2021年11月12日

「馬の耳に念仏」の解説と実例

【馬の耳に念仏

にありがたい念仏を聞かせても無駄である。 いくら意見をしても全く効き目のないことのたとえ。馬の耳に風。 馬耳東風。


ことわざを知る辞典「馬の耳に念仏」の解説

【馬の耳に念仏】

馬を相手にありがたい念仏をいくら唱えてもむだである。いくらよいことを言い聞かせても、まるで理解できなかったり、まともに耳をかたむける気がなく、何の効果もないことのたとえ。


[使用例] 「これはみんな個人の蔵書なのかい?」〈略〉「個人ときたね」浦辺は鼻の先で笑った。「当館の特色は、個人と公の境界が無限にファジーなところにある。〈略〉要するに学長の私物を図書館の予算から購入するための隠れ蓑なんだよ。さすがに理事会から改善を勧告されているんだが、学長には馬の耳に念仏さ」[紀田順一郎*第三閲覧室|2003


[使用例] 約束を守らぬ国、条約を無視する国なのだ、その国に対して条約論をやっても、馬の耳に念仏じゃないか[吉田茂*大磯随想|1962


[解説] 「馬」は、もちろん比喩で、批評の対象となるのは聞く耳をもたない人間です。ことわざは、本人に聞く気がなければ馬と同じことで、いくら道理を説いてもむだなことを強調しています。ほかにも、「牛に経文」や「犬に論語」、「猫に経」など、動物とありがたい教えを組み合わせた類例がありましたが、今日では、「馬の耳に念仏」が最もよく使われています。

 古くは「馬に念仏」といわれていたものが、江戸中期に、当時よく知られていた「馬の耳に風」(これは漢語の「馬耳東風」に由来します)と一体化して日本独自の印象的な表現となり、しだいに広まったものと推定されます。


〔英語〕There's none so deaf as those who will not hear.(聞こうとしない者ほど聞こえぬ者はない)

〔中国〕対牛弾琴(牛に向かって琴をひく)

〔朝鮮〕쇠귀에 경읽기(牛に読経)



大辞泉「馬の耳に念仏」の解説

〈馬うまの耳みみに念仏ねんぶつ〉


馬にありがたい念仏を聞かせても無駄である。いくら意見をしても全く効き目のないことのたとえ。馬の耳に風。馬耳東風。


[類語]

馬耳東風・馬の耳に風・犬に論語・牛に経文・牛に対して琴を弾ず・兎に祭文・糠に釘・豆腐に鎹かすがい・暖簾のれんに腕押し・石に灸きゅう・石に針・沢庵のおもしに茶袋・汽車の後押し・網の目に風とまらず・籠で水を汲む・屋上屋を架す・屋下に屋を架す・月夜に提灯・闇の夜の錦・泥田を棒で打つ・竹藪に矢を射るよう・死に馬に鍼・氷に鏤ばむ・泥裡に土塊を洗う・権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる・骨折り損の草臥儲もうけ

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする