2020年05月25日

『ザリガニの鳴くところ』Where The Crawdads Sing ディーリア・オーエンズ(早川書房)

D7468C3D-1745-494A-8348-51A1823AFAC0.jpeg

この少女を、生きてください。 

全米500万部突破、2019年アメリカでいちばん売れた本 


泣いたのは、森で一人ぼっちの彼女が、自分と重なったからだ。──同じ女性というだけで。島本理生氏(小説家

ずっと震えながら、耐えながら、祈るように呼んでいた。小橋めぐみ氏(俳優

素晴らしい小説だ。北上次郎氏(書評家、早川書房公式note流行出し版「勝手に文庫解説2」より

http://www.webdoku.jp/column/radio/2020/0314212254.html


ノースカロライナ州の湿地で男の死体が発見された。人々は「湿地の少女」に疑いの目を向ける。 

6歳で家族に見捨てられたときから、カイアはたったひとりで生きなければならなかった。読み書きを教えてくれた少年テイトに恋心を抱くが、彼は大学進学のため彼女を置いて去ってゆく。 

以来、村の人々に「湿地の少女」と呼ばれ蔑まれながらも、彼女は生き物が自然のままに生きる「ザリガニの鳴くところ」へと思いをはせて静かに暮らしていた。 

しかしあるとき、村の裕福な青年チェイスが彼女に近づく…… 

みずみずしい自然に抱かれた少女の人生が不審死事件と交錯するとき、物語は予想を超える結末へ──。


51074A27-0C22-4462-B351-6E11F4B7919A.jpeg

ディーリア・オーエンズ

ジョージア州出身の動物学者、小説家。ジョージア大学で動物学の学士号を、カリフォルニア大学デイヴィス校で動物行動学の博士号を取得。ボツワナのカラハリ砂漠でフィールドワークを行ない、その経験を記したノンフィクション『カラハリ―アフリカ最後の野生に暮らす』(マーク・オーエンズとの共著、1984)(早川書房刊)が世界的ベストセラーとなる。同書は優れたネイチャーライティングに贈られるジョン・バロウズ賞を受賞している。また、研究論文はネイチャー誌など多くの学術雑誌に掲載されている。現在はアイダホ州に住み、グリズリーやオオカミの保護、湿地の保全活動を行なっている。69歳で執筆した初めての小説である 


友廣純 立教大学大学院文学研究科博士課程中退、英米文学翻訳家。

posted by koinu at 09:33| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする