2020年03月30日

雷には植物を育てる力がある?

「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

https://weathernews.jp/s/topics/202003/290155/

1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それぞれをさらに6つに分けた24の期間を「二十四節気」といいます。

そしてこれをさらに初候、次候、末候の5日ずつにわけて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候です。

二十四節気と七十二候は、その日だけではなく、二十四節気であれば15日間、七十二候であれば5日間の期間も指しています。

posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

木々とともに生きる

BA92A380-2068-4AD1-B945-692114B539EE.jpeg22B6C27F-8B27-4595-8E37-70B831FE9A7C.jpeg
大地から樹木が生える
posted by koinu at 08:16| 東京 🌁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

花見🌸日和なんだけど

5EE750C9-D422-4D0B-B356-E39DC94E7B7B.jpeg9E5C39A5-EE9F-4A42-A5E4-04BC07645CAF.jpeg
見えないウィルスを心配する人と
見えないウィルスを気にかけない人と
交わりあって時は流れている
posted by koinu at 10:58| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

焼芋しるく

D4908CB4-C31C-4EDC-A5B9-8578C08AD6A6.jpeg85817074-5D57-4D0B-9AA0-37BF0F57C4F3.jpegFACC72DD-8479-4D13-8513-6660B8251AA1.jpeg
ほくほく焼芋でした。
posted by koinu at 11:25| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

珈琲豆の麻袋

6A797E86-D01C-448F-8541-C03FC129C7C6.jpeg7F4F0E5C-562C-4F92-81E7-242FB14B5E46.jpeg
熱帯異国からやってきた、コーヒー豆の香り。
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心に花束を

人に捧げる心を!
人に捧げる心とは
人に捧げる心には
E1CFCABC-445B-4F68-B091-724616F33B94.jpeg
〔貰うばかり貧しい人生〕
選んだのは自分自身である。
posted by koinu at 08:53| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

りんごかも しれない

9215B188-EC7A-4B3C-85D5-F4552D5E169F.jpeg
posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

生命は自然発生せず

C4DCAAF9-F28D-41A6-9E43-5C053CEF415C.jpeg

夢みる結晶/死後はいかに?/

精神と物質は分離せず−

567FC74B-9AD7-4635-A0A4-548A4541CAD3.jpeg

自然は人間以前に存在していたか?/人間はリズムだ−フリーズとフロイト/『金枝篇』−民族学的アプローチ/認識の限界にいどむ。

posted by koinu at 10:47| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

地球という青い世界の中から飛ぶ

DE070AE4-6B8C-4762-A75B-4064C1936EC5.jpeg

星と人間は兄弟だった−宇宙の一部としての人間像/火−4大の王者は天上に燃えさかる/沈黙する芸術−鉱物と結晶の美学/有機物は片輪だった/植物−表面積の哲学(シャルダンの理論)/大宇宙と小宇宙−動物の本質/生命の螺旋−生きている〈かたち〉の謎/意識の発生−ぼくらは祖先の夢を見る

6BB62D5A-4AD6-4EB6-806B-F674200AA078.jpeg

進化の調和/両性・対性・無性−螺旋環状する性/やわらかい機械−肉体は宇宙だ/思考の右と左/神の言葉のつくり方−言語の成立/建築の宇宙学−シャルトル大聖堂の場合/色彩−その生理的世界/モナドに始まる−ピュタゴラス学派/翁童学と彼岸感覚//

62546806-ADA9-4049-BDCE-2CDABBCAB431.jpeg

posted by koinu at 09:52| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

この世は誰のために

4DD567A8-8C99-4A27-8F68-602CC5999836.jpegD3996BDA-87B0-498E-B2EA-79FE2580ABBF.jpeg
「この世は誰のためにあるのだろうか?」
よーく考える時間はある。
どこまで考えられるかが問題だ。
posted by koinu at 11:00| 東京 🌁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

ロボット・ロビータイプ

A083DAC9-C9F7-40BF-88D9-C7549CC2FFB1.jpegD430FC0A-3260-457E-A0B8-4F0B19AB60A0.jpeg
アメリカ映画に登場したロボット
posted by koinu at 11:30| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

「ビタミンCの摂取」が新型コロナウイルスの予防と治療の両方に効くことが判明!

ビタミンCの摂取が新型コロナウイルスに効くことがハッキリとしました。予防と治療の両方に効きます。西安交通大学第2病院は「重症患者の場合、入院後できるだけ早くビタミンC治療を開始する必要がある」との公式声明を出しました。


 新型コロナウイルスは明らかに生物兵器なので、ワクチンは既に有るはずです。ばら撒いた連中は、既にワクチン接種しているはずです。しかし、現在開発中だとされるワクチンは、これとは全く別物で、大変恐ろしいものになると予想しています。


 しかし「ビタミンCの摂取」が新型コロナウイルスに効くことを多くの人が知れば、彼らの目論見は上手く行かないことになります。

(竹下雅敏)


なぜビタミンCは体内のウイルスを殺せるのか?

ビタミンCの主な働きは、過酸化水素を生産すること。過酸化水素は、細菌とウイルスを殺す強烈な殺菌剤であることはだれもが知っている。ビタミンCはウイルスを殺す薬であるだけでなく、強力な抗酸化物質でもある。


コロナウイルス感染を致命的にしているのは、肺への感染、炎症でARDS(急性呼吸窮迫症候群)などを起こし呼吸ができなくなるためだとだれもが知っている。ビタミンC、他の自己防衛としての抗酸化物質は、フリーラジカル、酸化体を中和(中性)する。


この患者さんの話から3つの大切なメッセージ。

1)この症例報告は、早期に口または点滴で十分なビタミンC量を摂取することは、ひどいウイルス感染と戦っている患者を助けるという既存の証拠を高める。

2)ビタミンCは、おそらく他の5人の家族をウイルス感染から予防した。

3)この臨床治験は大変説得力のあるメッセージです。これにより他の医者たちを勇気付け、同じ試みをやってみようと思わせるだろう。


このメッセージを拡散することはとても大切。ビタミンCはとても安全。NIH(国立衛研究所)は正式な文書には、ビタミンCの大量摂取は、体重1kgに対し1.5gまで安全だと示されている。

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

対岸を見る!

見渡す角度を想定して、
自身の視点を上げてみることだ。
90F7D057-2FE4-48E8-9B60-E954C9E3A70A.jpeg

アルバート・アインシュタイン博士の言葉ーー「重要なものすべてが把握できるとは限らず、把握できるものすべてが重要とは限らない」


この言葉をどう受け止めるかも個々人の自由で「だから、自分で決めた道を信じて進めばいい」とも「だから、目の前にある方法論・手法を信じてちゃんと試してみればいい」と思っていいだろう。

posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

『太陽系最後の日』(Rescue Party )アーサー・C・クラーク

アスタウンディング・サイエンス・フィクション」1946年5月号掲載の短編小説。作者のデビュー作。


【あらすじ】

太陽は七時間後にノヴァと化して、太陽系全体の壊滅は避けられない運命だった。だが一隻の銀河調査船が、その星系の第三惑星に住む知性体を救うべく全速航行していた。

太陽が白色矮星となり地球が破壊される数時間前に、超光速航法で地球を訪れようとしていた。40万年前にも調査船が太陽系を訪れたが、知性が発見されず、60万年後に再調査が行われる予定だった。短期間に知性が発生する変化はしないと考えられていたが、200光年離れた惑星に地球からの電波が届いたのだ。地球に知性が誕生してると思われて、早急な調査がされる中で、太陽がわずか数時間後に爆発するのが判明した。


搭乗してきた異星人たちのミッションは地球にいる知的生命体(人類)を出来る限り救うことである。限られた時間の中で地球に降り立つが、地球人は発見できなかった。だが惑星間通信ステーションらしき施設を発見して、電波を使用して200年後に宇宙空間へ進出していると知り驚く。


爆発する太陽を背にして、銀河調査船は太陽系を脱出するが、文明を救えず落胆する。しかし惑星通信ステーション施設が太陽系の惑星を向いておらず、公転軌道面からも離れた空間を向いてたなどから、地球人を過小評価していたと思い返して、その空間に向かってみる。そこで調査団わは見たこともない大船団を目撃した。無謀にもロケットで恒星間宇宙を、地球人たちは渡ろうとしていたのだった。

《終わり》


『ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1  太陽系最後の日』中村融、早川書房、2009年刊行

posted by koinu at 09:44| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

爬虫類の注意報


A4B9121C-59B8-4DA5-A611-016CE63CEB13.jpeg


78C352E9-6C9D-44EA-BC0A-A931BF35A51E.jpeg

・大脳基底核…本能…爬虫類の脳

・大脳辺縁系…情緒…下等哺乳類の脳

・大脳新皮質…知性…霊長類の脳


AE453798-D4D9-494A-8578-6B556D8E32AB.jpeg
ヒトの中には鰐🐊が、潜んでいる。
そこを観察すると、様々なことが浮かび上がる!

posted by koinu at 09:03| 東京 ☔| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

分岐点と選択

人が生きていく中で、毎日毎時に選択を求められる。それによって自分自身と対社会も、高められたり低くなったする。しかし誰でもない自分が選んだ道のりなんだから、しっかりと歩んで行かねばならない。
DA1E8D54-0C7B-47DC-9769-A8BA436C2BF1.jpeg
当然過ぎることを、そのままやっても創造的とはならない。模範は模範であってそれ以上のものではない。そこで囚われない判断から整理して、新しい可能性を引き出させるか。
具体的な世界から抽象的な世界へ飛び、再び具体的な世界に戻りながら、堰き止められている水路を見出せるか。日常的風景から非日常世界を絶え間なく想い描けるかというのは創造する仕事で、反対側は消費する世界がある。
posted by koinu at 09:39| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

胡麻豆腐とピリ辛料理

7B35C3F2-74B8-4C56-8F62-4A906881DEB8.jpeg49717050-6821-47F1-A9F8-6BA5BB70205E.jpegDB1ACF54-3CFD-49B7-A33D-2D05E3CED250.jpeg
免疫力を強化するために、
ミントや唐辛子や胡麻などが効果的です。
posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

『明治の人物誌』星新一(新潮文庫)

作者の父親である星一(ほしはじめ)とかかわりあった、明治10人の人物を伝記とした。医療、法律、金融、産業、思想、政治など日本の近代化に貢献した人々の列伝。ムーブメントを新たに吹かせた、時代ならではの発言行動が胸を打つ。


FD92CAD0-4372-47B0-B173-0E2427FD92BB.jpeg


野口英世

「もう、私は覚悟しております。私は一生の仕事をすませましたから、いつ死んでもよろしゅうございます」(P.73:野口英世の母シカの言葉)


岩下清周

「銀行は、金利のかすりを取ってもうければいいというものではない。事業を育て、産業を進歩させ、国を富ませるのが使命だ」(P.100)

「銀行家として、なすべきことだと思って融資したのだ。それなのに、こんなことをされては困る。取引は中止だ」(P.102:融資のお礼に対して)


新渡戸稲造

「才気的な自分がいやになり、なにかもっと高級なものを求めたい気になった」(P.176)

「彼は日本の代表的な自由主義者なのに、軍部に依頼されて、その宣伝にやってきた」(P.211)


伊藤博文

「きみ、韓国人は偉いよ。歴史を調べても、日本より進歩していた時期がある。この民族にして、これしきの国を自ら経営できない理由はない。」(P.163:新渡戸に対して)


「きみは、酒を飲んで道楽をしただけだよ。これはぼくもやるし、だれでもやっている。問題は、それ以外に何をするかだ。それを忘れぬことだな。」(P.310:後藤猛太郎に対する言)


後藤猛太郎

「しかも、ぼくも働くのだ。いいか、堂々と盗むぞ。文句があるか」(P.308)

大政奉還を実現させた明治の元勲、後藤象二郎の息子もまた破天荒な人生。晩年は多くの物事を支援して、星製薬の創業にも大いに力を貸した。


後藤新平

「病人や貧民になってから与える百円より、ならぬようにする一銭のほうが大切なのです」(P.397)

「後藤によき点がありとすれば、それは夫人からの影響によるもので、夫人に欠点がありとすれば、夫人が後藤から影響を受けたためである」(P.410

「人のお世話にならぬよう。人のお世話をするように。そして、むくいを求めぬよう」(P.424

台湾と満州を経営しアジアのインフラ的基礎を作った大政治家。


杉山茂丸

「なにごとも、ことの成功不成功にかかわらず、真相がわかった時、あいつはじつに親切なやつだと思われるようにしないと、あとの仕事がつづかない」(P.484)  

『明治の人物誌』星新一(新潮文庫)

1BDA69A9-F323-4B67-B6BF-38FFD39C6E6E.jpeg

明治の人物で代表する杉山茂丸が、『百魔』という奇書にも残した言葉こそ多くの本質を表している。

「依頼心は自殺以上の罪悪である」

 自分自身を有効に動かすことのない、叱咤と罵声すべきものだろう。


『百魔』杉山茂丸

http://books.salterrae.net/amizako/html2/sugiyamahyakuma.txt


星製薬株式会社創立時には、明治の元勲後藤象二郎の長男で伯爵の後藤猛太郎 ( 後に映画会社日活を設立)を取締役とした。

https://stella.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=135&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

9889599F-75D1-428F-BD1D-C3E1C65D52EA.jpeg
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

水の恵み

884AA43F-4E17-4CE4-AA30-37BD0E63B77D.jpeg
生命の源に感謝を込めて
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

青空に虹🌈

378DDCAE-7E0C-480C-9C3B-88C79C03C7C7.jpeg
レンズのようにも見えてます
posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする