2020年06月21日

『ファウスト博士』(Doktor Faustus)トーマス・マン1947年小説。

65A97245-9FF2-4F58-8CB2-C3050A95F8CD.jpeg

『ファウスト博士』(Doktor Faustus)トーマス・マン1947年小説。

架空の音楽家アドリアン・レーヴァーキューン(Adrian Leverkühn)のをファウスト伝説を、元にして描いたマン晩年の長編作品。

「一友人によって語られるドイツの作曲家アドリアン・レーヴァーキューンの生涯」という副題のとおり、古典語学者ゼレヌス・ツァイトブローム(Serenus Zeitblom)が年下の友人であるレーヴァーキューンの生涯を語り記す。作者が1901年に短編の素材として着想して、1943年になって長編に書き直した。


DE735F0A-07F2-42ED-ACBE-A98F9311E4D5.jpeg


ドイツが大戦末期がツァイトブロームの語りに重ねて、創作に必要な霊感を得るために意図的に梅毒にかかって、悪魔に魂を売り破滅に向かうレーヴァーキューン。ニーチェとシェーンベルクをモデルにして、滅びゆくドイツを象徴する人物で、物語全体はドイツへの批判であり作者の自己批判ともなっている。


『ファウストゥス博士』の成立には、レオンハルト・フランクからの問いかけに対して、主人公には特定のモデルはないと作者が答えて、ハノー・ブッデンブロークを除いて、これほど愛したキャラクターは他にいないと述べたという。


C378E730-DB6F-4E6A-A9FC-1F850839A6A6.jpeg
posted by koinu at 09:41| 東京 ☔| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする