2020年03月27日

石垣りん詩集(ハルキ文庫)

『石垣りん詩集』を読んで、律して生きた詩人の姿が浮かんで、「容赦ないユーモア」と慈しみの心を鮮やかに感じる。 
500F3AAB-0B53-4335-A7ED-27A451703204.jpeg

「夜毎」


深いネムリとは

どのくらいの深さをいうのか。

仮に

心だとか、

ネムリだとか、

たましい、といつた、

未発見の

おぼろの物質が

夜をこめて沁みとおつてゆく、

または落ちてゆく、

岩盤のスキマのような所。

砂地のような層。

それとも

空に似た器の中か、

とにかくまるみを帯びた

地球のような

雫のような

物の間をくぐりぬけて

隣りの人に語ろうにも声がとどかぬ

もどかしい場所まで

一個の物質となつて落ちてゆく。

おちてゆく

その

そこの

そこのところへ。

旅情

ふと覚めた枕もとに

秋が来ていた。

遠くから来た、という

去年からか、ときく

もつと前だ、と答える。

おととしか、ときく

いやもつと遠い、という。

では去年私のところにきた秋は何なのか

ときく。

あの秋は別の秋だ、

去年の秋はもうずつと先の方へ行つている

という。

先の方というと未来か、ときく、

いや違う、

未来とはこれからくるものを指すのだろう?

ときかれる。

返事にこまる。

では過去の方へ行つたのか、ときく。

過去へは戻れない、

そのことはお前と同じだ、という。

がきていた。

遠くからきた、という。

遠くへ行こう、という。


(石垣りん詩集『表札など』より)


現代詩は様式やカテゴリーがないことで、あらゆる日常生活や芸能にも食い込むことが出来る。

詩集は小説より薄くて、小冊子ながらぎっしりとネタが圧縮されて持ち運びにも便利だと思う。

しかし編集者ない状態から自主出版された詩集などは、関門なき自堕落内容が殆どなので、三文小説を読んだほうがマシな場合が多い。

どんなジャンルも「洗練」という境地を乗り越えて行かねばならない。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする