2019年02月28日

西東三鬼『神戸』『続神戸』全話掲載

『神戸』西東三鬼

 昭和十七年の冬、私は単身、東京の何も彼もから脱走した。そして或る日の夕方、神戸の坂道を下りてゐた。街の背後の山へ吹き上げて来る海風は寒かったが、私は私自身の東京の歴史から解放されたことで、胸ふくらむ思ひであった。その晩のうちに是非、手頃なアパートを探さねばならない。東京の経験では、バーに行けば必ずアパート住ひの女が居る筈である。私は外套の襟を立てて、ゆっくり坂を下りて行った。その前を、どこの横町から出て来たのか、バーに働いてゐさうな女が寒さうに急いでゐた。私は猟犬のやうに彼女を尾行した。彼女は果して三宮駅の近くのバーヘはいっだので、私もそのままバーヘはいって行った。そして一時間の後には、アパートを兼ねたホテルを、その女から教はつたのである。(つづく)

第一話 奇妙なエヂプト人の話 

http://pengiin.seesaa.net/article/461462446.html


西東三鬼『続神戸』前説。

 かつて私は綜合俳誌「俳句」に、「神戸」十話を連載した。それは昭和十七年から昭和二十一年まで、神戸で過した間の挿話である。

「神戸」に登場した人々は、内外人すべて善人ばかりで、同時に戦争中の「非常時態勢」に最も遠い人達である。

私も亦、彼等と共に、自由こそ最高の生甲斐と考えていたので、彼等の生き方に深い興味を持った。

「神戸」は意外に多くの愛読者を得た。映画化の話ももたらされた。さて、本誌編集長は、いまや「神戸」続編を強要してやまない。

しかし「神戸十話」を書きしるした時と、現在とでは、私の住居、境遇にも大きな変化があり、加うるに老頻、ペンの泉も涸れ果てた。再びの無頼文章が、読者の一顧を得られようとは思われないが、幸いにして「からきこの世」の一微笑ともなればと、恥多き愚談を綴るのである。

内容は前編と同じく全く虚構を避けた。さればゆめゆめ、誓子先生のごとく、眉に唾を附け給うことなかれ。


西東三鬼『続神戸』全話掲載

http://pengiin.seesaa.net/archives/20181001-1.html


西東 三鬼(さいとう さんき、1900年(明治33年)5月15日 - 1962年(昭和37年)4月1 日)岡山県出身の俳人。日本歯科医専卒。本名、斎藤敬直。新興俳句運動の中心となるが、京大俳句事件で検挙。戦後「天狼」「断崖」を創刊。句集「夜の桃」、随筆集「神戸」「続神戸」など。
西東三鬼『神戸』全話掲載
《俳句・昭和31年6月号》連載終了
posted by koinu at 22:20| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする