2019年05月26日

USパンク界の重鎮 Bad Religion (バッド・レリジョン) 新作アルバム『Age of Unreason』

USパンク界の重鎮 Bad Religion (バッド・レリジョン) 新作アルバム『Age of Unreason』。

カルロス・デ・ラ・ガルサ(Jimmy Eat World、Paramore他)の共同プロデュースで、2013年『True North』から約6年ぶりの新作。

現代の社会が抱える様々な問題、人種差別、トランプ政権問題、中流階級崩壊、コリン・キャパニックの抗議等をテーマにした世界に対する警告で、極めてアグレッシブな作品となっている。

シングル「マイ・サニティ」も収録。アルバムより新曲「カオス・フロム・ウィズイン」が公開。


怯まずに突き進む音楽姿勢が良い。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする