2019年06月10日

百合映画コレクション

映画『パンドラの箱』Die Buchse der Pandora

ドイツ文豪フランク・ヴェデキンド『ルル』原作。「ジャンヌ・ネイの愛」「心の不思議」のG・W・パブスト氏が現代風にアレンジして演出した映画。

主役ルルにはアメリカよりルイズ・ブルックス嬢が渡欧して扮して、助演者としてドイツの名優フリッツ・コルトナー、フランツ・ホフマン・レーデラー、フランスより参加したアリス・ロバーツ嬢が出演。撮影担当は「プラーグの大学生(1926)」のギュンター・クランプ。


【あらすじ】

誰が父だか、誰が母だか、ルルはそれを知らなかった。物心を覚えた時ルルには一人の養父がつきまとい暮らす所は酒場か踊り場に限られていた。そうしたルルがどういう成長をしたか。物語はルルがある大新聞の主筆シェーン博士の寵い者となっているところから始まる。シェーン博士は名家の令嬢と婚約が成立したのでルルに別れ話を持ち出す。ルルはそれを承知せず別れる位なら自分を殺してくれと駄々をこねる。博士はルルの魅力にためらい決断がつかない中にうまうまとルルの術中に陥りどうしても結婚しなければならないような羽目に陥る。遂に博士とルルとの結婚式が挙げられる。しかし世評の悪いこととルルにうるさくつき纏う男達に博士はつくづく愛想をつかし自分の名誉を保つためにルルに自殺をすすめる、がルルはかえって博士を射殺し捕らえられる。ルルを取巻く養父、博士の秘書アルヴァ、ルルを恋する「女」、力業の芸人等これを知って共謀しルルを裁判所から逃走させ、とある港に隠れ住み、日夜賭博にひたり放縦無頼の生活を送る。侯爵と名乗る悪漢はルルの前科を探りこれを以て脅迫しルルをエジプト人に売ろうとする。この事件が中心となってルルの同志に裏切り争いが起こり警官隊の追跡となりルルは進退極まって男に変装しアルヴァと養父とともにロンドンへ高飛びする。ロンドンの生活は困苦そのものであり食べるパンもなく着る夜具さえもなく雨漏りの屋根裏に寵って悲劇の訪れを無為に待っている。遂に決心したルルは生活のために自らを売るために街に出る。これを怒るがどうにも手段のないアルヴァ、これを喜ぶ狡猾な養父、外は霧の深くたれこめたクリスマスの夜である。ルルは一人の男の手を取って家へ連れこむ。ところがその男こそは当時ロンドン市街を恐怖にさせていた殺人鬼ジャック・ザ・リッパーで、ルルはその男のために殺される。あまりの運命の転変に茫然自失しているアルヴァは通りかかる救世軍の列についてそれに救いを求めトホトボと霧の街の中に吸い込まれるように消えていく。


血とバラ

Et mourir de plaisir 

http://uchuronjo.com/kojou/1960_mourir_plaisir.htm


女性同士の恋愛をテーマにした作品「百合」ジャンル。同性の恋愛を描くシーンはアートのような美しさ。古典的なレズビアン映画作品のコレクションです。


パンドラの箱(1929年)

制服の処女(1931年)

ステラ・ダラス(1937年)

悪魔のような女(1955年)

制服の処女(1958年)

血とバラ(1960年『吸血鬼カーミラ』の映画版)

顔のない眼(1960年)

噂の二人(1961年)

女と女(1967年)

甘い抱擁(1968年)

姉妹(1969年)

闇のバイブル 聖少女の詩(1969年)

バンパイア・ラヴァーズ(1970年、『吸血鬼カーミラ』の映画版)

小さな悪の華(1971年)

ヴァンピロス・レスボス(1971年)

ペトラ・フォン・カントの苦い涙(1972年)

私、あなた、彼、彼女(1974年)

ピクニック at ハンギング・ロック(1975年)

恋のモンマルトル(1975年)

ビリティス(1977年)

posted by koinu at 14:00| 東京 ☔| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする