2021年12月08日

花壇の草木

62409E75-2FE5-4299-91A3-E5086707E0FC.jpeg
posted by koinu at 13:00| 東京 ☔| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

栗田定之丞 くりた-さだのじょう

栗田定之丞 1768*−1827 
江戸時代中期-後期の武士,植林家。
明和4年11月17日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。寛政9年砂留(すなどめ)役,林取立役となる。
日本海からの飛砂になやまされていた海岸の防砂林造成にとりくみ,20年以上をかけて松を主体とする大防風林をそだてた。
文政10年10月28日死去。61歳。本姓は高橋。名は如茂(ゆきしげ)。

【デジタル版 日本人名大辞典+Plus「栗田定之丞」の解説】
posted by koinu at 11:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月31日

ハロウィン🎃👻

CB27601C-88EA-4A72-9C49-868B74BA712E.jpeg

古代ケルトでは111日が新年で、前夜の1031日から、秋の収穫物を集めた盛大な祭りが開かれた。

このAll Hallo Eveの日には死後の世界との扉が開いて、先祖の霊が戻ってくるとも信じられていた。人々はそれらと同じ格好に仮装して、仲間だと思わせて身を守ったという。

183743BB-0689-4593-B520-F3CB63B3CF14.jpeg
posted by koinu at 11:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月15日

森林を蘇らせた定之丞

栗田定之丞(くりた・さだのじょう)出羽国久保田城下六軒町(秋田県秋田市)生まれ。

明和4年(17671117文政10年(18271028日 61

久保田(秋田)藩士、砂防植林家。

日本海岸の砂防林の育成に尽くし「栗田大明神」「公益の神」として祀られている。


寛政8年(1796)に再出仕して、河辺郡百三段新屋村の唐船見御番勤務を経て、翌年、31歳で飛砂を防ぐ砂留役に任ぜられた。当時久保田藩の海岸線は南北に長い大砂丘で、飛砂によって田畑が埋没することが多く、砂留は藩政上の一大問題であった。

これ以後、定之丞の防砂林植栽の活動が始まるが、田畑はもとより家屋も飛砂で埋まる中、狂人扱いされながらも努力を重ねた。ある日、古ぞうりの陰で育っていた一株のぐみからヒントを得る。


『森林を蘇らせた日本人』牧野和春(NHKブックス)

ある日、定之丞は、海岸を巡視している途中、ほんのわずかに緑の葉が砂のなかから顔をのぞかせているのを見つけたのである。

「どうしたのであろう」

不思議に思って近づいてみると、それは自分が植えたことのある一株の「グミ」であった。それがわずかに葉をつけていたのである。

驚いた彼は、一株の「グミ」の周囲にそっと目をやった。そこには波に打ちあげられた枯木か一本横たわっており、それに古ぞうりがひとつ、ひっかかっていたのである。つまり、ひとつの古ぞうりが飛砂を防ぎ、そのおかげで一株の「グミ」はシベリアからの北風にも負けず、幼い生命をそっと根づかせていたのであった。

「よし、これだツ」

その瞬間、定之丞は天の啓示が与えられた思いがしたことであろう。

(NHKブックス)


【秋田・潟上 夕日の松原】人間の叡智と愚かさ垣間見る - 産経ニュース

https://www.sankei.com/premium/news/190802/prm1908020002-n1.html


『街道をゆく 29 秋田県散歩』司馬遼太郎(朝日文庫)

砂という飛ぶもの、動くもの、走るものこそ、かれの後半生を物狂いさせた。が、藩は冷淡だった。

たとえば、それまで砂防植林をする場合、農村から労働力を徴すると、藩から賃金が出たものだったが、定之丞が着手しはじめたころ、ぜんぶけずられた。定之丞が、ただ一人で二十里の海岸砂丘をなんとかしようと思った。むろん、人手は要る。定之丞は、村々の庄屋や世話役を訪ねてまわりただで働いてくれまいかとたのんだ。

「百姓は、夜寝るのみにて、身二つありても足りぬほどにいそがしいものでございます」

と、いやがられたが、定之丞はしつこく説いた。砂をとめて林にすれば薪にもなり、堆肥にも役立つ。なによりもいのちのたねの田畑が砂にうずめられずにすむ。頼む、といいつづけるのである。そのさまが、子供がおんぶしてくれとだだでもこねるようだったから、

「だだ之丞」

とよばれたりしたらしい。あるいは無料(ただ)にも掛けたあだなだったかもしれない。

定之丞は、さまざまに試行し、結局、確実な方法を見出した。まず、初期段階での砂ふせぎとして、わら(または萱)を束にして砂に半ば埋めるのである。それをいわば壁にしてそのかげに柳の苗をうえる。翌年、その柳の稚樹のかげに、グミとハマナスをうえる。そのつぎの年は、グミのかげにねむの木をうえる。

まことに植物社会学的な方法といっていい。それらがぜんぶ活づいたとき―気の遠くなるようなことだが―はじめて砂防の主役である黒松の苗をうえるのである。

八、九年にして、それらの植物がみな勢いづいた。砂の上にも植物がはえることを、藩も農民も知った。藩は、わずかながら、定之丞の石高をふやして、その功にむくいた。窮乏していた藩財のなかでたとえわずかでも加増などというのは、奇跡のようなものであった。

農民のほうも、無料でこきつかわれることに、やっと納得した。

栗田定之丞の死後も、栗田方式の植林法によって、黒松がうえられてゆき、江戸末期には、数百万本の松原が、秋田藩領の長い海岸を砂からまもるようになった。これらの松原こそ、秋田藩の長城というべきものだった。(朝日文庫)


『少年読物栗田定之丞如茂稿』栗田茂治、1931年(昭和6年) 少年向け読み物と題しているが、古文書の詳細な記述が直接載っていてかなり高度である。

http://www.forest-akita.jp/data/sengin/kurita/kurita.html


「修身」全資料集成・第四期《昭和九年(一九三四)〜》尋常小学修身書 巻四

第十九「公益」 

日本海方面の海岸では、秋の末から春先にかけて、海から烈しい風がよく吹きます。其のために、砂の多い海岸では、広い広い砂山が出来ている所もあります。今の秋田県の海べの村々では、其の風がことに烈しく、吹寄せた砂のために、昔は家も田畑もうずめられ、くらしの立たなくなる家も、たくさんありました。

或年、栗田定之丞という人が、其の地方の砂留役となりました。定之丞は、先ず村々を見て廻りましたが、海べは、見とおしもきかない程の広い砂山でした。

「これだけの砂をどうして防ぐことが出来よう。」とただ驚きあきれるばかりでした。けれども又、これから後、此の砂山が田畑をうずめ、百年も二百年も、村々が苦しめられどおしに苦しめられることを思うと、じっとしてはいられない気がしました。「よし、戦場に出たつもりで根限り風や砂と戦ってみよう。」とかたく決心をしたのでした。

そこで、これまで砂留に骨折った年よりを呼んで、いろいろ話をきき、ここに先ずぐみややなぎなどを植え、いくらか砂がしまったところで、松の苗木を植えることにしました。そうして又季節を考え、植え方にくふうをして、寒中、それもなるべく風の吹く日をえらんで、人々を呼集めて仕事をさせました。風の吹く日には、砂の吹寄せられる方向がよくわかりますから、風上の方に、かやのたばなどで風よけをして砂を防ぎ、其のかげに、最初はぐみややなぎの枝をささせましたら、皆芽をふくようになりました。そこで、さらに松の苗木を植えさせました。定之丞は、此の方法で仕事を進めて行きました。

ところが、人々は、風の吹く寒い日に働くのがつらいのと、うまく松林になるかどうかということが心配なのとで、なかなか定之丞のいうことをききません。定之丞は、子供をさとすようにやさしく道理を言いきかせ、其の上自分から先に立って働きました。朝は、夜の明けないうちから仕事場につめかけ、夜は、人々を帰らせた後まで居残って明日の仕事のくふうをしました。時には、冷たい砂の上にふして、風の当りぐあいをたしかめたこともあります。やがて村の人々も定之丞のねっしんに動かされて、仕事がはかどり、たくさんの苗木を植込むことが出来ました。それが次第に大きくなって、ついにりっぱな松林になりました。

定之丞は二十余年の間、引続き方々で、砂留の事に骨を折りました。其のために、風や砂の心配がなくなって、麦・粟などの畑もところどころに開け、又しょうろや、はつたけも生えるようになりました。此の地方の人々は其の恩をありがたく思い、定之丞のために栗田神社という社を建てて、今日まで年々のお祭をいたします。

社は今の秋田市の町はずれにあります。そこから見渡す海べには、定之丞が三百万本を植込んだという松原が続いて、青々とした美しい色をたたえています。


https://open.mixi.jp/user/6276271/diary/1956759271


風の松原(秋田県能代市)

秋田県能代市の海岸に面した約700万本のクロマツによる防風林。

1km、長さ14km、面積約760hで日本最大級規模の松林が広がり、全域が保安林に指定されている。


https://ameblo.jp/18810801xyz/entry-12464510321.html


栗田定之丞顕彰碑(秋田県能代市藤山)

定之丞の記念碑は秋田県内各地に残されているというが詳細不明。

http://www.shirakami.or.jp/~pinewood/book/sabourin_rekishi.pdf


栗田神社(秋田市新屋栗田町1-40) 

定之丞没後の文政11年(1828)定之丞を神として祀る。

現在でも地元では「公益の神」として定之丞をたたえ、毎年81日に祭祀が行われているという。

栗田定之丞墓所(満福寺・秋田県秋田市楢山古川新町92

http://www.komainu.org/akita/akita/kurita/kurita.html


秋田県散歩の中で司馬遼太郎は書いている。

「栗田定之丞の死後も、栗田方式の植林法によって、黒松がうえられてゆき、江戸末期には、数百万本の松原が、秋田藩領の長い海岸をまもるようになった。これらの松原こそ、秋田藩の長城というべきものだった。」


「能代市の海岸沿いに連なる<風の松原>は日本最大の規模を誇る松林です。

江戸時代の人たちが、風に乗り飛んでくる砂に備えて三百年の歴史をかけて、この美しい松林を作りました。

この松原が、あと50年で町が砂に埋もれる危機にあります」


司馬さんは『街道をゆく29・秋田県散歩』の中で、栗田定之丞を江戸期の武士の典型として紹介しています。

2016214日放送 21:00 - 21:50 NHK総合

NHKスペシャル  2 “武士”700年の遺産

秋田沿岸部で、新屋地区は飛び砂で壊滅的被害を受けた。日新小学校では秋田藩の武士で、新屋を救った栗田貞之丞を英雄とし扱っていた。栗田は貧しい下級武士だったが、飛び砂から守るために防風林を作った。「街道をゆく」で、司馬遼太郎は貞之丞は庄屋などを訪ね、人手を募った。15年先のことに誰からも相手にされなかったが、貞之丞は1人で取り組み始めた。8年間試行錯誤尽くし、その姿を見て人々の意識が変わった。村人の日記には徐々に手伝いに参加し始め、毎年、春と秋に植林に参加し、14年間で7万人が参加したと記されている。郷土史家の菅原忠さんは貞之丞の純粋な気持ちが村人に伝わり続いたと解説。司馬さんは貞之丞の人柄は江戸中期の家中の良い方の典型だとした。「街道をゆく」で、江戸期の武士のほとんどは貧しく、富むことを願わず、公に奉ずる気持ちが強かったとした。

幕末、迫り来る欧米列強に、全国の武士が行動に移った。司馬遼太郎は「峠」のあとがきで、人はどう行動すれば美しいか、どう行動すれば公益のためになるか、この2つが幕末人を作り出しているとした。幕末期に完成した武士の人間像は日本人が生み出した人間の芸術品とまでいえると評価した。明治の近代化で、武士の公の意識が庶民に根付いていることを注目。急速に広がった郵便制度、奈良市名荷町の名荷郵便局の松本陽一局長を取材、松本家はお茶農家だったが、明治初頭に明治政府から地区の郵便局を頼まれた。この国のかたちで、司馬さんは全国の名主に特定郵便局をやらせたことが郵便制度の成功にあるとした。初代局長の松本甚内さんは自ら積極的にお金を出し、自宅を郵便局を作った。松本さんは先祖は関われることに喜んでいたと話した。

posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

業務スーパー推薦買い物

618482EA-92D0-4FE6-9630-D42E14F71834.jpeg

@群馬県産 業務用板こんにゃく黒 1.5s 255円(税込み)

A揚げなす乱切り(500g) 181円(税込み)カレーや揚げびたしにもぴったり!

B冷凍大根(500g116円(税込み)

C冷凍しいたけ(小)(500g) 178円(税込み)

D鮭フレーク(160g199円(税込み)

Eぷち大福 1s 321円(税込み)

やみつきスイーツ44個くらい入った一口サイズの大福。

Fチーズホットク 4枚入り 321円(税込み)

 D0D05930-36BC-466C-889D-518B3FE35C8F.jpeg

posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月14日

木陰の散歩道

3F47FE85-F4A9-4DB2-B585-EF2BA288D806.jpegB888E415-2030-422E-8FD2-79B0B12603C4.jpeg
紫外線に照らされた散歩道。
観察によって浮かぶ景色がある。
posted by koinu at 09:00| 東京 ☔| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

芸術は長生きした方がいい。横尾忠則

@tadanoriyokoo

老齢になればなるほど、社会から遠ざかっっていくが、逆に芸術に近づいていく。社会から遠ざかるということは、欲望から離れることだ。だから芸術が近づいてくる。

若い頃は芸術も欲望から入った。年と共に、欲望から離れる。すると自由に近づいていく。だから芸術が見えてくるのかも知れない。


また考えることからも離れていく。考えが空っぽになることは本当に自由になることだ。言葉(観念)が消えると延命と同化する。

だから、芸術は長生きした方がいい。本当に見えないものが見えてくるのは延命の結果だ。

そして、何もしないことの中に、創造があることに気づき始める。

tadanoriyokoo.com

横尾忠則

posted by koinu at 17:00| 東京 ☔| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

カモと鯉のいる景色

DF7C196C-C829-4089-993E-5B3D33F2087E.jpeg3AB53851-D0B6-4514-8058-0345C9D03521.jpeg70D80DE5-E120-47D6-ABCF-B4003316D18C.jpeg
散歩は続いてます。
posted by koinu at 10:13| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

博物館の特別展示

6AB940DB-D2F0-41A1-91D4-96B1FC72A2F5.jpeg
E3DBC545-2210-44D9-94CC-4B63C963BFD5.jpegB90D9DB3-2424-4C65-8003-640C768718A1.jpeg
いろんな面白そうな催しがあります。
C76B5833-40A1-472F-8765-C0F0783A79B2.jpeg
posted by koinu at 09:07| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月21日

春の七草

33FDD879-6A68-476A-BCF8-77D820EFCA4D.jpeg

春の七草

「せり・なずな・おぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」

てくてく散策しながら、薬草になった経由を想うのだった。道草。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

流木は語る

水底に咲く花の界あるごとくさくらを映す濠ばたをゆく
P1170615.JPG
流木を置き去りにして引く波の気泡の粒子が日にかがやけり

春の夜の丘登りつつ見上ぐればうるほふ星のひかりは近し
(片桐よし子)
8FFB1568-E40D-467E-8228-679F5DDF03C0.jpeg
posted by koinu at 11:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

さくら満開🌸です

676CE25D-2E25-4987-B133-DCC709D6E49C.jpeg
桜名所の公園を散歩道に歩く
posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

さくら名所より

553F247B-FDA9-49A7-9D0B-4F2369EBB45B.jpeg
音楽プロモーション映像が撮影された、桜舞い散る舞台ですね。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

象よもしかしたら

「象よ」


いま彼女がつかっている

細いきいろい象牙の箸

あれはもしかしたら馬の骨だが

しかし象牙だったら遠いアフリカの

草原を群なして歩いていた

巨大な象のもちものだったのだ

象よ 彼女はいまきみの牙で

雑煮の餅をつっついたぞ

煮豆を三つつまんだぞ

ちっちゃな仔猫をおどかしたぞ

象よ もしかしたら 馬の骨よ! 


(『辻征夫詩集』岩波文庫より)

8BE595AB-6B5C-4E90-BFF0-B07E8FAD0DFC.jpeg
posted by koinu at 08:51| 東京 🌁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

サッフォーの「アプロディーテー禱歌」の祈りの美しい調べ

「ギリシア抒情詩選」(呉茂一訳)はテオクリトスの神話モチーフの牧歌詩で豊かな森に誘い込まれる。
「 花冠」はサッポオ/サッフォーの「アプロディーテー禱歌」の祈りの美しい調べ。神聖で心に響く。
「ピエリアの薔薇 」(沓掛良彦訳)アニュテーの鮮やかな情景詩に光と海と空を感じるだろう。

Espere pavnta fevrwn o[sa faivnoliV ejskevdas= au[wV,
†fevreiV o[in, fevreiV† ai\ga, fevreiV a[pu mavteri pai:da.

 夕星は、
 かがやく朝が 八方に散らしたものを
 みな もとへ 連れかえす。
   
  羊をかへし、
  山羊をかへし、
  幼な子を また母の手に
  連れかへす。
        (呉茂一訳) 

抒情詩でアプロディーテーに謳う

cerrovmaktra de;†kaggovnwn†
porfuvra katau<tmena
†tatimavseiV† e[pemy= ajpu; FwkavaV
dw:ma tivmia †kaggovnwn†

そよ風にたなびく 紫色のハンカチ、
ムナシスがポカイアから送ってくれた
高価な贈り物

C9C38521-EAB2-4089-AFF4-ECC7CB5364E5.jpeg
サッフォー(Sapphō)
[Sappho前612頃に生まれ]
ギリシャの女流詩人。レスボス島生まれ。率直で簡明な作風の叙情詩・恋歌などは、後世まで永く愛好された。貴族の娘たちに詩や音楽を教えていたことから、同性愛、失恋による自殺などの伝説が生じた。「アフロディテ頌歌」など完全な作品2編のほか、多くの断片が残存。
《原題、〈ドイツ〉Sappho》グリルパルツァーによる戯曲。5幕の悲劇。1818年初演。を主人公とする悲恋の物語。
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

港を散歩して🚶‍♂️

832C0831-2094-46E9-975E-A266C508C42A.jpegE244596F-D001-4686-9378-9D7253F57406.jpeg
太陽の輝き浴びながら、
地平線を観測して歩く。
posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

らせん状の造形

D28C8D62-BB24-4B13-8D56-FEDA0113EB67.jpeg

生まれてからのすべての君の年月 それはひとつの夢だ カア カア 街のバス 破れた鞄 広い散歩道

カア カア すべて誰かの幻

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

先に迎え入れて守ろうとする犬

哀れな犬、人生で最も揺るぎない友。誰よりも先に迎え入れ、誰よりも先にわたしを守ろうとする。


The poor dog, in life the firmest friend. The first to welcome, foremost to defend.

(詩人バイロン)

posted by koinu at 11:24| 東京 ☀| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

あけましておめでとうございます

2C0A4438-70B0-4EE3-AB36-E58F69C81C8B.jpeg
happy new year
2021年
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

城のお堀から

94DB788F-6FC1-418C-B2E8-8F7DB3BB71F8.jpeg
散歩すると気持ちが良いです。
posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする