.or.jp/dj-classic/


posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

You Me at Six / Night People

ユー・ミー・アット・シックス(You Me At Six)
イギリスのサリー州ウェーブリッジで2004年に結成された5人組。


2008年、 デビュー作 『Take Off Your Colours』でヒット 『Save It for the Bedroom』, 『Finders Keepers』(全英シングルチャート最高33位) 、『Kiss and Tell』(全英シングルチャート最高42位)の3枚のシングルをリリース。
2008年と2009年のKerrang! Awardsで、Best British Bandにノミネート。
2010年、2枚目のアルバム『Hold Me Down』を発表、全英アルバムチャートで最高5位。
2011年、3枚目のアルバム『Sinners Never Sleep』を発表、全英アルバムチャートで最高3位。


ジョシュ・フランチェスキー– リードボーカル (2004-)
マックス・ヘライヤー– リズムギター,コーラス(2004-)
クリス・ミラー– リードギター (2004-)
マット・バーンズ– ベース (2004-)
ダン・フリント– ドラム, パーカッション (2007-)
posted by koinu at 12:28| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

SONGS「スティング〜65歳のロック魂<スピリット>〜」

イギリスが生んだ世界的ロックスター、スティングが初登場。NHKの101スタジオで「孤独のメッセージ」「見つめていたい」「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」ほかスペシャルライブを披露。

スティングが今感じている様々な想いを大いに語った。デヴィッド・ボウイやプリンスの死、気候変動や難民などの社会問題、貧しかった少年時代、名曲誕生秘話、日本への想い、そしてロック回帰の理由・・・。落ち着いた語り口の中に時折ウィットを交える話術。まさに英国紳士と呼ぶに相応しい魅力満載の彼の今に迫る。

HK総合 1/12 (木) 22:50 〜 23:15 


http://www6.nhk.or.jp/songs/program.html?fid=170112

posted by koinu at 08:41| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

ブライアン・イーノ『リフレクション』

BRIAN ENO新譜Reflection
全1曲54分のアンビエントアルバムを元旦にリリース。

Labels: Warp Records / Beat Records

「光や雨や風の音が環境の一部であるように、音楽も周りの環境の一部として聴く」アプリ展開の新年環境ミュージック(^ ^)

アルバム音源↓

心地よいだけの音楽傾向へのBRIAN ENOからのメッセージ。「聴き込むこともできるが、無視することもできる」アンビエント・ミュージック。
ブライアン・イーノ『リフレクション』
2017/01/01 SUN ON SALE
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BRIAN ENO新譜Reflection


全1曲54分のアンビエントアルバム音源  ↓

ブライアン・イーノ『リフレクション』
2017/01/01 SUN ON SALE
posted by koinu at 12:09| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

「タモリ倶楽部/フルトヴェングラー 秘密の音 鑑賞会」

「タモリ倶楽部/フルトヴェングラー 秘密の音 鑑賞会」

生誕125周年のフルトヴェングラー。当然ながらフルトヴェングラーの功績をたどるいうようなものではなく、足音、間違い拍手、咳払い、指揮者の鼻歌やうなりなど、クラシックの名盤に図らずも入ってしまった(秘)の音を鑑賞するという一風変わった扱いだった。題して「フルトヴェングラー生誕125年記念 クラシック名盤<(秘)音>鑑賞会」。




posted by koinu at 08:41| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

N響90周年特別公演“マーラーの交響曲第3番”

12月27日火曜 NHKFM 午後7時30分〜 午後9時10分放送


N響にとっては90周年、サントリーホールにとっては30周を記念する特別な演奏会。演目は壮大なマーラーの交響曲第3番。大編成のオーケストラに、女声 & 児童合唱、アルト独唱が加わる。


「交響曲 第3番 ニ短調」 マーラー作曲
(1時間33分00秒)
(メゾ・ソプラノ)ミシェル・デ・ヤング
(女声合唱)東京音楽大学合唱団
(児童合唱)NHK東京児童合唱団
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)パーヴォ・ヤルヴィ

〜東京・サントリーホールで収録〜  
(2016年10月6日)

http://www4.nhk.or.jp/bescla/x/2016-12-27/07/75446/4858784/

交響曲第3番はアッター湖畔の「作曲小屋」でマーラーが作曲した「世界最長の交響曲」だった。副題は「夏の交響曲」「夏の朝の夢」などといわれた。
『ツァラトゥストラはかく語りき』から歌詞を引用して、ニーチェの『悦ばしき知識』を全体的な構想して、第1楽章の標題として考えた「ディオニュソスの行進」もニーチェの思想では重要な意味があった。この交響曲全体がニーチェ思想と深い関連がうかがえる。

『ツァラトゥストラはかく語りき』

おお、人間よ! 注意して聴け!

深い真夜中は何を語っているのか?

私は眠っていた!

深い夢から私は目覚めた!

世界は深い!

昼間が思っていたよりも深い!

世界の苦悩は深い!

快楽−それは心の苦悩よりもさらに深い!

苦悩は言った。「滅びよ!」と

だが、すべての快楽は永遠を欲する

深い永遠を欲するのだ!


posted by koinu at 13:11| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

ミュージック・マガジン年間ベスト10

ピーター・バラカン選 2016

 Eric Bibb “The Happiest Man In The World” (Dixiefrog/BSMF)
 Norah Jones “Day Breaks” (Blue Note)
 Charles Lloyd & The Marvels “I Long To See You” (Blue Note)
 Van Morrison “It’s Too Late To Stop Now…Vol II, III, IV & DVD” (Exile/Sony)
 Gregory Porter “Take Me To The Alley” (Blue Note)
 Joshua Redman & Brad Mehldau “Nearness” (Nonesuch)
 The Rolling Stones In Mono (Decca/London)
 Christine Salem “Larg Pa Lo Kar” (Blue Fanal/Meta)
 Djelimady Tounkara “Djely Blues” (Label Bleu/Rice)
 Allen Toussaint “American Tunes” (Nonesuch)


Charles Lloyd & The Marvels with Bill Frisell - 2016-01-30 set 1 - Lincoln Center, New York, NY
https://www.youtube.com/watch?v=OMSVYi4FD5o
posted by koinu at 09:57| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

ウィーン芸術週間の第九

ウィーン芸術週間の第九
フルトヴェングラーの第九の中でも、“『ルツェルンの第九』と並んで最も音の状態がよい”とうわされている日本フルトヴェングラー協会盤の「1953年5月31日ウィーン芸術週間の第九」をリマスタリングの上、リリース。演奏前、楽章間のインターバルもそのまま収録した臨場感たっぷりの1枚。


ヒトラーの第九
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 フルトヴェングラー(ヴィルヘルム) (アーティスト),       & 3 その他   形式: CD
第9をもっとも愛し、生涯96回も演奏したヴィルヘルム・フルトヴェングラーが、あの戦慄きわまる1942年、ヒトラー誕生記念日前夜祭で指揮をとった「交響曲第9番」を収録。



ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱つき》[バイロイトの第9/第2世代復刻]
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団のベートーヴェンの第九
 会心の「歓喜の歌」が高らかに響き渡る!
posted by koinu at 09:00| 東京 🌁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

Beethoven 9 - Chicago Symphony Orchestra - Riccardo Muti

もうじき第九コンサートになる時期だなぁ。
ベートベン「合唱」
posted by koinu at 13:32| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

勝手にしやがれ!

8186E7F9-5DFC-4464-A119-45A2E15000A3.jpg
ニュープリント日本語版
posted by koinu at 15:29| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

スティングはラーメンを食べる写真を公開。

ユニバーサル・ミュージックはスティングの好きな日本のラーメンランキングのトップ3を発表。

1. らーめん山頭火
2. 麺匠 竹虎
3. 博多一風堂

Had a fantastic trip to Tokyo this week. Enjoyed performing on TV and visiting one of my favorite ramen restaurants. Thank you Japan!
「今週は東京へのファンタスティックな旅をしてたんだ。テレビ出演と僕のお気にいりのラーメン店を訪れたのを楽しんだよ。ありがとう、ジャパン!」




posted by koinu at 15:37| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする