2021年10月06日

アンディ・フェアウェザー・ロウ(Andy Fairweather Low)

アンディ・フェアウェザー・ロウ(Andy Fairweather Low , 1946年8月2日 - )
イギリス・ウェールズ出身のギタリスト。代表曲は全英12位を記録したベッシー・スミスのカバー曲「Gin House Blues」。
エコーを効かせたフィンガー・ピッキングでの独特な演奏が特徴。

[概説]
1966年にエイメン・コーナーのヴォーカリストとしてデビュー。1969年「(If Paradise Is) Half as Nice」が英国でNo.1を獲得した。
1970年にバンドは2つに分裂。アンディはデニス・バイロン(dr)、ブルー・ウィーヴァー(or)、クライブ・テイラー(b)、ニール・ジョーンズ(g)とフェア・ウェザーと改名し新バンドを結成。同年シングル「Natural Sinner」で全英6位を記録。しかしバンドはアルバムを1枚残して解散。
バンド解散後は引退を表明するが、1974年にソロとしてカム・バック。ソロ活動を行いながら、ロイ・ウッドやデイヴ・エドマンズ、リチャード・トンプソン等多くのミュージシャンのレコーディング・セッションに参加。1983年には、元スモール・フェイセスのロニー・レーンの呼びかけで開催されたARMSコンサートに参加。
1991年からは、エリック・クラプトンのサポート・ギタリストとして抜擢され、ワールド・ツアーやレコーディングに参加。1991年のジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの来日公演でも、独特のフィンガー・ピッキングを披露した。
1999年から2002年にかけて、元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズのワールド・ツアーに、ギタリスト及びベーシストとして参加。
現在もギタリストとしても、シンガー・ソング・ライターとしても精力的な活動を続けている。

[ディスコグラフィ]
○Amen Corner(在籍時)
Round Amen Corner (1968年)
The National Welsh Coast Live Explosive Company (1969年)
Farewell To The Real Magnificent Seven (1969年、 ライブ・アルバム)

Fair Weather(在籍時)
Beginning From An End (1970年)

[Solo Albums]
Spider Jiving (1974年)
La Booga Rooga (1975年)
Be Bop 'N' Holla (1976年)
Andy Fairweather Low (1976年)
Mega Shebang (1980年)
Sweet Soulful Music (2006年)

(Wikipedia)より
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝説のプログレ・Fair Weather - 活動期間1969.10-1971

Fair Weather - 活動期間1969.10-1971

所属レーベルImmediate倒産して解散したカーディフ出身の人気グループAmen Cornerの後進バンド。

ブラスセクションの2人がJudas Jumpに移籍、5人編成バンドとなる。フロントマンで中心人物のAndy Fairweather-Lowの名前からシンプルなものになった。

Fair Weather - Natural Sinner(full album)

RCAから1970年7月リリースされた「Natural Sinner」はAmen Corner時代後期に録音未発表オリジナル曲で、全英シングル・チャートの6位を記録。

印象的なファースト・アルバム「Beginning From An End」は、RCA傘下に新設されたプログレッシヴ・レーベルNeonの第1弾アルバムとして発表された。

Fair Weather - 1971 - Beginning From An End (full album)  https://www.dailymotion.com/video/x2mqy6s

Andy Fairweather-Low(vo,g)
Neil Jones(g)
Blue Weaver(kbd)
Clive Taylor(b)
Dennis Bryon(ds)
Derek Wadsworth(tb)
Roger Wade(sax)
Bud Parks(tp)
Terry Noonan(tp)
B.J. Cole(st-g)
& Others
Producerd by Andy Fairweather-Low

収録曲目
01.God Cried Mother/神は母の名を呼ぶ
02.Don't Mess With Cupid/キューピッドと戯れるな
03.Dead And Past/死と過去
04.I Hear You Knockin'/アイ・ヒア・ユー・ノッキン
05.You Ain't No Friend/友情の断絶
06.Sit And Think/落ち着いて考えろ
07.Looking For The Red Label/レッド・レーベルを求めて
08.Poor Man's Bum A Run/プア・マンズ・バム・ア・ラン
bonus track(single):
09.Natural Sinner/悪魔の落し子 (1970)
10.Haven't I Tried/バウンド・アイ・トライド (1970)
11.Road To Freedom/自由への道 (1971)
12.Tutti Frutti/トゥッティ・フルッティ (1971)
13.Lay It On Me/レイ・イット・オン・ミー (1970)
14.Looking For The Rde Label Part 2/レッド・レーベルを求めて パート2 (1971)

72年にはドイツのHansaからレア盤で知られるアルバム「Let Your Mind Roll On」がリリースされる。

<albums>

Beginning From An End (Neon NE1) 1970 

Let Your Mind Roll On (Hansa 85 733IT) 1972

Germany

https://youtu.be/C5AUIyG_3CI

<singles>

Natural Sinner / Haven’t I Tried (To Be A Good Man) (RCA 1977) 1970/7

Road To Freedom / Tutti Frutti (RCA 2040) 1970/12

Lay It On Me / Looking For The Red Label Part 2 (Neon NE1000) 1971/5

posted by koinu at 11:14| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする