2019年03月30日

新しいアテンション(注意)と上昇力を前向きに促すために作られたカード

占いやゲーム性の底に秘められたTAROTの真意を、ユーモラスで哲学的なペンギンのキャラクターによって顕した大アルカナ22枚。


TAROT図形学より、視覚からも分りやすく覚えられる「ペンギンタロット」の世界へ・・・ 


新しいアテンション(注意)と上昇力を前向きに促すために作られたカードです。 


E166AB73-A9B5-4B3C-BFA0-335B4893A740.jpeg

ペンギンタロット

大アルカナ22枚組・解説書付 

http://pentacle.jp/?pid=108373164


仔犬の微睡み ☆21+0の物語☆

http://www002.upp.so-net.ne.jp/koinunomadoromi/


ペンギンタロット・Amazon

-------------------------------------

大アルカナ22枚組・解説書付 

http://koinu.cside.com/


「ペンギンタロット」原画展示

http://zerogahou.cocolog-nifty.com/photos/peintora22/index.html


D4230666-4BA1-421A-B208-AF087D490183.jpeg
posted by koinu at 13:03| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

日曜美術館「奇想の画家たち〜江戸絵画に見る“前衛芸術”〜」


今夜再放送

身の毛もよだつ凄惨な構図。ありえないような人物描写。日本の絵画と思えないけばけばしい色彩。かつて異端とされたアバンギャルドな絵画はいかにして主流になったのか?

今や絶大な人気を誇る、伊藤若冲。しかし、戦後に「再評価」されるまでは忘れ去られた画家だったのです。歴史の中に埋もれた知られざる傑作に再びスポットを当てたのが、1970年に出版された「奇想の系譜」でした。そこには、日本の絵画のイメージを覆す、前衛的で、自由奔放に新たな表現を追い求めた絵画の数々が掲載されていました。それらの絵はなぜ描かれ、そしてなぜ表舞台から消えていったのか?その秘密に迫ります。

【出演】明治学院大学教授…山下裕二,横尾忠則,文化功労者、元・多摩美術大学学長…辻惟雄,【司会】小野正嗣,高橋美鈴

http://www4.nhk.or.jp/nichibi/


2019年2月9日(土)―4月7日(日)東京都美術館で開催。
posted by koinu at 03:33| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

ペンギン・ハイウェイ展  inササユリカフェ2/14〜3/25

パラパラ原画や背景美術、設定資料などが展示されて、スタジオコロリド関連商品やグッズが楽しい。
西荻窪駅から徒歩3分の天空庭園ササユリ カフェ。フルーツマリネとカレー。ガーデンテラス席でゆったり座れるます。
■ササユリカフェ
167-0042 東京都杉並区西荻北3-16-6小美濃本社ビル4階
5ECA41CE-4D85-4BBD-BAD3-24A0963F84DE.jpeg

ササユリカフェhttp://sasayuricafe.com/
ササユリカフェtwitterアカウント@sasayuricafe

オーナーの舘野仁美さんは、スタジオジブリで動画チェックを担当していたベテランアニメーター。
「ジブリでは細くてキリキリした線よりは、ゆったりした線で動画を描くようにしていました。そのほうが、原画の線に合わせられるからです。“Toonz”というソフトを使いつづけたのも、エンピツの線の勢いが出やすかったからです。ジブリでは、シャープペンシルは使用禁止でしたので。 」


posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

節制と変転するありさま。

移行する時には、真理を語るカード。
25E0D5CC-2AEF-4755-A5B4-10F2172C12A8.jpeg
携帯からペン銀舎のタロット占い方など、手軽に検索できます。
ペンギンタロットはAmazon販売中

posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

「素描画家アルフレート・クービン」 

A4677C65-958E-4EA0-B5F3-A39152A44EB2.jpeg223857C2-514E-499C-86B6-BBF9F568D2BA.jpeg

Alfred Kubin(1877-1959). ボヘミアのリトムニェジツェ(Litoměřice)生まれ。幻想絵画家。

https://youtu.be/nGcttGwyXWw

「最近になってやっと、ぼくは、ぼくの内にあって適切な形を得ようとしているものが、精神的な中間領域――すなわち薄明の世界であることが、すこしく明瞭にわかるようになった。ぼくが創ったものは、すべて、この半陰陽の薄明領域の烙印をもっている。しかし、ぼくは、それらがどのくらい深くその根を日常生活に沈めているか、言うことはできない。明らかに動揺している特別な瞬間に、ぼくは、あたかも地下のどこかに、あらゆる生命を互いに結合させる神秘的な液体が流れるかのような、ある予感に襲われる。」

B2A61082-7882-4E48-8F81-580388EECEDD.jpeg

【関連エントリー】

アルフレート・クービン(Alfred Kubin)オーストリアの表現主義・幻想画家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10368946953.html

6F92511C-7CC2-4CE2-B9E9-5BF58847317D.jpeg

『失楽園測量地図』種村季弘

おお 季節よ 城よ

無疵なこころが何処にある?

 ――A・ラムボオ 

 画家が詩や小説を書き、文学者が絵を描くことは、必ずしも珍しくはない。それがたんなる知的スノビズムやディレッタンティズムであればさして問題はない。気晴らしの余技はいうまでもなく、大方、本来の仕事の方もつまらないにきまっているからである。しかしカフカやゴーゴリが原稿の余白に引っ掻いた(クリツツエルン)夢魔的なデッサンや、ピカソやキリコの自動記述テキストとなると、本来の仕事の補足的資料という以上の発見的照明の一光源となりはしまいか。ハンス・アルプの場合はどうか。彼は具体芸術の彫刻家だろうか。それとも二十世紀最高のナンセンス詩人だろうか。ヴィクトル・ユゴーの超現実的絵画、シュティフタ―やストリンドベルヒの特異な風景画は、ほとんどそれ自体として賞玩にたえる。ウィリアム・ブレイクは? ディーノ・ブッツァーティは? 後者は幻想小説家、形而上絵画の画家であるだけではなく、両者の交点でエロティック・コミックスを描いてさえいる。

 さてしからば、アルフレッド・クービンは一体どんな水陸両棲的動物であろうか。彼はまず挿絵画家であり、ポオ、ホフマン、ハウフ、ジャン・パウル、クライスト、ネルヴァル、フローベール、バルザック、ドストエフスキー、カフカ、トラ―クルの挿絵を描いた。同時にしかし、凄惨な自叙伝『わが生涯より』をはじめとする晩年の数編の散文作品を書いた文章家であり、生涯に唯一冊であるが謎めいた幻想小説『対極』(原題はDie andere Seite、「もう一つの側」の意)を公にした小説家でもある。両棲的双極性はクービンの生涯のいたるところに及んでいる。たとえば彼は、みずからを「芸術家であるとともに憂鬱家、見者」であると感じていた。生涯を二分すれば、前半生は二度にわたるバルカン旅行をふくむ精力的旅行家であったが、一九〇六年を境として愛妻とともにヴェルンシュタイン近郊ツヴィツクレート城に隠遁してからは、外界とのあらゆる交通を遮断して、さながら生けるがまま葬られた人のようにひたすらデッサンを描くのみの、五十余年に及ぶ絶対の隠遁生活に入った。問題はこの双面性があらゆる可能性を渉猟して行くところ可ならざるなき力の過剰の所産であるか、あるいはむしろ、本来一体であるはずのものが力の欠如もしくは弱さの相の下に二つに分裂してあらわれたかである。あきらかにクービンは後者の場合に属する。天上と地上、生と死とを巨大な幻視力によって一跨ぎにしたように、詩と絵画の境界をも巨人的に跨ぎ越したブレイクの活力は、世紀転回期に遭遇したクービンにはすでにないのである。事実、批評家たちはたえず彼の欠乏を指摘してきた。そして欠乏においてすら彼は双面的である。すなわち、絵画的には「あまりにも文学的」であり、「彼のデッサンはあまりにも未熟で、とうてい幻想を表現すべき手段(てだて)をもたない」(『ベルリーナ・ターゲブラット』紙個展評)。「彼の散文はそのデッサンと同じ精神の所産であって、同じ長所と同じ弱点をもっている。すなわち、雰囲気の未曾有の濃密さにくらべて登場人物の心理的性格造型が希薄なのだ」(ウィーラント・シュミート)

 古拙な未熟さなしには表現されない幻想が存在するのだという、プリミティヴ絵画以後自明となった認識がのっけから忌避されている点を除けば、右の表現はおおむね正しい。そうはいっても、それがただちにクービン論のポイントにもなりはしない。絵画の文学性は世紀末画家通有の特性であり、濃密な雰囲気描写と性格造型の希薄さをいうなら、ポオ以降の一連の作家たちは意図的にそれを目指してきたとも考えられて、いずれも特にクービン固有の弱点でも長所でもないからである。

 一般に、ひとりの作家を既に概括の終わった時代様式から定義して事足れりとするほど味気ない話はあるまい。時代精神の拘束を免れえた作家はないとしても、一人の作家を形成しているのは彼が属していた共同体(もしくはその不在)や一回限りの個人的体験やの宿命でもある。その意味では、ストリンドベルヒ風の告白文学『わが生涯より』は、とりわけ彼の個人体験をうかがう意味では重要な作品であろう。そこに描かれている幼年時以来の酸鼻をきわめた相次ぐ近親者の死(実母、継母、婚約者、父)は、後年、スキンシップそのものに濃厚な死臭のたちこめていたこの画家が、くり返し胎児をはらむ骸骨の女を描いた消息を如実に説明してくれる。ク−ビンにとっては、死は生を孕み、生は死を懐胎していた。無力な少年クービンを襲った圧倒的な死は、恐ろしい父性、気まぐれな専制君主、巨大な偶像の相貌を帯びていたに違いない。同時に愛する故人の死は死者追慕の情を喚起する。こうして死は父性恐怖として外界から夢魔的に彼にのしかかる強迫となり、同時に母性思慕となって内部にかすかに甘美な熟れた香を放って懐胎されるであろう。『わが生涯より』を貫通しているのは、このイローニッシュな死の想念のドラマである。

『海』1971年3月号「クビーン特集」の種村季弘「失楽園測量地図」。クビーンの『対極』(裏面)出版に壮大なカカーニエン(ハンガリー・オーストリア帝国)文学論。クビーン特集は種村先生の「主導」でこの論文載せるための特集だった。


「没落のパラダイス――アルフレッド・クービン」

「苦悩はあまりにも深かった。もしも詩人オスカー・A・H・シュミッツの妹ヘトウィッヒが出現していなければ、失意と不安のうちに確実に衰弱死するか、それとも狂気の闇に陥っていたかであろう。翌年二人は結婚し、南フランスとイタリア、パリとウィーンへの旅行がはじまる。外界とクービンの間にやや幸福な均衡が保たれた、それが唯一の数年であった。以後、一九〇六年に手に入れたヴェルンシュタイン近郊のツヴィックレート城にヘトウィッヒと隠棲してからというもの、クービンはあらゆる外界との交通を絶って、数人の芸術家との手紙のやりとりと数回のバルカン旅行を除いては、さながら生きながら自らを埋葬したもののように、描くことによって、ひたすら描くことによってしか生きなかった。」


「おそらくクービンにおけるこの世界逃避の意味をもっともよく理解していたのは、『日記』(一九一五年)に次のように書いたパウル・クレーであった。クレーはこの不安と死の夢魔的世界への孤立が、同時に無際限の現実破壊に通じている消息をさえ、正確に見抜いている。「かれは生理的に耐えられなくなって、この世を逃れた。しかし、かれの逃避は中途半端に終り、結晶したものを憧憬しながらも、現象界の泥濘に足をとられた。かれの芸術によれば、この世界とは毒そのものであり、破滅であった。だが、クービンには才能があった。破壊することにかけては、頭の先からつま先まで生気に溢れていた」(南原実訳)」

種村季弘「没落のパラダイス――アルフレッド・クービン」より

posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

三界をつなぐカード

A6B1819E-0C2E-4C91-A316-A0AD1F5E2220.jpeg
目線が全てを語っている。
「女教皇」が手にした本には文字でなく波打つ線で、知性ではなくて感情によるメッセージを示しているかのようだ。それはアルカナ「星」へと向けさせて、大地と水を通じた女性が宇宙的「意識」から受けたものを世界へ伝えている。
posted by koinu at 14:03| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

マルシリオ・フィチーノ(Marcilio Ficino, 1433-1499)

マルシリオ・フィチーノは「理性」と「知性」を持つことで、人間は「理性」で地上で正しい行いを行う事ができて、「知性」で追い求める真理と一つになるのが可能だと思想を唱えた。

神話を「天上の力」の表現として尊んで、占星術的寓意的解釈に努める。神話の登場人物を哲学の解釈にあてはめた。

マルシリオ・フィチーノ(Marcilio Ficino, 1433-1499)
posted by koinu at 16:09| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

阿修羅 あしゅらasura

修羅と略されたり,非天,無酒などと訳される>

(1) インドにおける悪魔の通称。しかし『リグ・ベーダ』においては,常に悪い意味とはかぎらず,特殊な神格をさす場合もある。ゾロアスター教のアフラ・マズダに相当する。しかし,元来,鬼神のイメージが強かったものと思われる。『リグ・ベーダ』においては,インドラはデーバ devaであり,バルナはアスラである。イランでは,アフラ ahura(asura)が最高神となり,ダイバ daiva(deva)の地位が下落し,悪魔の意味になる。アスラは後世インドでは「神 (sura) でない (a) もの」,すなわち「非天」と通俗語源解釈され,悪魔の意味になった。

(2) 仏教に取入れられたアスラは,生きとし生けるものが輪廻転生する6種の生存状態の一つ。また,仏教を守護する8種の神格的生物の一種で,鬼神の一つ。胎蔵界曼荼羅にも配置されている。阿修羅像には,法隆寺五重塔塑像中の奈良時代初期の『阿修羅坐像』,興福寺の乾漆造『阿修羅立像』がある。

〔ブリタニカ百科〕

https://youtu.be/iQulN-oWXxc

posted by koinu at 11:01| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

「映画を塗る仕事」展


ジブリの彩色テクニックを学べる「映画を塗る仕事」展、見どころを館長が解説
https://natalie.mu/comic/news/308346


posted by koinu at 15:09| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

福を呼ぶ猫

82351E32-88D0-4367-8C29-ECF169187543.jpeg
化け猫の登場か、
それとも福をおいでと呼ぶのか?
posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

母親から離脱する秘訣

七角形を描くのが困難な訳。
360を7で割る51.428571428571429…と続く無限小数になってしまう。
これが分度器とコンパスでは、七角形は表現ができない。手書きの筆記用具では描きにくい原因となっている。
8C37B8E1-3CB5-41FD-AC01-5E755E9F55A8.jpeg
しかし考えかたを変えてみると、母親から離脱する秘訣は無数に存在する。支配することから視点を変えてみるとわかる!

困難を乗り越えて得た勝利。もたらされた自信と力。前進。積極性。援助。そして征服、暴力、横暴、無慈悲。他人への配慮の無さ、権利の無視。敗北へとつながっていく。
FA0970F5-9495-4829-B927-38B5E87AF2B8.jpeg
posted by koinu at 13:00| 東京 ☔| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

『ユビュ王』(仏: Ubu Roi) アルフレッド・ジャリの1888年の戯曲。

不条理演劇に重大な影響を与えた。悪意に満ちた卑劣なユビュ親爺についての演劇。ユビュ親爺が王位を簒奪してやりたい放題の限りを尽くすが追放され、諸国を放浪するという不条理に満ちた物語である。

1896年12月9日、パリで初演された。

演出:リュネ・ポー

舞台装置:ピエール・ボナール(ロートレックらも舞台装置に協力した)

音楽:クロード・テラス(ボナールの義弟)

ユビュ王の第一声「くそったれ!」で始まり、辛辣で卑猥な台詞が続く芝居に客席は騒然となり、大スキャンダルを巻き起こした。この公演によってジャリの名声は高まり、ボナールが飼い犬に「ユビュ」、ステファヌ・マラルメが飼い猫に「ムッシュー・ルビュ」、「マダム・ルビュ」と名付けるなど、「ユビュ」は一種の社会現象となった。

アルフレッド・ジャリ『ユビュ王』  演出・美術:串田和美

 道化の王様になりたい。

 うんこたれの王様になりたい。

 それには本物の王様を殺さなきゃ

 金紙の王冠をかむりたい。

 それには大勢の貴族どもを殺さなきゃ


 心痺れるガラクタ音楽、サーカスミュージック、ブンチャカ。

   転げる道化、のんきに笑う。

☆ 母親から離脱できない馬鹿男の話

ユビュ親父はユビュおっ母にそそのかされ、軍の大尉とともにポーランド王を暗殺して、まんまと自らが王位に就く。            

王になったユビュ親父は、ユビュおっ母の忠告に耳を貸さず、私腹を肥やそうとやりたい放題の限りをつくし、腹心の大尉さえも裏切る。  

そんな中、殺されたポーランド王の息子である王子はユビュ親父への復讐に燃え、一方ではユビュ親父に裏切られた大尉が王子のいとこであるロシア皇帝の元へ逃げ・・・。

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

THIRD EAR BAND (サード・イアー・バンド/UK) - Abelard and Heloise アベラール&エロイーズ

1.アベラール&エロイーズ Pt.1
2.アベラール&エロイーズ Pt.2
3.アベラール&エロイーズ Pt.3
4.アベラール&エロイーズ Pt.4
5.アベラール&エロイーズ Pt.5
6.アベラール&エロイーズ Pt.6


 70年7月ミュンヘン・テレビアニメーション映画「アベラール&エロイーズ」のサウンドトラックとして制作された。
メンバーはセカンドと同じで、作品としてはリリースされず、97年に初めてリリースされ99年にヴォイスプリントから「アベラール&エロイーズ」のタイトルで、01年にムーンクレストからもベスト盤の一部としてリリースされたが廃盤となっている。
 「アベラール&エロイーズ」は、11〜12世紀のフランス人スコラ哲学者・神学者だったピエール・アベラールと、アベラールが家庭教師をした美しい尼僧エロイーズ・フーベルトとの悲劇的な恋の物語。

Glen Sweeney(per)
Paul Minns(oboe)
Richard Coff(vln,vla)
Ursula Smith(cello)
Producerd by No Credit

「パート1」の後半部や「パート2」では動きのあるパートには古楽的なトラッドの香りが強く、「パート1」の前半部や「パート6」などでは古楽的な現代音楽の響きがが漂う。古楽的な中世の暗さと無気味さとともに、雰囲気十分で演奏も高い好盤。

Abelard and Heloise ('70 Recordings / BOOK+CD:Sonic Book 1997 Italy / CD:Voiceprint 1999 UK(廃盤) / CD:Monncrest 2001 UK(廃盤)) 






posted by koinu at 09:41| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

タロットは普遍な無意識を発掘する道具

913EB24B-B47E-4A5F-80B0-9DA174EC93FC.jpeg

◆ペンギンタロットカードは不可思議なシンボルが描かれて、これらキーワードを繋ぎ合わせることでタロットは世界の側面を照らし出すとことができる。漠然とした無意識の断片が、元型のイメージとしてのカードによって具現化され、その人固有の無意識の形を喚起させる。
◆非合理的なシンボルやイメージこそが、無意識の世界を解く鍵。

6BFA401E-FA64-44DC-AC8A-C21287449BAF.jpeg
◆無意識の領域に存在して無意識に人を動かす全人類に共通する心理パターン。このパターンが自然界にもあったことを符合させた図形こそタロット。 無意識の中にあるものを喚起させ、導き出されたキーワードを解釈することでその人だけに当てはまるパターンがある。
◆“シンクロニシティ(共時性)”という無意識の領域にあるものと現実の世界に起こることには一種のアナロジーが存在し、人が偶然として片付ける出来事も、すべては無意識の中にある原因により必然的に起きている。

406A1926-C167-46D8-8385-877C7DA9E1BE.jpeg

◆自分の無意識を知ることで、これから自分の身に起こることや、未来に起こる出来事を予測することができる。

◆ペンギンタロットは普遍な無意識を発掘する道具であり、その無意識を意識化する手段として、占い師が相談者の未来を予測する際に行うカード解釈は、まさしく医師が患者に質問を出して、その内容から医学的に解釈し、患者の精神状態を推測しながらカウセリングを行う心理学の手法そのものです。  (ペンギンタロット解説書より)
22DD9CD6-B59D-43C3-AF3D-2FA21D3CEF38.jpeg

I 奇術師 II 女教皇 III 女帝 IV 皇帝 V 教皇 VI 恋人 VII 戦車 VIII 正義 IX 隠者 X 運命の輪 XI 力
XII 吊された男 XIII 死神 XIV 節制 XV 悪魔 XVI 塔 XVII 星 XVIII 月 XIX 太陽 XX 審判 XXI 世界
0 愚者
D4230666-4BA1-421A-B208-AF087D490183.jpeg
すべてカードの画像がまるまる観れまーす
◆ペンギンタロット21+0の原画
◆大アルカナ22枚組1セット・解説書付 
E166AB73-A9B5-4B3C-BFA0-335B4893A740.jpeg
AMAZON販売中 800部限定カード

25E0D5CC-2AEF-4755-A5B4-10F2172C12A8.jpeg
913EB24B-B47E-4A5F-80B0-9DA174EC93FC.jpeg

◆ペンギンタロットカードは不可思議なシンボルが描かれて、これらキーワードを繋ぎ合わせることでタロットは世界の側面を照らし出すとことができる。漠然とした無意識の断片が、元型のイメージとしてのカードによって具現化され、その人固有の無意識の形を喚起させる。
◆非合理的なシンボルやイメージこそが、無意識の世界を解く鍵。

6BFA401E-FA64-44DC-AC8A-C21287449BAF.jpeg
◆無意識の領域に存在して無意識に人を動かす全人類に共通する心理パターン。このパターンが自然界にもあったことを符合させた図形こそタロット。 無意識の中にあるものを喚起させ、導き出されたキーワードを解釈することでその人だけに当てはまるパターンがある。
◆“シンクロニシティ(共時性)”という無意識の領域にあるものと現実の世界に起こることには一種のアナロジーが存在し、人が偶然として片付ける出来事も、すべては無意識の中にある原因により必然的に起きている。

406A1926-C167-46D8-8385-877C7DA9E1BE.jpeg

◆自分の無意識を知ることで、これから自分の身に起こることや、未来に起こる出来事を予測することができる。

◆ペンギンタロットは普遍な無意識を発掘する道具であり、その無意識を意識化する手段として、占い師が相談者の未来を予測する際に行うカード解釈は、まさしく医師が患者に質問を出して、その内容から医学的に解釈し、患者の精神状態を推測しながらカウセリングを行う心理学の手法そのものです。  (ペンギンタロット解説書より)
22DD9CD6-B59D-43C3-AF3D-2FA21D3CEF38.jpeg

I 奇術師 II 女教皇 III 女帝 IV 皇帝 V 教皇 VI 恋人 VII 戦車 VIII 正義 IX 隠者 X 運命の輪 XI 力
XII 吊された男 XIII 死神 XIV 節制 XV 悪魔 XVI 塔 XVII 星 XVIII 月 XIX 太陽 XX 審判 XXI 世界
0 愚者
D4230666-4BA1-421A-B208-AF087D490183.jpeg
すべてカードの画像がまるまる観れまーす
◆ペンギンタロット21+0の原画
◆大アルカナ22枚組1セット・解説書付 
E166AB73-A9B5-4B3C-BFA0-335B4893A740.jpeg
AMAZON販売中 800部限定カード

25E0D5CC-2AEF-4755-A5B4-10F2172C12A8.jpeg
posted by koinu at 17:00| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

タロットの登場人物について

「愚者」は旅する「奇術師」は選ぶ。

そして「女教皇は」は読む「女帝」は魅惑する「皇帝」は命ずる「教皇」は教える。次に「恋人」は選択する「戦車」は征服する「正義」は均衡をとる「隠者」は照らす。「運命の輪」は受け入れる「力」は支配する「吊られた人」は犠牲として捧げる。「名無し」は排除して「節制」は静める「悪魔」は唆す「神の家」は祝う。「星」は与える「月」は想像する「太陽」は創る「審判」は甦る「世界」は勝利する。次なる旅立ちが待っている。

D1BA0E34-E2B9-4150-B65A-20AF84493966.jpeg
 I.魔術師 - II.女教皇 - III.女帝 - IV.皇帝 - V.教皇 - VI.恋人 - VII.戦車 -VIII (XI).力 - IX.隠者 - X.運命の輪 - XI (VIII).正義 - XII.吊された男 - XIII.死神 - XIV.節制 - XV.悪魔 - XVI.塔 - XVII.星 - XVIII.月 - XIX.太陽 - XX.審判 - XXI.世界- 0.愚者

◆大アルカナ22枚組・解説書付 
◇Amazonにて「ペンギンタロット」を限定販売中。
49839467-3BDE-4517-89F4-0D378A3FF318.jpeg95A7D65B-CF48-49C1-A898-533F12DCF408.jpeg
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

占いやゲーム性の底に秘められたTAROTの真意を、ユーモラスで哲学的なキャラクターによって

人間の精神は神的なものである。
しかしそれは物理的な身体に幽閉されており、かれはその神性に気づかない(愚者)。

より高き星々の使者が物質的世界に対する支配を表明し、表面的な現実よりさらに深いなにかの存在を証明する。
いくつかの説によると、かれは愚者の師および仲間となる(奇術師)。

(女教皇、女帝、皇帝、教皇によって表される)
世界の支配的な力が、抵抗にあい、日常的存在が挑戦を受け、克服されて初めて、開放の切望が可能となる(恋人と戦車)。

探求者(隠者)は一定の成熟に達したときにのみ、かれの精神的故郷に自分を回帰させるための旅に出発できる。

かれの慎重な内省(運命の輪)は、肉体的衝動(女力士)の克服とより高きもののために、より低きものを故意に犠牲とすることによる日常的価値の逆転を求める(吊るされた男)。

より低き個我(死神)の昇華は、デミウルゴス(悪魔)の打倒を可能とする霊的な活力(節制)の流出に至る。

これはかれの地上の牢獄(塔)の崩壊を招来し、かれの精神が、天の星々(星、太陽、月)を経て、やがて神秘的再生(審判)を経験し、最終的には世界の超個人的な霊アニマ・ムンディ(世界)と一体化することを可能とする。ーーアルフレッド・ダグラスーー

P20 P21 

さらなる高みを目指すためには、精神的充足をもとめて再度旅に出て、今までの見方を変え、自我を壊さなければ、新たな次元に到達することはできない。22枚には0から21までのサイクルになっていたのだった。。
そして輪の入口と出口は零によってつながれている。

そして0の愚者から21の世界への話が、姿と形をかえてふたたび物語がくりかえされる。
人の心は高くめざすものである。けれども物理的な肉体に閉ざされて、そのめざすものに気づかない(愚者)。星々の使者が物質的世界に対して表面的な現実より深い存在を証明する(奇術師)。そして世界は(女教皇、女帝、皇帝、教皇によって表される)支配的な力で日常的に形をひろげていく。世界への開放が初めての選択と望みができるようになる(恋人と戦車)。さらに高くめざすもの求めて一つの成熟に達したときに、精神の故郷にを回帰させる旅にたつ(隠者)。その慎重な心の内(運命の輪)は、肉体の衝動(力)の克服していく。高きもののために低きものを犠牲として、故意に日常的価値の逆転を求める(吊るされた男)。低く役目を終えたものの昇華(死神)は、焚きつける欲望(悪魔)をも打ちたおすことができた。きびしい試練をこえると生きる活力が整えられて与えられる(節制)。やがて時をへて構築された、高くそびえたつ地上の牢獄(塔)は崩壊を招いて、天の星々(星、太陽、月)の永き歳月をくぐり、そして神秘的なる再生(審判)を経験されて、ついに世界の超個人的な存在(世界)と一体化することができうるゴールラインが待つ。今までの見方を変え、自我を壊さなければ、新たな次元に到達することはできない。そして輪の入口と出口は零によってつながれている。

 
「ペンギンタロット」は兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。

占いやゲーム性の底に秘められたTAROTの真意を、ユーモラスで哲学的なペンギンのキャラクターによって顕した大アルカナ22枚TAROT図形学より、視覚からも分りやすく覚えられる
「ペンギンタロット」の世界へ・・・ 
新しいアテンション(注意)と上昇力を前向きに促すために作られたカードです。

--------------------------------------------------------
「ペンギンタロット」 大アルカナ22枚組1セット解説書付 

http://koinu.cside.com

Amazonで販売中

Tarot2 Tarot1

1+21は魂の遍歴を表す・
0 魂は物質的に身体へ幽閉されて「愚者」は、そのことも一寸先に起こる出来事も気がついてはいないようにみえる。
1  別世界よりの使者がやってきて「奇術師」の姿で、天・地・火・水の四要素によって自然界が成り立っていることを示す。彼は意識というトリックを使って物理的世界を支配していく。
2.知識をたくわえてゆく「女教皇」 3.大地へ繁殖させていく「女帝」 4.力によって「皇帝」 5.定めによって「法皇 」は支配する。、
幼児の自我より肉体的力と精神的力を、女性原理と男性原理により高めていく四過程がうかがえる。直感→感情→感覚→思考
この四過程は、それぞれ水・地・下・天の順で四要素に対応した動きである。

 P13 P16 
オリジナルの日本語解説紙付き。
限定800部、パッケージ内側部分にはシリアルナンバーが記載されています。

このサイズでの販売は印刷と制作手間から今回で終了予定。
posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

巨大なロビタと人形たち

9EA0148C-5A27-42FD-A988-93834502455B.jpegFED35B69-AEF7-4B36-9728-1A3E6F256A2E.jpegD3044644-BBFE-45D9-B43C-A7416BE083B8.jpeg075237AD-6B77-4C5C-A503-66FF90EEC48A.jpegEC49E0BA-516E-4679-AE30-309D092E4EF7.jpeg
posted by koinu at 14:15| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする