2019年04月26日

キャンディとラーメンの映画

お菓子作りのキャンディー工場があって、隣の空き地にラーメン屋がある。

どちらかファンタジー映画の舞台に相応しいか?

多くの人々が期待するのどちらか?
しかし敢えて夢少ない選択肢を選んで、制作する皮肉なる場合もあるのであった。

「ラーメン修業をやってみたいという気持ちが湧いてきた」(20代・男性)、「ラーメン愛に溢れてて良かった。ラーメン食いてぇ」(20代・女性)、「とんこつでもなく塩でも味噌でもなくシンプルな醤油、中華そばってのが良いね」(40代・男性)
posted by koinu at 13:00| 東京 🌁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする