2020年06月23日

ドイツ表現主義(German Expressionism)

ドイツにおいて第一次世界大戦前に始まり1920年代に最盛となった芸術運動で、客観的表現を排して内面の主観的な表現に主眼をおくことを特徴とした。

建築、舞踊、絵画、彫刻、映画、音楽など各分野で流行し、「黄金の20年代」と呼ばれたベルリンを中心に花開いた。日本を含む世界各地の前衛芸術に影響を与え、現代芸術の先駆となった。

https://youtu.be/MLhDLL3MjSs

【概要】

ドレスデン(ドイツ帝国時代のザクセン王国)で1905年に、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーらの前衛絵画グループ「ブリュッケ」が生まれ、ドイツ表現主義と言われる運動の起点になった。

表現主義(Expressionism)は印象主義(Impressionism)に対する言葉で、不安の感情などを表現している。1911年にはミュンヘンでカンディンスキーやフランツ・マルク芸術家グループ「青騎士」が生まれ、彫刻や音楽などにも広がっていった。建築においても、メンデルゾーンのアインシュタイン塔などの作品がある。

ドイツ表現主義映画の代表作としては『プラーグの大学生』、『カリガリ博士』、『ゲニーネ』、『巨人ゴーレム』、『死滅の谷』、『吸血鬼ノスフェラトゥ』、『ファントム(英語版)』、『メトロポリス』、『M』などがある。

(Wikipedia)より


https://youtu.be/oG9jQBj1eqE


【関連書籍】

早崎守俊『ドイツ表現主義の誕生』三修社、1996 年

神林恒道・編『ドイツ表現主義の世界:美術と音楽をめぐって』法律文化社、1995年

土肥美夫『ドイツ表現主義の芸術』岩波書店、1991 年

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする