2020年04月08日

首相の私邸に侵入した女

首相私邸に侵入の女「両親との関係に悩んでいた」「人生リセットできると」

 安倍首相の私邸に侵入したとして、警視庁は4日、いずれも自称で、三重県松阪市、会社員の女(26)を邸宅侵入容疑で現行犯逮捕した。


捜査関係者によると、女は4日午後11時頃、東京・富ヶ谷にある安倍首相の私邸の敷地に侵入した疑い。防犯センサーが作動し、駆けつけた警察官が庭にいた女を発見し、取り押さえた。首相は在宅中だったという。

 女はナタや、ガソリンのような液体が入った缶を持っていた。私邸の外壁を乗り越えて入ったとみられる。調べに対し、容疑を認め、「両親との関係に悩んでいた。首相宅に侵入すれば逮捕され、人生をリセットできると思った」と供述している。

【読売新聞】より


 まるで赤塚不二夫さんのマンガ世界みたいな出来事。首相の私邸に侵入した女が現行犯逮捕された。逮捕された自称会社員「嶋田えり」のバッグには「ナタ」「ガソリンが入った携行缶」「催涙スプレー」が入っていたので、暗殺未遂ではないかとも思われる。ナタは殺傷能力のある凶器だ。嶋田えり容疑者の行動に対しネット上では人生のリセットが目的でなく「日本のリセット」。コロナ感染が拡大していく中で思いつめた嶋田えり容疑者が、日本の状況を変えるために安倍首相を狙い侵入したということもありえると物議をかもしている。


嶋田えり『こころの朝』を読んで

https://www.10000nen.com/concools/3011/

2008年に1万年堂出版主催で開催された第7回読書感想文コンクールの中学生の部に「嶋田えり」という名の13歳が銅賞を獲得しています。空想を掻き立てられる、首相の私邸に侵入した女。

posted by koinu at 09:40| 東京 ☀| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする