2020年07月07日

バッド・シュールバーグ邦訳作品 Budd Schulberg

「しかし、この世の叙情を語るなによりの思い出を背負った人物として、いつまでも彼らの記憶に残ることであろう。」(シュールバーグ 『夢やぶられて』より)


長編小説

『夢やぶられて』 The Harder They Fall :野崎孝(早川書房)1958

Two Volumes:野崎孝(ハヤカワ文庫)1972

『巨人は激しく倒れる』:清水俊二(ハヤカワノヴェルズ)1969

『殴られる男』:清水俊二(早川書房)1956

『何がサミイを走らせるのか?:小泉喜美子(新書館)1975


『ハリウッド・メモワール』 Moving Pictures: 大石千鶴(新書館)1991/ 8

『モハメド・アリ -フォーク・ヒーロー』宮川毅(ベースボール・マガジン社)1975


短編小説

「脚光」 Spotlight:大原寿人(ミステリマガジン)1967/ 3 No.131

:常盤新平講談社文庫)

:各務三郎(Kagami Saburō) 『世界ショートショート傑作選1

「猛魚バラクーダ」:中桐雅夫(荒地出版)プレイボーイ(Playboy) 『プレイボーイ傑作集』 The Best Short Stories from Playboy

「波止場の殺人」 Murder on the Waterfront:清水俊二(日本版EQMM(Japanese Version)1956/12 No.6

「見はてぬ夢」 Meal Ticket:永井淳(日本版EQMM(Japanese Version)1963/12 No.90

「人生の資格」 A Short Digest of a Long Novel :宮地謙 (ミステリマガジン)1971/ 9 No.185


「挑戦」 The Dare:浅倉久志(ミステリマガジン)1972/ 3 No.191

:門野集(創元推理文庫)

:小森収『短編ミステリの二百年02


「わたしのクリスマス・キャロル」 My Christmas Carol :沢川進(ミステリマガジン)1984/ 1 No.393

「自由の身」 A Free Man :泉真也 ハードボイルド・ミステリ・マガジン1964/ 1 No.66

「長い小説の短いダイジェスト」:中田耕治(青弓社)/

Blue Bow Series:中田耕治(Nakada Kōji) 『レイチェルの夏』

「トニー・コラッチの誇り」 The Pride of Tony Colucci :小泉喜美子(ミステリマガジン)1978/ 5 No.265

「<シロ>のテーブル」:小泉喜美子(ミステリマガジン)1976/ 1 No.237


Nonfiction/Etc.

「チャンピオンシップ」 The Heavyweight Championship :谷川邦夫 (東京書籍):ハワード・サイナー(Howard Siner) 『ラスト・アメリカン・ヒーロー』 Sports Classics


バッド・シュールバーグはアカデミー脚本賞を受賞した映画『波止場』などでも、ハリウッドで活躍した。しばらく日本語圏では翻訳著書が絶版となっている。


【映画作品】

スタア誕生 A Star is Born (1937) 脚本(クレジット無し)

無責任時代(英語版) Nothing Sacred (1937) 脚本(クレジット無し)

波止場 On the Waterfront (1954) 原案・脚本

殴られる男 The Harder They Fall (1956) 原作

群衆の中の一つの顔 A Face in the Crowd (1957) 原案・脚本

エヴァグレイズを渡る風 Wind Across the Everglades (1958) 監督(クレジット無し)・脚本

posted by koinu at 11:54| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする