2019年04月19日

「高丘親王航海記」の見事なコミック化

E7DD6477-3867-4429-AB64-C7F66F21D5CF.jpeg
澁澤龍彦さんの遺作漫画化「高丘親王航海記」、幼少の頃に薬子から預言として教えられた天竺への旅立ち、圧倒的な異国世界を、近藤ようこ氏の華麗なレイアウトで連載二回目に突入。『月刊コミックビーム』期待を超える素晴らしさです。
https://www.kondoyoko.net/
D82F86C9-5DEF-4A22-8E37-26AACEC6A3A9.jpeg

『高丘親王航海記』は薬子の変により皇太子の地位を失い出家して唐に渡る。親王の天竺をめざす海路において、南海の国々を巡り様々な生物や精霊と邂逅する。大蟻食い。貘。犬頭人。儒艮。迦陵頻伽。この仮想的な親王の旅は、澁澤さんの病床と同期して結ぶ、琴線に触れる物語となっている。

「親王、先に震旦過ぎて、流沙を渡らんとす。風聞、羅越国より到る。逆旅に遷化すと。」

同じ物語の本を単行本、文庫本、新装版と何冊も揃えて、電車、公園、書斎、寝枕用とする『高丘親王航海記』。これは別格なる陶酔する書物となっている。



2F9EA126-5A0B-4B43-B5FD-CB53D89145B8.jpeg7FA3398D-D248-484A-B1AB-D79FC39656E8.jpeg
posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする