2019年09月16日

Cafe Del Mar-クラシック

B00E2C2F-BB54-4F3B-8209-08746FF12097.jpeg

イビザ島にある伝説的なBAR「カフェ・デル・ マール」での、極上のチルアウト系クラシック・ミュージックを集めるコンピレーション。

CAFE DEL MAR CLASSIC
1. Jules Massenet / Meditation
2. Johann Sebastian Bach / Air
3. Henry Purcell / Fairest Isle
4. Piotr Illitch Tcha'kovsky / Swan Lake
5. Erik Satie / Gymnopedie No.1
6. Jacques Offenbach / Belle Nuit, O Nuit D'Amour
7. Tomaso Albinoni / Adagio
8. Edvard Grieg / Morning Mood
9. Alexander Borodin / Choral Dance
10. Ludwig van Beethoven / Moonlight
11. Christoph Willibald Gluck / C'est L'Amour Qui Retient Dans Ses Chaines
12. Wolfgang Amadeus Mozart / Romance

カフェ・デル・マー・クラシック第1弾。オーケストラ担当The City of Prague Philharmonic。

オーケストラにシンセや打ち込みをして、クラシック名曲をチルアウト風にリミックスしきっているアルバム。

シャンパン片手にイビサ島の風を浴びて、古典音楽をリラックスしたアレンジで堪能できるサウンドトリップ世界。

ACC89090-6A62-4C7B-9E0C-63C15D0CBDB9.jpeg

Cafe del Mar classic (カフェ・デル・マー クラシック)はCafe del Marシリーズの中のクラシックシリーズ。

1曲目:ジュール・エミール・フレデリック・マスネ。フランスの作曲家。収録曲はオペラ「タイス」の間奏曲「タイスの瞑想曲」。

2曲目:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ。名曲「g線上のアリア」を現代風に奏でる。

3曲目:ヘンリー・パーセル。ルネサンス期の伝統を残してる英国オペラ「アーサー王」より。

4曲目:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー。ロシア曲「白鳥の湖」から。

5曲目:エリック・サティ。フランスの印象派「ジムノペディ」から。

6曲目:ジャック・オッフェンバック。未完の遺作「ホフマン物語」から。

7曲目:トマゾ・アルビノーニ。イタリア・バロック定番「弦楽とオルガンのためのアダージョ・ト短調」。

8曲目:エドヴァルド・グリーグ。ノルウェーの作曲家「Peer Gynt Suites No. 1」。

9曲目:アレクサンドル・ボロディン。ロシアの作曲家で化学者。オペラ「イーゴリ公」から「だったん人の踊り」。

10曲目:ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーベン。ドイツ楽聖の名曲「月光」。

11曲目:クリストフ・ヴィリバルト・グルック。ドイツ「オペラの改革者」のオペラ「アルミード」から。

12曲目:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。ザルツブルク生まれ天才音楽家の「小夜曲(Eine Kleine Nachtmusik)」から。

cafe-del-marclassic1

Cafe del Mar CLASSIC

2002

label : Cafe del Mar music

posted by koinu at 09:30| 東京 ☔| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

イビザの魔術師 JOSE PADILLA

音楽飽和した頭の中の脳ミソの状態を溶かしたバターのようにして、スローモーな仮想快楽ゾーンへ誘うホセ・パディーヤ。
アンビエント、チル、エスノ、ハウスの黄金律をかけ合わせた音楽世界
JOSE PADILLA / SO MANY COLOURS (CD盤)

https://www.deejay.de/Jose_Padilla_So_Many_Colours_IFEEL042LP2X12_Vinyl__185275

90年代世界中で大ヒットを記録したチル・アウト/リラクゼーション・コンピ・シリーズ『カフェ・デル・マー』の仕掛け人で、イビザの伝説的DJホセ・パディーヤ。2001年にリリースしたセカンド『Navigator』が発売15周年を記念してCD2枚組のアニヴァーサリー・エディション。

JOSE PADILLA / Navigator: 15th Anniversary Edition

オリジナル『ナヴィゲーター』に収録されたSEALをフィーチャーした「Adiós Ayer」にバカラックのカヴァー「Look Of Love」の他、ホセ・パディーヤ自身の体験や場所にインスパイアされて制作したという楽曲が収録されているほか、DISC2には、映画「El sueno de IBIZA (Ibiza Dream)」(2002年公開)のサウンドトラック制作した楽曲、アルバム未収録だった楽曲、さらにBent、Paul Daley (Leftfield)、Goga Gなどによるリミックスなど記録した作品。
イビザマジックを信じ体現しているホセ・パディーヤが届けるリラクゼーション・サウンド。癒しのサウンドは人々の心に響く。
posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イビサ島 カフェ デル マール(Cafe Del Mar)

世界遺産で有数のリゾート地として知られるスペイン・イビサ島。
多数ある巨大クラブを目当てに世界中の音楽好きが集まるパーティ・アイランド。

イビサ島の中で見逃せないスポットが、チルアウトミュージックの聖地「カフェ デル マール(Cafe Del Mar)」。
「世界一のサンセット」とも称される大きな夕陽が地中海に沈む時間に心地よい音楽と波音が交差する。まさに至福の時間。


https://www.youtube.com/watch?v=uJCTJCknudU
https://www.youtube.com/watch?v=FFfH3g9LxP0
posted by koinu at 09:52| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

Reefer Songs アルバムジャケットどうりのトリップ音楽

4F65F934-18B6-4CB3-8670-1339DAFD0EC7.jpeg
reefer songs アルバム
Jass Records ‎– JASS CD-7
マリファナ・ブルースJAZZ音楽

1–Don Redman And His OrchestraReefer Man3:34

2–Cab Calloway And His OrchestraThe Man From Harlem3:09

3–Stuff Smith And His Onyx Club BoysHere Comes The Man With The Jive3:02

4–Bob HowardIf You're A Viper2:27

5–Benny Goodman And His Orchestra With Jack TeagardenTexas Tea Party3:24

6–Buster BaileyLight Up2:46

7–Trixie SmithJack, I'm Mellow2:47

8–Barney BigardSweet Marijuana Brown3:00

9–Sidney Bechet With Noble Sissle SwingstersViper Mad3:03

10–The Harlem HamfatsThe Weed Smoker's Dream (Why Don't You Do Right?)3:21

11–Cee Pee JohnsonThe "G" Man Got The "T" Man3:08

12–Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy*All The Jive Is Gone2:39

13–Georgia WhiteThe Stuff Is Here2:56

14–Chick Webb / Ella FitzgeraldWacky Dust3:05

15–Harry "The Hipster" GibsonWho Put The Benzedrine In Mrs. Murphy's Ovaltine?3:05

16–Clarence Williams And His Washboard Band*Jerry The Junker3:09

17–Fats WallerReefer Song2:53

18–Julia Lee & Her Boy FriendsLotus Blossom (Sweet Marijuana)3:19

19–Ernest RodgersWillie The Chimney Sweeper2:53

20–Bea FooteWeed3:02

21–Buck WashingtonSave The Roach For Me1:38

22–Lil GreenKnockin' Myself Out3:00

23–Cab Calloway And His Cotton Club OrchestraMinnie The Moocher

(1930〜1940年代のトリップサウンド)コンピレーション企画

Discogs: 1989 CD,リリースの  (CD, Compilation) アルバム

6169A932-1E43-4686-89A0-478299F5819A.jpeg

朝からモダンサウンドで跳んで良い気持ちになります~笑笑。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

Ella Mai / Gut Feeling (feat. H.E.R.) ファーストアルバムよ

Ella Mai / Gut Feeling (feat. H.E.R.)

[Verse 1: Ella Mai]

壁に何かがあるの

あなたの歩き方が何か違うように見える

心の奥底の何かが 理解出来なくて不思議なの

どうして駄目なのかわからないわ

何が足りないの?

あなたが遠くに感じて 私は混乱しているの

[Pre-Chorus: Ella Mai]

普段は質問しないで

私が必要な答えはわかっているから

直感が知らせてくれるの

[Chorus: Ella Mai]

直感なんだわ

それが何かはわからないわ

でも、私達が触れ合うのはもううんざり

感じたのよもう耐えられない

https://youtu.be/h5o0xW0JaS4

[Verse 2: H.E.R.]

あなたの目を見るとクレイジーになりそう

だってあなたの携帯を見ていると

何か悪いことを見つけているの

何も見つけられないけど

直感に頼ると あなたは有罪だって言うの

だから教えてちょうだい

聞いたことがなかったけど

今何がどうなっているのかわからないわ

[Pre-Chorus: Ella Mai & H.E.R.]

普段は質問しないで

私が必要な答えはわかっているから

直感が知らせてくれるの

[Chorus: Ella Mai & H.E.R.]

直感なんだわ

それが何かはわからないわ

でも私達が触れ合うのは もううんざり

感じたのよ もう耐えられない

[Bridge: Ella Mai]

何かを感じたら私から話すわ

私って枕を濡らすタイプじゃないから

何かあるの? それとも何も無いの?

[Chorus: Ella Mai & H.E.R.]

直感なんだわ

それが何かはわからないわ

でも私達が触れ合うのは もううんざり

感じたのよ もう耐えられない




Ella Mai ファーストアルバム紹介

https://miyearnzzlabo.com/archives/53195


posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

竹内まりや Music&Life〜40年をめぐる旅〜 完全版

永久保存版!竹内まりやの代表曲がコンプリート!今年3月「11年ぶりのTV出演」で大きな反響を巻き起こした特番の「完全版」。珠玉の40曲を未公開を含めて紹介する。

永久保存版!竹内まりやの代表曲がコンプリート!今年3月「11年ぶりのTV出演」で大きな反響を巻き起こした特番の「完全版」。今回は「40年をひもとく珠玉の40曲」というテーマで代表曲を紹介。「不思議なピーチパイ」「元気を出して」「マンハッタン・キス」「人生の扉」をノーカットでお届け。さらに「シングル・アゲイン」「告白」のライブ映像を初めて公開。ホームグラウンドとするスタジオに初めてTVカメラが潜入!

【出演】竹内まりや

9月7日土曜 NHKBSプレミアム 午後9時00分〜 午後10時30分

竹内まりや Music&Life〜40年をめぐる旅〜 完全版



posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

this is not a safe place


https://youtu.be/dkMevwrVPEc


活動再開してRide2枚目の作品。

前作が好評で前向きに取り組もうとする

グルーヴが いろいろな楽曲に反映されている。意気込みがリアルに伝わってくるアルバム。

https://youtu.be/BRv1I2a8CFE


「再結成したバンドにとっていちばん難しいのは、ノスタルジックで親しみのある旅へと人々を誘うと同時に、これまでやったことのない新たなアプローチの楽曲をレコーディングして、未知なる旅へもリスナーを連れていかなければいけないということ。ノスタルジアだけでは行き止まりになるからね。新鮮なアイデアと新しい活力をグループに吹き込み、常に前進して新しいオーディエンスを獲得するというのが、本当に大事なことなんだ」(マーク・ガードナー)

Ride / コンサートライブ

https://youtu.be/y4hJKIgfdnE


posted by koinu at 11:06| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

Tash Sultana (タッシュ・スルタナ) のデビューアルバム『Flow State』

Tash Sultana / Murder to the Mind

https://youtu.be/zQN1piSqAmk


新人女性アーティスト。天才的なギタープレイもさることながら、ありとあらゆる楽器を全部1人で演奏しながらやってしまう非常にユニークなスタイル。

声、メロディー、全体のサウンドとしての佇まい、その素晴らしさ、それはこうゆう形でしかできないという必然不可避性が全体から漂っている。


https://youtu.be/F0ddL6VaAVs


Tash Sultana 『Flow State』tracklist:

1. Seed (Intro)
2. Big Smoke
3. Cigarettes
4. Murder to the Mind (Album Mix)
5. Seven
6. Salvation
7. Pink Moon
8. Mellow Marmalade
9. Harvest Love
10. Mystik (Album Mix)
11. Free Mind
12. Blackbird
13. Outro

Mystik  スタジオライブ


“彼女はジミ・ヘンドリックス、Erykah Buadu、India Arie と肩を並べる。彼女は風穴をあける。彼女は君臨する。” – Herald Sun


“オーストラリア最高の秘密” – Nylon


https://youtu.be/joq114XAPM8


“スルタナはギターの天才で、ルーピングマスター&正義の歌手” – NPR WorldCafé


“特別な人” – Evening Standard UK


posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビリー・アイリッシュ「途轍もない才能」

ラナ・デル・レイは8月28日『ニューヨーク・タイムズ』紙に掲載されたインタヴューで、現在17歳のビリー・アイリッシュを「途轍もない才能」だと称賛した。

https://youtu.be/LuRbYG3YMhE

「私は自分に見る目があると思っていて、女性のポップ・シンガーが本物のスピリットを持っているかだとか、遊び心のある炎を内に秘めているかどうかが分かると思っているの」

https://youtu.be/gl1aHhXnN1k

ラナ・デル・レイは「ある時に電話番号を教えてもらって、そこからはよく話をしているの。その後で『thank u, next』がリリースされて、あのアルバムは最高だったわ。どの曲に対しても、『彼女はどうやってこれを書いたの?』って思っていた。彼女から『チャーリーズ・エンジェル』への参加を頼まれた時には、『いいわ。あなたが本当に望むなら!』っていう感じだったわ」

https://www.tvgroove.com/?p=17059

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

太陽にほえろ! 傷だらけの天使 「前略おふくろ様」メイン・テーマ

▽20世紀・思い出の主題歌集(3)
NHKFM 8月21日水曜 午後1時00分〜 午後2時00分

「太陽にほえろ!」井上尭之バンド(1分48秒)<テイチク TECD25464>
「ゲバゲバ90分!テーマ」(2分23秒)<コロムビア COCX40353>
「虹」貝がら(2分50秒)<バップ VPCD81309>
「荒野の果てに」(3分42秒)<SHOCHIKU SOST3027>
「ひるのプレゼントテーマ」(0分38秒)<コロムビア COCX40353>
「お笑いオンステージ」のこいのこ(0分39秒)<NHKサービスセンター R03-10342>
「太陽がくれた季節」青い三角定規(2分18秒)<バップ VPCB83403>
「だれかが風の中で」上條恒彦(3分18秒)<コロムビア COCP35647-8>
「新八犬伝メイン・テーマ」(1分05秒)<東芝EMI TOCT9355>
「傷だらけの天使」井上尭之バンド(1分55秒)<バップ VPCB83403>
「寺内貫太郎一家」(1分43秒)<ソニー MHCL317-8>


「Gメン'75のテーマ」(1分11秒)<バップ VPCD81440>
「デビルマンのうた」十田敬三、ボーカル・ショップ(1分31秒)<コロムビア COCX31708>
「ガッチャマンの歌」子門真人、コロムビアゆりかご会(1分31秒)<コロムビア COCX31668>
「キューティーハニー」前川陽子(1分30秒)<コロムビア COCX31705>
「ど根性ガエル」石川進、荒川少年少女合唱隊(1分17秒)<コロムビア COCX31668>
「11PM」猪俣猛オールスターズ(1分08秒)<テイチク TECD20544>
「プロポーズ大作戦」(0分41秒)<UP-FRONT WORKS PKCP2064-6>
「「前略おふくろ様」メイン・テーマ」井上尭之バンド(1分37秒)<バップ VPCB83403>

「マジンガーZ」水木一郎(0分55秒)<コロムビア COCX31668>
「おしえて」伊集加代子、(ヨーデル)ネリー・シュワルツ(2分35秒)<コロムビア COCX30498>
「宇宙戦艦ヤマト」ささきいさお、ロイヤル・ナイツ(2分14秒)<コロムビア COCX30498>
「NBCミステリー・ムービー(刑事コロンボ)」(1分05秒)<CBSソニー 52DP537-8>
「大草原の小さな家」ヘンリー・マンシーニ楽団(2分58秒)<BMGファンハウス BVCM37372>
「チャーリーズ・エンジェルのテーマ」ヘンリー・マンシーニ楽団(3分00秒)<BMGファンハウス BVCM37372>
「Bad City」SHOGUN(1分38秒)<バップ VPCD81234>
「ぼくの先生はフィーバー〜1978オリジナルバージョン〜」原田潤(3分08秒)<ソニー SECL141>
「新日本紀行」(0分58秒)<CBSソニー 52DH612/3>
NHKFM 8月21日水曜 午後1時00分〜 午後2時00分
posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

Of Monsters and Men4年ぶり3枚目


ミューズやチャーチズなどを手掛けるリッチ・コスティとの共同プロデュースで、まさにその音になっている。
彼らの基本的な魅力であるメロディーと独特な世界観はちゃんと保持されつつ、次のステージへ行った感じだ。


posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

SUM 41 Order In Decline

ニュー・アルバム『Order In Decline』リリース!
新曲「Out For Blood」MV公開!


Sum 41の7枚目。完全復活したことで本来的な彼らの魅力が一層バージョンアップされている。
スピード感にキャッチーなメロディーでファンには堪らない作品になっている。


posted by koinu at 20:00| 東京 🌁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tycho - Weather (Full Album)

Tycho / Pink & Blue (feat. Saint Sinner)

スコット・ハンセンによるソロ・プロジェクト。
ハンナ・コットレルという女性シンガーとの出会いが きっかけで、
ボーカルを導入して新しい世界観を作り出す試みをしている。

Tycho / Japan (feat. Saint Sinner)


posted by koinu at 15:00| 東京 🌁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

ジミー・ペイジ& ブラック・クロウズの『Live At The Greek』(2000年)

24F5F7A6-87E4-47E1-8982-BBF24C25F7BC.jpeg
ブルース音楽からロックミュージックへの敬意を込めて行われた、1999年10月にL.A.のグリーク・シアターでのライヴ模様を収録したアルバム。


古い曲ばかりで聞かずに避けていたが、ジミー・ペイジ& ブラック・クロウズはなかなか本気な演奏で、ブルース音楽の神様存在が降りてきたようだ。


CD ディスク 1

11曲収録 (00:54:39)

01.祭典の日 (03:42)

02.カスタード・パイ (05:18)

03.シック・アゲイン (04:34)

04.強き二人の愛 (05:27)

05.ウォーク・アップ・ディス・モーニング (04:15)

06.シェイプス・オブ・シングス・トゥ・カム (03:09)

07.スロッピー・ドランク (06:06)

08.テン・イヤーズ・ゴーン (06:31)

09.死にかけて (09:34)

10.時が来たりて (06:03)

11.(エンハンスド)ライヴ映像を収録


CD ディスク 2  12曲収録 (01:10:21)

01.レモン・ソング (08:57)

02.俺の罪 (06:40)

03.ハートブレイカー (05:48)

04.ヘイ・ヘイ・ホワット・キャン・アイ・ドゥ (03:29)

05.メロウ・ダウン・イージー (05:18)

06.オー・ウェル (04:09)

07.シェイク・ユア・マネー・メイカー (04:23)

08.ユー・シュック・ミー (08:24)

09.アウト・オン・ザ・タイルズ (03:38)

10.胸いっぱいの愛を (05:25)

11.イン・ザ・ライト (日本盤ボーナス・トラック) (09:05)

12.ミスティ・マウンテン・ホップ (日本盤ボーナス・トラック) (05:05)


コンサート全体の選曲も優れている。


C9832662-874D-4A13-9A4D-FD148310AB72.jpeg
posted by koinu at 17:14| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッド・ツェッペリン「コンプリートBBCライヴ」(未発表音源)を聴き比べる。

ジミー・ペイジによる最新リマスタリングとBBC未発表音源を追加。オリジナル「BBC ライヴ」は1997 年に発売、全米RIAA でダブル・プラチナムに認定された2 枚組アルバム。

そして「コンプリートBBC ライヴ」は、8 曲のパフォーマンンス音源を含むディスクが追加、デイヴ・ルイスによる、楽曲ごとのセッション情報を記載したライナーノーツを含んでる。


F6C3A6AE-F510-4C6B-84EC-5FA799D478B2.jpeg


デラックス・エディション(3CD)

曲目リスト

ディスク: 1 (MONO)

1.ユー・シュック・ミー 

2.君から離れられない 

コミュニケイション・ブレイクダウン 

3.幻惑されて 

4.ザ・ガール・アイ・ラヴ 

5.強き二人の愛 

6.コミュニケイション・ブレイクダウン 

7.トラヴェリング・リヴァーサイド・ブルース 

8.胸いっぱいの愛を

9.サムシング・エルス 

10.コミュニケイション・ブレイクダウン 

11.君から離れられない 

12.ユー・シュック・ミー 

13.ハウ・メニー・モア・タイムズ 


ディスク: 2

1.移民の歌

2.ハートブレイカー

3.貴方を愛しつづけて

4.ブラック・ドッグ

5.幻惑されて

6.天国への階段

7.カリフォルニア

8.ザッツ・ザ・ウェイ

9.胸いっぱいの愛を (メドレー)

10.サンキュー


ディスク: 3 (未発表音源)

1.コミュニケイション・ブレイクダウン (MONO) 

2.強き二人の愛 (MONO) 

3.幻惑されて (MONO) 

4.ホワイト・サマー (MONO)

5.強き二人の愛 

6.コミュニケイション・ブレイクダウン 

7.君から離れられない (MONO) 

8.ユー・シュック・ミー (MONO) 

9.サンシャイン・ウーマン (MONO) 

9863E703-7E8D-4BCC-9620-7D13962478C1.jpeg
posted by koinu at 11:31| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洒脱なユーモアセンス音楽Dan Hicks

ダン・ヒックス(Dan Hicks, 1941年12月9 日 - 2016年2月6日 )
サンフランシスコを拠点に活躍して、スウィングやジャズ、カントリー、フォークなど古き良きアメリカン・ミュージックを独特のセンスで体現した音楽家。
ダン・ヒックスは1941年アーカンソー州リトルロック生まれ。5歳の時にカリフォルニアに移住して、1965年にサンフランシスコのフォーク・バンド、シャーラタンズにドラマーとして加入、その後、ダン・ヒックス&ザ・ホット・リックスを結成。懐古調な埃をかぶったようなサウンドが特徴。

69年にエピックからデビューアルバム『Dan Hicks & His Hot Licks』を発表。73年の解散まで3枚アルバムを発表。ソロアーティストとして作品を発表するようになり、独特のユーモアと音楽活動を続けていた。
https://youtu.be/6sQEaTNAXuc
https://youtu.be/yFVJQALVTrk

2000年発表したアルバム『BEATIN' THE HEAT』では、エルヴィス・コステロやブライアン・セッツァー、トム・ウェイツ、ベット・ミドラー、リッキー・リー・ジョーンズら、彼を敬愛するアーティストが参加している。

GREATEST LICKS: I FEEL LIKE SINGIN'
没後の追悼アルバムもベストなセレクトと音質になっている。悲しい追悼盤なんかではなく、みんなごきげん楽しそう。
posted by koinu at 08:19| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

Ed Sheeran 映画ファンにはたまらない『No.6 Collaborations Project』

『No.6 Collaborations Project』Ed Sheeran
Justin Bieber、Bruno Mars、EMINEMらアーティスト22人が参加した
ニュー・アルバム『No.6 Collaborations Project』世界54ヶ国のiTunesアルバムチャート1位を記録。


 
数々の名作映画のシーンをオマージュしたもので、Ed SheeranとTravis Scottが様々な役になる。映画"キル・ビル"から、骸骨メイク"デイ・オブ・ザ・デッド"、"マスク"、"アメリカン・ハッスル"のシーンでは女装もした。
Travisは"シザーハンズ"のジョニー・デップ役に扮して、"スナッチ"シーンではEdはブラッド・ピット役に。"パルプ・フィクション"のオマージュで幕を閉じるこのビデオ、アルフレッド・ヒッチコックの"鳥"など他にも多くの映画のシーンをオマージュしている。本格俳優デビューが発表されるなど、多方面で活躍しているEd Sheeran。映画ファンにはたまらない。


Ed Sheeran / Remember the Name (feat. Eminem and 50 Cent)

Ed Sheeran / Take Me Back to London (feat. Stormzy)
https://www.youtube.com/watch?v=MMYIkTlNH68
 
アーティストを様々フューチャリングした、凄まじいアルバムとなっている。
ストリート時代からやっている音楽的な姿勢が貫かれている作品。『No.6 Collaborations Project』Ed Sheeran
https://www.youtube.com/watch?v=mj0XInqZMHY&list=PLgaFNC_I_ZknKAhWkOwakjgBwg48II9rE
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

Black Midi

 
ダンサブルなサウンドと、一度聴いたら癖になるキャッチーなメロディが響く。フロントマンのアレクシス・テイラーから特徴的な歌声で世界的人気を博すホット・チップ。

超待望の最新作『A Bath Full of Ecstasy』のリリースを来週に控えるなか、初の単独ツアーの詳細を発表。

1. Black Midi / Near DT, MI
2. Black Midi / Reggae
3. Black Midi / 953
posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hot Chip最新作『A Bath Full of Ecstasy』


ダンサブルサウンドと病みつきになるキャッチーなメロディ、フロントマンを務めるアレクシス・テイラーの特徴的な歌声で世界的人気のHot Chip が、最新作『A Bath Full of Ecstasy』のリリースと、初の単独ツアー発表。


https://youtu.be/BK2CuSQHNMs

posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kula shaker dreams of rock & roll

『K 2.0』はデビュー・アルバム『K』のリリースから20年、バンドの再結成から10年の節目アルバムだった。
日本人ファンをとても大切にしているのが解る、日本盤限定トラックの「Dreams of Rock & Roll」が良い。ブリティッシュロック感溢れるフェイバリット。


『K 2.0』kula shaker
1. Infinite Sun / インフィニト・サン
2. Holy Flame / ホーリー・フレーム
3. Death Of Democracy / デス・オブ・デモクラシー
4. Let Love B (with U) / レット・ラヴ・ビー (ウィズ・ユー)
5. Here Come My Demons / ヒア・カム・マイ・デーモンズ
6. 33 Crows / 33 クロウズ
7. Oh Mary / オー・メリー
8. High Noon / ハイ・ヌーン
9. Hari Bol (the sweetest sweet) / ハリ・ボル (ザ・スウィーテスト・スウィート)
10. Get Right Get Ready / ゲット・ライト・ゲット・レディ
11. Mountain Lifter / マウンテン・リフター
【日本盤のみのボーナス・トラック】
12. Dreams Of Rock & Roll / ドリームズ・オブ・ロックンロール 

  • K /1996年 - 全英1位
  •  Peasants, Pigs and Astronauts/1999年 - 全英9位
  • Strangefolk/2007年 - 全英69位、オリコン32位
  • Pilgrim's Progress/2010年 - 全英117位、オリコン37位



ザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー (Kollected - The Best Of)/

posted by koinu at 02:13| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする