2020年12月13日

映画『波止場』

迫真の演技と、骨太な演出が、今も胸に迫る不朽の名作。

【ストーリー】
ニューヨークの波止場で働くテリーは、港を牛耳るジョニーの命令によって兄チャーリーが仲間を殺す現場を目撃してしまう。
殺された男の妹イディの嘆き哀しむ姿に心が揺れたテリーは、法廷での証言を決意する。
しかし、それを察知したジョニーは口封じのために様々な脅しで妨害し、遂には兄チャーリーまで殺されてしまう。
意を決してテリーは、正義を貫くためジョニーの本拠地へ乗り込んでいくが…。
世界中の俳優から尊敬される実力者マーロン・ブランドの迫真の演技は、今もなお観るものに衝撃を与える。
『エデンの東』などの巨匠エリア・カザン監督作品。

1954年/アメリカ/監督:エリア・カザン/出演:マーロン・ブランド、エヴァ・マリー・セイント、カール・マルデン,リー・J・コッブ、パット・ヘニング、マーティン・バルサム、リーフ・エリクソン/
ほし第27回アカデミー作品・監督・主演男優・助演女優・脚本・撮影・美術監督・編集賞受賞

外出制限のなかでドラマに飽きたら、往年の名作映画をゆっくり鑑賞。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする