2019年12月22日

ザ・スミス初レコーディング音源のフルVer.

モリッシーとジョニー・マーでバンドが結成された1982年に録音されたもので、クッキーズの“I Want A Boy For My Birthday”をカバーしたもの。
https://youtu.be/eYtwz4q8uas
アンディ・ルークが参加する前にベースを務めていたDale Hibbertが所有する音源、3分にわたるフル・バージョンはD 「Smiths Original Demo」に投稿されたらしい。
1982年10月2日に英マンチェスターのザ・リッツで初ライブを行った時に“I Want A Boy For My Birthday”を演奏したが、最終的にデモとしては収録されなかった。
もしもSmithでベース弾いてたら、なんて思ってアップしたのかな?
未来への選択肢に、もしもなんてないよ。だから「時」を推測する感覚と洞察力は大切だと思う。
posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

Pink Floyd The Later Years (1987-2019)

2016年11月発売『The Early Years 1965-1972』に続く、ピンク・フロイドの前代未聞の膨大な超レア音源・映像の集大成アーカイブ・ボックス・セット第二弾、『The Later Years 1987-2019(Box Set)』リリース。

https://youtu.be/HShqS84WezI


https://youtu.be/5PSk00eRvaY


 Pink Floyd The Later Years (1987-2019) Highlights 

【収録曲】

Shine On You Crazy Diamond, Parts 1-5 (Live At Knebworth 1990) クレイジー・ダイアモンド(Live At Knebworth 1990)

Marooned Jam (The Division Bell Sessions) 孤立(JAM) (The Division Bell Sessions)

One Slip (2019 remix) 理性喪失(2019 remix)

Lost For Words (Pulse Tour Rehearsal 1994) ロスト・フォー・ワーズ(Pulse Tour Rehearsal 1994)

Us And Them (Delicate Sound Of Thunder 2019 Remix) アス・アンド・ゼム(Delicate Sound Of Thunder 2019 Remix)

Comfortably Numb (Live At Knebworth 1990) コンフォタブリー・ナム(Live At Knebworth 1990)

Sorrow (2019 remix) 時のない世界(2019 remix)

Learning To Fly (Delicate Sound Of Thunder 2019 Remix) 幻の翼(Delicate Sound Of Thunder 2019 Remix)

High Hopes Early Version (The Division Bell Sessions) 運命の鐘(The Division Bell Sessions)

On The Turning Away (2019 remix) 現実との差異(2019 remix)

Wish You Were Here (Live At Knebworth 1990) あなたがここにいてほしい(Live At Knebworth 1990)

Run Like Hell (Delicate Sound Of Thunder 2019 Remix) ラン・ライク・ヘル(Delicate Sound Of Thunder 2019 Remix)

https://youtu.be/8ugs3jAu2x8


関連ウエブサイト

www.pinkfloyd.jp

www.pinkfloyd.com 

www.facebook.com/pinkfloyd

posted by koinu at 07:04| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

グレース・ヴァンダーウォール第二章

《ポップの申し子、第二章の幕が上がる》

1stアルバム以来、約2年ぶり作品はミニ・アルバム。
数々のスターを生んだアメリカンズ・ゴット・タレントで2016年優勝。弱冠12歳にして、楽曲は本人によるオリジナル・ソング。堂々としたステージングと歌声が、大人気歌手の才能を見出してきた毒舌音楽プロデューサー、サイモン・コーウェルも“未来のテイラー・スウフィトだ"と脱帽した。またニューヨーク・タイムズ紙にも“ポップの申し子"と評される。
2019年自身の全米ヘッドライン・ツアーがスタート。ニューヨーク、ロサンゼルスなど全米25都市をまわり、各会場SOLD OUT続出でプラチナ公演となっている。ディズニー映画「Stargirl」の主役にも抜擢されて、世界中で今、最も輝いている15歳。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.tvgroove.com/%3fp=24514&amp=1

▼収録内容 
1.イントロ(グッチ・シューズ) | Intro (Gucci shoes) 
2.ポーザー | Poser 
3.アイ・ドント・ライク・ユー | I Don't Like You 
4.ユア・ソー・ビューティフル | Ur So Beautiful 
5.ウェイスト・マイ・タイム | Waste My Time 
6.ザ・シティ | The City 
【国内盤のみボーナストラック】 
7.ストレイ | Stray 
8.ハイドアウェイ | Hideaway
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAN HICKS & THE HOT LICKS / ダン・ ヒックス&ザ・ホット・リックス

サンフランシスコのフォーク・カントリー・サイケ伝説バンドCHARLATANSでの活動後、2人の女性バック・ヴォーカルLICKETTESを抱えるアコースティック・バンドDAN HICKS & THE HOT LICKSを率いて長年活動したDAN HICKS。2016年2月6日に惜しまれつつ亡くなった彼を追悼するアルバム。

4ビートのアコースティック・スウィングを軸にフォーク、カントリー、ブルース等をアシッド感覚たっぷりにミクスチャーした唯一無二の音楽性と ステージ上での類まれなるウイットで ヒップスター然とした活動を続けたDAN HICKSに捧げるトリビュート。
BETTE MIDLERをフィーチャーした00年作『BEATIN' THE HEAT』楽曲"STRIKE IT WHILE IT'S HOT"、71年名作『WHERE'S THE MONEY?』からの"WHERE'S THE MONEY?"などHOT LICKSクラシックが全11曲。
212BFECC-1163-4CA5-B6E1-B3CBADC052F8.jpegAD8E0491-B0F9-4C4A-8C80-E3E88D57B557.jpeg
I WILL ALWAYS BE HUMBLE TO MY DYING DAY. ON MY DYING DAY I WILL EXPLAIN TO THE WORLD HOW LUCKY THEY HAVE BEEN TO BE ALIVE THE SAME TIME AS ME.” 
- DAN HICKS, 2013

代表的なアルバムを聴いて顧みると、お洒落な音楽センスと才能あふれる活動が伺えて、創造エネルギーを刺激される。

Dan Hicks & His Hot Licks (aka Original Recordings) (1969年)

Where's The Money?(1971年)

Striking It Rich (1972年)

Last Train to Hicksville (1973年)

It Happened One Bite (1978年)

↑アニメーション映画のサントラ盤として制作されたが、映画製作自体がオクラ入りになっていた音源。余り楽しくユーモラスな演奏をしているので、ラルフ・バクシ監督の描いた世界を空想してしまう。

Shootin' Straight (1994年)

The Amazing Charlatans (1996年)

Return to Hicksville (1997年)

Early Muses (1998年)

Beatin' The Heat (2000年)

The Most of Dan Hicks & His Hot Licks (2001年)

Alive and Lickin' (2001年)

Dan Hicks & The Hot Licks - DVD/CD package (2003年)

Selected Shorts (2004年)

posted by koinu at 10:55| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・フー13年ぶりの新作『WHO』メディア絶賛

ピート・タウンゼントも『Quadrophenia / 四重人格』以来最高のアルバムと語り、メディアも絶賛している作品。『WHO』全11曲について、ピート・タウンゼント本人が語る解説をしている。

□ピート・タウンゼントによる全曲解説□

https://www.udiscovermusic.jp/stories/the-who-new-album-track-by-track-by-pete-townshend

《アルバム1曲目、いきなり歌い出しが「構わないさ、きっと君はこの曲を気に入らないに決まっている」である。老いをテーマにしながら黄昏ることなく、エネルギーに満ちた怒りを思い切り放出して来る。
ただ怒りと言っても若い頃のようなストレートなものではない。現在、発売中のロッキング・オンに掲載されているインタビューで、ピート・タウンゼントは挫折感から来る怒りもあると発言している。70歳を超えないと言えない深い言葉だ。
全てが正直で率直。エネルギーとユーモアに満ちた傑作だ。》渋谷陽一

今晩5時からNHKFM放送で『WHO』アルバム紹介予定。


posted by koinu at 08:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

ローリングストーン誌「2019年の年間ベスト・アルバム TOP50」発表

3FE730A4-4532-435A-9342-5E5F202F9A55.jpeg

本年リストの特徴は10位中7組が女性アーティストで、ポップ・シーンは女性活躍が賑やかな1年だった。


50. Moon Tooth – Crux

49. Priests – The Seduction of Kansas

48. Yola – Walk Through Fire

47. Post Malone – Hollywood’s Bleeding

46. Burna Boy – African Giant

45. Rico Nasty & Kenny Beats – Anger Management

44. The Black Keys – “Let’s Rock”

43. Todd Snider – Cash Cabin Sessions, Vol. 3

42. Rapsody – Eve

41. Maggie Rogers – Heard It In A Past Life


40. Juice WRLD – DEATH RACE FOR LOVE

39. Beck – Hyperspace

38. Summer Walker – Over It

37. Purple Mountains – Purple Mountains

36. FKA twigs – MAGDALENE

35. BROCKHAMPTON – GINGER

34. Karen O & Danger Mouse – Lux Prima

33. J Balvin & Bad Bunny – Oasis

32. Sheer Mag – A Distant Call

31. Megan Thee Stallion – Fever


30. The National – I Am Easy to Find

29. Sleater-Kinney – The Center Won’t Hold

28. Coldplay – Everyday Life

27. Sharon Van Etten – Remind Me Tomorrow

26. Wilco – Ode to Joy

25. Jamila Woods – LEGACY! LEGACY!

24. Tanya Tucker – While I’m Livin’

23. Harry Styles – Fine Line

22. Bruce Springsteen – Western Stars

21. Bon Iver – i,i


20. Polo G – Die a Legend

19. 100 gecs – 1000 gecs

18. Young Thug – So Much Fun

17. Big Thief – Two Hands

16. Sturgill Simpson – Sound & Fury

15. Brittany Howard – Jaime

14. Angel Olsen – All Mirrors

13. Jenny Lewis – On the Line

12. Tyler, the Creator – IGOR

11. Nick Cave & The Bad Seeds – Ghosteen


10. The Highwomen – The Highwomen

9. DaBaby – Baby On Baby

8. Miranda Lambert – Wildcard

7. Vampire Weekend – Father of the Bride

6. Lizzo – Cuz I Love You

5. Bad Bunny – X 100PRE

4. Taylor Swift – Lover

3. Lana Del Rey – Norman Fucking Rockwell!

2. Billie Eilish – WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?

1. Ariana Grande – thank u, next


詳細は以下のURLのページでご覧になれます。

https://www.rollingstone.com/music/music-lists/best-albums-2019-914750/

posted by koinu at 10:04| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

『CAMPFIRE CLASSICS』シブリディオン(Sibrydion)

スーパー・ファーリー・アニマルズ (SFA) の新曲かな?と耳を疑うほどSFAのグリフにそっくりな声とハーモニー。

621F9B29-5CC3-4688-BB6F-73C427195741.jpeg

「夜の森で焚き火をしているネコとフクロウ。妹と一緒に母親を見舞ったジム・キャロルも枕元でで寝ているデブ猫(23歳)がフクロウのようだった」

ウェールズ人気バンド、Meilir and Osian Gwynedd兄弟率いるSibrydion 3rdアルバムは、ウェールズ訛り英語が印象に残る。

2005年デビュー作品から前作まではウェールズ語歌詞で、彼等の存在はあまり知られていなかったSibrydion 

今作では英語詞に転換して、同郷のSFA初期、『FAZZY LOGIC に通じるポップサイケ感たっぷりのキッチュ・ソングスなアルバムとなっている。

https://youtu.be/qKJrLe_rtGA 


sibrydionCAMPFIRE CLASSICS

1.God Forgives I Don't

2.Coupe De Grace

3.Desperados

4.Praying For Rain

5.Violent Light

6.Shangri La

7.Femme Mental

8.Summer's Gone

9.Bleeding Heart

10.Thirteen Days

11.Rosalynn

12.Reprise

13.P.S Campfire Epilogue

2009.3

ゲストにAcid Casualsのケヴィン・テイム、元カタトニアのマーク・ロバーツ、男声合唱団らの面々を迎えて、プロデュースにはスーパー・ファーリー・アニマルズのキアン・キアランが参加している。

https://youtu.be/gkGTXNXCVSI


https://www.youtube.com/watch?v=88A_PdtAxyQ

posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rhythm & Blues/V.A (Documents) 10CD

Rhythm & Blues/V.A (Documents) 10CD 

1940年代頃にジャズ、ブルース、ゴスペルの融合で発展して、ブラック・ミュージックの原点となった「リズム&ブルース」を網羅。ブルース、ソウルのパイオニアたちが切り開いた原点が集結されたアルバム。


65D6DB12-F236-4FAB-8C07-EBF0A65310FF.jpeg


Tracklist: Rhythm & Blues/V.A (Documents) 10CD 


CD1:

01. Roy Milton - Milton's Boogie (02:41)

02. Jesse Thomas - It's You I'm Thining Of (02:38)

03. Wynonie Harris - Teardrops from My Eyes (02:50)

04. Eddie Boyd - Kilroy Won't Be Back (02:58)

05. Lowell Fulson - Cold Hearted Woman (02:52)

06. Joe Turner - Wine-O-Baby (02:31)

07. Eddie Vinson - Gonna Send You Back (02:23)

08. Lil Amstrong - Joogie Boogie (02:45)

09. Joe Morris - Beans and Corn Bread (02:49)

10. Lowell Fulson - Baby Won't You Jump with Me (02:33)

11. Joe Turner - Rocket Boogie 88 (02:46)

12. Lowell Fulson - Juke Box Shuffle (02:20)

13. Rockets - Big Leg Mama (02:35)

14. Lee Barnes - Blues for What I Never Had (03:00)

15. Mary Deloatch - Straighten Him Out (02:40)

16. Ivory Joe Hunter - I Like It (02:34)

17. Joe Turner - Long Down Dog (03:02)

18. Annie Laurie - My Rough and Ready Man (02:28)

19. Joe Turner - My Gal's a Jockey (03:10)

20. Stick McGhee - One Monkey Don't Stop the Show (02:35)


CD2:

01. Joe Turner - Mad Blues (02:25)

02. King Porter - Chitlin' Ball (02:23)

03. Johnny Otis - Goomp Blues (02:44)

04. Pearl Reaves - You Can't Stay Here (02:42)

05. Big Mama Thornton - You Did Me Wrong (02:35)

06. Honey Brown - Rockin' And Jumpin' (02:59)

07. Joe Turner - Sally Zu Zazz (02:53)

08. Sheri Washington - Ain't Talkin' To Your Baby (02:06)

09. Peppermint Harris - The Blues Pick On Me (02:00)

10. Tony Grimes - Hey Now (02:33)

11. Paul Bascomb - Mumbles Blues (02:33)

12. Floyd Dixon - Wine Wine Wine (02:41)

13. Floyd Dixon - Ooh Littel Girl (02:12)

14. Jimmy McCracklin - She Felt Too Good (02:43)

15. Charlie & Ray - Oh Gee Oh Wee (02:23)

16. Gene & Eunice - I Gotte Go Home (02:23)

17. Jimmy McCracklin - I Wanna Make Love To You (02:26)

18. Jewel King - 3 x 7 = 21 (02:32)

19. G A S - Seven To Eleven (02:27)

20. H- Bomb Ferguson - Rock H-Bomb Rock (02:07)


CD3:

01. Boby and Ron - You're Mine (02:11)

02. Lula Reed - Sick And Tired (02:21)

03. The Bees - Tought Enough (02:34)

04. Rufus Thomas - Easy Livin' Plan (02:45)

05. Wally Mercer - Rock Around (02:40)

06. Team Mates - Crazy Baby (02:07)

07. Buddy Rogers - Mad At You (02:30)

08. Finney Mo - Shake That Thing (02:03)

09. Pork Chops - Everything Is Cool (02:21)

10. Buster Brown - Sugar Babe (02:26)

11. Marty Lewis - Satisfied With My Lovin' (01:47)

12. Kid Thomas - Wolf Pack (02:34)

13. Big Boy Groves - I Got A New Car (02:41)

14. Lord Tennison - The Dance (02:42)

15. Howlin' Wolf - Down In The Bottom (02:05)

16. L. Sundown - Mojo Man (02:20)

17. Brown and Brooks - Sleeping In An Ocean Of Tears (02:57)

18. Prince Ch. - Come On Home (02:32)

19. Little Walter - Roller Coaster (02:49)

20. W. King - Big Leg Woman (02:24)


CD4:

01. Elmo Nixon - Forgive Me Baby (02:19)

02. Doc Gaddy - Evil Man Blues (02:32)

03. Earl Williams - Let's Make Love Tonight (02:27)

04. L.C.Williams - Shout Baby Shout (02:40)

05. King Perry - Come Back Baby (02:11)

06. Ch.Williams - So Worried (02:13)

07. J.L.Smith - If It's Too Late (02:16)

08. Homesick James - Set A Date (02:34)

09. Johnnie Fuller - No More (02:27)

10. Nat Cool Cat - Come By Here (02:46)

11. B.B.Brown - I Weep (02:21)

12. Elton Anderson - I Love You (02:36)

13. Harmonica Fats - My Baby Didn't Come Home (02:41)

14. Billy Gayles - Do Right Baby (02:05)

15. Hank Moore - Knock Kneed Rooster (01:55)

16. Baby Curtis - I Wanna (02:14)

17. Charles Sheffield - It's Voodoo Working (01:46)

18. Charles Walker - You Know It Ain't Right (02:48)

19. Garland - Hello Miss Sims (02:04)

20. Danny Taylor - You Look Bad (02:21)


CD5:

01. Rufus Thomas - Decorate the Counter (02:20)

02. Mr. Goolge - Oh What A Fool (02:37)

03. Milt Buckner - Red Red Wine (02:29)

04. Jimmy Preston - Oh Babe (02:44)

05. Lemmy Johnson - Eatin' And Sleepin' Blues (02:46)

06. Carl Matthews - Big Man (02:56)

07. Jimmy Crawford - Till My Baby Comes Back (02:25)

08. Cherri Lynn - Your Money Ain't No Long Enough (02:37)

09. Webster and Conroy - Baby Baby (02:31)

10. Eddie Alston - I Just Can't Help It (02:19)

11. Johnny Duke - Oh Oh Mojo (01:37)

12. Hop Wilson - Chicken Stuff (01:46)

13. Mr. Bo - I'm Leaving This Town (02:15)

14. Ch. Sheffield - Shoo Shoo Chicken (02:33)

15. Erline Harris - Long Tall Papa (02:31)

16. Billy Wright - Man's Brand Boogie (02:56)

17. Piano Slim - Lot Of Shakin' Lot Of Jivin' (02:06)

18. Harmon Jones - Pack Your Clothes (02:32)

19. Sandra Grimms - Hallelujah Rock And Roll (02:58)

20. Duke Jenkins - The Duke Walks (02:51)


45C6F5F4-F8C2-4C63-8920-BD91F7DA397F.jpeg


CD6:

01. Tommy Moore - Your Car Machine (03:55)

02. Louis Payne - That's Allright With Me (02:53)

03. Mr. Sad Head - Sad Head Blues (02:41)

04. T.J. Fowler - Tell Me Waht's The Matter (02:54)

05. Bob Williams - Talk To Me (02:10)

06. Leon Tarver - Somebody Help Me (03:00)

07. Herman Manzy - I'm Your Rockin Man (02:11)

08. King Perry - Erverything Gonna Be Alright Tonight (02:25)

09. Woo Woo Moore - Something's Wrong (02:14)

10. Jimmie Nelson - Great Big Hunk Of Man (01:48)

11. Jesse Stone - Runaway (02:07)

12. Jonny Otis - Court Room Blues (02:50)

13. Rudy Greene - Wild Life (02:29)

14. Eddie Riff - My Baby's Gone Away (02:16)

15. Jimmy Anthony - Before Day In The Morning (02:37)

16. Freddie Hall - She's An Upsetter (02:33)

17. Lee Christie - My Heart'S Goes Diddley Burn (02:52)

18. Mr. Rain - Who Dat (02:43)

19. Oliver Jones - What I Say (02:38)

20. Joan Shaw - You Drive Me Crazy (02:37)


CD7:

01. Royals - All Night Long (02:15)

02. George Jenkins - Shuffin' Boogie (01:48)

03. The Kid - Booted (01:45)

04. Joe McCoy - Hey Loretta (02:21)

05. Frank Linkenberg - Ball Of Fire (02:28)

06. Jesse Allen - Love Me Baby (02:03)

07. Artie Wilson - Tarzan (02:14)

08. Bill Heyman - I Want My Baby (02:25)

09. Joe McCoy - Too Much Going On (01:54)

10. Larry Hanna - Good Lovin' (01:54)

11. Blache Thomas - You Ain't So Such A Much (02:21)

12. Niteriders - Looking For My Baby (01:59)

13. John Greer - Honey Why (02:19)

14. Willie Mitchell - Lizzie Lou (02:38)

15. Paul Kimble - That Big Fat Mama (02:37)

16. Famouse Renegades - Invasion (02:28)

17. Miss Baker - You'd Better Find (01:58)

18. Arabians - Dog Wild (01:53)

19. Billy Garner - Little Schoolgirl (02:06)

20. Good Guys - Whoa Whoa (02:32)


CD8:

01. Frankie Lee Sims - She Likes To Boogie Real Slow (02:16)

02. Lightnin' Hopkins - Movin' Out (02:00)

03. Cardinals - Choo Choo (02:40)

04. Mojo Watson - Look A There (02:16)

05. Thrills - I Ain't Got The Money (02:22)

06. 4 Gators - Wine O Wine (02:41)

07. Billy Miranda - Go Ahead (02:20)

08. Betty James - I'm A Little Mixed Up (02:47)

09. Joe Tex - You Upset My Home (02:34)

10. Sonny Knight - But Officer (02:52)

11. King Rhythm - Killer Diller (02:49)

12. Papa Lightfoot - Jumpin' With Jaris (02:13)

13. Crusher - I Got To Know (02:21)

14. Buddy Johnson - Walk The Chalk Line (02:35)

15. Gus Jenkins - Slow Down (01:56)

16. Mercy Baby - Pleadin' (02:14)

17. Charles Clark - Hidden Charms (02:31)

18. Sonny & Jaycee - You Keep On Doggin' Me (01:56)

19. Lightnin' Hopkins - I'm Wild About You (02:48)

20. Bobo Jenkins - Tell Me Who (02:30)


CD9:

01. Silhouettes - Miss Thing (01:53)

02. Millionaires - Arkansas Jane (02:09)

03. John Lee - Rhythm Rockin' Boogie (02:34)

04. Wynona Carr - Touch And Go (02:10)

05. Eddie Clearwater - A Real Good Time (02:12)

06. Ricky Charles - Hi Yo Silver (02:23)

07. Boy Bonner - Running Shoes (02:25)

08. Bill Broonzy - Little City Woman (02:49)

09. Johnny Wright - Look At That Chick (02:19)

10. Jumpin' Jay - Come On Home (02:48)

11. Washboard Sam - Never Never (02:38)

12. Big Maybelle - Rockhouse (02:14)

13. Model T Slim - Shake Your Boogie (02:30)

14. J.D.Edwards - Hobo (02:29)

15. Bobby Long - Jersey City (02:19)

16. Louisiana Red - Ride On Red (02:47)

17. Junior Wells - Little By Little (02:29)

18. Little Willie John - Leave My Kitten Alone (02:29)

19. Jimmy Liggins - I Ain't Drunk (02:23)

20. Sam Myers - You Don't Have To Go (02:30)


CD10:

01. Eddie Burnes - Hard Hearted Woman (02:28)

02. Carrie Grant - Mish Mash (02:18)

03. Brownie McGee - Anna Mae (02:09)

04. Babs Gonzales - House Rent Party (02:55)

05. Jimmy Liggins - Talking That Talk (02:28)

06. Babs Gonzales - She's Just Right For Me (02:54)

07. Stomp Gordon - The Grind (02:27)

08. Walkin' Willie - Blow Little Willie (02:38)

09. Sultans - You Got Me Goin' (02:27)

10. Wynonie Harris - I Want My Fanny Brown (03:06)

11. Varetta Dillard - Them Their Eyes (02:16)

12. Little Esther - It Ain't What You Say (02:50)

13. Esther and Willie - Turn The Lights Down Low (02:20)

14. Amos Milburn - Let Me Go Home Whiskey (02:43)

15. Eddie Hope - A Fool No More (02:20)

16. Mister Ruffin - Bring It On Back (02:56)

17. Tarheel Slim - Number Nine Train (02:53)

18. Buddy Lucas - Night Train (02:35)

19. Arthur Crudup - That's Alright Mama (02:53)

20. Louis Jordan - Choo Choo Ch' Boogie (02:43)


15F26DD6-B35E-4DFD-B1D5-CC74016F8083.jpeg

ドイツ製の超安価10CDセット。[モノラル録音] 1100円でブルース音楽原点を満喫できます。素晴ら過ぎなBOX。CD8収録されている01. Frankie Lee Sims - She Likes To Boogie Real Slow あたりから抜群のリズムが始まります!

マンネリPOPSを吹き飛ばすような、滝口からの勢いよくアイデアとメロディが流れてくる200曲。

128146F0-2249-4C26-AC2A-350E107CA164.jpeg
posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

the Knickerbockers, (ニッカーボッカーズ)

Knickerbockers, The (ニッカーボッカーズ)

ニュージャージー州出身のガレージパンク・バンドと紹介されているが、ヒット曲「Lies」と「One Track Mind」(最高位46位)を聴く限り、完全にBeatles系である。64年元Royal TeensのBuddy Randellを中心に結成された4人組。
01227 Lies (いつわり) 66年20位
初期のBeatlesの曲と言われたら、みんな信じるだろう。ボーカルはJohn Lennon風。ギターだけはガレージっぽい。
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

井上陽水『リバーサイドホテル』と「ホテルカリフォルニア」が比喩すること

井上陽水『リバーサイドホテル』〔1982年作品〕が比喩する世界

レコード会社の洋楽部ディレクター経験ある作家の浅倉卓弥は「リバーサイドホテル」について、Eaglesの歌った「ホテルカリフォルニア」と同様にあるサビの部分も、両曲は似ている比喩があると指摘している。

Hotel Californiaは亡霊が集うホテルという設定。舞台はコリタスの香りたつ、カリフォルニアの砂漠エリアのハイウェイ。長時間の運転に疲れて、休むために立ち寄った小綺麗なホテルに幾日か滞在して快適な日々を送った。We are all just prisoners here, of our own device…(しょせんみんなここの囚人だ、自分の意思で囚われた…)堕落して快楽主義的なすごし方を続ける滞在客たちに嫌気して、以前の日常生活に戻るために、ホテルを去ろうとしたが、離れようにも離れられなくなった伝奇譚的なミニストーリー。We are programmed to receive. You can checkout any time you like, but you can never leave! 〔1976年作品〕

「一度入ったら、好きな時にチェックアウトは出来ても、根本的に逃れることは決して出来ない」という、The Hotel California Factorと自嘲気味な表現がMacユーザーの間で用いられた。

陽水のリバーサイドホテルも、此の世のものではない雰囲気が佇まい、更にこのリバー=川は、この世とあの世を分ける川、渡ったら最後、最早こちら側には戻れない境界にも想える。

歌詞の内容には「夜明けが明ける」「金属のメタル」「川沿いリバーサイド」「水辺のリバーサイド」「川に浮かんだプール」という不思議な空間のイメージがある。

死者たちはこのホテルでしばらく時間を過ごした後、川を渡りあちら側の存在になる川辺のホテル。

「誰も知らない夜明けが明けたとき 町の角から素敵なバスが出る

 若い二人は夢中になれるから 狭いシートに隠れて旅に出る

 昼間のうちに何度もキスをして 行く先を尋ねるのに疲れ果て

 日暮れにバスもタイヤをすり減らし そこで二人はネオンの字を読んだ」

 ホテルはリバーサイド 川沿いリバーサイド 食事もリバーサイド リバーサイド」

夜明けが明けていても、それは誰も知らない夜明け、普通ではない目覚めとなっている。夢中になってる二人は、旅に出ても隠れてたままである。何度もキスをするのは昼間のこと、その後は疲れ果てるほど行く先を尋ねる。

想像や妄想すれば、この二人は恋に何らかの障害があって、結局は自ら命を絶つことを選んでるように思える。

「昼間」は生きている間を指して、二人はこの世を去る前、最後に何度も愛を確かめ合っている。そして行く先でいっしょに幸せになれるよと。

二人は謎のバスに乗って、川を渡る前に一時的に滞在するホテルに着いた。ホテルでは「食事」が出て、黄泉竈食い(よもつへぐい)」を連想させる。黄泉の国のかまどで煮炊きしたもの、これを食べるともう現世にはもう戻れないという儀式がある。

「チェックインなら寝顔を見せるだけ 部屋のドアは金属のメタルで、しゃれたテレビのプラグは抜いてあり、二人きりでも気持ちは通い合う。ベッドの中で魚になった後 川に浮かんだプールでひと泳ぎ、どうせ二人は途中でやめるから 夜の長さを何度も味わえる。」

ホテルはリバーサイド〜川沿いリバーサイド〜食事もリバーサイド〜水辺のリバーサイド〜レジャーもリバーサイド〜リバーサイド。浪曼とも異界ともとれる謎多いリフレーンが続く。

「チェックインなら寝顔を見せるだけ」 よく考えると恐ろしいフレーズです。このホテルには寝顔を見せるだけで入れますが、それはこれ以上ないほどの「寝顔」、二度と目覚めることのない寝顔です。ホテルにある「テレビ」は、俗世間=前世の象徴で、プラグが抜かれているので、最早見ることはできなくなってる。そして二人はホテルの不思議なベッドやプールでしばらく時間を過ごした後、最後は川を渡っていくのだった。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

ジミー・ヌーンとトミー・ドーシーのジャズレコード音楽

フレドリック・ブラウン『シカゴ・ブルース』は暗黒街シカゴを舞台にした、父親を殺された青年が叔父と犯人を追うミステリー。酒、音楽、マフィア、美女、そして悲しく切ない結末。ジャズトロンボーン奏者に憧れる青年が後半登場する美女とともに聞く、ジミー・ヌーンとトミー・ドーシーのジャズレコード音楽。

ジミー・ヌーン(Jimmie Noone) 1895年4月23日ルイジアナ州カットオフ - 1944年4月19日カリフォルニア州ロサンゼルス。ジャズ・クラリネット奏者。
[ヌーンが残したもの] ヌーンは、一般的に、ジョニー・ドッズやシドニー・ベシェと並んで、とりわけ偉大な第二世代のジャズ・クラリネット奏者たちのひとりだとみなされていた。ヌーンの演奏は、ドッズほどブルース色があるわけでも、ベシェほど華やかなわけでもなかったが、ひょっとしたらもっと叙情的で洗練されていて、確実に「甘美な」香りをもっと醸し出している。ヌーンは、たとえばアーティ・ショウ、アービング・ファゾラ en:Irving Fazola、ベニー・グッドマンといった、後のクラリネット奏者たちに重要な影響を及ぼしている。【Wikipedia】より
http://www.redhotjazz.com/noone.html


トミー・ドーシー(Tommy Dorsey)1905年11月19日 - 1956年11月26日、ジャズトロンボーン・ジャズトランペット奏者、バンドリーダー。
Trumpet ; Bunny Berigan, Ziggy Elman, George Seaberg, Carl "Doc" Severinsen, Charlie Shavers
Piano ; Milt Raskin, Jess Stacy
Arranger/Composer ; Sy Oliver
Clarinet ; Buddy DeFranco, Johnny Mince, Peanuts Hucko
Drum ;Stan King, Buddy Rich, Louie Bellson, Dave Tough, Alvin Stoller, Gene Krupa
Vocal ; Jack Leonard, Edythe Wright, Jo Stafford, Dick Haymes, Connie Haines, Frank Sinatra
当時新人だったフランク・シナトラはこのバンドで学んで成長し、成功している。ドーシーは後に自身のサウンドはトロンボーン奏者ジャック・ティーガーデン(Big T)に影響されたと語っている。ドラマーについはあらゆる手段を講じてでも、又どこに居ても、どれほどのギャラを要求されても誠実にバディリッチに来て欲しいと要請した。バディ リッチがだめな時はルイ ベルソン又はアルビン ストラーに要請した。リッチ、ベルソン、ストラーはドーシーの標準的選択であった。クラリネットのバディ デフランコによると「どのドラマーも1時間から1週間しか続かなかった ただ例外はトム・ウイッタコムで、彼は1950年代初めに相当期間バンドに居たという。 (ルートガーズニュウジャージー州大学 ジャズ研究協会 エドワード・ブル氏 著書より)

posted by koinu at 13:00| 東京 🌁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

ザ・ローリング・ストーンズ ブリッジス・トゥ・ブエノスアイレス

The Rolling Stones  Bridges To Buenos Aires [Blu-ray]

ザ・ローリング・ストーンズ

ブリッジス・トゥ・ブエノスアイレス


DVD📀アルバム118日発売。

<ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー>からの未発表のコンサート映像で、新たにレストア、リミックス、リマスタリング。


Bridges to Buenos Aires』はアルゼンチンの首都ブエノスアイレスにあるリヴァー・プレート・スタジアムで5日間行なわれて、すべてソールド・アウト公演から、最終日199845日の模様を完全映像化。

I Can't Get No Satisfaction

Let's Spend The Night Together

Flip The Switch

Gimme Shelter

Sister Morphine

Its Only Rock 'n' Roll (But I Like It)

Saint Of Me

Out Of Control

Miss You

Like A Rolling Stone (featuring Bob Dylan)

Thief In The Night

Wanna Hold You

Little Queenie

When The Whip Comes Down

You Got Me Rocking

Sympathy For The Devil

Tumbling Dice

Honky Tonk Women

Start Me Up

Jumpin' Jack Flash

You Can't Always Get What You Want

Brown Sugar


Bridges To Buenos Aires is the latest concert film release from The Rolling Stones' archive. The full-length show from their five night sell-out residency at the River Plate Stadium in Argentina's capital city has been restored in full, and features a very special guest appearance from Bob Dylan. Filmed on April 5th 1998, by this point, the band had played to over two million people on the first two legs of the tour in North America and Japan. Amongst many highlights in this show, special guest Bob Dylan joins the band onstage at River Plate for a unique performance of his classic 'Like A Rolling Stone'. The band only played a further two dates in South America on the triumphant, year-long Bridges To Babylon tour, before they headed back to North America, and Europe.

普通だと定年退職のおじさんの年齢。だけれど20代から30代までに、バンド活動と楽曲音源がふんだんにある。そんな実績から冒険とも言える作品を作ってきたストーンズへ、観客からのエネルギーも加担されたライブ演奏は迫力あります。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・ローリング・ストーンズ レット・イット・ブリード(50周年記念エディション)

イギリスでは8作目、アメリカでは11作目のオリジナル・アルバムとして1969125日にリリース。

1960年代デッカ/ロンドン期の最後を飾るスタジオ作にして、ストーンズ最高傑作の1枚に数えられる名盤『レット・イット・ブリード』の50周年記念盤。

ハイブリッドSuper Audio CD 1ステレオ

ギミー・シェルター

むなしき愛

カントリー・ホンク

リヴ・ウィズ・ミー

レット・イット・ブリード

ミッドナイト・ランブラー

ユー・ガット・ザ・シルヴァー

モンキー・マン

無情の世界

ハイブリッドSuper Audio CD 2:モノ

ギミー・シェルター

むなしき愛

カントリー・ホンク

リヴ・ウィズ・ミー

レット・イット・ブリード

ミッドナイト・ランブラー

ユー・ガット・ザ・シルヴァー

モンキー・マン

無情の世界



posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

the rolling stones 「beggars banquet」(50th anniversary edition) (hybrid)

『ベガーズ・バンケット』の発売50周年記念盤】SACDハイブリッド

ボブ・ラドウィックによる最新リマスター・ステレオ音源をディスク。「悪魔を憐れむ歌」のモノ・ヴァージョンと日本初回メーカー直輸入盤LPのみに付属していたソノシートに収録されていたミック・ジャガーへの日本からの国際電話によるインタヴュー「ハロー! ミック・ジャガーです」をハイブリッドSACD収録。

★「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「ストリート・ファイティング・マン」の日本初回盤シングルの意匠を再現したシングル付

★歌詞対訳付/インタヴュー大意付

イギリスでは7作目、アメリカでは10作目のオリジナル・アルバムとして1968年12月6日にリリースした『ベガーズ・バンケット』の発売50周年記念盤。

バンドのルーツであるブルースへの原点回帰を果たした本作はジミー・ミラーのプロデュース。全英3位、全米5位を記録し、彼らの代表作のひとつとなった傑作がついに豪華仕様にて登場

https://www.youtube.com/playlist?list=PLZqyp9OeiGUnLqEfb9U7D5BPuJmzkmLGF

『beggars banquet』(1968年発表)

1968年3月から7月の間にロンドンのオリンピック・サウンド・スタジオで録音され、ロサンゼルスのサンセット・サウンドでミックスされた『ベガーズ・バンケット』はジミー・ミラーがプロデュースした最初のストーンズのアルバムであり、『レット・イット・ブリード』、『スティッキー・フォンガーズ』、『メイン・ストリートのならず者』と傑作アルバムを次々に作り出し、ストーンズの黄金時代が始まったことから、『ベガーズ・バンケット』はバンドの歴史の中でも特別な位置を占めるアルバムである。またミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ブライアン・ジョーンズ、ビル・ワイマン、そしてチャーリー・ワッツというオリジナル・メンバーでの最後のアルバム。

ミックが24歳から25歳にかけて、ブルースロックの歴史的に新しい扉を開いたアルバムを製作と発表した凄味がある。日本版レコードで発売の頃に聴いた、もやもやとした音源から霧が晴れてように、クリアになった。付録はシングル盤だけで一枚にしたら良かったと思う。

【デッカ・ロンドン時代のアルバム】

『サタニック・マジェスティーズ』 - Their Satanic Majesties Request (Decca TXS-103(stereo) TXL-103(mono)) (1967年12月8日) UK #3; US #2

『ベガーズ・バンケット』 - Beggars Banquet (Decca SKL-4955(stereo) LK-4955(mono)) (1968年12月5日) UK #3; US #5

『スルー・ザ・パスト・ダークリー』 - Through the Past, Darkly (Big Hits Vol. 2) (Decca SKL-5019(stereo) LK-5019(mono)) (1969年9月12日) UK #2; US #2

『レット・イット・ブリード』 - Let It Bleed (Decca SKL-5025(stereo) LK-5025(mono)) (1969年12月5日) UK #1; US #3

『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト』 - Get Yer Ya-Ya's Out! The Rolling Stones in Concert (Decca SKL-5065) (1970年9月4日) UK #1; US #6

毎年にわたり歴史的アルバムを発表してたことが記録されている。傑作のみならず、英国と米国のヒットチャートがどれも首位を獲得していた。

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

Vanilla Fudge 『Near the Beginning』

170971F0-341C-4438-93F0-406F733DF306.jpegFE9FC5E4-86E0-4D91-A28B-FBB792339957.jpeg

https://youtu.be/6nYKXTRnm4U


アメリカのサイケデリックロックバンドVanilla Fudgeによる4枚目のアルバム。1969年初頭にリリースされて、JrWalkerthe All Starsの曲「Shotgun」のカバーをスタジオライブ演奏した。


ジミー・ペイジにこのレコードを聴かされたジェフ・ベックは、激しいドラムとベースの演奏に圧倒されて、一緒にバンドをやる話を伝えた。BB&Aの結成につながるのだが、前後に二度の交通事故が待っていたのだった。


Vanilla Fudge 『Near the Beginning』

Side One

1.Shotgun" (Autry DeWalt) - 6:10

2.Some Velvet Morning" (Lee Hazlewood) - 7:34

3.Where Is Happiness" (Carmine Appice) - 6:59


Side Two

"Break Song" (live) (Carmine Appice, Tim Bogert, Vince Martell, Mark Stein) - 23:27


レコードB面を占める23分に及ぶ"Break Song"ライブ演奏は、綿密に構成された曲ではなく途中で、それぞれのソロパートがつづく即興構成。メンバーの

演奏は迫力あるのに、A面の綿密にアレンジされた曲と違いを強調してるようだ。ここでB面を綿密に構成したら、プログレ音楽となって微妙だろう。

https://youtu.be/yuOKfNIWSDs


1991 Repertoire Records CD bonus track Edit

"The Look of Love" (Burt Bacharach, Hal David) - 2:46

1998 Sundazed Music CD bonus tracks Edit

"Good Good Lovin'" (unedited version) (Carmine Appice, Tim Bogert, Vince Martell, Mark Stein) - 5:45

"Shotgun" (single version) (Autry DeWalt) - 2:33

"People" (single) (Carmine Appice, Tim Bogert, Vince Martell, Mark Stein) - 5:20


◆ショットガン/Shotgun

■歌・演奏 ヴァニラ・ファッジ/Vanilla Fudge


【歌詞大意】

ショットガンだぜ

ぶっ放せ

ターンしろ、ベイビー 今すぐに

X線を装備してダンスしに行くんだ

今すぐショットガンを買うんだ

壊せ、装填してぶっ放せ、ベイビー


翔べ、ベイビー

翔ぶんだ、ベイビー


■シングル・リリース 1968年

■作詞・作曲 オートリー・デウォルト/Autry DeWalt

■プロデュース ヴァニラ・ファッジ/Vanilla Fudge

■録音メンバー☆ヴァニラ・ファッジ/Vanilla Fudge

ヴィンス・マーテル/Vince Martell (guitar, vocal)

マーク・スタイン/Mark Stein (keyboards, vocal)

ティム・ボガート/Tim Bogert (bass, vocal)

カーマイン・アピス/Carmine Appice (drums, vocal) 

■チャート最高位1968年週間チャート  アメリカ(ビルボード)68位

■収録アルバム ニア・ザ・ビギニング/Near the Beginning (1969年)

posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vanilla Fudge『The Beat Goes On』

19682月に発売されたヴァニラファッジのセカンドアルバム。ソニー・ボノ作ソニーとシェールにヒット作"The Beat Goes On"を柱にしたコンセプトアルバム。演奏も素晴らしいのですが全体的に見れば、後々メンバーも回想しているとおり、プロデューサーのシャドー・モートンが作り上げたアルバム。

https://v-s.mobi/vanilla-fudge-the-beat-goes-on-full-album-1968-51:59


Side A

1. Sketch

2. Phase One

a)Intro - The Beat Goes On

b) Eighteenth Century (Variations On A Theme By Mozart)

c)Nineteenth Century (Old Black Joe)

d) Don't Fence Me In

e) 12th Street Rag

f) In The Mood

g) Hound Dog

h) I Want To Hold Your Hand

i) I Feel Fine

j) Day Tripper

k)She Loves You

3. Phase Two

a)The Beat Goes On

b) Fur Elise/Moonlight Sonata

c) Beat Goes On

d) Beat Goes On


Side B

4. Phase Three

- Voices In Time

5. Phase Four

a)The Beat Goes On

b)Game Is Over (Vinnie)

c)Game Is Over (Tim)

d)Game Is Over (Carmine)

e)Game Is Over (Mark)

f)Beat Goes On


CARMINE APPICE Drums, Vocals

TIM BOGERT Bass, Vocals

VINCE MARTELL Guitar, Vocals

BILL PASCALI Organ, Vocals

1D05ED50-4737-4ADE-9E62-0ECC7ECC9956.jpeg
posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

◇Beck, Bogert, and Appice ライブインジャパン1973公演

BB&Aのスタジオでのレコードとは違って、パワフルなコンサート演奏が凄まじい音源。ジェフ・ベック(Jeff Beck)とカーマイン・アピス(Carmine Appice)とティム・ボガート(Tim Bogert)の3人編成にパワー・トリオ炸裂。

当時のギター小僧たちは影響受けてコピーするのだが、ベースとドラムの強烈ビートにプロを断念するのだった。生涯アーチストをするかどうかの、リトマス試験紙のようなLiveレコード。


https://youtu.be/Is_UwhTJm7o


1. "Superstition" (Wonder)

2. "Livin' Alone" (Beck, Appice, Bogert)

3. "I'm So Proud" (Mayfield)

4. "Lady" (Beck, Appice, Bogert, French)

5. "Morning Dew" (Dobson, Rose)

6. "Sweet Sweet Surrender" (Don Nix)

7. "Lose Myself with You" (Beck, Appice, Bogert, French)

8. "Black Cat Moan" (Don Nix)

9. "Jeff's Boogie" (Beck, Dreja, McCarty, Relf, Samwell-Smith)

10. "Why Should I Care" (Kennedy)

11. "Going Down" (Don Nix)

12. "Plynth/Shotgun (Medley)" (Hopkins, Stewart, Wood, Dewalt)

13. "Boogie" (Beck, Appice, Bogert)


 Personnel

 Jeff Beck: Guitar, Vocal

 Tim Bogert: Bass, Vocal

 Carmine Appice: Drums, Vocal


◆ Recorded at Koseinenkin Hall in Osaka

on May 18th and 19th, 1973


40周年記念の限定盤が2013年に発売されて全曲コンサート演奏順に聞ける。ギタリストが28歳でたどり着いた、様々な音楽をエンタメとして多方面からリアクションしているのが面白いLiveである。

この短期間で極めたBB&Aの解散した後は、バンドアルバムではなく、高度なギタリストとして徹底したスタンスでソロアルバムを制作するのだった。20代後半から30代にかけて、自身の才能に一途に信じて賭けたジェフ・ベック(Jeff Beck)の見事な成果である。音楽家に必要なのは先ず本人が踊るのではなく、客席が喝采してしまうレベルの高さなのだと思う。


進化を止めない奇跡のギタリスト、ジェフ・ベックの最新ライヴ作品「Live at the Hollywood Bowl


posted by koinu at 21:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロジャー・ウォーターズの朗読による「兵士の物語」

リアル・オペラ「サ・イラ〜希望あれ」以来となるロジャー・ウォーターズ(元ピンク・フロイド)のソニー・クラシカルからのアルバムは、20世紀音楽をより過激に作り替えた作曲家ストラヴィンスキーの異色作品「兵士の物語」。

「読まれ、演じられ、踊られる」作品と銘打たれたこの「兵士の物語」は、3人のナレーション(語り手、兵士、悪魔)と7人の器楽奏者によって演奏される舞台作品。


『ストラヴィンスキー:兵士の物語』 - The Soldier’s Tale (2018年) 


1918年、第一次世界大戦直後の疲弊した社会環境の下で生み出された「兵士の物語」。ウォーターズの祖父は第一次世界大戦で戦死しており、また父親は第二次世界大戦で行方不明になっているそうで、そのことがこの作品を録音するきっかけになっているとのこと。原作はフランス語で、本作は英語版をもとにウォーターズ自身が改作、本来3人で演じられるものを声色やアクセントの変化をつけることで、ロジャーひとりで語りとおしたニュー・ヴァージョンである。

録音は2014年。その時のメンバーによって翌2015年にブリッジハンプトン室内音楽祭(ニューヨーク州)で実演にもかけられている。


『ストラヴィンスキー:兵士の物語』 - The Soldier’s Tale (2018年) 


全曲視聴

http://amass.jp/112519/


若い頃に絶頂期を極めてた者だけが、許される自分主体のプロジェクト。

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Roger Waters / The Wall LIVE In Berlin /

ベルリンの壁が崩壊した、記念すべき日の音楽時間。

ロジャー・ウォーターズ(Roger Waters)は、PINK FLOYDを離脱した後の1990年にも「The Wall」の再現ライヴを行った。

壁が崩壊した直後のベルリンのみで行われて、約35万人の観客が集まった。

ギターのリック・ディフォンゾ、オルガンのニック・グレニー=スミスをそろえたウォーターズのバンドはもちろん、スコーピオンズ、ジョニ・ミッチェル、そしてロック・オペラにはソビエト軍のオーケストラまでが参加した。ほかにもシンディ・ローパー、ブライアン・アダムス、ジェームズ・ゴールウェイ、トーマス・ドルビー、アルバート・フィニーなど堂々たる面々がカメオ出演。シニード・オコーナーは超然と「マザー」を披露。

多くゲストが参加したライヴ映像は「The Wall Live in Berlin」としてリリースされた。

https://youtu.be/3nO3vOJKFas


ピンクフロイドのbass guitar23歳から担当して、シドバレットの脱退によって25歳でバンドリーダーを務める。コンセプトを打ち出したアルバム『原子心母』『おせっかい』『狂気』などを大ヒットさせて、大作『The Wallリリース。

再現Liveとは別プロジェクトでRoger Waters)は、PINK FLOYDを意識した、新作披露したコンサートを現役で開催している。


ピンクフロイドの人気アルバム・おすすめの名盤ランキングベスト5 | 新時代レポ


UsThem》北米ツアー2017

セットリスト。

第T部@スピーク・トゥ・ミーA生命の息吹きB吹けよ風、呼べよ嵐Cタイム〜生命の息吹き(リプライズ)D虚空のスキャットEようこそマシーンへFホエン・ウィ・ワー・ヤングGデジャ・ヴHザ・ラスト・レフュジーIピクチャー・ザットJあなたがここにいてほしいKザ・ハピエスト・デイズ・オブ・アワ・ライヴスLアナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートU)M同(パートV)第U部@ドッグAピッグス(三種類のタイプ)BマネーCアス・アンド・ゼムDスメル・ザ・ローゼズE狂人は心にF狂気日食Gヴィーラ〜ブリング・ザ・ボーイズ・バック・ホームHコンフォタブリー・ナム。

528日@ケンタッキー州ルイズヴィル公演より。長年PINK FLOYDやロジャーのバンドに参加していたギタリストのスノウィー・ホワイト(ex THIN LIZZY)は参加しておらず、デイヴ・キルミンスター(Gt)、ジョナサン・ウイルソン(Gt&Vo)のギター・コンビが、オリジナル・フレーズに忠実なギター・プレイでPINK FLOYDの名曲の数々に彩を添えた。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

ストラングラーズ来日セットリスト

27年ぶりに来日したストラングラーズ。初来日は1979年の後楽園ホールで、40年ぶり来日コンサート。ジャン・ジャック・パーネルはベースをガンガン叩くなど、攻撃的な演奏は相変ラズである。


セットリスト

Toiler on the Sea

I've been wild

(Get a) Grip (on Yourself)

Time To Die

Nice 'n' Sleazy

Norfolk Coast

5 Minutes

Unbroken

Golden Brown

Always the Sun

Skin Deep

Peaches

Outside Tokyo

Freedom Is Insane

Walk On By

Something Better Change

Relentless

Hanging Around

Tank


アンコール:

Duches

No More Heroes

posted by koinu at 17:56| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする