2019年11月26日

『超スピリチュアルな夢実現―振り子の法則トランサーフィン』 ヴァジム・ゼランド (徳間書店 )

「世界はあなたの思考や態度を写し出す鏡のようなものである」

賢人と違い、愚人は時分のたんこぶ一つひとつのお陰で、自分が犯した失敗の本質そのもを骨身にしみて理解してます。つまり本物の知識を身につけていることになるのです。きっと愚人だけが太古の知への道案内人になれるのでしょう。

『超スピリチュアルな夢実現―振り子の法則トランサーフィン』 ヴァジム・ゼランド (徳間書店 )より

トランサーフィンはありふれた楽観論ではなく、リアリティを意図的に操縦するための技法です。もしあなたが人一倍の楽観主義者で精神状態が正常であろうとも、心の快活さをいかなる状況でも保てるというわけではありません。楽観論者はすべてがうまくいくことをただ望んでいるだけですが、それが生まれついての性格のため、無意識にそう望むのです。しかし、もし私が悲観論者ならば、私はどうすればよいのでしょうか? 私個人を例に取ると、悲観論者です。現実への自分の接し方によって意識的にリアリティを操縦し始めるようになるまで、私のこの性格は人生を台無しにしてきました。でも、今の私に忌々しい出来事が起こると、「愉快、愉快」とうそぶき、意識的にすべてをひっくり返してやります。

こうしたふるまいは100パーセント効果を発揮し、結局、すべては成功裏に終わるのです。なぜなら、こうした接し方をすれば、出来事の展開は常に成功が待っている人生ラインへと向かうからです。今の私はリアリティを操縦しているのであって、リアリティが私を操縦しているのではありません。自分に見とれる傾向のある者たちは美しく育っていくが、まさにここに秘密がある。彼らは「もし自分で自分を気に入ってると、気に入る理由がますますたくさん現れる」という決まりに従っているのだ。形(イメージ)が自分の反映に対して「なんだか私は太ったわ。痩せなくちゃ!」と言うと、まったく話が違ってくる。鏡はそれに対して無表情にこう返事をする。

「ええ、あなたは太ってますから、痩せなくてはいけません」。

リアリティは、聞いたことを請け合いながら、こだまのように応対する。

で、ゲリー・ボーネルさんは、人間とは二つの要素から成り立っている存在だとして、

@トライアード(三位一体)

非物理的形体 基本的第一次存在・・魂(ソウル)のこと

創造された最初の瞬間から全体であり、完成された存在

Aダイアード(二元性存在)

物理的形体 基本的進化存在・・肉体(エネルギーをベースにした物質)のこと

『トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 』ヴァジム・ゼランド (徳間書店 )


第3章「鏡の法則」

 わびしいリアリティは、まず初めに人間の意識上で生じ、それから徐々に物質化されつつ、現実へと移行していく・・

バリアントの流れ、振り子、過剰ポテンシャル、重要性、平衡力・・など。

 あなたがどんなに深い穴にはまっていようともすべてを変える。劇的に変えることが可能である。それがどうやって行われるか、さっぱりわからなくてもまったく問題はない。

この世界は二元鏡ともいうべき構造になっており、その法則をよく理解してトランサーフィンの秘策を実行すれば、リンゴが空へと落下するような、思ってもみなかった奇跡的な現実をもあなたは創造することができる。


ゼランドヴァジムТрансерфинг реальности  量子物理学者でロシア人作家 

「魂から肉体に与えられるギフト」を、トランサーフィン流にすると、トライアード(魂)と理性であるダイアード(肉体感覚意識)が一致する願望は必ず叶う。

既成社会が押しつけてくる多種多様な「振り子」に振られて、「望んでもない事を望むフリ」さえ止めればいいんです。

「思考の放射パラメータが同調するバリアントのセクターを顕在化させる」

「重要性を断ち切りバリアントの流れに乗っていく」「スライドを用いて理性と魂を一致させ、外的意図の風を起こす」

posted by koinu at 19:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする