2021年10月02日

「歩行」山村暮鳥

歩行


天上で

まづ太陽がそれをみてゐる

草木がみてゐる

蝶蝶やとんぼがみてゐる

わんわんがみてゐる

あかんぼがよたよたと歩いてゐるのを

ここは路側

みちばた

である

そのあかんぼからすこしへだたつて

手を拍つてよんでゐるのは母である

かうしてあゆみををしへてゐる

かうしてあかんぼはだんだんと大きくなり

そして強くなり

やがてひとりで人間の苦しい道をもゆくやうになるのだ

おおよたよたと

赤い小さな靴をはき

あんよする

あんよする

お友達がみんなみてゐるのだから

ころんではいけません

此の可愛らしさ

みよ

而も大地を確りとふみしめて


(山村暮鳥)

posted by koinu at 20:28| 東京 ☔| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする