2019年11月10日

◇Beck, Bogert, and Appice ライブインジャパン1973公演

BB&Aのスタジオでのレコードとは違って、パワフルなコンサート演奏が凄まじい音源。ジェフ・ベック(Jeff Beck)とカーマイン・アピス(Carmine Appice)とティム・ボガート(Tim Bogert)の3人編成にパワー・トリオ炸裂。

当時のギター小僧たちは影響受けてコピーするのだが、ベースとドラムの強烈ビートにプロを断念するのだった。生涯アーチストをするかどうかの、リトマス試験紙のようなLiveレコード。


https://youtu.be/Is_UwhTJm7o


1. "Superstition" (Wonder)

2. "Livin' Alone" (Beck, Appice, Bogert)

3. "I'm So Proud" (Mayfield)

4. "Lady" (Beck, Appice, Bogert, French)

5. "Morning Dew" (Dobson, Rose)

6. "Sweet Sweet Surrender" (Don Nix)

7. "Lose Myself with You" (Beck, Appice, Bogert, French)

8. "Black Cat Moan" (Don Nix)

9. "Jeff's Boogie" (Beck, Dreja, McCarty, Relf, Samwell-Smith)

10. "Why Should I Care" (Kennedy)

11. "Going Down" (Don Nix)

12. "Plynth/Shotgun (Medley)" (Hopkins, Stewart, Wood, Dewalt)

13. "Boogie" (Beck, Appice, Bogert)


 Personnel

 Jeff Beck: Guitar, Vocal

 Tim Bogert: Bass, Vocal

 Carmine Appice: Drums, Vocal


◆ Recorded at Koseinenkin Hall in Osaka

on May 18th and 19th, 1973


40周年記念の限定盤が2013年に発売されて全曲コンサート演奏順に聞ける。ギタリストが28歳でたどり着いた、様々な音楽をエンタメとして多方面からリアクションしているのが面白いLiveである。

この短期間で極めたBB&Aの解散した後は、バンドアルバムではなく、高度なギタリストとして徹底したスタンスでソロアルバムを制作するのだった。20代後半から30代にかけて、自身の才能に一途に信じて賭けたジェフ・ベック(Jeff Beck)の見事な成果である。音楽家に必要なのは先ず本人が踊るのではなく、客席が喝采してしまうレベルの高さなのだと思う。


進化を止めない奇跡のギタリスト、ジェフ・ベックの最新ライヴ作品「Live at the Hollywood Bowl


posted by koinu at 21:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする