2020年12月28日

『第五の季節 〈破壊された地球〉』N・K・ジェミシン (創元SF文庫)

では、世界の終わりの話から

はじめようか。

前人未踏の3年連続ヒューゴー賞受賞シリーズ!


数百年ごとに〈第五の季節〉と呼ばれる天変地異が勃発し、そのつど文明を滅ぼす歴史がくりかえされてきた超大陸スティルネス。この世界には、地殻を操り災害を抑えこむ特別な能力を持つがゆえに激しく差別され、苛酷な人生を運命づけられたオロジェンと呼ばれる人々がいた。そしてまた、石喰いと呼ばれる人間の姿をした謎の存在も。いま、未曾有の〈季節〉が到来しようとする中、息子を殺し娘を連れ去った夫を追うオロジェン・エッスンの旅がはじまる。前人未踏、3年連続で三部作すべてがヒューゴー賞長編部門受賞の破滅SF開幕編!

解説=渡邊利道


N・K・ジェミシン 

1972年米国アイオワ州生まれ、ブルックリン在住。メリーランド大学カレッジパーク校でカウンセリングを学び修士号を取得。2004年から小説を発表し始める。2010年のデビュー長編『空の都の神々は』で翌年のローカス賞第一長編部門を受賞。2015年発表の『第五の季節』に始まる三部作で、前人未踏の3年連続ヒューゴー賞長編部門受賞を達成。第三部The Stone Skyでは2018年ネビュラ賞長編部門も受賞した。

posted by koinu at 09:50| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする