2020年09月09日

「青いスパンコール」オースチン・フリーマン The Blue Sequin(Richard Austin Freeman)

69F43FDF-7C3E-4482-A4C0-453E49FE361F.jpeg

 列車の中で恐ろしい事件が起きた。客車個室中で発見された女性の撲殺死体。その側頭部には深々と穴が開いていた。逮捕されたのは婦人の元恋人の画家で、持っていた傘によって凶行に及んだのではないかと思われていた。品行方正なモデルと魅力的な作品を描く画家の関係である。

9DCEDE1D-E2EE-4993-B958-FCB2E33E9A52.jpeg

容疑者の兄と弁護士から恐ろしい事件の解明依頼を、名探偵ソーンダイク博士は受けた。画家の絵を見ながら、現場路線の周りの様子を確認して調査に乗り出す。虚栄に満ちた陽気で無邪気な生活を、雄弁に語る婦人の哀れな遺品の数々。手がかりとなるのは、青いスパンコールと雄牛の肝。その手がかりを調べながら、導き出される結論を最後まで語らないのは名探偵の「特権」であろうか。


5C36179D-C4A7-40E1-BA48-0F061356C2AB.jpeg

何時、何処で、どの様に殺されたのか、博士の推理プロセスがきわめて科学的に解明されていく。

現代科学の進歩によって若い読者の人たちには、科学捜査の作風が錆びれて感じられるのは致しかくないだろう。


大久保康男訳「ソーンダイク博士の事件簿」(創元推理文庫)ほか収録。


832847EF-1EE5-4CA3-8F6B-C0CAFCEFB504.jpeg

リチャード・オースティン・フリーマン(Richard Austin Freeman, 1862411 - 1943928日)

イギリスの推理作家。物語の前半で真犯人を明かして、犯罪の過程を述べ、後半で完全犯罪のしくみをあばいていく「倒叙推理小説」形式を初めて試みた。

ジョン・イヴリン・ソーンダイク博士を主人公とした推理小説で人気を博した。その緻密な推理と科学的立証で、今日のミステリーの先駆的な存在として、新分野を開拓した。

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする