2019年07月05日

21世紀の様相 ▽ピエール・ローラン・エマール

7月7日日曜 NHKFM 午前8時10分〜 午前9時00分

21世紀の様相 ▽ピエール・ローラン・エマール(1)

西村朗


「「鳥のカタログ」から 第7巻 第11曲「ノスリ」」メシアン:作曲

(ピアノ)ピエール・ローラン・エマール(9分41秒)

<PENTATONE PTC 5186 670(CD3)>


「「鳥のカタログ」から 第7巻 第12曲「クロサバクヒタキ」」メシアン:作曲

(ピアノ)ピエール・ローラン・エマール(7分50秒)

<PENTATONE PTC 5186 670(CD3)>


「「鳥のカタログ」から 第7巻 第13曲「ダイシャクシギ」」メシアン:作曲

(ピアノ)ピエール・ローラン・エマール(9分15秒)

<PENTATONE PTC 5186 670(CD3)>


「「ピアノのための練習曲」から 第1巻 第1曲「無秩序」 第2曲「開放弦」 第3曲「妨げられた打鍵」」リゲティ:作曲

(ピアノ)ピエール・ローラン・エマール(7分28秒)

<SONY CLASSICAL SRCR2130>


https://www4.nhk.or.jp/P446/





7月14日日曜 NHKFM 午前8時10分〜 午前9時00分


21世紀の様相 ▽ピエール・ローラン・エマール(2)

西村朗


「「ピアノのための練習曲」から 第1巻 第4曲「ファンファーレ」 第5曲「虹」 第6曲「ワルシャワの秋」」リゲティ:作曲(ピアノ)ピエール・ローラン・エマール(11分47秒)

<SONY CLASSICAL SRCR2130>


「「ピアノのための練習曲」から 第2巻 第7曲「悲しい鳩」 第8曲「金属」 第9曲「眩暈」 第10曲「魔法使いの弟子」」リゲティ:作曲(ピアノ)ピエール・ローラン・エマール(10分58秒)

<SONY CLASSICAL SRCR2130>


「「ピアノのための練習曲」から 第2巻 第11曲「不安定なままに」 第12曲「組み合わせ模様」 第13曲「悪魔の階段」 第14曲「無限の円柱」」リゲティ:作曲

(ピアノ)ピエール・ローラン・エマール(11分57秒)

<SONY CLASSICAL SRCR2130>


「「ピアノのための練習曲」から 第3巻 第15曲「白の上の白」」リゲティ:作曲

(ピアノ)ピエール・ローラン・エマール(3分53秒)

<SONY CLASSICAL SRCR2130>

https://www4.nhk.or.jp/P446/



ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)

Pierre-Laurent AIMARD

現代音楽の旗手であり、古典作品を奏でる音楽家として高い評価を得ている。従来の境界線を飛び越えて、世界を舞台に邁進している。

演奏家に自由なプログラミングを託すコンサートや音楽祭のプロデュースも多い。

現在ドイツ・グラモフォン・レーベルと専属契約を結んで、初リリースしたバッハ「フーガの技法」でディアパゾン・ドール受賞、ル・モンド・ド・ラ・ムジークのショック賞、ビルボード・チャートのクラシック部門初登場1位、アメリカ「iTunes」クラシック・アルバムダウンロード・チャート第1位に輝く。

ニコラウス・アーノンクール指揮/ヨーロッパ室内管弦楽団と録音したベートーヴェンの「ピアノ協奏曲全集」(03年)と、ドビュッシーの《映像》と《練習曲集》を集めた録音(04年)が、それぞれエコー・クラシック賞受賞。アイヴスのピアノ作品《コンコード・ソナタ》と歌曲を集めたCDは、05年のグラミー賞受賞。

11年11月にはトッパンホール〈ル・プロジェ エマール〉に初登場、リサイタルだけでなく、マスタークラス、映画『ピアノマニア』試写会、個性的なコンサート「コラージュ―モンタージュ」など多彩な広がりを展開してる。

posted by koinu at 20:00| 東京 🌁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする