2018年12月31日

Courtney Barnett ロック原点回帰を果たす!

コートニー・バーネット『Sometimes I sit and think,and sometimes I just sit.』から3年ぶりセカンド・アルバム『Tell Me How You Really Feel』。


新作から「Nameless, Faceless」のシングルは、ネット上の匿名の人々によるハレーション現象を怒りや皮肉の感情を表現して、彼女の歌で現象に応戦した。


Nameless, Faceless 日本語字幕

https://youtu.be/HZZSYDhx0FI


「アルファベットが入ったスープを飲み込んで、君よりもっと上手な言葉を吐き出せたらいいのに」


傑出した歌声とウィットに富んだ感性とともに、無邪気でユニークな観察眼。

素直さと骨太な演奏と優しさに溢れる歌声で力強い歌詞が響く。彼女自身の音楽的進化で新たなフェーズに入った。


「僕は誰もいない暗闇の公園を歩いて行きたい/女性に笑われるのを怖がる男性がいる/私は誰もいない暗闇の公園を歩いて行きたい/男性に殺されるのを怖がる女性がいる/私は手にしっかりと鍵束を握っている」 


25分を超える気迫あるスタジオライブ!

https://nme-jp.com/news/64758/


Courtney Barnett  1988年、豪生まれ。2012年レーベル【MilK! Records】を設立してデビューEP『I've got a friend called Emily Ferris』(2012)をリリース。続くセカンドEP『How To Carve A Carrot Into A Rose』(2013)は、ピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得。

デビュー・アルバム『Sometimes I Sit and Think, Sometimes I Just Sit』を2015年3月にリリース。グラミー賞「最優秀新人賞」にノミネート、ブリット・アウォードにて「最優秀インターナショナル女性ソロ・アーティスト賞」を受賞。


posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする