2020年01月18日

窓を開けることなき人生

 庸才の作品は大作にもせよ、必ず窓のない部屋に似ている。人生の展望は少しも利かない。


 機智とは三段論法を欠いた思想であり、彼等の所謂いわゆる「思想」とは思想を欠いた三段論法である。


 機智に対する嫌悪の念は人類の疲労に根ざしている。

(芥川龍之介)


5F6616B4-4BE9-466D-B70E-71ADFED22AE7.jpeg


 窓の扉は開けるものとして用意されているが、その機能を知らずに壊してしまう阿保もいる。そして広い空間を観ることなく、愚鈍な行為に明け暮れてしまう。虚偽と欺瞞に満ちてしまう。彼等の過ごす空間は、広がりを魅せることなく閉幕となるだろう。

posted by koinu at 22:00| 東京 ☀| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする