2019年11月08日

日中はセロトニン、夜はメラトニン:

[快感のホルモン]と言われるドーパミンが分泌されると人間は意欲が湧いてきて、もっとうれしいことや良いことを行う。
セロトニンは太陽の光を浴びたり、ウォーキングなど一定のリズムで運動することで増加する。


 毎朝に日光を浴びると、睡眠・覚醒リズムが整い、質のよい睡眠を得られるようになる。
日中はセロトニン、夜はメラトニン: メラトニンは夜になると分泌量が増えるというが、日中に太陽光を浴びてセロトニンをつくっておくとよい。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする