2019年11月10日

Roger Waters / The Wall LIVE In Berlin /

ベルリンの壁が崩壊した、記念すべき日の音楽時間。

ロジャー・ウォーターズ(Roger Waters)は、PINK FLOYDを離脱した後の1990年にも「The Wall」の再現ライヴを行った。

壁が崩壊した直後のベルリンのみで行われて、約35万人の観客が集まった。

ギターのリック・ディフォンゾ、オルガンのニック・グレニー=スミスをそろえたウォーターズのバンドはもちろん、スコーピオンズ、ジョニ・ミッチェル、そしてロック・オペラにはソビエト軍のオーケストラまでが参加した。ほかにもシンディ・ローパー、ブライアン・アダムス、ジェームズ・ゴールウェイ、トーマス・ドルビー、アルバート・フィニーなど堂々たる面々がカメオ出演。シニード・オコーナーは超然と「マザー」を披露。

多くゲストが参加したライヴ映像は「The Wall Live in Berlin」としてリリースされた。

https://youtu.be/3nO3vOJKFas


ピンクフロイドのbass guitar23歳から担当して、シドバレットの脱退によって25歳でバンドリーダーを務める。コンセプトを打ち出したアルバム『原子心母』『おせっかい』『狂気』などを大ヒットさせて、大作『The Wallリリース。

再現Liveとは別プロジェクトでRoger Waters)は、PINK FLOYDを意識した、新作披露したコンサートを現役で開催している。


ピンクフロイドの人気アルバム・おすすめの名盤ランキングベスト5 | 新時代レポ


UsThem》北米ツアー2017

セットリスト。

第T部@スピーク・トゥ・ミーA生命の息吹きB吹けよ風、呼べよ嵐Cタイム〜生命の息吹き(リプライズ)D虚空のスキャットEようこそマシーンへFホエン・ウィ・ワー・ヤングGデジャ・ヴHザ・ラスト・レフュジーIピクチャー・ザットJあなたがここにいてほしいKザ・ハピエスト・デイズ・オブ・アワ・ライヴスLアナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートU)M同(パートV)第U部@ドッグAピッグス(三種類のタイプ)BマネーCアス・アンド・ゼムDスメル・ザ・ローゼズE狂人は心にF狂気日食Gヴィーラ〜ブリング・ザ・ボーイズ・バック・ホームHコンフォタブリー・ナム。

528日@ケンタッキー州ルイズヴィル公演より。長年PINK FLOYDやロジャーのバンドに参加していたギタリストのスノウィー・ホワイト(ex THIN LIZZY)は参加しておらず、デイヴ・キルミンスター(Gt)、ジョナサン・ウイルソン(Gt&Vo)のギター・コンビが、オリジナル・フレーズに忠実なギター・プレイでPINK FLOYDの名曲の数々に彩を添えた。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする