2017年12月18日

Paul McCartney's Christmas Disc 1965

貴重なクリスマス仕様のミックス・テープが発掘された。『Unforgettable』と題された6曲収録のミックス・テープは、ビートルズメンバーへのプレゼントとして作られたもので、世界に4枚しか存在していない。



ポール「クレイジーで、メインストリームからはちょっと外れてる感じ。ビートルズのメンバーのためだけに作ったものなんだ。夜遅い時間に聴くと楽しいだろうね」

このテープは『ラバー・ソウル』のリリースの数週間後に作られた。ポールが当時のガール・フレンド、ジェーン・アッシャーの家族の持ち家に住んでいた時期で、家に1人でいる時間が長かったのでミックス・テープを作っていたらしい。

ポール「とても自由で、自分だけのために好きなように時間を使えた。系統立っているようでそうでもない時間をね。赤ちゃんのために朝起きないといけないわけでもなかったし、そういう縛りは何一つない時期だったから。だから一日中座って、ちょっとしたテープを作ってたんだよ」



ジョージ・ハリスン「風変わりなんだけど、すごく包括的。ジョンとリンゴと僕はこれを聴いて、ポールが新しいことを始めようとしてるんだなってことに気づいたよ。ポールは、僕たちがこれから電子的な音をもっと使っていかないといけないってことに気づかせてくれたしね」

翌年1966年にビートルズは『リボルバー』をリリース。バンドにとって初めてのサイケデリック・ナンバーとなった“Tomorrow Never Knows”で使用されているカセットテープのループには、ポールが自宅で作っていたミックス・テープが使用された。
posted by koinu at 08:41| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

サム・クック 命日を偲んで

(Samuel Cooke、1931年1月22日 - 1964年12月11日)
「いったい何が起きているのか、よく観察してみるのさ、イマジネーションを働かせて人々がどのような考え方なのかを察知し、後は自分の出番が来るのを見計らうんだ、そうすれば誰だって人々が共感してくれるものを書くことができると思うね」サム・クック


ゴスペル・シンガー兼プロデューサーとしての他に、黒人大衆へファンキーにシャウトする泥臭いR&Bシンガー、音楽出版社、レコード会社の設立者、経営者だった。そしてマルコムXやモハメド・アリとの親交を結ぶ人種差別と闘った。

彼の美しい歌唱法はロバート・H・ハリスの影響によって生まれたという。ハリス自身は窓の外から聞こえる小鳥たちのさえずりを真似て歌い方を身につけていった。サムは先輩の歌唱法をマネて人気者の地位を獲得した。元々彼はゴスペル界のアイドルが目的ではなく、次なる目標はゴスペル界からポップス界への進出だった。
しかし所属レコード会社、スペシャルティー社長アート・ループの反対された。ゴスペル界のアイドルがR&Bの世界に進出して、失敗すれば両方のファンから見放されてしまう怖れがあった。妥協案として別のレーベルからR&Bタイプの曲を発表する。初のR&Bシングル「 You Send Me」(1957年)がヒットした。


1958年マネージャーを担当していたJ・W・アレクサンダーと共同でカグス KAGS音楽出版社を設立する。黒人アーティストによって設立された音楽出版社の先駆けで、曲の印税を自ら管理できるようになる。ソング・ライターとしても優れた能力をもってたので、収入は後に多大だった。SARレコードを設立。ジョニー・テイラー、ボビー・ウーマックとヴァレンティノス、ルー・ロウルズなど、アーティストたちを育ててゆく。

名曲「ワンダフル・ワールド」を発表したのを最後に大手レコード会社RCA移籍。RCAはエルヴィス・プレスリーなど抱えて好調だった。「キューピット」「トゥイスティン・ザ・ナイト・アウェイ」「センド・ミー・サム・ラヴィン」「アナザー・サタデナイト」「フランキー&ジョニー」「テネシー・ワルツ」などヒットさせた。ニューヨークの高級クラブ、コパカバーナでのショーを実現させ、人気はポップス界トップへと登りつめた。
ボブ・ディランが発表した「風に吹かれて」を聞いたサムは、「人種と政治のこととをポピュラー・ミュージックにのせて人前で歌ったのが白人の坊やだったなんて、黒人パフォーマーの俺にしちゃきまり悪いことだぜ」といった。
1964年「 A Change Is Gonna Come」を発表、黒人のポピュラーソングで最初のメッセージ・ソング。直接的な人種差別批判ではなく、時代が必ず変わってゆくだろうと力強い宣言である。


サム・クックのソウル・アーティストとしての凄さは、あまり理解されてない。本格的なR&Bに挑戦したのはレコードでは記録されてなく、ライブでしか聞けなかった。死後1985年にやっと発表された唯一の黒人観衆を前にしたライブアルバムは、1963年にHARLEM SQUARE CLUBで行ったライブ録音で、世界のソウルファンに大きな衝撃を与えた。
ここで聴けるサムの熱唱、血が煮えたぎるようなシャウト、そして詰め掛けた黒人客の熱狂ぶりは興奮させられる。ぬるいポピュラー・ソング集のような作品が多かったので、多くのファンは「これこそがサムの真の姿だ!」と『ハーレム・スクエア・クラブ』によって改めて打ちのめされた。
山下達郎のラジオ番組「サウンド・ストリート」では、全曲を放送する異例のプログラムが組まれた。
「こんなに内容の優れた、録音も良いライヴがどうして今まで出なかったのか」と山下達郎が全曲オンエアして、それまで日本人がサム・クックに抱いていたイメージ、白人受けする甘い声のポップス歌手という印象がかわるきっかけを、音楽ファンにあたえた。





posted by koinu at 22:10| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

Transglobal World Music Chart 2017

Transglobal World Music Chart 2017が発表された。
1位は予想通りWMCEと同じです。

BEST ALBUM OF 2017
Trio Da Kali and Kronos Quartet – Ladilikan – World Circuit

BEST TRANSREGIONAL ALBUM 2017
Trio Da Kali and Kronos Quartet – Ladilikan – World Circuit

BEST OF SUBSAHARAN AFRICA 2017
Orchestra Baobab – Tribute to Ndiouga Dieng – World Circuit

BEST OF NORTH AFRICA & MIDDLE EAST 2017
Bargou 08 – Targ – Glitterbeat

BEST OF EUROPE 2017
Mara Aranda – Sefarad en el Corazón de Marruecos – Mara Aranda

BEST OF NORTH & CENTRAL AMERICA 2017
Daymé Arocena – Cubafonía – Brownswood

BEST OF SOUTH AMERICA 2017
Magín Díaz – El Orisha de la Rosa – Noname

BEST OF OCEANIA 2017
George Telek, David Bridie & Musicians of the Gunantuna – A Bit Na Ta – Wantok Musik

BEST OF CENTRAL & EAST ASIA 2017
V.A. – Une Anthologie du Khöömii Mongol – Routes Nomades / Buda Musique

BEST COMPILATION 2017
V.A. – The Photographs of Charles Duvelle: Disques Ocora and Collection Prophet – Sublime Frequencies




TWMC 2017 TOP 100TWMC BEST OF 2017
 1. Trio Da Kali and Kronos Quartet – Ladilikan – World Circuit
 2. Orchestra Baobab – Tribute to Ndiouga Dieng – World Circuit
 3. Oumou Sangaré – Mogoya – Nø Førmat!
 4. Omar Sosa & Seckou Keita – Transparent Water – Otá / World Village
 5. Bonga – Recados de Fora – Lusafrica
 6. Bargou 08 – Targ – Glitterbeat
 7. Toko Telo – Toy Raha Toy – Anio
 8. Danyèl Waro – Monmon – Cobalt / Buda Musique
 9. Mara Aranda – Sefarad en el Corazón de Marruecos – Mara Aranda
 10. Cemîl Qoçgîrî – Zalâl – Ahenk Müzik
 11. Daymé Arocena – Cubafonía – Brownswood
 12. Sabîl – Zabad, l’Écume des Nuits / Zabad, Twilight Tide – Harmonia Mundi
 13. Mokoomba – Luyando – Outhere
 14. Amira Medunjanin – Damar – World Village
 15. Magín Díaz – El Orisha de la Rosa – Noname
 16. Jupiter & Okwess – Kin Sonic – Zamora / Glitterbeat
 17. Yasmine Hamdan – Al Jamilat – Crammed Discs
 18. Tamikrest – Kidal – Glitterbeat
 19. Bokanté – Strange Circles – GroundUp
 20. L’Orchestre Afrisa International – Melanie – Colomotion
 21. Aurelio – Darandi – Real World
 22. Dimitris Mystakidis – Amerika – Fishbowl
 23. Lo’Jo – Fonetiq Flowers – World Village
 24. Tinariwen – Elwan – Wedge
 25. Voxtra – The Encounter of Vocal Heritage – Muziekpublique
 26. Les Amazones d’Afrique – République Amazone – Real World
 27. Vieux Farka Touré – Samba – Six Degrees
 28. Roberto Fonseca – ABUC – Impulse!
 29. Frigg – Frost on Fiddles – Frigg
 30. Rahim Alhaj – Letters from Iraq – Smithsonian Folkways
 31. Saeid Shanbehzadeh – Pour-Afrigha – Buda Musique
 32. Amine & Hamza, The Band Beyond Borders – Fertile Paradoxes – ARC Music
 33. Saz’iso – At Least Wave Your Handkerchief at Me: The Joys and Sorrows of Southern Albanian Song – Glitterbeat
 34. Ifriqiyya Électrique – Rûwâhîne – Glitterbeat
 35. Gaye Su Akyol – Hologram İmparatorluğu – Glitterbeat
 36. Kanazoé Orkestra – Miriya – Buda Musique
 37. Dhafer Youssef – Diwan of Beauty and Odd – Okeh
 38. Meïkhaneh – La Silencieuse – Buda Musique
 39. Noura Mint Seymali – Arbina – Glitterbeat
 40. Mariem Hassan – La Voz Indómita (del Sáhara Occidental) – Nubenegra
 41. Ghalia Benali & Mâäk – MwSoul – W.E.R.F
 42. Lila Downs – Salón, Lagrimas y Deseo – Sony
 43. The Klezmatics – Apikorsim / Heretics – World Village
 44. Trio Tekke & Dave De Rose – Zivo – Trio Tekke
 45. Songhoy Blues – Résistance – Transgressive / Fat Possum
 46. Serendou – Zinder – Hirustica
 47. Omar Faruk Tekbilek – Love Is my Religion – Alif
 48. George Telek, David Bridie & Musicians of the Gunantuna – A Bit Na Ta – Wantok Musik
 49. Tribalistas – Tribalistas – Phonomotor
 50. Abou Diarra – Koya – Mix et Métisse
 51. Girma Bèyènè & Akalé Wubé – Éthiopiques 30: Mistakes on Purpose – Buda Musique
 52. Elida Almeida – Djunta Kudjer – Lusafrica
 53. Black Flower – Artifacts – Sdban Ultra
 54. Trad.Attack! – Kullakarva / Shimmer Gold – Trad.Attack! Music
 55. The Nordic Fiddlers Bloc – Deliverance – The Nordic Fiddlers Bloc
 56. Canzoniere Grecanico Salentino – Canzoniere – Ponderosa Music
 57. Frank London – Glass House Orchestra: Astro-Hungarian Jewish Music – Piranha
 58. King Ayisoba – 1000 Can Die – Glitterbeat
 59. Kazut de Tyr – Jorjuna – Hirustica
 60. Baba Zula – XX – Glitterbeat
 61. Kefaya – Radio International – Radio International
 62. Quantic & Nidia Góngora – Curao – Tru Thoughts
 63. Tony Allen – The Source – Blue Note
 64. Katarína Máliková – Pustvopol – Slnko
 65. Gwyneth Glyn – Tro – Bendigedig
 66. Griselda Sanderson & Ricardo de Noronha – Veer – Waulk
 67. Dona Onete – Banzeiro – Mais Um Discos
 68. Çiğdem Aslan – A Thousand Cranes – Asphalt Tango
 69. Melech Mechaya – Aurora – Felmay
 70. V.A. – The Photographs of Charles Duvelle: Disques Ocora and Collection Prophet – Sublime Frequencies
 71. Martha Mavroidi – I Klosti kai to Veloni / Thread and Needle – Violins Productions
 72. Rhiannon Giddens – Freedom Highway – Nonesuch
 73. Boubacar Traoré – Dounia Tabolo – Lusafrica
 74. The Nile Project – Jinja – Zambaleta
 75. Ethio Stars | Tukul Band featuring Mulatu Astatke – Addis 1988 – Piranha
 76. Carmen Souza – Creology – Galileo Music
 77. V.A. – Zaire 74: The African Artists – Wrasse
 78. Maria Kalaniemi & Eero Grundström – Svalan – Åkerö
 79. Richard Bona & Mandekan Cubano – Heritage – Qwest
 80. Monoswezi – A Je – Riverboat
 81. Constantinople & Ablaye Cissoko – Jardins Migrateurs – Ma Case
 82. Moh! Kouyaté – Fe Koti – Foli Son Production
 83. Lula Pena – Archivo Pittoresco – Crammed Discs
 84. Ulaş Özdemir – Traces of Âşik – Buda Musique
 85. Anouar Brahem – Blue Maqams – ECM
 86. Makan Badjé Tounkara – Daba – Buda Musique
 87. Khalid Kouhen & Marylène Ingremeau – Sillage – Ouï-Dire / UVM
 88. V.A. – Une Anthologie du Khöömii Mongol – Routes Nomades / Buda Musique
 89. Rafiki Jazz – Har Dam Sahara – Riverboat
 90. Zampogneria – Fiumerapido – Finisterre
 91. Alsarah & The Nubatones – Manara – Wonderwheel
 92. V.A. – Abatwa (The Pygmy): Why Did We Stop Growing Tall? – Glitterbeat
 93. Emel – Ensen – Partisan
 94. Pascuala Ilabaca y Fauna – Rey Loj – Petit Indie
 95. Piccola Orchestra Gagarin – Vostok – Whatabout Music
 96. Tété Alhinho – Mornas ao Piano – Trem Azul
 97. Efrén López, Stelios Petrakis, Bijan Chemirani – Taos – Buda Musique
 98. Baraka Moon – Wind Horse – Baraka Moon
 99. Hamilton de Holanda Quinteto – Casa de Bituca: The Music of Milton Nascimento – Biscoito Fino
 100. Young Iranian Female Voices – Songs in the Mist – Kirkelig Kulturverksted



続きを読む
posted by koinu at 23:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽の力、そしてカノン

ルイ・ガレ作 音楽の力
 
兄妹が古い墓の前で休んでいる。彼はバイオリンを弾くことで彼女を慰めようとし、やがて彼女は深い眠りへと就いた。

−あらゆる心身の嘆きを忘れて−

D8142939-A8E2-40A7-BF36-99BE939F59F6.jpg

カノンは他のジャンルへも、音楽の力を発揮するのだろうか。

posted by koinu at 08:30| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

U2がすべて(Experience)を注ぎ込んだ“魂の叫び"

突如無料配信というリリース手法が話題となった前作と対になる作品.

Kendrick Lamarが参加した「American Soul」のリリック・ビデオ公開。
Kendrick Lamarのアルバム『DAMN.』に収録されている「XXX. (feat.U2)」のフレーズを引用しており、U2とKendrickが再びコラボレーションした楽曲となっている。


  
『Songs Of Experience』はWilliam Blakeの詩集"Songs Of Innocence And Of Experience"から着想した、前作『Songs Of Innocence』とは対となっている内容。
ジャケットにはBono(Vo)の息子Elijah Hewsonと、The Edge(Gt / Vo)の娘Sian Evansが登場。


『Songs Of Experience』UICI-9068  
01. Love Is All We Have Left
 02. Lights Of Home
 03. You're the Best Thing About Me
 04. Get Out Of Your Own Way
 05. American Soul
 06. Summer Of Love
 07. Red Flag Day
 08. The Showman (Little More Better)
 09. The Little Things That Give You Away
 10. Landlady
 11. The Blackout
 12. Love Is Bigger Than Anything In Its Way
 13. 13 (There Is A Light)
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

新作『カラーズ』収録したBeck x DAOKOの対談が実現


新作『カラーズ』収録のリミックス“UP ALL NIGHT x DAOKO”を配信リリースした
ベックとコラボレーションしたDAOKOとの対談映像が公開された。



対談映像ではコラボレーションの誕生秘話やお互いについての印象、
ベックがこれからDAOKOが成長していくためのアドバイスを送る場面など収められている。

ベックはフジテレビにて27時35分より放送される音楽情報番組『Tune』に出演。
配信情報『UP ALL NIGHT x DAOKO』
配信中 レーベル:Hostess Entertainment
配信リンク:iTunes / Apple Music


posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

ゴジラのテーマはブラームス交響曲第一番にそっくり

N響第1869回定期公演は、名匠クリストフ・エッシェンバッハが再び登場。

1.交響曲 第4番 ホ短調 作品98

2.交響曲 第1番 ハ短調 作品68 (以上   ブラームス)


管弦楽:NHK交響楽団

指   揮:クリストフ・エッシェンバッハ

(2017年10月25日 サントリーホールで収録)


<コンサート・プラス>

〜N響メンバーによる室内楽〜


1.幻想的弦楽五重奏曲 (ヴォーン・ウィリアムズ作曲)


バイオリン:大宮 臨太郎、猶井 悠樹

ビオラ:村松 龍、中村 翔太郎

チェロ:村井 智


2.ユモレスク(ドボルザーク作曲)

ビオラ:中村 翔太郎

ピアノ:渡部 由美子

(2017年1月30日 NHKスタジオで収録)  


12月3日(日)放送<N響第1869回 定期公演>

http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/


ゴジラのテーマはブラームス交響曲第一番にそっくり。ブラームスの交響曲第1番に「ゴジラ」とタイトルをつけている江川紹子さん。

「この曲の1楽章で、いつもゴジラが大暴れする姿が浮かんでくるからだ。 冒頭のティンパニは、のっしのっしとゴジラが歩いてくる音に聞こえ、しばらくすると「ゴジラのテーマ」に似た下降する旋律があり、そこからはもうゴジラの逆襲のイメージ。」

ドシラッ、ドシラッ、ドシラファー、ドシラファ♯ー、ドシラソー

(ff)レーミーレードーシーラーシーラーソのあたりのコード進行。伊福部昭さんの重厚な音楽はブラームスが元になっていたのだった。

https://youtu.be/dy1Ks3M1MmQ

posted by koinu at 17:12| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

Noel Gallagher / Who Built the Moon


打ち込み系のプロデューサーを起用してサウンド・デザインから方向性から変わったが、従来のファンも満足できる作品に仕上がって、新しい層にも支持されるような内容となっている。
骨太なメロディラインにコンテンポラリーなサウンドが合体した力強い楽曲が並んでいる。
従来型のオアシス・メロディでなくても、彼のグッド・メロディは普遍性を持っていて、四つ打ちと合体して本当に気持ちのいい世界が構成されている。新しい挑戦でありつつも、ポップソングライターとしての魅力が拡大したアルバム。



Noel Gallagher’s High Flying Birds
Who Built The Moon?
Release Date: 24/11/2017

tracklist:
1. Fort Knox
2. Holy Mountain
3. Keep On Reaching
4. It’s A Beautiful World
5. She Taught Me How To Fly
6. Be Careful What You Wish For
7. Black & White Sunshine
8. Interlude (Wednesday Part 1)
9. If Love Is The Law
10. The Man Who Built The Moon
11. End Credits (Wednesday Part 2)

Bonus Track:
Dead In The Water (Live at RTÉ 2FM Studios, Dublin)


posted by koinu at 18:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

ローリング・ストーンズ『オン・エア』

ビートルズから遅れて23年、何故かザローリング・ストーンズだけオフィシャル化されてこなかったBBCセッション集が、12月1日に発売された。

1963年から65年の間にローリング・ストーンズが英BBCに出演した際の演奏を集めた編集盤。2枚組デラックス版には計11セッション32曲が収録。ストーンズの音源として正式にリリースされていない楽曲が8曲も収められている。初期ストーンズの本質を知るなら十分の内容となっているライブアルバム。

ディスク: 1

Come On

(I Can't Get No) Satisfaction

Roll Over Beethoven

The Spider And The Fly

Cops And Robbers

It's All Over Now

Route 66

Memphis, Tennessee

Down The Road Apiece

The Last Time

Cry To Me

Mercy, Mercy

Oh! Baby (We Got A Good Thing Goin’)

Around And Around

Hi Heel Sneakers

Fannie Mae

You Better Move On

Mona


ディスク: 2

I Wanna Be Your Man

Carol

I'm Moving On

If You Need Me

Walking The Dog

Confessin' The Blues

Everybody Needs Somebody To Love

Little By Little

Ain't That Loving You Baby

Beautiful Delilah

Crackin' Up

I Can't Be Satisfied

I Just Want To Make Love To You

2120 South Michigan Avenue



『On Air』というタイトルは、貴重なライブ録音が当時いくつかの番組でイギリス中に放送(On Air)されていたという事実を表している。今のように情報があふれている時代ではないのに、ラジオで流れた荒削りで若い感性のブルースやロックンロールが少年少女たちの心を掴み、街の噂になって空気を通じて伝わっていった熱量をドキュメンタリー的に提示している。

ザ・ローリング・ストーンズ/ライヴ・アルバムの歴史
http://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/news/onair-special02/

posted by koinu at 10:20| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

BEATBoX SAX -Bach's


ストラスブールのコングレスにおいて、様々なプレイヤーがフィーチャーされて、アメリカのサクソフォン奏者、Derek Browntが極まっている。クラッシックのバッハをBEATBoX SAXにアレンジメントする発想か素晴らしい。



Derek Brown - Tenor Sax, Egg Shaker -Location - St. Alphonsus Church (Special thanks to Fr O'Connell and Linda Herrera) 
posted by koinu at 09:38| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

BEATBoX SAX 奏者Derek Brownt

Derek Brown - Tenor Sax, Egg Shaker -Location - St. Alphonsus Church (Special thanks to Fr O'Connell and Linda Herrera) 

ストラスブールのコングレスにおいて、様々なプレイヤーがフィーチャーされて、アメリカのサクソフォン奏者、Derek Browntが極まっている。


シンシナティ大学でジャズを学んで、Abilene Christian Universityでの講師職を経て、フリーランスとしてシカゴで活動している。1983年の生まれ。彼の特徴は、サクソフォンでビートボックスを演奏すること。ソロ演奏は"BEATBoX SAX"と名付けられている。

ビートボックス・サックスを駆使して、ジャズ、ファンク、ポップス等の方面で様々に活躍している。フルート等に比べれば、音の種別のバリエーションは少ないサクソフォンひとつで、これだけぐっと人を惹きつけるというのも凄い。
posted by koinu at 09:11| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

Last of the Great Mississippi Blues Singers

多分にブルースモードへ嵌まった時に、注目したアルバム。
Last of the Great Mississippi Blues Singers
301FF467-4099-41C9-9505-D6F8E6C2F68B.jpg
戦前南部ブルースの重要レコード集。
荒くれ者Tommy Mclennanの廃盤になってる全曲が丸々聞ける。
「RCAブルースの古典」でおなじみのRobert PetwayやBukka White やRobert Lockwood Jr. の重要録音6CDたっぷり入って、なんとレコード一枚価格。

Last of the Great Mississippi Blues Singers.jpg

2007 six CD set featuring two discs filled with 42 Robert Johnson classics recorded 1936-37 plus an additional four discs that feature a total of 88 tracks from other famed Bluesmen like Bukka White, Robert Petway, Tommy McClennan, Honeyboy Edwards, Otto Virgial and Robert Lockwood Jr., all recorded 1930-51. The six discs come packaged with a 44-page booklet. 130 tracks total. Recall.


こりゃホンマに驚く内容だった。

https://www.amazon.co.jp/Last-Great-Mississippi-Blues-Singers/dp/B000QXDHH4





posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

フリート・フォクシーズ6年ぶりの新作は「日本」がキーワード

フリート・フォクシーズはEP『Fleet Foxes』でデビュー。

2008年2月に2枚目のEP『Sun Giant』を、同年6月にはデビューアルバム『Fleet Foxes』リリース。アコースティック中心のバンジョー、マンドリン、ピアノ、フルートなどを取り入れた牧歌的サウンドが特徴。その壮大なサウンドと、美しいコーラスワークが、ビルボードやPitchfork Mediaなど世界中のメディアから大絶賛されて、海外主要メディアの年間チャートを独占した。セカンドアルバム『Helplessness Blues』から6年ぶりの新作『Crack-Up』は「日本」がキーワードとなっている。


5213CD2A-DEA2-42A5-A457-8592001C8D79.jpg
ジャケットは写真家濱谷浩の撮ったもので、シングル“Third of May / Odaigahara/大台ヶ原 ”は、日本百名山で特別自然保護区にもなっている吉野熊野国立公園の山をテーマとしてる。



テレビ番組で披露したパフォーマンスの映像公開。「ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア」に出演して最新作より“Fool’s Errand”を披露。
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

ステレオフォニックス『Scream Above The Sounds』全英チャートで初登場1位

10月27日リリースされたステレオフォニックスのアルバム『Scream Above The Sounds』全英チャートで初登場1位を獲得。


『Scream Above The Sounds』の収録曲の1つ「Before Anyone Knew Our Name」は、フロントマン、ケリー・ジョーンズの幼馴染で、2010年に亡くなった元バンド・メンバー、スチュアート・ケーブルとの友情を歌ったものだという。

ケリーは『The Sun』紙のインタビューでこう話した。「僕とスチュアートは子供のころ7軒離れたところに住んでた。僕らは親友で、バンドについて一緒に夢見てきた。兄弟みたいだった。彼がバンドを辞めたとき(2003年)には問題があったけど、それも2004年までには解決し、全ていい感じだった。だから、彼が死んだ後、かなり彼のことを考えてた。コンサートでは彼のことを考え続けていた。彼の夢を見たり、僕の頭の中にはいつも彼が現れてたよ。アルバムは出来上がりつつあったんだけど、彼のことを書きたいって気持ちが抑えきれなかった」


STEREOPHONICS SCREAM ABOVE THE SOUNDS
21年目のステレオフォニックスのアルバムは、減速期間を経て新しい黄金期を迎えた。
より構造的にタフになってきて、別な形の自信をつけた最新作。
posted by koinu at 10:07| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

Nai Palmソロアルバム『Needle Paw』

Hiatus Kaiyote紅一点リード・ボーカルのネイ・パーム(Nai Palm)が、ソロ・デビュー・アルバム『Needle Paw』。
ソウル・ミュージック、ヒップホップ、ジャズ、フュージョンに加え、ソフトロックやアフリカン〜トライバルなサウンドなどを取り込んだ独創的なサウンドが高く評価されて、オーストラリア先住民の文化からパンクまでを意識した個性的なルックス/ファッションでひと際目立つ存在。

Taylor McFerrin、Nahuatl Sound System、The PutBacks、Ngaiireらの作品にゲストとして歌声を聞かせて、母国オーストラリアを中心にソロ・ライブも行ってきたNai Palm本格的にソロ・アーティストとなる。
デヴィッド・ボウイ遺作から“Blackstar”と、レディオヘッドの“Pyramid Song”を、ハイエイタス・カイヨーテの“Breathing Underwater”とのメドレーで聞かせる。


宮崎駿への敬意を込めた“Laputa”という曲を書いた彼女だけに、“Haiku”という曲も『Needle Paw』からのリード・シングルとして、フィル・ノイ(Phil Noy)との共同プロデュースによる“Homebody”が先行配信された。


プリンス(Prince)、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)、エリカ・バドゥ(Erykah Badu)、クエストラブ(Questlove)らも称賛するオーストラリア発のソウル/ジャズ・バンド、ハイエイタス・カイヨーテ(Hiatus Kaiyote)。彼らのデビュー作が待望の国内盤リリースとなる。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AC/DCマルコム・ヤング追悼

豪バンドAC/DCマルコム・ヤングさん死去



マルコム・ヤングさん(オーストラリアの人気ハードロックバンド「AC/DC」元メンバー、ギタリスト)バンドの公式サイトの声明によると、18日に死去。64歳。数年間にわたり認知症を患っていた。
 53年英国に生まれ、豪州に移住。73年弟アンガス・ヤングさんとAC/DCを結成した。「地獄のハイウェイ」などがヒットし、アルバム販売が累計2億枚超の成功を収めたが、14年に病気のため引退した。(2017/11/19-05:49)


posted by koinu at 09:26| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルコム・ヤング死去=豪バンドAC/DC

 

2017年11月19日 05時49分 時事通信

 マルコム・ヤングさん(オーストラリアの人気ハードロックバンド「AC/DC」元メンバー、ギタリスト)バンドの公式サイトの声明によると、18日に死去。64歳。数年間にわたり認知症を患っていた。


 53年英国に生まれ、豪州に移住。73年弟アンガス・ヤングさんとAC/DCを結成した。「地獄のハイウェイ」などがヒットし、アルバム販売が累計2億枚超の成功を収めたが、14年に病気のため引退した。


 

posted by koinu at 07:07| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

〈HILDEGARDA DE BINGEN〉試練の音楽

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン hildegard von bingen:john cage
中世ドイツのベネディクト会系女子修道院長、作曲家。史上4人目の女性の教会博士。 神秘家であり、40歳頃に「生ける光の影」の幻視体験をして、女預言者とみなされた。50歳頃、ビンゲンにて自分の女子修道院を作る。

〈HILDEGARDA DE BINGEN〉試練の音楽





posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

EVANESCENCEのフル・オーケストラ作品


フルアルバムとしては5枚目となるオーケストラ作品。プロデューサーのWill Huntを迎えた今作はレコーディング、ミックスはナッシュビルとダラスで行われたらしい。
エイミー・リーがエレクトロニカとオーケストラを融合して、過去の曲を再構築したアルバムについて語る。

「美しいフル・オーケストラに焦点を当てることで、曲が生まれ変わった。エレクトロニックのクールな要素もあるわ。そういう要素は私たちの音楽の中にいつもあったけど、とても美しく、クラシックで壮大でグルーヴィーなものになったわ。」という。



エイミー「エヴァネッセンスの3枚のアルバム全てでストリングスをアレンジしたデヴィッド・キャンベルが、今回、フル・オーケストラをやったのよ。それにプロデューサーのウィルが、Dropboxにそれぞれのアイディアを放り込み、数ヶ月、テニスみたいにそれを打っては返し合ってたわ。そしてツアーを始める直前にレコーディングしたの、ゴージャスよ。」



ヘビーメタルなサウンドはなくて、ミュージカル音楽のように、歌声が響きわたる作品になっている。
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

サム・スミス、新作が全米でも初登場1位


天使の歌声”と賞賛されて、2015年グラミー賞で「最優秀新人賞」など主要3部門を含む最多4部門を受賞した、デビューアルバム『In The Lonely Hour』は世界総売上げ枚数1,200万枚を誇る”声力No.1シンガー”、サム・スミス。
 待望のニュー・アルバム『The Thrill Of It All』が発売となり、更に俳優の遠藤憲一が出演する「好きだよ、サム・スミス」WEB-CM動画が完成、公開された。


「One Last Song」のMVは本番を控えるバレリーナたちの演劇会場が舞台になって、ハリー・スタイルズを思わせるような派手なベルベットスーツ姿でサム登場。本番前の準備でバタバタするバレリーナたちや、屋上で仕上げの練習をする男性ダンサーの横をサムが通り過ぎる映像になっている。 エンディングに登場するビッグベンやウェストミンスター宮殿、ロンドン・アイからも分かるように、撮影はサムの出身地ロンドンで行われた。


posted by koinu at 16:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする