2020年09月06日

そんな具合にして暮れようと

濡縁におき忘れた下駄に雨がふつてゐるやうな

どうせ濡れだしたものならもつと濡らしておいてやれと言ふやうな


そんな具合にして僕の五十年も暮れようとしてゐた

木山捷平「五十年」より


そんな具合にして君の三十年も暮れようとしてゐた

そんな具合にしてお前の十年も暮れようとしてゐた

そんな具合にして誰かの一年も暮れようとしてゐた

posted by koinu at 15:55| 東京 🌁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする