2021年07月23日

哲学者セネカの言葉

セネカ(Lucius Annaeus Seneca

古代ローマの政治家・思想家・詩人。ストア派の哲学者として知られ、数々の悲劇や著作を残した、第5代ローマ皇帝「ネロ」の幼少期の家庭教師も務めて、治世初期にはブレーンとしても皇帝を支えた。


A gem cannot be polished without friction, nor a man perfected without trials.

宝石はこすらなければ磨かれることはない。人も同様に試練がなければ完成されないのである。


A gift consists not in what is done or given, but in the intention of the giver or doer.

才能とは行ったことや与えられたものの中にあるのではない。与えたり行おうとする人の意志のなかにあるのである。


A person's fears are lighter when the danger is at hand.

人の恐怖は危険が目前に迫ったときに軽くなる


All art is but imitation of nature.

すべての芸術は自然の模倣である

All cruelty springs from weakness.

すべての残忍性は臆病から生まれる


As is a tale, so is life: not how long it is, but how good it is, is what matters.

物語もそうであるように、人生にも同じことが言える。長さが問題なのではない。内容が問題なのだ


Fire is the test of gold; adversity, of strong men.

金は火によりて試され、勇者は逆境にて試さる


I do not distinguish by the eye, but by the mind, which is the proper judge of the man.

どちらがその人物についての正しい判断であるかは、目でなく心で見分ける


If one does not know to which port one is sailing, no wind is favorable.

もしどの港に向かって進んでいるのか分からなければ、好ましい風などない。


It is the sign of a week mind to be unable to bear wealth.

富に耐えることができないというのは弱い精神の兆候である


Luck is what happens when preparation meets opportunity.

幸運とは準備と機会があったときに起こるものである


Voyage, travel, and change of place impart vigor.

旅や転地は活力を与えてくれる


We should conduct ourselves not as if we ought to live for the body, but as if we could not live without it.

肉体のために生きるのではなく、肉体なしには生きられないように振る舞うべきである


Where the speech is corrupted, the mind is also.

言論が堕落したところでは精神も堕落している


Wherever there is a human being, there is an opportunity for kindness.

人がいるところには必ず、親切を施す機会がある


Who can hope for nothing, should despair for nothing.

希望を持たぬ者は、絶望することもない。


セネカの悲劇作品に「パエドラ」「トロイアの女たち」「狂えるヘルクレス」「フェニキアの女たち」「メデア」「オエディプス」「テュエステス」「アガメムノン」「オクタウィア(偽作)」など。

随筆・書簡に「怒りについて」「賢者の不動心について」「寛容について」「人生の短さについて」「心の平静について」「幸福な人生について」「善行について」「神慮について」などがある。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする