2017年07月15日

『おそめ』石井妙子(新潮文庫)

かつて銀座に川端康成、白洲次郎、小津安二郎らが集まる伝説のバーがあった。その名は「おそめ」。マダムは元祇園芸妓。小説のモデルとなり、並はずれた美貌と天真爛漫な人柄で、またたく間に頂点へと駆け上るが―。

私生活ではひとりの男を愛し続けた一途な女。ライバルとの葛藤など、さまざまな困難に巻き込まれながらも美しく生きた半生を描く。隠れた昭和史としても読める一冊。

82E67D0A-8397-4263-B802-AEB8F81A21AD.jpg

〔本文より〕

両手を押し開けた扉につけたまま、いかにもドアが重たかったと言いたげに身体をわずかに預けて、ただ立っている。しかし、その立ち姿には隙がなく、しかも、人を誘い込むような柔らかさであった。

茄子紺の薄絹がやさしい線を描いて、ほっそりとした姿態を包んでいた。襟元は深く合わされ、襟を詰めて少しもき崩れたところがない。透けるように白い顔、昔はさぞやと思わせるつややかな髪は、左右にきっちりと分けられ後ろで小さく髷にされていた。顔は能面のように表情がなかったが、不思議と冷たさは感じさせない。

おそめ、その人に違いなかった。

それにしても、なんと小柄で可憐であることか。いや、何より私を強くとらえたのは彼女の全身に漂う透明な空気だった。少女のよう、という言い方では不満が残る。友が言った「何かの精のよう」という言葉が、まざまざと思い出された。

  • 序章 出会い おそめ―伝説の銀座マダム (新潮文庫)より
  • 読んでいて人が生きた時へ、すんなりと入れる安心感あるドキュメントだった。著者の代表作を全て読書したくなったのでAmazonで注文した。

石井妙子  1969年、神奈川県茅ヶ崎市生れ。白百合女子大学卒。同大学院修士課程修了。’97年より、毎日新聞囲碁欄を担当。囲碁の記事を書く傍ら、約5年の歳月を費やして『おそめ』を執筆。綿密な取材に基づき、一世を風靡した銀座マダムの生涯を浮き彫りにした同書は高い評価を受け、新潮ドキュメント賞、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補作となった。


「おそめを歩く 京都編」

昭和20年代から昭和40年前半に京都木屋町、東京銀座にあったバー。京都祇園出身の上羽秀ママが経営して、文化人、政治家、経済人に絶大な人気があった。

http://www.tokyo-kurenaidan.com/osome1.htm

posted by koinu at 11:50| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

『小池百合子研究 父の業を背負いて』

ノンフィクション作家の石井妙子さんが注目するのは、父・勇二郎の小池氏への影響。「意外なほど家族については語られていない。『山師』『嘘とはったりの人』と呼ばれた破天荒な父のもとでいかに育ったのか。」

DD3ED1DB-4542-46BB-A760-291501377A21.jpg

〈関西にはいたくない。破産するかもしれない親がいる。その波をかぶらないように、自分で自分を養い、生きていかなくてはならない。そう考えたとき、彼女は決断し、カイロへと渡ったのではないだろうか(略)彼女のサバイバルな、挑戦し続ける人生はここから始まっている〉『小池百合子研究 父の業を背負いて』本文より


『小池百合子研究 父の業を背負いて』「新潮45」1月号掲載

https://www.dailyshincho.jp/article/2016/12270810/?all=1


『文藝春秋』今月掲載の石井妙子さん「男たちがみた小池百合子という女」が素晴らしいドキュメント作品になっております。


4ADD288E-3DE6-492D-8F00-D103CC1CA60D.jpg

なかなか優れたドキュメントです。この記事のために『文藝春秋』を買いました!

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/75944/74549/114908810

posted by koinu at 10:58| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

『不合理ゆえに吾信ず』埴谷雄高〔現代思潮社〕

――私が ≪自同律の不快≫

と呼んでいたもの、それをいまは語るべきか。

-------------------------------------

――さて、自然は自然において衰退することはあるまい。

(p14-15)


――薔薇、屈辱、自同律――
つづめて云えば俺はこれだけ。

28A68ADB-F6D8-426B-9139-E88D18A0C830.jpg

埴谷雄高が同人誌『構想』(昭和14(1939)年〜昭和16(1941)年発行)に発表したアフォリズム集。『死霊』の原型となる諸観念が其処に早くも既にして、描出されているという。


これはアフォリズム集ではなく、散文詩集ではないかという見解もあるが、《自同律の不快》の発芽が示されている濃厚な発案プログラムといえる。輝かしい原石となる必須の一書。

8AB57D7A-E68B-4B6E-B924-9EBD3755B8A4.jpg

-------------------------------------

私はしばしば想いなやむのであるが、不快の裡に棲むものは論理と詩学のみであろうか。
翅よ、翅よ、誰がここから飛びたつであろう。(p16-17)


『不合理ゆえに吾信ず』埴谷雄高〔現代思潮社〕
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『埴谷雄高作品集』のすすめ

長編小説『死霊』は作者が生涯のライフワークとされた作品であるために、年代ごとに様々なバージョンがある。現在は全集として完行未然に近く、講談社版は高価であるために、書店や図書館にも全巻閲覧は困難となっている。


すでに刊行された『埴谷雄高作品集』(河出書房新社)は、比較的に埴谷書物では文庫本より安価入手となっている。政治論文やエッセイなど多すぎるとおもわれるが、代表作はこれで読めば充分な読書となるだろう。

第2巻『短篇小説集』は『死霊』以外の文学作品から、『不合理ゆえに吾信ず』と密度の高い小説が選ばれている。目次を見ると驚愕する内容。Amazonで300円以下から販売されている、単品オススメの一冊。



030F5B03-2CB9-4E7A-8509-D12BA1E481F4.jpg


『埴谷雄高作品集』全15巻・別巻1巻(河出書房新社、1971.3〜1981.1)

*第10巻は未刊。



第1巻 死霊 1971.3.25

 

死霊…………………………………………… 7

*『死霊』考(吉本隆明)……………… 295

*解題(白川正芳)……………………… 313

 



第2巻 短篇小説集 1971.8.15

 

不合理ゆえに吾信ず………………………… 7

虚空……………………………………………93

意識………………………………………… 123

深淵………………………………………… 149

闇のなかの黒い馬………………………… 171

宇宙の鏡…………………………………… 179

夢のかたち………………………………… 187

神の白い顔………………………………… 195

影絵の世界………………………………… 205

*意識を主題とする小説(秋山駿)…… 357

*解題(白川正芳)……………………… 377

 



第3巻 政治論文集 1971.6.30

 

序詞―権力について……………………… 7

政治のなかの死………………………………17

憎悪の哲学……………………………………29

敵と味方………………………………………42

組織と闘争と敵………………………………62

目的は手段を浄化しうるか…………………65

暴力考…………………………………………80

暗殺の美学……………………………………87

沈黙について……………………………… 101

デモについて……………………………… 103

選挙について……………………………… 109

棄権について……………………………… 115

反議会主義について……………………… 117

埴谷雄高氏への公開状(吉本隆明)…… 120

自立と選挙………………………………… 125

党と大衆団体について…………………… 131

六月の《革命なき革命》………………… 136

自己権力への幻想………………………… 147

死者の哀悼者へ…………………………… 152

象徴のなかの時計台……………………… 156

永久革命者の悲哀………………………… 165

革命的志向なき革命的人間について…… 191

指導者の死滅……………………………… 204

革命の意味………………………………… 221

抑圧の武器と反逆の武器………………… 235

死滅せざる「国家」について…………… 246

戦争と革命の変質の時代………………… 260

革命の変質………………………………… 266

*埴谷雄高の政治観(鶴見俊輔)……… 279

*解題(白川正芳)……………………… 293

 



第4巻 文学論文集 1971.12.20

 

序詞―寂寥………………………………… 9

存在と非在とのつぺらぼう…………………15

夢について……………………………………27

可能性の作家…………………………………38

不可能性の作家………………………………53

夢と想像力と…………………………………65

存在と想像力…………………………………68

思索的想像力について………………………74

夢と人生………………………………………79

観念の自己増殖………………………………83

還元的リアリズム……………………………94

迷路のなかの継走者……………………… 105

何故書くか………………………………… 110

あまりに近代文学的な…………………… 117

カントとの出会い………………………… 124

現実密着と架空凝視の婚姻……………… 128

『散華』と《収容所の哲学》…………… 140

埴谷雄高氏へ(高橋和巳)……………… 145

埴谷雄高氏への手紙(真継伸彦)……… 150

論理と詩の婚姻について………………… 159

「政治と文学」について………………… 165

決定的な転換期…………………………… 171

椎名麟三…………………………………… 177

武田泰淳…………………………………… 184

梅崎春生の挿話…………………………… 191

踊りの伝説………………………………… 195

『崩解感覚』の頃………………………… 203

三島由紀夫………………………………… 206

詩人の或る時期…………………………… 212

酒と戦後派………………………………… 217

異常児荒正人……………………………… 239

本多秋五…………………………………… 246

原民喜……………………………………… 250

原民喜の回想……………………………… 255

絶望・頽廃・自殺………………………… 260

大井広介夫人……………………………… 268

「近代文学」創刊まで…………………… 277

「近代文学」同人拡大の頃……………… 306

「近代文学」と「中国文学」…………… 311

終章―想像力についての断片…………… 315

*見てしまつた男の夢(井上光晴)…… 325

*解題(白川正芳)……………………… 339

 



第5巻 外国文学論文集 1972.5.15

 

序詞―隕石………………………………… 7

ドストエフスキイと私………………………10

ポオについて…………………………………24

サドについて…………………………………34

ドストエフスキイの方法……………………48

ドストエフスキイの位置……………………54

ドストエフスキイに於ける生の意味………67

ドストエフスキイの二元性…………………75

三冊の本と三人の人物………………………85

一冊の本『白痴』……………………………88

私の古典………………………………………91

読者と作中人物………………………………93

若者の哲学……………………………………96

ラムボオ素描……………………………… 105

ニヒリズムとデカダンス………………… 122

メフィストフェレスの能動性…………… 135

モンテーニュとパスカル………………… 139

ルクレツィア・ボルジア………………… 142

二十世紀文学……………………………… 165

二十世紀文学の未来……………………… 168

証人エレンブルグ………………………… 175

権力の国境………………………………… 188

悲劇の肖像画……………………………… 198

転換期における人間理性………………… 215

自由とは何か……………………………… 233

自閉の季節………………………………… 256

宇宙のなかの人間………………………… 269

黒いランプ………………………………… 284

*埴谷雄高の「場所」(大江健三郎)… 291

*解題(白川正芳)……………………… 301

 



第6巻 随想集 1972.2.20

 

序詞―アンケート………………………… 9

あらゆる発想は明晰であるということについて……12

平和投票………………………………………26

即席演説………………………………………41

内界の青い花…………………………………49

叔父の心臓……………………………………52

闇のなかの神仙………………………………58

緑いろのヴェニュス…………………………64

心臓病について………………………………68

煙草のこと……………………………………75

論理と詩との婚姻……………………………87

闇………………………………………………93

或る時代の雰囲気………………………… 104

農業綱領と『発達史講座』……………… 112

雑録ふうな附記…………………………… 119

歴史のかたちについて…………………… 135

戦争の時代………………………………… 146

海鼠塀の想い出…………………………… 168

潔癖症……………………………………… 174

断崖病……………………………………… 177

断崖病について…………………………… 179

精神病型…………………………………… 184

臓器感覚…………………………………… 186

闇のなかの甘美な推理…………………… 191

アンドロメダ星雲………………………… 194

光速者……………………………………… 199

仰寝………………………………………… 201

腕組み……………………………………… 204

うえ谷とむこう坂………………………… 207

安吾と雄高警部…………………………… 209

無言旅行…………………………………… 212

講演嫌い…………………………………… 216

野球の悲劇性……………………………… 219

ファン気質………………………………… 222

ニヒリスティックな選手………………… 224

無記憶型…………………………………… 226

短波放送…………………………………… 230

ハイマートロス…………………………… 232

古い映画手帖……………………………… 234

映画の無気味さ…………………………… 255

冬の扇……………………………………… 259

単性生殖…………………………………… 261

ファウストの実現………………………… 263

ベビー・ママ……………………………… 266

裸体の世紀………………………………… 269

乳房について……………………………… 273

性的人間…………………………………… 277

文学者の性理解…………………………… 280

箴言の記憶………………………………… 300

パネルの上の黒いランプ………………… 304

*「反埴谷雄高」論(倉橋由美子)…… 313

*解題(白川正芳)……………………… 329

 



第7巻 戦後文学論集 1 1978.9.30

 

序詞―アンケート 戦後の小説ベスト5……11

自然と存在……………………………………13

廃墟からの出発………………………………30

廃墟の頃………………………………………43

新しい価値転換………………………………52

椎名麟三の歩み………………………………62

椎名麟三のアイロニイ………………………65

椎名麟三の心臓病……………………………67

ドラマの原型…………………………………70

飢えの季節……………………………………72

ニヒリズムの双生児…………………………81

野間宏小論……………………………………84

『青年の環』第一部…………………………94

『青年の環』第二部……………………… 101

『青年の環』……………………………… 105

武田泰淳…………………………………… 110

見えすぎる洞察者………………………… 119

未知を見るもの…………………………… 132

武田泰淳小論……………………………… 136

『異形の者』……………………………… 142

『風媒花』………………………………… 144

『森と湖のまつり』……………………… 148

『貴族の階段』…………………………… 153

『「愛」のかたち』の頃………………… 159

武田泰淳の変化…………………………… 162

武田泰淳の苦行…………………………… 165

『俘虜記』………………………………… 167

大岡越前探偵と私………………………… 173

感覚人、島尾敏雄………………………… 176

はじめの頃の島尾敏雄…………………… 178

島尾敏雄を送る…………………………… 181

『われ深きふちより』…………………… 183

『硝子障子のシルエット』……………… 185

中村真一郎について……………………… 187

中村真一郎のこと………………………… 189

匂いと色と響き…………………………… 192

結核と私達………………………………… 193

水平志向の成熟…………………………… 196

『禁色』を読む…………………………… 204

三島由紀夫『私の遍歴時代』…………… 209

花田清輝『復興期の精神』……………… 211

『錯乱の論理』…………………………… 213

ショック療法……………………………… 214

中村光夫と戦後派………………………… 216

中村光夫『想像力について』…………… 219

「ツクエ」探偵…………………………… 221

平野謙の円熟……………………………… 224

本多秋五…………………………………… 230

売れない賞………………………………… 232

『物語戦後文学史』……………………… 235

強い芯を備えた隠者……………………… 237

純粋日本人、藤枝静男…………………… 239

無言の業…………………………………… 241

荒正人……………………………………… 243

荒エレクトロニクス……………………… 247

ストゥルトゥス、ポリティクス………… 250

十九年間の変遷…………………………… 252

「近代文学」の思い出…………………… 256

お喋り族兼推理族………………………… 259

還暦祝い…………………………………… 263

想像力について…………………………… 266

記録型の芸術と渇望型の芸術…………… 280

「難解」と私……………………………… 288

宇宙型と神人型…………………………… 290

竹内好……………………………………… 293

国士竹内好………………………………… 295

竹内好『魯迅』…………………………… 297

*〈戦後文学の党派性〉の底に(桶谷秀昭)…… 299

*解題(白川正芳)……………………… 311

 



第8巻 戦後文学論集 2 1978.11.25

 

序詞―事実と真実についての断片………13

招かれざる酒客………………………………20

田村隆一の姿勢………………………………22

田村隆一『言葉のない世界』………………24

黒田喜夫頌……………………………………29

安東次男『澱河歌の周辺』…………………34

木下順二『ドラマの世界』…………………37

加藤周一『ある旅行者の思想』……………43

長谷川四郎の四季……………………………45

不思議な哲学者………………………………47

古賀剛のこと…………………………………50

中薗英助のこと………………………………53

石川淳の顔……………………………………57

安部公房のこと………………………………60

安部公房『壁』………………………………64

『第四間氷期』………………………………68

存在のどんでん返し…………………………70

吉本隆明の印象………………………………72

安保闘争と近代文学賞………………………76

『芸術的抵抗と挫折』………………………80

江藤淳『作家は行動する』…………………83

『小林秀雄』…………………………………86

現代的知性の構図……………………………89

江藤淳のこと…………………………………95

堀田善衛と開高健………………………… 114

龍の法螺…………………………………… 119

開高健『過去と未来の国々』…………… 122

抵抗のなかの自立………………………… 125

全身小説家、井上光晴…………………… 128

井上光晴の「最高!」…………………… 131

井上光晴『書かれざる一章』…………… 134

『虚構のクレーン』……………………… 136

『死者の時』……………………………… 138

『地の群れ』……………………………… 140

立原正秋の印象…………………………… 142

中井英夫『虚無への供物』……………… 144

推理小説と探偵小説……………………… 145

いいだ・もも『斥候よ 夜はなお長きや』…… 147

闇のなかの一本の蝋燭…………………… 149

森崎和江と第三の性……………………… 152

辻邦生のこと……………………………… 153

青年辻邦生………………………………… 155

木星人、北杜夫頌………………………… 158

百の顔と百の心…………………………… 160

北杜夫の「びつくり顔」………………… 162

『夜と霧の隅で』………………………… 164

『楡家の人びと』………………………… 169

小川国夫の人徳と文徳…………………… 172

倉橋由美子『人間のない神』…………… 174

渋沢龍彦…………………………………… 176

『黒魔術の手帖』………………………… 178

『毒薬の手帖』…………………………… 180

『神聖受胎』『犬狼都市』……………… 182

『サド侯爵の生涯』……………………… 185

『夢の宇宙誌』…………………………… 187

栗田勇のコレスポンダンス……………… 190

苦悩教の始祖……………………………… 193

『悲の器』の頃…………………………… 199

『憂鬱なる党派』の時代………………… 204

『憂鬱なる党派』………………………… 207

真継伸彦の苦渋…………………………… 209

現代の六無斎……………………………… 212

現代の行者、小田実……………………… 215

石堂淑朗のこと…………………………… 217

青年大江健三郎…………………………… 221

大江健三郎『ヨーロッパの声・僕自身の声』…… 224

『個人的な体験』………………………… 226

対立者の論理……………………………… 228

ロビンソンの読書………………………… 234

批評基準の退化…………………………… 241

長篇の時代………………………………… 248

灰色の人生………………………………… 252

自己消費の情熱…………………………… 256

政治の周辺………………………………… 260

闇のなかの思想…………………………… 266

価値転換への試み………………………… 272

多様さの傾向……………………………… 275

私小説との距離…………………………… 278

微笑と残虐の謎…………………………… 281

堅固な実体感……………………………… 284

現実と観念………………………………… 287

二つの傾向………………………………… 290

構成と思想の図式………………………… 293

インテリゲンチャ論……………………… 296

短篇への要望……………………………… 299

《なし崩し》の季節……………………… 301

社会主義のなかの「罪と罰」…………… 306

純文学の建設見積書……………………… 311

*一冊の書物(日野啓三)……………… 317

*解題(白川正芳)……………………… 327

 



第9巻 戦後文学論集 3 1979.5.10

 

序詞………………………………………… 9

太宰治、追悼…………………………………11

堀辰雄…………………………………………13

癌とそうめん…………………………………17

高見さんのサーヴィス………………………20

伊藤さんの予言………………………………24

二人のドン・キホーテ………………………28

大井広介………………………………………32

『文学者の革命実行力』……………………34

梅崎春生をいたむ……………………………36

梅崎文学碑と椎名麟三………………………37

椎名麟三君を悼む……………………………40

宗教と政治と文学と…………………………42

戦後文学の党派性……………………………59

戦後文学の党派性、補足……………………70

はじめの頃の椎名麟三………………………87

「夜の会」の頃………………………………92

椎名麟三の昇華………………………………97

強力な原子核……………………………… 100

花田清輝との同時代性…………………… 102

花田清輝の弁証法………………………… 108

「序曲」の頃……………………………… 115

日沼倫太郎君を悼む……………………… 120

村上一郎君追悼…………………………… 122

高橋和巳君をいたむ……………………… 124

小さな生の焔……………………………… 126

高橋和巳をしのんで……………………… 132

破局への参加……………………………… 148

目に見えぬものを伴侶として…………… 157

精神のリレー……………………………… 170

妄想、アナキズム、夜桜………………… 179

断片的な回想……………………………… 183

最後の二週間……………………………… 185

初期の頃…………………………………… 206

「お花見会」と「忘年会」……………… 215

武田泰淳と百合子夫人…………………… 222

最後の四個月……………………………… 228

落日の夢…………………………………… 243

竹内好の追想……………………………… 250

二つの大患………………………………… 258

戦争中のこと……………………………… 265

敏感な直覚者……………………………… 273

*始源へ到る夢(真継伸彦)…………… 279

*解題(白川正芳)……………………… 289

 



第11巻 紀行文集 1979.8.20

 

姿なき司祭―ソ聯・東欧紀行……………… 7

姿なき司祭………………………………… 9

ドストエフスキイと運転手………………19

《民衆》の顔………………………………47

セルゲイ君…………………………………65

ワルソー・ゲットー………………………91

レーニン・ブールヴァール…………… 116

魔法の町………………………………… 135

町のなかの国境………………………… 154

欧州紀行…………………………………… 179

見知らぬ空港で………………………… 181

キルケゴールの墓……………………… 189

身分制の壁……………………………… 195

ハイデルベルクの花火………………… 206

スイスでの遺失物……………………… 214

ヨーロッパの記念碑…………………… 218

「魔法の森」の啓示…………………… 222

首のない像……………………………… 226

三組の花嫁……………………………… 232

米の味…………………………………… 249

*自我の復活(小川国夫)……………… 267

*解題(白川正芳)……………………… 275

 



第12巻 映画論集 1979.11.30

 

I 闇のなかの思想―形而上学的映画論……11

死の意味……………………………………13

心のなかの国境……………………………19

二つの明暗…………………………………25

創造と記録について………………………32

無自覚な汚れ………………………………39

記憶の不思議さ……………………………45

戦争と革命のあいだ………………………52

白と黒のなかの物体感……………………59

無責任の体系………………………………64

奇妙な過渡期………………………………66

永遠の裸体…………………………………71

感動と恐怖の二重構造……………………78

慣習からの離脱……………………………81

悪魔観の退歩………………………………89

暗さの魅力…………………………………96

裁きの論理…………………………………98

未来への恐怖…………………………… 103

事実の内的過程………………………… 106

動と静のリズム………………………… 111

州境いの川……………………………… 118

死の上の生……………………………… 126

II…………………………………………… 135

二つの射殺……………………………… 137

革命の墓碑銘―エイゼンシュテイン『十月』…… 143

『私に殺された男』…………………… 150

二重操作の顔…………………………… 154

『ロベレ将軍』………………………… 158

暗黒の一体感…………………………… 160

外と上からの解放―『パリは燃えているか』…… 163

政治における共感の難かしさ―アラン・レネ『戦争は終つた』…… 170

悪徳と美徳の組合せ―『アルジェの戦い』…… 174

『この目でみたソ連』………………… 180

魂の二重性―『マドモアゼル』……… 183

巨大な無関係―『欲望』……………… 190

白夜のなかの表情……………………… 197

生物の進化と想像力と―『ローズマリーの赤ちやん』…… 202

頷きあいの彼方―『テオレマ』を観て…… 207

一枚のエルンストの絵に―塙書房『文学読本』…… 210

エルンストの《物霊》………………… 215

クービンの絵に寄せて………………… 218

一杯の魔女の図に……………………… 222

ロバート・フランクの写真集に……… 225

記念すべき小説と絵画の婚姻………… 227

映画のなかの日本―木下恵介の映画を見て…… 230

事物の変化の瞬間―『忍者武芸帳』… 236

真実の多面性―『絞首刑』をめぐつて…… 242

映画と国家意識………………………… 246

苦渋の勝利―『審判』………………… 249

フォークナーの映画…………………… 252

『崖』…………………………………… 255

飢えのなかの鶏………………………… 257

『白痴』………………………………… 260

『白痴』寸感…………………………… 263

三つの映画『白痴』…………………… 268

生かされた「重い味」―『カラマーゾフの兄弟』…… 271

*金魚鉢のなかの金魚(渋沢龍彦)…… 275

*解題(白川正芳)……………………… 283

 



第13巻 回想 思索集 1980.3.31

 

I ……………………………………………… 7

裂け目の発見―文学的小伝……………… 9

『資本論』と私……………………………17

平田さんの想い出…………………………22

伊東三郎の想い出―「農民闘争」時代のこと……29

或る時代の背景……………………………38

II 影絵の時代 ………………………………51

発足の日……………………………………53

政治と文学と………………………………61

戦後の畸人達………………………………86

「夜の会」のこと…………………………96

「近代文学」の存続…………………… 104

戦後の病歴……………………………… 141

回復期の仕事…………………………… 157

III ………………………………………… 163

宇宙型と神人型………………………… 165

思想の幅………………………………… 168

IV 薄明のなかの思想―宇宙論的人間論…… 171

生誕について…………………………… 173

意識について…………………………… 179

存在について…………………………… 187

愛について……………………………… 196

性について……………………………… 203

政治について…………………………… 207

革命について…………………………… 216

芸術について…………………………… 227

死について……………………………… 239

宇宙について…………………………… 245

*あとがき………………………………… 256

*〈のつぺらぼう〉と〈仏〉(森川達也)…… 261

*解題(白川正芳)……………………… 273

 



第14巻 対談 1 1980.8.5

 

序詞………………………………………… 7

文学創造の秘密(秋山駿,森川達也,埴谷雄高)……11

私の文学を語る(秋山駿,埴谷雄高) ……38

『闇のなかの黒い馬』を語る(古屋健三,埴谷雄高)……64

革命と死と文学(大江健三郎,埴谷雄高)……87

夢と想像力(高橋和巳,埴谷雄高) …… 128

私と『罪と罰』(上総英郎,埴谷雄高)…… 151

ドストエフスキイと現代(秋山駿,埴谷雄高)…… 181

文学の論理と政治の論理(真継伸彦,埴谷雄高)…… 207

戦後文学と思想性(白川正芳,埴谷雄高)…… 226

自由と存在(野間宏,埴谷雄高) ……… 243

*埴谷さんの宇宙圏の中で(辻邦生)… 275

*解題(白川正芳)……………………… 283

 



第15巻 対談 2 1981.1.9

 

序詞………………………………………… 7

思索的渇望の世界(吉本隆明,秋山駿,埴谷雄高)……11

意識 革命 宇宙(吉本隆明,埴谷雄高)…… 128

「意識 革命 宇宙」注釈……………… 187

〈少年〉と〈夢魔〉(大岡昇平,埴谷雄高)…… 230

原点としての「南」(島尾敏雄,埴谷雄高)…… 261

文学の世界と学問の世界(丸山真男,埴谷雄高)…… 287

*政治と風俗の遠景(磯田光一)……… 321

*解題(白川正芳)……………………… 329

 



別巻 埴谷雄高論 1972.11.30

 

“あつは”と“ぷふい”(武田泰淳)…… 7

埴谷雄高論(吉本隆明)……………………11

逸脱の論理(高橋和巳)……………………25

小説は改変する(秋山駿)…………………58

『死霊』入門(本多秋五)…………………75

死者もまた夢をみる(遠丸立)………… 103

『死霊』論(桶谷秀昭)………………… 127

ロマネスクの反語(菅谷規矩雄)……… 143

『不合理ゆえに吾信ず』論・覚え書(藤一也)…… 181

原初に自発するもの(日野啓三)……… 197

虚無主義の形成(鶴見俊輔)…………… 216

永久革命者とは何か(吉本隆明)……… 244

国家と存在の告発(伊藤成彦)………… 254

死滅せざるアナーキズム(宮内豊)…… 274

埴谷雄高の想像力(竹内泰宏)………… 291

潜行と飛翔(森川達也)………………… 314

非在と意識(粟津則雄)………………… 334

「論理の忌まわしさ」について(白川正芳)…… 349

闇へ(諸田和治)………………………… 386

自殺の形而上学(磯田光一)…………… 406

*埴谷雄高年譜白川正芳〔編〕………… 425

*参考文献一覧白川正芳〔編〕………… 443


☆ 全国図書館でも『埴谷雄高作品集』(河出書房新社)は閲覧可能だとおもわれる。現金正価格で全巻購入する価値はないだろう。埴谷雄高の真の読者なら、作品以外は閲覧読書で把握できる内容。

 

posted by koinu at 08:59| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

埴谷雄高 独白「死霊の世界」

わが国初の形而上小説、今世紀最大の実験小説、『死霊』。この未完の作品で、作者は何を語ろうとしているのか。


NHK・ETV特集のために埴谷氏は、作品『死霊』の自己解説とともに、文学や哲学、戦争・政治・革命、さらに人間存在と宇宙について、70時間にわたり熱烈に語った。1997年2月19日、埴谷氏逝去。われわれと宇宙に向けて放たれた「遺書」となった。


埴谷雄高の独白した重要と思える言葉は、全て筆記してノートか頭脳へ記憶しておきたまえ。そうしないと《自同律の不快》などは録画しても、意識する深部へは届かない。さもなければ、「死霊の世界」一切を記憶から消してしまう共犯者となるのだ。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再発見 日本の哲学 埴谷雄高――夢みるカント (講談社学術文庫)

埴谷雄高は、『死霊』という難解なことで有名な小説の作者として知られています。一方で、『死霊』は、みごとな情景描写もちりばめられた、きわめて魅力的な小説でもあります。
埴谷の有名な言葉に「自同律の不快」があります。埴谷の哲学を象徴する言葉と言っていいでしょう。
では、これは、いったいどういう意味なのか。そして、小説の形で表現された、埴谷の哲学とは、どのようなものなのか。
伝記的な事実を持ち出せば、戦前の日本共産党の非合法活動に参加し、逮捕されたあと、未決囚の独房の中で、天野貞祐訳、カント『純粋理性批判』と出会います。そこから、埴谷は、終生、哲学的思索を続けるわけです。
本書は、自身、カント『純粋理性批判』をはじめとするいわゆる「三批判書」のきわめて優れた翻訳を世に問うた哲学者による、渾身の埴谷雄高論です。
『死霊』によりそいながら、「私はほんとうに私なのか」という埴谷の「存在の哲学」を読み解き、戦後日本を代表する哲学的思索の全貌を、端正な文体で明らかにする力作です。

48595A69-D365-477B-95C6-7E70F5EC4409.jpgB40DC15E-E373-41EC-A2F3-656C399D78DC.jpg

熊野 純彦 1958年生まれ。東京大学人文科学研究科博士課程修了。現在、東京大学教授。専攻は、哲学、倫理学。主な著書に、『レヴィナス』(岩波書店)、『西洋哲学史』(岩波新書)、『ヘーゲル』(筑摩書房)、『マルクス資本論の思考』(せりか書房)など。また、訳書にカント『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』(作品社)、ハイデガー『存在と時間』(岩波文庫)などがある。


《死霊の世界》は独房でのカント哲学から始まり、構想されたと埴谷雄高さんは語っていた。この底辺の押えは必須だろうと思える。


posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

電子図書

089FABFC-0850-4267-A9B7-388EB2AAB21A.jpg

さすがに現在は、上図版のような貸本劇画などを収集して読む気力はない。

デジタル図書は過去の大作を手軽に見るに適していると感じる。

55144BC1-5780-4DEA-AFE9-C0566582F9BC.jpgC03BD10E-B8E0-4D15-A938-F0968116454F.jpg

少年向け雑誌に長期連載されていたことに、時代を感じる長編劇画の世界である。
posted by koinu at 08:47| 東京 ☔| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

『デビルキング』さいとうたかを

自然原理主義とでも呼ぶべき、アンチ・近代科学技術・思想を持つ天才生物科学者が、科学的、生物学的に人間を巨大化させて、「神」を人工的に作り出し、その「神」の力によって愚昧な現代人を覚醒・啓蒙することを試みる。

B7CB18AE-2BB2-4A5C-985A-B6CFC562B35F.jpg

FFDA6DB2-8B0B-4108-97A8-4FEF535905E1.jpg

巨人は某国の秘密機関に「デビルキング」と命名される。自分の意思に反して巨大化させられた男の葛藤と変化、男の弟の兄弟愛も大きなウエイトを占める。


大きな支配力を有する宗教団体、某国の秘密機関、私利私欲のためにデビルキングの秘密を独り占めしようとする反社会的な一団、様々な勢力がデビルキングを巡って、暗闘する壮大なスケールのSF劇画。 


17E0E4FC-18C2-40A0-812B-7E01818AA246.jpg

『デビル・キング』20世紀ファンタジー・S F劇画

[作並構成]さいとう・たかを.

 作画 さいとうプロ


70A20D22-43FF-44A1-B6F4-4B95DEA3C4CB.jpg


貸本版が1964年から4部まで刊行、本来は5部完結予定。雑誌版は『週刊少年サンデー』に1969年31号から1970年17号まで連載された。雑誌版のほうは「貸本版のリメイク版」として、少年向けに描かれたが、人気作品とはならなかったが、続編を望むコアなファンもいる。貸本版はその後復刊も再録もされていない。雑誌版のほうは単行本の入手が容易で、電子版も流通している。

CDFC8FFD-E2CF-4631-AA49-8FFFDB9479B5.jpg6454F4F3-0A27-430A-B3AA-E391A807709A.jpgDDEDEAB7-B098-49CB-9892-C83590FEFDD5.jpg


posted by koinu at 10:07| 東京 🌁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

『夜のガスパール レンブラント、カロー風の幻想曲 アロイジウス・ベルトラン散文詩集』風の薔薇 1983/岩波文庫 1991


シュールレアリストに評価された怪奇と幻想の詩人ベルトラン。詩集夜のガスパール』後半を破棄しようとしていたが、散文詩の理想として「第一の書」があった。死の翌年にサントブーヴとダヴィット・ダンジュにより夜のガスパール』は出版されたが、世に知られることはなかった。後にボードレール、マラルメに称賛され、モーリス・ラベルが「オンディーヌ」「絞首台」「スカルボ」の三編をテーマとしたピアノ曲を作曲するにいたってようやく名声を得た。
7E26D2A6-D61A-4AB2-8A91-326D14401235.jpg
ロマン派全盛の時代にあって、散文形式の叙述による詩という新しい形式、そして、客観的な幻想性というシュールレアリストに受け継がれる表現を創始した作品。

F3261319-6391-46D6-8521-42FDA5631C98.jpg

夜のガスパール』原典は65編の詩と序文からなるが、ラベルがとり上げた三編と比較的親しみやすい二編を抜粋し「夜のガスパール 抄」として訳出。

庄野 健氏による新訳夜のガスパール』もあり、読み比べをお勧めします。

https://www.amazon.co.jp/%E5%BA%84%E9%87%8E-%E5%81%A5/e/B00AWOPZKO

posted by koinu at 14:50| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

静かに、我意を捨て、深い本当の自己の充溢とともに他人に近づく

 生はとても優しく、静かで、捕まえることができない。力づくでは手に入らない。力づくでものにしようとすれば、生は消えてしまう。生を捕まえようとしても、塵しか残らない。支配しようとしても、愚か者の引きつり笑いをする自分の姿が見えるだけ。

 生を欲するのなら、生に向かって、木の下にやすらぐ鹿の親子に近づくように、そっと、歩を進めなくてはいけない。身振りの荒さ、我意の乱暴な主張が少しでもあると、生は逃げていってしまい、また探さなくてはならなくなる。そっと、優しく、かぎりなく繊細な手と足で、我意をもたない自由で大きな心で、生にまた近づいていって初めて、生と触れあえる。花はひったくろうと手をのばすだけで、人生から永遠に消えてしまう。我意と貪欲に満ちた気持で他人に近づいてゆくと、手の中に掴むのは棘だらけの悪魔で、残るのは毒の痛みばかり。

 しかし、静かに、我意を捨て、深い本当の自己の充溢とともに他人に近づくことができる。人生で最上の繊細さを、触れあいを知ることができる。足が地面に触れ、指が木に、生き物に触れ、手と胸が触れ、体全体が体全体と触れる。そして、燃える愛の相互貫入。それこそが生。わたしたちは皆、触れることで生きている。
『チャタレー夫人の恋人』ロレンス
posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

ジョン・ル・カレの自伝

静かな怒りが造型する世界
《映画「裏切りのサーカス」でゲイリー・オールドマン演ずるスマイリーのモデルは、恩師だったと明かされる。作品中でスマイリーが最も魅力的に造型されたのもうなずける》

地下道の鳩 ジョン・ル・カレ回想録』新聞書評


0A3CC66C-7A81-4170-8112-C150BB0B23E9.jpg


「地下道の鳩 ジョン・ル・カレ回想録(THE PIGEON TINNEL)」刊行

http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/touch/20170314/1489448581


無料試し読みサイト

https://note.mu/hayakawashobo01/n/n3baad5a0f6ef


ジョン・ル・カレ(John le Carré、1931年10月19日 - )英語ドーセット・プール出身。秘密情報の収集と情報工作を、在ボン大使館や在ハンブルク領事館で任務。外交官として働く傍ら、経験を元に小説を書き始めて、『死者にかかってきた電話』で小説家デビュー。1963年の『寒い国から帰ってきたスパイ』でエドガー賞 長編賞を受賞、世界的に評価を得る。映画化された原作の作品が多い。息子は作家ニック・ハーカウェイである。


posted by koinu at 11:36| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

《3・11と12・6が東京新聞の大転換点》

ジブリ『熱風』特集/東京新聞
2017年5号

菅沼堅吾×青木 理【インタビュー】
3・11と12・6が東京新聞の大転換点

0B265F2F-9632-4DDC-8622-03125E63FA8C.jpg


東京新聞は報道で最も大事な「権力の監視」の役割を果たしている。特定秘密保護法は危険だと、一番最初に警告したのは東京新聞だった。原発の再稼働に一貫してノーを突き付けたのも東京新聞だった。安倍政権の調査報道で追及し続けたのも東京新聞だった。報道する機能と役目について、外国人記者は客観視している。高い評価を受けるのは当然で、地方新聞ながら驚くことではない結果。

ジャーナリズムの基本とは何か、東京新聞がメディア報道の根幹を問う。《3・11と12・6が東京新聞の大転換点》以降の、正統なメディア方針について語る記事。表現することに関わる人々にとって、東京新聞の報道方針が放つ意味は、研究対象として外国からの客観視と繋がってゆく。


ファクラー氏ら3記者は東京新聞のウォッチドッグジャーナリズム(権力監視型報道)を評価しているようだ。プレジデント誌上では「日本でベストの調査報道を展開している」「メディアの役割は権力側の話をオウム返しに繰り返すのではなく、それを監視し批判することであるのを理解している」「ニューヨーク・タイムズを読んでいるようなリベラルな価値観を持っている」などとコメントしている。

ケイ氏に面会したフリージャーナリストによると、「『政府の圧力』に対して強い関心を抱いていた」という。

posted by koinu at 08:21| 東京 ☔| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

『アメリカの鏡・日本』ヘレン・ミアーズ

《1949年、日本占領連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーが、日本の翻訳出版を禁じた衝撃の書。日本が戦争を始めたのか?》帯文

C564D33C-A93F-4487-8CFE-C1BC5CA277C9.jpg


日本軍による真珠湾攻撃以来、我々アメリカ人は、日本人は近代以前から好戦的民族なのだと信じこまされた。しかし、前近代までの日本の歴史を振り返ると、同時代のどの欧米諸国と比較しても平和主義的な国家であったといえる。開国後、近代化を成し遂げる過程で日本は、国際社会において欧米先進国の行動に倣い、「西洋の原則」を忠実に守るよう「教育」されてきたのであり、その結果、帝国主義国家に変貌するのは当然の成り行きだった。


以後の好戦的、侵略的とも見える日本の行動は、我々欧米諸国自身の行動、姿が映し出された鏡といえるものであり、東京裁判などで日本の軍事行動を裁けるほど、アメリカを始め連合国は潔白でも公正でもない。また日本が、大戦中に掲げた大東亜共栄圏構想は「法的擬制」(本書中にしばしば登場する言葉で、「見せかけ」、「建て前」と類義)であるが、アメリカのモンロー主義同様、そのような法的擬制は「西洋の原則」として広く認められていた。さらに戦前・戦中においては、国際政治問題は「道義的」かどうかではなく「合法的」かどうかが問題とされていたのであり、戦後になって韓国併合や満州事変も含め、道義的責任を追及する事は偽善である。


実際に戦前・戦中の段階で、日本の政策に対して人道的懸念を公式表明した国は皆無であり、自国の「合法性」を主張する言葉でのみ日本を非難し続けるのは不毛であるとする。《wikipediaより》


70842F15-E68D-4426-829B-4241F6D066CE.jpg

アメリカ人のヘレン・ミアーズ女史(1900-1989)は大東亜戦争で日本の立場を詳しく、実情を公平な視点で調査した。1946年に連合国最高司令官総司令部の諮問機関「労働政策11人委員会」メンバーとして来日して、戦後日本の労働基本法の策定にたずさわった。戦後の日本に滞在して、実情を目の当たりに様々な資料にもあたる女史だった。


日本の立場を理解した上で、日本弁護を展開した公正な日米戦争の書は記された。アメリカの立場からヘレン女史の日本論は、公開されてはならない危険な本だった。本国アメリカでは戦後すぐに出版されたが、日本では翻訳出版の許可すらなく戦後日本で知られることがなかった。


マッカーサー「占領が終わらなければ、日本人は、この本を日本語で読むことはできない」。


「絶体絶命の状況で戦ってない超大国アメリカが、すでに事実上戦争に勝っているのに、一秒で十二万人の非戦闘員を殺傷できる新型兵器を行使する方が遥かに恐ろしい。山下将軍の罪は広島と長崎に原子爆弾の投下を命じた罪より重いのか」。ヘレン女史の言葉を当時のアメリカの政府高官、将軍たちに聴いてほしい。この観点はいまだに重要で、正当な主張と論点から、国家的カルマと言うべき大いなる罪があると指摘している。


いったい日本を占領する私たちの目的は何なのか。その答えは簡単すぎるほど簡単だ。「奴らを倒せ、そして倒れたままにしておけ」。アメリカが行っている民主化は、日本人自身の幸福というより、日本人が二度と戦争を起こさないためだと女史は喝破している。

占領は刑事のアメリカが、泥棒の日本を捕まえて、懲罰を与え性格を矯正するためだと、譬え話を言いながら占領政策は日本国民と文明の抑圧であった。

この計画は戦争の合法的行為、賠償行為の常識を超えた、圧倒的スケールの「懲罰」「拘束」となる。もし計画どおりに実行されれば、私たちの意図とは関係なく、日本の伝統文明は破壊され、国民はアメリカの下僕となり、人口は減少するだろう。(中略)いったい私たちは公正な裁判官を自認できるほど潔白で聡明なのか。と述べている。

アメリカが占領下で日本に行ったことは、すべてが悪意に基づいたものではなく、善意の行動も数多くあった。教育改革や、財閥の解体、軍の解体、その他、基本的には国家としての日本を弱体化させる目的が背後にあった。

教育改革においても、個人の人権という美名によって、徐々に戦前のような家族主義、国家主義、道徳観念を失わせしめるような、巧妙な計画があった。その成果は数十年を経た現代日本に、表れている。


ヘレン女史は日本が欧米との戦争をやむなく開始した理由を述べながら、母国アメリカが、日本に対して行った仕打ちに対して、不当な場合には容赦なく切り込んでいる。


日米が激突する以前に、日本は中国大陸に出て、長城の北に満州国を建国した。死中に活路を見出そうとした日本の主たる動機で、決して侵略主義を第一とした行動ではなかった、とヘレン女史は戦前日本の行動を分析している。

F601A230-935D-4557-A4EB-B612CDE821D5.jpg

その後アメリカとの関係が険悪となり、真珠湾攻撃を経て日米が激突して、太平洋の大戦争を行った。それから日本の敗戦、アメリカによる占領時代にも優れた観察眼と分析、鋭い指摘がされる。


終戦のはるか前に決着がついていたのに、戦いを長引かせたのはアメリカ側にとある理由があった。日本の攻撃力の壊滅がはっきりしてるのに、アメリカは1945年3月、東京に対して焼夷弾の絨毯爆撃を開始。3月の東京爆撃以後、米軍は日本軍相手ではなく、一般市民を相手に主に戦争をしていた。


実際にはすでに戦争ではなく、一方的な虐殺のようなものと、アメリカの行為を非難している。B29が日本の上空を飛び回って、爆弾の雨を降らせたが、当時日本には迎撃する力とてなかった。

そこまで高度に上昇できる攻撃機は存在せず、爆弾の雨を甘んじて受け逃げ回る。その爆弾の雨を浴びるのは軍人ではなく、ただの一般市民という作戦だった。当時のアメリカ国民は非道な攻撃に対して、何の非難もなく大爆撃を受け入れていた。

今では考えられない、日本人およびアジア人への人種差別の意識が、欧米人には相当あったと伺われる。ヘレン・ミアーズ女史の『アメリカの鏡・日本』である。(Helen Mears、1900年-1989年)

【翻訳図書】

アメリカの鏡・日本/アイネックス

アメリカの鏡・日本 新版/角川学芸出版

抄訳版 アメリカの鏡・日本 (角川oneテーマ21)/角川書店


《参考》川勝平太「歴史の交差点――第二次世界大戦を戦った日米は同罪」、『週刊ダイヤモンド』第87巻32号(通号3793)、ダイヤモンド社、1999年7月31日、 164-165頁。

小堀桂一郎「将軍マッカーサーの述懐とヘレン・ミアーズ」、『正論』通号379、産経新聞社、2004年1月、 244-256頁。

御厨貴、小塩和人 『忘れられた日米関係 ヘレン・ミアーズの問い』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年8月。ISBN 4-480-05677-7。 - ヘレン・ミアーズ著作年表:203-206頁。

御厨貴、田原総一朗「ヘレン・ミアーズを知っていますか――戦争において、正義は勝者にのみ与えられるのか。五十年前の彼女の問いは、今も有効だ」、『諸君!』第33巻第7号、文藝春秋、2001年7月、 214-221頁。

posted by koinu at 14:19| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「対話は民主主義の基本。戦争・暴力の反対語は、平和ではなく対話」

『対話する社会へ』暉峻 淑子 (岩波新書)

人間にとっての根源的なコミュニケーションである「対話」があれば,子どもが成長していく際の培養土となり,デモクラシーの土台となり,戦争や暴力を防ぐ力ともなり得るはず.個人の成長過程,地域,社会,国家間で…今あらゆる局面で,いかに「対話」が喪われていて,その結果何が起きているのか.著者渾身の警世の書.


「平和(平穏な生活)を支えているのは、暴力的衝突にならないように社会の中で対話し続け、対話的態度と、対話的文化を社会に根付かせようと努力している人々の存在だということに、私も気がつくようになりました。人類が多年の経験の蓄積の中で獲得した対話という共有の遺産を、育て、根付かせることが、平和を現実のものとし、苦悩に満ちた社会に希望を呼び寄せる一つの道ではないか、と思っています」(まえがき)


5E38070C-AB83-43E5-A9C6-E433EC85858C.jpg


『対話する社会へ』目次

第1章 思い出の中の対話
最初の対話/知ることほど人生に楽しいことはない/「あなたは僕のお母さんですか」/ありがとう、と言ったり言われたり/恩師との研究的対話/対話の思い出がない?/本との対話/あるドイツ女性との対話

第2章 対話に飢えた人びと――対話的研究会のはじまり
本当の話がしたい/添加物のない自然の水/人間の考えはいろいろ/聞き手さえいれば/人びとは生の人間との対話に飢えている/対話の定義

第3章 対話の思想――なぜ人間には対話が不可欠なのか
子どもの発達と対話/対話と人権/対話への旅路/バフチンの「対話の思想」

第4章 対話を喪ったとき
沈黙の社会/対話を回避する社会
[対話喪失社会の陥穽・1]驚愕の「学校経営の適正化」
[対話喪失社会の陥穽・2]なぜ九人もの命が失われたのか
[対話喪失社会の陥穽・3]住民無視の関越道高架下問題

第5章 対話する社会へ
民主主義の土台として/自分で考えるということ/多様性をありのままのこととして/対話するドイツの市民たち
[希望の実例・1]白鳥先生の挑戦
[希望の実例・2]行政と住民との対話でつくられた道路
[希望の実例・3]対話の積み重ねのその先に

「体にビタミンが欠乏すれば、自然にビタミンを含む野菜を食べたくなるように、人間の心もまた、新聞やテレビや講演のように、いつも受け身で、自分の存在価値が影としてしか感じられないような、そういう生活から抜け出したいと思っているのではないでしょうか。自分の存在を確かめたい、あるいは認めさせたいために、ことさらに注意を引き付けるいたずらや非行に打って出る青少年もいます。ぎりぎりの自分という存在を感じたかったのではないかと想像もしてみるのです」《本書より》


暉峻淑子(てるおか いつこ)
1928年生まれ.経済学者.
日本女子大学文学部卒業.法政大学大学院社会科学研究科経済学専攻博士課程修了.経済学博士.日本女子大学教授,ベルリン自由大学,ウィーン大学の客員教授などを経て,埼玉大学名誉教授.NGO/NPO 法人国際市民ネットワーク代表.
著書―『豊かさとは何か』『豊かさの条件』『社会人の生き方』(以上,岩波新書),『ほんとうの豊かさとは――生活者の社会へ』『格差社会をこえて』(以上,岩波ブックレット),『サンタクロースってほんとにいるの?』(福音館書店),『ゆとりの経済』(東洋経済新報社),『豊かさへ もうひとつの道』(かもがわ出版),Nippons Neue Frauen(日本の新しい女性)(共著,Rowohlt Verlage)ほか
posted by koinu at 07:13| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

『テレビじゃ言えない』ビートたけし(小学館新書)

放送コード完全無視。
https://www.shogakukan.co.jp/books/09825292
週刊ポスト』に連載している「ビートたけしの21世紀毒談」から反響が大きかったエピソードをまとめた内容。
最近テレビじゃ「本当に言いたいこと」が何も言えなくてイライラしてるんだ―ビートたけしの呟きからこの本は生まれた。コンプライアンス、CMスポンサーへの配慮、そんな建前のもとエスカレートするテレビの自主規制。そんなもの、クソ食らえだ。放送コードを無視したこの男の毒舌は、ツービートの頃より切れ味を増している。政治・犯罪、ネット社会…偽善と矛盾だらけの現代ニッポンをぶった切る危ない現代評論。
5B1FF810-AEF0-4528-8E07-BFAC05F3E2EA.jpg
第1章 テレビじゃ言えない「危ないニッポン」
●ニッポンは「1億総活躍」どころか「1億総自主規制社会」
●テレビは真実なんて伝えない
●ネットはバカのための拡声器
●ネット情報で満足するヤツは「深い世界」に辿りつけない
●18歳選挙権なら「少年法」はいらねえよ
●舛添に怒って角栄に心酔する権力者に都合の良い庶民たち
●災害時に「防災服を着る政治家」の白々しさったらない ほか

第2章 話題のニュース毒舌分析
●30過ぎて少年法に守られてる下品な少年A
●笑点を本気で面白いと思ってる視聴者だからナメられる
●乙武クンを「真面目」と決めつけた人に潜む差別意識
●賞味期限もエコも消費者ではなく経済のためにある
●ベッキー、ASKA、ショーンKほか 輝け!2016年ヒンシュク大賞 ほか

第3章 テレビじゃ言えない「天国のあの人たち」の話
●大橋巨泉、デビット・ボウイ、高倉健、原節子との秘話 ほか

第4章お笑いBIG3と老人論
●なぜ若手芸人はBIG3を超えられないか
●タモリとオイラは何が違うのか
●ジジイが嫌われるのが理想の高齢化社会
●シルバーシートがニッポンから奪ったモノ  ほか
https://booklive.jp/product/index/title_id/423518

F9A5DC10-3546-4787-884E-D5DF081513CA.jpg

 * * *
オイラは「流行語大賞」なんてものは大嫌いだけど、今年はふさわしい言葉があるね。当然、「忖度」だよ。時事性から見ても話題性から見ても文句なしで受賞じゃないかって思うね。

籠池泰典・前理事長の森友学園が、今後新たに学校を作ろうっていうんなら、ぜひ校庭にはお決まりの「二宮尊徳」じゃなくて、「二宮ソンタク」の銅像を置いてほしいね。

「二宮ソンタク」が一体何だかわからないって? バカヤロー、決まってるじゃねェか。籠池ソックリの二宮ソンタク少年が、本を読みながら、背中に大荷物を背負って歩いている像でね。読んでる本はもちろん「教育勅語」で、背負っているのは包みに入った大量のコンニャクというオチなんだっての。

ビートたけしの21世紀毒談より

https://youtu.be/7Eal9DHlKMg
posted by koinu at 10:33| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

『お菊さん』(ピエール・ロティ著、一八八七年)

『お菊さん』(ピエール・ロティ著、一八八七年)
「何という緑と蔭の圀であろう、日本は。何という意外な樂園であろう。」
5B0C5544-7E63-4131-911D-88D1FF374148.jpg
作品で描かれている日本は明治十八年(1885)頃の日本で、外国人の眼からみた当時の状況を知ることが出来る。

FC250A25-5084-428C-8AB6-AA76626D8FD9.jpg

「お菊さん」は「マドモアゼル・クリザンティエム Chrysanthemum」
「お杏さん」は「マドモアゼル・アプリコ Abricot」 「お梅さん(既婚)」は「マダム・プリュヌ Prune」 お梅さんの旦那は佐藤さんですが「ムッシュ・スウゥル Sucre」男爵・砂糖さんと訳して可笑しい。

1D4C7F82-78E6-4F67-AB63-9EEB539FE6C0.jpg

「百花園」においてお菊と出会い、両親に月20ビアストルを支払う契約で結婚した、主人公はお菊との生活で日本語や日本文化を自然と学んでいくことになる。主人公はお菊との結婚解消後に、アマテラスへ祈りを捧げている。
「おお、アマ・テラス・オーミ・カミ、私をこの小さな結婚から眞白く洗い清めて下さい、賀茂川の水で・・・」

7C03980A-EF64-49AF-B305-24B7DA92DF61.jpg

「マドモアゼル・クリザンティエム Chrysanthemum」

装甲艦トリオンファンテ (Trionfante) 艦長。
693BE7FF-2AED-4EA7-8A50-DA9F4F2B5F7B.jpg
posted by koinu at 09:49| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

【週刊朝日】最新号の発売日

9D123A8C-9A5F-42F8-9082-F6F89FD094C2.jpg

「安倍晋三首相から100万円の寄付を頂戴している」。衝撃的な告白から、森友学園の籠池泰典氏の「運命」は急展開を遂げた。「首相に対する侮辱だ」との理由で開かれた証人喚問。政府・与党からの偽証罪をちらつかせた連日の恫喝。大阪地検特捜部による告発状の受理。そして、大阪府・市による幼稚園と保育園への立ち入り調査……。

 こうした出来事の全てが、たった10日のうちに、一個人に対して発動されたのだ。もはやこれは「国家権力の総力を挙げた弾圧」としか言いようがないだろう。

【週刊朝日】最新号より


菅野完「アッキード事件の核心に迫る“籠池ノート”の中身」

https://www.google.co.jp/amp/s/dot.asahi.com/amp/wa/2017040300076.html

posted by koinu at 14:37| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

スペクテイター「赤塚不二夫」特集号

スペクテイター「赤塚不二夫」特集号

うれしいのココロ〜。


「マンガのタイミングと落語の《間》ね、あれが似ていると思うんですよ」

「イヤミは当時の出っ歯の担当編集者をモデルにしたわけ」

「デカパンはマンクス兄弟がモデル。パンツの中から何でも取り出す」

「バカは正論を言う。それが天才バガボンド読みの発想だったね」

「ひとの描いたマンガって、ほとんど読まないような気がするね」

「死ぬまでバカやってたい」


030F7628-F8A6-4492-8AC0-5B83BF23967C.jpg


⭐️ 赤塚ギャグ世界の特集、マンガ誌や文芸誌などに出来なかった「笑い」の探求はオモチロイのだった⭐️


新しいライフスタイルやディープなカルチャーを綿密な取材をもとにリアルな目線で伝える雑誌「スペクテイター」。

自給自足生活、ホール・アース・カタログ、小商い、禅、クリエイティブ文章術、発酵、etc… 魅力的な特集とその編集方針がユニークなのだ。

3D428E9F-90CF-4EBC-80C6-15A7856E6F4D.jpg


posted by koinu at 09:10| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

スペクテイター「赤塚不二夫」特集号

“効率化などかなぐり捨てて、無茶苦茶なバイタリティーとか無駄とも思える「狂熱」に立ち返ることのほうが、じつは大切なことなのではないか?”

特集:赤塚不二夫 創作の秘密
「天才バカボン」「おそ松くん」「もーれつア太郎」など傑作マンガを世に送り出してきた偉大な漫画家・赤塚不二夫。生涯に生み出された作品は通算6万ページを超えるという。いずれもクオリティの高い膨大な作品群は、どのようにして生み出されたのか? マンガ創作工房〈フジオ・プロ〉を影で支えてきた漫画家・編集者・アシスタントの証言を通じて制作の舞台裏に迫る。
8079A741-6292-4E8D-896E-A8549C414838.jpg
■第一章 証言構成 フジオ・プロ風雲録
証言者(敬称略):
横山孝雄(漫画家)
高井研一郎(漫画家)
北見けんいち(漫画家)
橋本一郎(元朝日ソノラマ編集者)
武居俊樹(元『週刊少年サンデー』編集者)
五十嵐隆夫(元『週刊少年マガジン』編集者)
小林鉦明(元『少年キング』『少年チャンピオン』編集者)
とりいかずよし(漫画家)
及川こうじ(漫画家)
斎藤あきら(漫画家)
てらしまけいじ(漫画家)
河口仁(漫画家)
しいやみつのり(漫画家)
峯松孝佳(漫画家)

■第二章 作品再録
「もーれつア太郎 ニャロメのいかりとド根性」(1970年)
「天才バカボン おまわりポリ公のダジャレ合戦1」(1974年)
「ギャグゲリラ タレント候補 赤塚不二夫」(1977年)
■第三章 欠陥・偏見的 
アカツカ大事典(つヅ才プロ編)

■その他のコンテンツ
・特殊漫画家・根本敬、赤塚漫画への愛を語る
・絵物語 赤塚藤雄のころ/構成・作画:川勝徳重
・赤塚不二夫 作品リスト
・なにから読むか? 赤塚不二夫ブックガイド/選・文:つヅ才プロ
・赤塚不二夫キャラクター80選/選・文:つヅ才プロ

posted by koinu at 11:45| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

『戯曲と小説の違いについて』

『戯曲と小説の違いについて』
小説も戯曲も文学作品であることに変わりはないけれども、大きな違いは、小説が書かれた形で完全に完結しているのに引きかえて、戯曲は上演を予定し、他人の肉体や照明や舞台装置やさまざまなものの力を借りて、最終的に完結するということである。
561D1C0B-BA5E-4BB4-B56D-CF465E6D5F4C.jpg
戯曲は、むしろ楽譜に比較すべきものであって、作曲家の営為の記録された形である楽譜は、オーケストラと指揮者を予定し、劇作家の営為の記録された形である戯曲は、俳優と演出家を予定していると云えるのである。それでももちろん、モーツァルトも、イプセンも、それぞれ「完結した芸術家」であり、決して部品製造業者ではなく、それ自体が一つの世界である作品の作者なのである。
三島由紀夫『小説とは何か』より

posted by koinu at 10:22| 東京 ☔| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする