2019年07月08日

「女の顔」寺田虎彦

 夏目先生が洋行から帰ったときに、あちらの画廊の有名な絵の写真を見せられた。

 そうして、この中で二、三枚好きなのを取れ、と言われた。

 その中に、ギドー・レニの「マグダレナのマリア」があった。

 それからまたサー・ジョシュア・レーノルズの童女や天使などがあった。

 先生の好きな美女の顔のタイプ、といったようなものが、おぼろげに感ぜられるような気がしたのである。

 そのマグダレナのマリアをもらって、神代杉じんだいすぎの安額縁に収めて、下宿の間びかんに掲げてあったら、美人の写真なんかかけてけしからん、と言った友人もあった。

 千駄木時代に、よくターナーの水彩など見せられたころ、ロゼチの描く腺病質の美女の絵も示された記憶がある。ああいうタイプもきらいではなかったように思う。それからまたグリューズの「破瓶」の娘の顔も好きらしかった。ヴォラプチュアスだと評しておられた。先生の「虞美人草」の中に出て来るヴォラプチュアスな顔のモデルがすなわちこれであるかと思われる。

 いつか上野の音楽会へ、先生と二人で出かけた時に、われわれのすぐ前の席に、二十三、四の婦人がいた。きわめて地味な服装で、頭髪も油気のない、なんの技巧もない束髪であった。色も少し浅黒いくらいで、おまけに眼鏡をかけていた。しかし後ろから斜めに見た横顔が実に美しいと思った。インテリジェントで、しかも優雅で温良な人柄が、全身から放散しているような気がした。

 音楽会が果てて帰路に、先生にその婦人のことを話すと、先生も注意して見ていたとみえて、あれはいい、君あれをぜひ細君にもらえ、と言われた。もちろんどこのだれだかわかるはずもないのである。

 その後しばらくたってのはがきに、このあいだの人にどこかで会ったという報告をよこされた。全集にある「水底の感」という変わった詩はそのころのものであったような気がする。

「趣味の遺伝」もなんだかこれに聯関したところがあるような気がするが、これも覚えちがいかもしれない。

 それはとにかく、この問題の婦人の顔がどこかレニのマリアにも、レーノルズの天使や童女にも、ロゼチの細君や妹にも少しずつ似ていたような気がするのである。

 しかし、一方ではまた、先生が好きであったと称せらるる某女史の顔は、これらとは全くタイプのちがった純日本式の顔であった。また「鰹節屋のおかみさん」というのも、下町式のタイプだったそうである。

 先生はある時、西洋のある作者のかいたものの話をして「往来で会う女の七十プロセントに恋するというやつがいるぜ」と言って笑われた。

 しかし、今日になって考えてみると、先生自身もやはりその男の中に、一つのプロトタイプを認められたのではなかったかという気もするのである。



(寺田寅彦「柿の種」岩波文庫)より

posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする