2020年04月02日

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』増補版 (文春文庫) 千葉 雅也

「勉強」が気になっているすべての人へ! 勉強ができるようになるためには、変身が必要だ。勉強とは、かつての自分を失うことである。深い勉強とは、恐るべき変身に身を投じることであり、それは恐るべき快楽に身を浸すことである。


そして何か新しい生き方を求めるときが、勉強に取り組む最高のチャンスとなる。日本の思想界をリードする気鋭の哲学者が、独学で勉強するための方法論を追究した本格的勉強論!

文庫本書き下ろしの「補章」が加わった完全版。解説・佐藤優


9E0BFA1B-122F-4D07-80BC-1931E273A530.jpeg

千葉雅也@masayachiba

哲学、創作。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。『動きすぎてはいけない:ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(紀伊國屋じんぶん大賞2013、第5回表象文化論学会賞)、『勉強の哲学』、『意味がない無意味』、『アメリカ紀行』、 『デッドライン』(第41回野間文芸新人賞、第162回芥川賞候補)など。千葉雅也さん初小説「デッドライン」インタビュー 自由の都への憧憬こめた東京小説|好書好日

https://book.asahi.com/article/13033656

posted by koinu at 09:11| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする