2019年12月11日

MONKEY vol.19 サリンジャー ニューヨーク

今年生誕100周年を迎えて、関連書籍の出版や映画の公開が相次いでいる作家JD・サリンジャー特集。 


『キャッチャー・イン・ザ・ライ』以前"の初期短篇に焦点をあてて、1940年に『STORY』誌に掲載されたデビュー作「いまどきの若者」と、一人のブルース・シンガーをめぐる哀切な物語が綴られる1948年に『COSMOPOLITAN』誌に掲載された「針音だらけのレコード盤」の2篇を、柴田元幸訳にて掲載。また、作家サリンジャーの誕生を後押ししたコロンビア大学時代の恩師の存在と『STORY』誌をめぐるエピソードを、柴田元幸が解説する。 


特集のもう一つの核として、『STORY』誌や『The New Yorker』誌に長年寄稿を続けてきた御歳89歳の名イラストレーター、RO・ブレックマンをフィーチャー。柴田元幸がニューヨーク州にあるアトリエを訪れ、インタビューを敢行。いまなお第一線で描き続けているブレックマンの仕事と哲学を、豊富なビジュアルとともに紹介する。そして今号の表紙はそのブレックマンによる描き下ろし。どうぞご期待ください。 


【主な内容】 

●JD・サリンジャー 訳―柴田元幸 

「いまどきの若者」「針音だらけのレコード盤」 

●RO・ブレックマン インタビュー 聞き手・柴田元幸 

●F・スコット・フィッツジェラルド「真珠と毛皮」 訳―柴田元幸 

連載:イッセー尾形「オセロー救済委員会」30ページ 

古川日出男川上弘美岸本佐知子 

...and more!!

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする