2019年12月14日

『アニエスによるヴァルダ』

フランス映画界を代表する女性監督 、 アニエス・ヴァルダ監督の遺作「Varda par Agnès邦題アニエスによるヴァルダ 』 。

日本劇場初公開となる『ラ・ポワント・クールト』『ダゲール街の人々』 とともに特集上映『アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画』として2019年12月21日より全国にて3 作品同時公開。


http://www.zaziefilms.com/agnesvarda/


『アニエスによるヴァルダ』 *遺作

長編劇映画監督デビュー作『ラ・ポワント・クールト』から、世界各国の数々の映画賞に輝いた前作『顔たち、ところどころ』まで、ヴァルダが60 余年の自身のキャリアを振り返る、集大成的作品。飽くことのない好奇心と情熱をもって、死の直前まで創作活動を止めることのなかった彼女の、これは遺言状ではなく未来へのメッセージ。<第69 回ベルリン国際映画祭 正式出品作品>

監督:アニエス・ヴァルダ|製作:ロザリー・ヴァルダ|2019 年/フランス/119 分/カラー/5.1ch/1:1.85/原題:Varda par Agnès|日本語字幕:井村千瑞

posted by koinu at 21:00| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする