2020年05月09日

『エレンディラ』小説と映画

『無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語 』ガルシア マルケス  

 ノーベル文学賞作家 ガルシア マルケスの中編小説で、文庫本に収録されている。


F265CFD8-46A0-42F6-9B33-3B8823FE2F92.jpeg

厳しい祖母と屋敷に住む純粋無垢なエレンディラの寓話。祖母の厳しいしつけと家事に追われる日々のエレンディラ。

立ったまま寝る事が普通にできるくらい疲れて、燭台を倒して住んでいた屋敷は燃え尽くしてしまう。

腹を立てた祖母は、エレンディラへ罪を償わせる。体を売らせて百万ペソ以上の損害を取り返せと、祖母には逆らわないエレンディラは体を毎日の様に売り続ける 。そんなテントには行列ができるまでになってしまう。

若い純朴な少年と出会うい、恋仲になるがエレンディラはテントに人が集まらなくなれば、また土地を移動して歩くので、ウリセス少年とはやがて会えなくなる。

程なくして未成年に体を売らせるとは何事か、と修道僧に目をつけられる。エレンディラは修道僧に連れ去られて、祖母と離れ修道院にかくまわれる。体を売り続ける毎日から離れた生活に、エレンディラは「わたし、しあわせだわ」 と自然と口にする。

だが祖母が色々と手を尽くして、エレンディラに会いに行くと、結局また祖母と一緒に暮らすことを選ぶ。

また体を売る過酷な日々に逆戻り。

いつかの少年ウリセスは、エレンディラを諦めきれず、居場所を探し来る。

エレンディラは祖母を殺す勇気があるかといい、私は家族だから無理だけどと付け加える。

ウリセスは「君のためならなんでもやるよ」と 行動に移した。まずケーキに毒を混ぜるが、祖母には全く効かない。

エレンディラは「あんたは満足に人も殺せないのね」とウリセスに冷たくいう。

次は家の中のピアノに爆弾を仕込んだが、大爆発は起こらず祖母は相変わらずだ。

ついにウリセスは肉包丁を持ち、祖母を切り殺す。その時、祖母から吹き出したのは緑色の血だった。


祖母の着ていた金の延べ棒のチョッキを手にして、エレンディラは走り出す。ウリセスが必死に呼びかけるが、全く聞こえていないようで、返事もせず 延々と走り去っていくのだった。


ADEF8481-9B8D-4878-9F3D-972336721714.jpeg

https://youtu.be/wpXSlNLw0lo

映画『ERÉNDIRA エレンディラ』

ルイゲラ監督の1983年のドラマ映画。映画の脚本はガブリエルガルシアマルケスによって書かれたコメディ作品。オリジナルの脚本は1972年に出版された彼の小説 『無敵のエレンディラと彼女の無慈悲な祖母の信じられないほどの悲しい物語』の前に執筆されてる。

posted by koinu at 20:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする