2019年10月07日

The Lumineers 苦難の歩み

ザ・ルミニアーズだがの道のりは平坦なものではなかった。
ジェレマイアの兄の親友であるジョシュが、薬物の過剰摂取で19歳でこの世を去った。ウェスリーとジェレマイアが見つけたのが、「音楽」だった。曲を書いてニューヨーク中でライヴをすることで気を紛らわす。

現地の音楽シーンと生活を苦しめる物価の高さに耐えかねて、活動の場を求めてコロラド州はデンヴァーへと向かった。
新居地の求人サイトでチェリスト募集を呼びかけた。
最初に反応したのが、クラシカル・トレーニング経歴のあるデンヴァー出身のネイラ・ペカレック。トリオとなって地元の有能なミュージシャンが集まるクラブで、毎週火曜日に演奏をする。
ネイラが入ると音楽はソフトになり、彼女は自身のレパートリーをマンドリンやピアノへと増やした。


ファースト『The Lumineers』(2012年)の最高位は2位、
セカンド『Cleopatra』(2016年)で1位を獲得して3枚全てがトップ2となった。

The Lumineers Cleopatra


posted by koinu at 10:52| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする