2020年11月25日

水脈を探る

FDC5A775-F601-4AD9-AB60-03BD99F872B6.jpeg
D0508700-021A-4697-BD7E-AE460A93A059.jpeg
水は命の根源
posted by koinu at 15:00| 東京 🌁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

13日の金曜日

98F38323-9432-449F-8849-25A83E558D1B.jpeg
最後ステージは11月14日を目指しています。
posted by koinu at 10:03| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

波の情景

D295B5DD-D62C-4579-B167-C07F9C282B8C.jpeg
太陽が東から西へ
posted by koinu at 17:32| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

何という表情

484C6AAC-02C0-40EA-A1B1-259D4ECAF3EA.jpeg
古いタイプのロボットくん
posted by koinu at 11:06| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

港を散策する

95CABFB7-C409-4CD0-AF1F-5BC00220AEEB.jpeg
大空と海の間に
posted by koinu at 15:26| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

魚たち泳ぐ海底

B8BE4D06-8A45-4D42-97FE-86584FCE6E57.jpeg
海面上とは魚の表情が違う
posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

スズメは雀

423EFC91-BB65-42C7-A2D1-3EDED529019F.jpeg
スズメがよってきました。
幸せの予感がする。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

ペンギンたち

A718552A-6654-466F-88C6-938AA35456EA.jpegCA4BA3B0-4811-4F02-BB09-83A4452EF483.jpeg
海遊館の施設から
posted by koinu at 09:42| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

『やけあと闇市野毛の陽だまり─新米警官がみた横浜野毛の人びと』伊奈正司,伊奈正人(ハーベスト社)

2922916A-5C6C-4F05-A138-E42A6BFD75E5.jpeg

昭和23年、闇市でにぎわう横浜野毛にのろまでどじな1人の若者が巡査として赴任してきた。 

「のろまの竹さん」とあだ名されたこの若者がみたものは、どろぼう・進駐軍・やくざ・風太郎・ヒロポン中毒者・売春婦・浮浪者・浮浪児などが目の前に行き交うカスバのような街。 日々、彼ら/彼女らと接しながら街に暮らす人びとに支えられ、街の治安に奔走する。 そのような戦後の一時代を「のろまの竹さん」は、たしかな記憶で文・イラストを駆使し細部まで描く。

そこには貧しく混乱した社会で戦後を生き直す若者や街の人びとが巧まずして記録されている。 それはまさに原初的なフィールドワーカーの眼差しともいえるだろう。


【出版社からのコメント】

著者の伊奈正司さんは90歳になられた現在も、元気に野毛で暮らしておられます。 70年ちかくも昔のことを細部まで記憶されていて、細部に描かれたものにいろいろな発見があるでしょう。 イラストも退職後絵を勉強され、ご自分で描いています。 戦後の混乱した一時期、本書で描かれたような世界が日本のあちこちで現出したことでしょう。そこに様々な街のコードや下位文化を読み取ることもできるでしょう。


9F0DF33D-E90B-4FE2-9611-DACF04C5D6E4.jpeg

《ブログ記事などの紹介》

朝日新聞に書評が掲載されました。

http://www.asahi.com/articles/ASJ5J4KB5J5JULOB00P.html


神奈川新聞に書評が掲載されました。

真田のよもやまばなし

http://sanada.at.webry.info/201601/article_2.html


Tatsuya Shirahase Blog

http://shirahase-tatsuya.tumblr.com/post/141636531487/%E3%81%8A%E5%B7%A1%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%80%83%E7%8F%BE%E5%AD%A6


posted by koinu at 11:30| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

港の船舶から

8406463A-B746-49F3-8FF2-5D0DBF44EBA0.jpeg
posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

オリンピック2020は遠のいている

05F7EF7C-F16B-41DB-8865-67EE0F18CBBD.jpeg
2021も2022も架空の世界だろう。
posted by koinu at 17:12| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

「総合的、俯瞰(ふかん) 的な活動を確保する観点から判断した」

「総合的、俯瞰(ふかん) 的な活動を確保する観点から判断した」


立憲民主党の今井雅人「(除外された6人は)専門性はあるが、人間的に問題があるということか」「選に漏れた方たちの名誉に関わる」という。


安倍政権が進めた安全保障法制に反対する考えを表明した学者も6人の中に含まれることから、関連性も追及した。しかし政府側は「総合的・俯瞰的」を10回以上繰り返して具体的な説明を避けている。


<日本学術会議は、新しい学術研究の動向に柔軟に対応し、また、科学の観点から今日の社会的課題の解決に向けて提言したり、社会とのコミュニケーション活動を行うことが期待されていることに応えるため、総合的、俯瞰的な観点から活動することが求められている>

posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

港の水鳥

E10330ED-32A0-441A-9F1F-617E3D0FCD53.jpeg
遠くからやって来たような佇まい。
posted by koinu at 11:01| 東京 ☔| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

都市のデザインを観る

84614B81-9632-476A-A1E9-110AE6D63CA8.jpeg
シルエット図案が並んでる。
都会のモチーフ。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図形として空間をみる

CC264965-EF07-4FB7-A943-FF0B8B262080.jpeg30F9D8E3-2631-4B90-907A-1A17A913320F.jpeg
なんだか面白い世界が、あるような気がする。
posted by koinu at 14:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

塞をふったよ!

A6278C10-F8EE-417F-93EE-24975859DB75.jpeg
偶数が出るか、
奇数が出るのか。
それが問題だった。
posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

サイは振られた!

50858C02-92C8-489B-B6EF-7466E782FA33.jpeg
偶数が出るか、
奇数が出るのか?
それが問題だと思う。
posted by koinu at 09:51| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

鳩のベンチ

EDCA137C-5E06-4549-9FE5-82C9734F8AFE.jpeg
posted by koinu at 17:42| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

彩雲・飛行機雲・羊雲

雲が色づいて見える現象は「彩雲」「慶雲」「景雲」「瑞雲」と言われる。

複数の色が見られる場合もあれば、12色の場合もある。太陽もしくは月の光が雲の粒と粒の間を通る時、回折によって曲がった光が干渉し合い、雲に色がついたように見える。


<解説> 彩雲・飛行機雲・羊雲(ウェザーニュース)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4de6f98781c0f651fb0281920f02f04ac0309f9

posted by koinu at 09:27| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

「青いスパンコール」オースチン・フリーマン The Blue Sequin(Richard Austin Freeman)

69F43FDF-7C3E-4482-A4C0-453E49FE361F.jpeg

 列車の中で恐ろしい事件が起きた。客車個室中で発見された女性の撲殺死体。その側頭部には深々と穴が開いていた。逮捕されたのは婦人の元恋人の画家で、持っていた傘によって凶行に及んだのではないかと思われていた。品行方正なモデルと魅力的な作品を描く画家の関係である。

9DCEDE1D-E2EE-4993-B958-FCB2E33E9A52.jpeg

容疑者の兄と弁護士から恐ろしい事件の解明依頼を、名探偵ソーンダイク博士は受けた。画家の絵を見ながら、現場路線の周りの様子を確認して調査に乗り出す。虚栄に満ちた陽気で無邪気な生活を、雄弁に語る婦人の哀れな遺品の数々。手がかりとなるのは、青いスパンコールと雄牛の肝。その手がかりを調べながら、導き出される結論を最後まで語らないのは名探偵の「特権」であろうか。


5C36179D-C4A7-40E1-BA48-0F061356C2AB.jpeg

何時、何処で、どの様に殺されたのか、博士の推理プロセスがきわめて科学的に解明されていく。

現代科学の進歩によって若い読者の人たちには、科学捜査の作風が錆びれて感じられるのは致しかくないだろう。


大久保康男訳「ソーンダイク博士の事件簿」(創元推理文庫)ほか収録。


832847EF-1EE5-4CA3-8F6B-C0CAFCEFB504.jpeg

リチャード・オースティン・フリーマン(Richard Austin Freeman, 1862411 - 1943928日)

イギリスの推理作家。物語の前半で真犯人を明かして、犯罪の過程を述べ、後半で完全犯罪のしくみをあばいていく「倒叙推理小説」形式を初めて試みた。

ジョン・イヴリン・ソーンダイク博士を主人公とした推理小説で人気を博した。その緻密な推理と科学的立証で、今日のミステリーの先駆的な存在として、新分野を開拓した。

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする