2019年12月08日

『CAMPFIRE CLASSICS』シブリディオン(Sibrydion)

スーパー・ファーリー・アニマルズ (SFA) の新曲かな?と耳を疑うほどSFAのグリフにそっくりな声とハーモニー。

621F9B29-5CC3-4688-BB6F-73C427195741.jpeg

「夜の森で焚き火をしているネコとフクロウ。妹と一緒に母親を見舞ったジム・キャロルも枕元でで寝ているデブ猫(23歳)がフクロウのようだった」

ウェールズ人気バンド、Meilir and Osian Gwynedd兄弟率いるSibrydion 3rdアルバムは、ウェールズ訛り英語が印象に残る。

2005年デビュー作品から前作まではウェールズ語歌詞で、彼等の存在はあまり知られていなかったSibrydion 

今作では英語詞に転換して、同郷のSFA初期、『FAZZY LOGIC に通じるポップサイケ感たっぷりのキッチュ・ソングスなアルバムとなっている。

https://youtu.be/qKJrLe_rtGA 


sibrydionCAMPFIRE CLASSICS

1.God Forgives I Don't

2.Coupe De Grace

3.Desperados

4.Praying For Rain

5.Violent Light

6.Shangri La

7.Femme Mental

8.Summer's Gone

9.Bleeding Heart

10.Thirteen Days

11.Rosalynn

12.Reprise

13.P.S Campfire Epilogue

2009.3

ゲストにAcid Casualsのケヴィン・テイム、元カタトニアのマーク・ロバーツ、男声合唱団らの面々を迎えて、プロデュースにはスーパー・ファーリー・アニマルズのキアン・キアランが参加している。

https://youtu.be/gkGTXNXCVSI


https://www.youtube.com/watch?v=88A_PdtAxyQ

posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする