2019年11月22日

「死にいたる火星人の扉」(フレドリック・ブラウン/著 鷺村達也/訳 東京創元社1960)Death has Many Doors

A35D08A3-0481-490C-873F-7FFC1B1D7F13.jpeg0B8D8BF7-DF1F-4C2E-9345-8DF2EED11615.jpeg

「ハンター&ハンター探偵社」に、奇妙なことを訴える娘サリー・ドーアが訪ねてくる。火星人に命を狙われているので、護衛をしてほしいという。

警察や他の探偵に断られたというので、エドも精神科へ行くよう答える。しかし一晩だけ、彼女のアパートの隣室で晩をする。その深夜に電話のベルに起こされたエドは、隣室のベッドでは全裸のサリーが死体となった。もともと心臓が弱かったサリーは病死と判断されるが、エドは釈然としない。

66AD2162-7CA6-429F-A35E-0EB801AF68EA.jpeg

もっと真剣にサリーの言葉を受け止めて、しっかり護衛をしていれば、彼女は死なずに済んだ。そう考えたエドは、アンクル・アムの協力でサリーの身辺を調査にかかった。早くに両親を亡くして、妹のドロシーとともに遠縁のスタントン夫妻に育てられた。保険会社でタイピストをしていたサリーは独立する。大学で心理学を学ぶドロシーは、スタントン家に同居していた。スタントンはデパート勤めの実直な人物だが、ひとり息子ディキーは科学好きが鼻につく11歳の秀才。妻の弟の自称発明家、飲んだくれで賭け事好きのレイ・ワーネックが居候してる。

サリーには両親が遺したコロラドの田舎にある二束三文の土地以外に財産はなく、最近ボーイフレンドと別れていた。特に恨まれていたわけではないので、事件はサリーの病死ということで落着する

F97BE018-7C51-4BE7-A79F-DD439530D0EF.jpeg

ところがサリーの葬儀の翌日には、事態が一変する。探偵事務所にヤッダンと名乗る火星人から電話がきて、サリーを殺した犯人を捜してほしいと依頼される。依頼料として1000ドル札が、エドのデスクからにある。単なるいたずらではなさそうだ。

エドは事件のレポートをタイプさせるために雇った臨時タイピストのモニカが美人で聡明なのに目を止めた。サリーが働いていた保険会社に、情報収集のスパイとして送り込んだ。

それから今度はサリーの妹ドロシーが助けを求めてきた。超心理学を研究しているドロシーは「予感」を信じて「今夜、自分は死にそうな予感がする、護衛してほしい」という。エドは訴えを真剣に受け取り、アンクル・アムのアドバイスにしたがって、行く先が誰にもわからないように気まぐれドライブに出かけた。しきりに泳ぎたがるドロシーの要求にしたがって夜の湖へ向かったが、ふたりは湖で溺れ、ドロシーの「予感」は的中してしまう。

九死に一生を得たエドは、精力的に捜査と推理を進めて、或る仮説にたどり着くのだった。火星人の正体とは?

SF作家でもあるフレドリック・ブラウンの、探偵推理ドラマシリーズが堪能させる長編小説。ただ今「死にいたる火星人の扉」は絶版で、電子書籍化の復刊が望まれる。

F88C88EA-0833-4E54-9123-478AE276D1C4.jpeg

《エド・ハンターシリーズ》

「シカゴブルース」1947、「三人の小人」1948、「月夜の狼」1949Compliments of a Fiend1950、「死にいたる火星人の扉」1951、「消された男」1959、「パパが殺される!」1963

この〈エド・ハンター〉シリーズ未訳作が数年前に翻訳出版されてた。『Compliments of a Fiend・アンブローズ蒐集家』フレドリック・ブラウン著/圭初幸恵訳。なかなか良い仕事となっております。私立探偵エド・ハンターの伯父が消息を絶った。救出に向かうエドを待ち受ける話。才能ある作家からは、時を過ぎても学ぶことが多い。

フレドリック・ブラウン(Fredric William Brown19061029 - 1972311日)アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ生まれの小説家、SF作家、推理作家。

シンシナティ大学夜間部やハノーヴァー大学を中退した後、旅巡業カーニバルなどで働き、さまざまな職業を体験する。新聞社や雑誌社で校正係の仕事をしながら、1936年頃より創作活動を開始。パルプマガジンへミステリやSFの中短編を数多く書いた。47年に『シカゴ・ブルース』でMWA最優秀処女長編賞を受賞し、以降、年一作に近いペースで新作長編を発表している。SF作家としても卓抜しており、代表的な作品に『発狂した宇宙』(49)や『火星人ゴーホーム』(55)、『73光年の妖怪』(61)がある。

posted by koinu at 14:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする