2021年02月10日

イーディス・ウォートン(1862-1937)の短編『ローマ熱』(1934年の作品)

『ローマ熱』イーディス・ウォートン


少女時代から幼なじみのふたり。

ふっくらとして血色がよいのがMrs. Sladeと、気弱に見える方がMrs. Ansleyである。

ニューヨーク上流階級出身どちらも早々に夫を亡くして、娘を連れてローマを訪れている。スレイド夫人にとっては、今は亡き夫と出会い、ローマは婚約をした思い出の土地。


月夜の晩に娘たちが夜遊びに出かけてから、レストランのテラス席でおしゃべりをする。表面上は仲がいいのだけれど、スレイド夫人はどこかアンスリー夫人を見下して何かにつけていらいらしている。

若い頃はその美貌が評判でパーティーの花だったスレイド夫人に、その引き立て役に徹していたアンスリー夫人であった。今スレイド夫人はアンスリー夫人が羨ましくてたまらない理由は娘にあった。スレイド夫人の娘ジェニーは完璧ながら良い子すぎてつまらないところがある。ゴージャスだったスレイド夫人の若い頃に比べると、見劣りする。


アンスリー夫人の娘のバーバラは快活で少し危なっかしいが、大輪のバラのような美人。ローマ滞在中に若いイタリア人の公爵とお近づきになり、婚約も間近というところ。バーバラと一緒にいるとジェニーは引き立て役でしかない。この娘たちはスレイド夫人とアンスリー夫人がそっくり入れ替わってしまったような存在である。


これがスレイド夫人のイライラを誘い、アンスリー夫人より優位に立ちたくて、長年秘密にしていたことを打ち明けてしまう。

今は亡き夫デルフィンは、若くハンサムで人気者だった。すでにアリダ(現スレイド夫人)と付き合ってはいたものの、グレイス(現アンスリー夫人)も密かにデルフィンに恋をしていた。

アリダはこっそりデルフィンのふりをして「二人きりで会いたい。夜にコロッセオに来てくれ」とグレイス宛に手紙を出す。デルフィンに恋するグレイスはコロッセオに向かい、病弱なのに長時間ひとり夜風にさらされて待ちぼうけて、ひどい風邪を引き寝込んでしまう。グレイスが寝込んでいる間に、アリダはさっさとデルフィンとの婚約をとりまとめてしまった。

だがスレイド夫人はアンスリー夫人の大事な思い出である、恋していた相手からもらった最初で最後の手紙をぶち壊すことには成功したのだが、思わぬ反撃が待ちうけていたのだった。


[友達だったけれど、本当はあなたは私のことがずっと嫌いだったのよね」FIN


【関連図書】

『アメリカ短編ベスト10』平石貴樹

『Sモームが薦めた米国短篇』小牟田康彦

20世紀アメリカ短篇選』(岩波文庫)


イーディス ウォートン(Edith Wharton)1862 - 1937 米国の作家。ニューヨーク生まれ。旧名イーディス・ニューボールド ジョーンズ。

名門の家に生まれ、ヨーロッパ風の教育を受け小さい頃より創作をしたといわれる。結婚後、ニューヨークの社交界で暮らし、1907年以降パリに住み、国際人として暮らした。’13年に離婚。ニューヨークの上流社会を題材とする作品を次々に発表し、第一作「歓楽の家」(’05年)は社交界で成功しようとした女性の破滅を描き、「汚れなき時代」(’20年)で女性として初のピューリッツァ賞を受賞した。他に自伝「ふりかえって」(’34年)などがあり、’24年にはアメリカより小説上の功績に対して金メダルを授与され、晩年にはアメリカン・アカデミー会員にもなった


イーディス・ウォートン(1862-1937)の短編『ローマ熱』(1934年の作品)を訳しています。

http://f59.aaacafe.ne.jp/~walkinon/romanfever.html

posted by koinu at 08:08| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

『20世紀イギリス短篇選』小野寺健編訳(全2巻)岩波文庫

短篇小説の面白さは人生のある局面を鋭く鮮かに切りとって見せる,その技の冴えにあるといってよい。

そういう実作にこと欠かぬ現代イギリスの傑作短篇から二十三篇を選りぬいておとどけする。


上巻には第一次大戦前から第二次大戦中の,また下巻には五〜七年代の作品を収められ、どの一篇にも短篇の妙味をたっぷり味わうことができる。


テレビドラマを観るよりも、刺激的な展開や想像する面白さにあふれている世界です。本書を構成された小野寺 健さんの業績結晶のように想えます。

【収録作品】

『20世紀イギリス短篇選 上』

「船路の果て」 ラドヤード・キップリング 

「故郷への手紙」 アーノルド・ベネット 

「ルイーズ」 サマセット・モーム 

「岩」E・M・フォースター 

「上の部屋の男」P・G・ウドハウス 

「キュー植物園」ヴァージニア・ウルフ 

「痛ましい事件」 ジェイムズ・ジョイス 

「指ぬき」 D・H・ロレンス 

「脱走」 ジョイス・ケアリー 

「ジョコンダの微笑」 オルダス・ハックスリー 

「幽鬼の恋人」 エリザベス・ボウエン 

「単純な生活」 H・E・ベイツ 


7AF182F1-5B82-4FB0-8494-F41C19D5C980.jpeg


『20世紀イギリス短篇選 下』

「あいつらのジャズ」 ジーン・リース

「確実な人生」 ショーン・オフェイロン

「この四十年」ノーラ・ロフツ

「レディだけの旅」オリヴィア・マニング

「届かない花束」 ウィリアム・サンソム

「蠅取紙」エリザベス・テイラー

「豪華な置時計 ミュリエル・スパーク

「愛の習慣」 ドリス・レッシング

「欠損家庭」 ウィリアム・トレヴァー

「再会」 マーガレット・ドラブル

「別れられる日」スーザン・ヒル 


(岩波文庫1987年刊行)


小野寺 健(おのでら たけし、1931919 -201811日)

英文学者、翻訳家、横浜市立大学名誉教授。神奈川県横浜市生まれ。東京大学英文科卒、同大学院に学び、1958年茨城大学専任講師、1962年横浜市立大学助教授、1967年英国リーズ大学に留学。横浜市立大学教授を96年定年退官、日本大学教授、2002年退職。文化学院・文芸学科講師。英国20世紀小説を専門とし、ジョージ・オーウェル、アニータ・ブルックナー、EM・フォースターなど翻訳多数、またエッセイ集もある。

posted by koinu at 14:26| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親鸞『教行信証』総序より

「難思の弘誓は難度海を度する大船」 


人の知性ではおもいはかれない、生けるものを広く救済しようと誓った。その阿弥陀仏の本願は、渡ることが難しい荒海のような苦悩の中を生きる人を、苦しみを超えた世界へと渡らせる大きな船である。


「無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり」

何ものにも妨げられない阿弥陀仏のひかりは、真実の智慧がない人の闇を破る太陽であろう。


「難思の弘誓は難度海を度する大船、無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり」親鸞『教行信証』総序より

posted by koinu at 08:04| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

『20世紀アメリカ短篇選』(岩波文庫)

上巻には主として20世紀前半に活躍した作家13人の作品を収録。突然失踪して修道僧となった社交界のヒーロー、ニューヨーク下町の人間群像、飢餓に苦しむ先住民族の長老を待つ掟―見事な人物描写を通して、20世紀前半のアメリカ社会を写しとる。 

26E2333A-B589-420A-9DD0-A756F79FEA7C.jpeg

<上巻>【収録作品】

オー・ヘンリー『平安の衣』/イーデス・ウォートン『ローマ熱』/セオドア・ドライサー『ローゴームと娘のテレサ』

ジャック・ロンドン『生命の法則』/シャーウッド・アンダソン『手』/キャサリン・アン・ポーター『あの子』

ジョン・ドス・パソス『メアリー・フレンチ』/スコット・フィッツジェラルド『パット・ホビーとオーソン・ウェルズ』

ウィリアム・フォークナー『ある裁判』/アーネスト・ヘミングウェイ『なにかの終焉』/ジョン・スタインベック『人を率いる者』

アースキン・コードウェル『スウェーデン人だらけの土地』/ネルソン・オルグレン『スティックマンの笑い』

 

20世紀アメリカ短篇選』(岩波文庫)<下巻

主として第二次大戦前に活躍した作家たちの作品を収録した上巻に続いて、ウラジーミル・ナボコフからフィリップ・ロスまで、下巻は戦後に活躍した作家たちの作品を収める。極めて対照的な作品世界で興味深い。

【収録作品】

ウラジミール・ナボコフ『ランス』/ユードラ・ウェルティ『ある記憶』/バーナード・マラマッド『ユダヤ鳥』

ソール・ベロウ『父親になる男』/ジーン・スタフォード『動物園で』/カーソン・マッカラーズ『木・岩・雲』

J.D.サリンジャー『笑い男』/カート・ヴォネガット・ジュニア『バーンハウス心霊力についてのレポート』

トルーマン・カポーティ『ミリアム』/フラナリー・オコナー『ゼラニューム』/ジョン・バース『暗夜海中の旅』

ドナルド・バーセルミ『黄金の雨』/ジョン・アップダイク『別居』/フィリップ・ロス『たいへん幸福な詩』

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▽バッハ家の音楽のたのしみ NHK-FM「古楽の楽しみ」

28日月曜 NHKFM 午前600分〜 午前655


 ▽バッハ家の音楽のたのしみ(1 

今週は「バッハ家の音楽のたのしみ」で、ヨハン・セバスティアン・バッハの作品と、毎日異なる演奏家によるバッハの「シャコンヌ」を放送。


楽曲「協奏曲 ハ長調 BWV594 ヴィヴァルディ:作曲 バッハ:編曲 (オルガン)ロレンツォ・ギエルミ 1623秒) ARS Musici AMCD232238  「バイオリンと通奏低音のためのソナタ ト長調 BWV1021 バッハ:作曲 (バイオリン)エーリヒ・へーバルト、(チェンバロ)アーポ・ハッキネン 834秒)AEOLUS AE 10236  「バイオリンとチェンバロのためのソナタ ト長調 BWV1022 伝バッハ:作曲(バイオリン)エーリヒ・へーバルト、(チェンバロ)アーポ・ハッキネン 909秒) AEOLUS AE 10236  「無伴奏バイオリン・パルティータ 2 ニ短調 BWV1004から シャコンヌ」 バッハ:作曲(チェンバロ、編曲)スキップ・センペ 1103秒) Harmonia Miund(独) 05472 77222 2  


29日火曜 NHKFM 午前600分〜 午前655 

バッハ家の音楽のたのしみ(2  

バッハの「管弦楽組曲第4番」の序曲とその序曲が転用された「カンタータ第110番」、そして「シャコンヌ」をチェンバロによる編曲で放送。


楽曲  「管弦楽組曲 4 ニ長調 BWV1069から 序曲」 バッハ:作曲 (合奏)ゼフィロ・バロック・オーケストラ、(指揮)アルフレード・ベルナルディーニ 1150秒) ARCANA A400  「カンタータ110番「笑いは、われらの口に満ち」BWV110 バッハ:作曲 (ソプラノ)ジョアン・ラン、(カウンターテナー)ウィリアム・タワーズ、(テノール)ジェームズ・ギルクリスト、(バス)ピーター・ハーヴィ―、(合唱)モンテヴェルディ合唱団、(合奏)イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、(指揮)ジョン・エリオット・ガーディナー 2213秒) Soli Deo Gloria SDG113  「無伴奏バイオリン・パルティータ 2 ニ短調 BWV1004から シャコンヌ」 バッハ:作曲 (チェンバロ、編曲)ボプ・ファン・アスペレン 1138秒) AEOLUS AE 10044 


210日水曜 NHKFM 午前600分〜 午前655 

バッハ家の音楽のたのしみ(3  

バッハの失われたバイオリン協奏曲をめぐる作品を中心に放送。


楽曲  「チェンバロ協奏曲 1 ニ短調 BWV1052から 1楽章」 バッハ:作曲 (合奏)アムステルダム・バロック管弦楽団、(指揮とチェンバロ)トン・コープマン 725秒) ERATO 4509-91930-2  「カンタータ第146番「われら多くの苦難をへて」 BWV146から 1曲、第2曲」 バッハ:作曲 (オルガン)ロレンツォ・ギエルミ、(合唱と合奏)イル・ガルデリーノ、(指揮)マルセル・ポンセール1304秒) Passacaille PSC-987  「カンタータ第188番「われはわが依り頼みを」 BWV188から シンフォニア (渡邊孝による復元版)」 バッハ:作曲 (オルガン)渡邊孝、(合奏)アンサンブル・コルディア、(指揮)ステファノ・ヴェジェッティ 744秒) BRILLIANT CLASSICS 96218  「「バビロン川のほとりで」 BWV653 バッハ:作曲 (オルガン)ジャン・ボワイエ 544秒) STIL 0607 SAN 88  「無伴奏バイオリン・パルティータ 2 ニ短調 BWV1004から シャコンヌ」 バッハ:作曲 (バイオリン)マリー・レオンハルト 1302秒) L'Autre Monde LAM1

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

『アメリカ短編ベスト10』平石貴樹

アメリカ小説の魅力がぎっしり詰まった短編小説集。

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもとベスト10作品をアメリカ文学研究の泰斗で本格推理小説作家・平石貴樹が厳選し翻訳した。氏、初の編訳アンソロジー。

0525D810-EDB4-4C3A-BD49-D0C779AEFCB4.jpeg

【内容】

1 エドガー・アラン・ポー「ヴァルデマー氏の症例の真相」

2 ハーマン・メルヴィル「バートルビー」

3 セアラ・オーン・ジュエット「ウィリアムの結婚式」

4 イーディス・ウォートン「ローマ熱」

5 ジャック・ロンドン「火をおこす」

6 ウィリアム・フォークナー「あの夕陽」

7 アーネスト・ヘミングウェイ「何かの終わり」

8 バーナード・マラマッド「殺し屋であるわが子よ」

9 ジェイムズ・ボールドウィン「サニーのブルース」 

10 レイモンド・カーヴァー「シェフの家」

次 リチャード・ブローティガン「東オレゴンの郵便局」

あとがき

松柏社 (2016/6/8)


小説家・平石貴樹ならではのセレクションと名訳でお届けする珠玉のアンソロジーとなっている。


エドガー・アラン・ポー「ヴァルデマー氏の病状の真相」

催眠術の研究をしていた男は、かねてより「死に行く人に対する催眠術の効果」について調査をしたいと考えていた。今まさに死につつある人には催眠術はかかるのか、かかりかたはどうなのか。

そんな彼の疑問に長患いの末死期が近いヴァルデマー氏が協力を申し出てくれた。今まさに臨終と言う時に男がかけた催眠術の影響で、ヴァルデマー氏は

 


ハーマン・メルヴィル「バートルビー」

法律家の男は代書人としてバートルビーという男を雇い入れる。問題だらけの他の従業員と比べ、バートルビーは黙々とたくさんの仕事をこなす能力を持っていた。

しかしバートルビーは、代書以外の仕事はどんな些細な雑用でも「しない方がありがたいのですが」と繰り返すばかりで何もしようとしない。そのやんわりとした拒絶は徐々に拡大し、やがて代書の仕事さえしなくなりだす。


セアラ・オーン・ジュエット「ウィリアムの結婚式」

久しぶりに田舎に戻った女性は、旧友の女性を訪ねる。そこで遠くで働く彼女の息子ウィリアムが帰省して、結婚式を挙げると知る。村はその噂でウキウキとわきたっていた。


イーディス・ウォートン「ローマ熱」

幼馴染の未亡人二人が、お互いの娘を連れてローマへと旅行に来た。娘たちが出かけたあとに、二人はかつて娘時代にローマへと来た時の思い出話を始める。そしてかつての悪意と裏切りが、今になって暴かれてゆくのだった。


ジャック・ロンドン「火をおこす」

極寒の山中に、男は犬を連れて一人で調査に出かけた。仲間の待つキャンプ地へと戻るところ、とてつもない寒さの中、川の氷を踏み抜いて足を濡らしてしまった。命を守るために火を起こして濡れた体を温めようとするのだったが。


ウィリアム・フォークナー「あの夕陽」

まだ幼い白人の少年。父が所有する黒人奴隷の女性は、失踪した内縁の夫である黒人奴隷が自分を襲うために隠れていると信じている。

少年は彼女に懐いているが、そんな妄想のような考えを持っているのに不安を抱いていた。


アーネスト・ヘミングウェイ「何かの終わり」

河原に釣りに来たふたり男女。いつも通り振る舞う女性に対して、男性は妙に心沈んでいるのだった。


バーナード・マラマッド「殺し屋であるわが子よ」

仕事もせず引きこもり、ただ街を徘徊する息子。心配する父は何をしてやればいいのかもわからず、ただ息子の後を追いかけている。


ジェイムズ・ボールドウィン「サニーのブルース」

教師である黒人青年は弟のサニーを心配していた。サニーは過去問題を起こし、刑務所に入っていた過去がある。出所後何をしているかもわからないサニーがバンドでピアノを弾くと呼ばれて、青年は弟を見守りに行く。


レイモンド・カーヴァー「シェフの家」

アルコール依存症の夫と離婚した女性。入院した元夫が友人のシェフの家をただ同然で借り、自分とやり直したがっていると聞く。現在の恋人と別れ、元夫を支えるためその家に行き、彼を支えることにする。

今までにないほど穏やかで満ち足りた生活を送る二人のもとに、家主のシェフから連絡があったのだが。


平石貴樹 1948年、北海道函館生まれ。アメリカ文学者、作家。東京大学名誉教授。斬新な切り口と強烈な筆致で読者未体験の世界を切り拓き話題を呼んだ『アメリカ文学史』(小社刊) 1983年すばる文学賞受賞作『虹のカマクーラ』、最近では『松谷警部と目黒の雨』『松谷警部と三鷹の石』 『松谷警部と三ノ輪の鏡』(東京創元文庫)を発表し作家として活躍する。

posted by koinu at 17:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『フォークナー短編集』ウィリアム・フォークナー著 (新潮社)

ノーベル賞作家が捉えた嫉妬、怒り、嘘――。ヘミングウェイと並び称される20世紀アメリカ文学の巨匠が映し出す、8つの物語。

ミシシッピー州に生れ、アメリカ南部の退廃した生活や暴力的犯罪の現実を斬新で独特な手法で描き、20世紀最大のアメリカ文学者に数えられるノーベル賞作家フォークナーの作品集。大人の悪の世界と子供の無邪気な世界を描いた「あの夕陽」をはじめ、黒人リンチ事件と老嬢の心境を捉えた「乾燥の九月」、南部人の中にくすぶる復讐心を扱った「納屋は燃える」など珠玉の8編を収録。

【目次】
嫉妬(Jealousy)
赤い葉(Red Leaves)
エミリーにバラを(A Rose for Emily)
あの夕陽(That Evening Sun)
乾燥の九月(Dry September)
孫むすめ(Wash)
バーベナの匂い(An Odor of Verbena)
納屋は燃える(Barn Burning)
解説 龍口直太郎/訳
《新潮文庫649円(税込)》

「想像力と数100円」
アメリカンな軽量嗜好な思考になる前に、想像力と数100円が可能となる文庫読書。頭が悪くなるような音楽を聴いている場合じゃない事態が続いている。
posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Sモームが薦めた米国短篇』小牟田康彦 編訳

名作の案内人としても名高いサマセット・モームがアメリカの大都市以外に住む、手軽に文学書が手に入らない読者のために選んだ20世紀初頭の英米短篇46篇から米国作家の6篇を厳選して新訳。

 【目次】

「贈り物」ジョン・スタインベック

「再訪のバビロン」F・スコット・フィッツジェラルド

「フランシス・マカンバーの短い幸せな生涯」アーネスト・ヘミングウェイ

「エミリーに一輪のバラを」ウイリアム・フォークナー

「詩は金になる」コンラード・バーコヴィッチ

「ローマ熱」イーディス・ウォートン

編訳者 あとがき


四六判上製256頁 2,500(税別)

ISBN978-4-89642-538-3 C0097


このところアメリカの短編小説がさまざまに、乱反射して面白く読んだりします。


「キリスト教を教会という場所や制度に閉じ込めることをやめ、個人の手に『霊性』を開放したために、アメリカの近代文学は、日本やイギリスのように、徹底的な世俗化をともないながら展開することはなく、「身近なもの」への注目が、そのまま『霊的なもの』への関心や思索を導くような、超越的な文学、アレゴリーやら象徴主義やらを招きよせやすい、いわば『前近代の香りの高い』文学を、産み出すことになった。」

平石貴樹『アメリカ文学史』より。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

ピクトグラム図案風タロット、秘法22枚組のみ限定印刷

シンボリズムを極めて、深い意識下の世界から、俊敏なメッセージを詠むパワーカード。

シンボリズムを極めて、深い意識下の世界から、俊敏なメッセージを詠むパワーカード。
1BAFA4EE-31E1-4587-AD3C-170DE06FE68E.jpeg
ピクトグラム図案風タロット
は、秘法22枚組のみ限定印刷。
A041C871-177F-4FF9-A8C9-C1BD16B30EAB.jpeg
潜在意識に共鳴するカードを手にすると、あなたの世界が変わります。
4F85967A-1465-498E-BEA2-E8EB81BB8501.jpeg
ペンギンタロットを使用した、占い方のページ。
限定制作カード格安販売中。

http://penguintarot.seesaa. net/

55C1435C-128E-4CA2-A6B1-A203A3E18BE3.jpeg

仮にあなたがあと一年しか生きられないとしたら、何をして過ごしますか?その結論から、あなたが好きなことは何で、やりたいことはなんだと思いますか?

06BC1A64-F1A7-4A68-A8A2-E56F82FE1AC7.jpeg
posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーター・バラカン2020年ベストアルバム

ピーター・バラカン2020年ベストアルバム


Tony Allen & Hugh MasekelaRejoice


Nat BirchallThe Storyteller: A Musical Tribute to Yusef Lateef


Frisell, BillValentine


Sarah JaroszWorld On The Ground


Lavette Bettye Blackbirds


Dan PennLiving On Mercy


PettyTomWildflowers & ALL REST


RUSTEM QULIYEV『アゼルバイジャン・ギター』


Sangare OumouAcoustic


Uzelli Elektro Saz (1976 - 1984)


(「ミュージック・マガジン」20211月号より)

posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

結成25周年Foo Figters10枚目オリジナルアルバム

元ニルヴァーナのドラマーで現在の音楽シーンを代表するデイヴ・グロール(vo,g)を中心とするFoo Fighters

アルバム前作に引き続いて、アデルやシーアのプロデュースなどで知られるグレッグ・カースティンを迎えて、結成25周年の集大成アルバムとして凝縮された作品。


https://youtu.be/R1G6-RUz3OA


Foo FightersMedicine at Midnight

  1. 1.Making a Fire
  2. 2.Shame Shame
  3. 3.Cloudspotter
  4. 4.Waiting on a War
  5. 5.Medicine at Midnight
  6. 6.No Son of Mine
  7. 7.Holding Poison
  8. 8.Chasing Birds

https://youtu.be/2gnvQWwwoTg


みんなに聴いてもらうのが超楽しみだプレイするのも待ちきれないよこのアルバムには、5万人が歌い、その瞬間、みんなの心を一つにするようなコーラスがあるんだ。そこなんだよ! " Dave Grohl 

B455E2BA-EF7A-4FB7-94DA-A1F55376E929.jpeg
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RUSTEM QULIYEV『アゼルバイジャン・ギター』

1. Ay Dili Dili アイ・ディリ・ディリ

2. Aman Tello アマン・テロ

3. Əfqan Musiqisi アフガン音楽

4. İran Təranələri イランの歌

5. Tancor Disko ディスコ・ダンサー

6. Fars Musiqisi ペルシャ音楽

7. Yanıq Kərəmi 焦げたキャラメル

8. Neyçün Gəlməz なぜ来ない

9. Baş Sarıtel サリテル首長


このような中近東エモーションはジャンルなどを超えても、才能試しに国境越アイデアとして取組む要素あるだろうか。

Rüstəm Quliyev "AZERBAIJANI GITARA" Bongo Joe BJR053

Grisha Sarkissian "GARMON DANCES" Parseghian PRCD11-30 (1992)

Azad Abilov "GARMON" Çinar Müzik 2002.34.Ü.SK-P1244/02-02 (2002)

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Black Country, New Road はデビューアルバム記念して配信ライヴを行う。『For the first time』を2月5日リリース。

アンディ・サヴァースがプロデュースしたアルバムは今年前半レコーディングされて、イギリス全土の新型コロナウイルスのロックダウンが終わる頃に完成した。

https://youtu.be/XS5ST2bqiRI

プレス・リリースに6曲を収録したアルバムは「エネルギー、凶暴性、起爆剤」を捉えた。


フロントマンのアイザック・ウッドは「基本的に活動をスタートさせてから最初の18ヶ月間を体現している」と述べて、サックス奏者のルイス・エヴァンスは「ライヴでこう聴こえていれば気持ちいいなと思う音とまったく同じにしたかった」と語っている。

アイザック・ウッドは次のように続けている。「バンドがいったいどういうものなのか、その姿を本当に忠実に、誠実に切り取ってみることに僕自身が強い興味を持ってるんだ。人々にアーティストとしてのレベルや、手の届きかかっているフェイズといった部分まで感じ取ってもらえれば、それはすごく素敵だよね」


https://youtu.be/pBa30H-QKt4


リリースの詳細

label: BEAT RECORDS / Ninja Tune

artist: Black Country, New Road

title: For the first time

release date: 2021/02/05 ON SALE

国内盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入

01. Instrumental

02. Athens, France

03. Science Fair

04. Sunglasses

05. Track X

06. Opus

07. Black Country, New Road w/ Stargaze orchestra – Athens, France live from Haldern (Bonus Track)

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

belle & sebastian2019年のワールド・ツアーから厳選した2枚組ライヴアルバム『What To Look For In Summer』

COVID-19から2020年ライヴだけでなく、新譜レコーディング計画が白紙となってしまった。話題を呼んだ船上コンサート「Boaty Weekender3公演を含む2019年の全てのテイクを聴き返し、イエス『Yessongs』やシン・リジー『Live and Dangerous』などのライヴ・ アルバムからインスピレーション得て、最高の録音を選ぶ2枚組のヴォリュームへと編纂された。

初期の「My Wandering Days Are Over」や「Seeing Other People」、「The Boy With The Arab Strap」をはじめ、近作「Poor Boy」や「We Were Beautiful」が並列されたキャリアを総括するベスト盤として、ステージにファンたちが上がり込んで大団円を迎える幸せな瞬間を詰め込んだ作品へ昇華。 

http://amass.jp/143790/


What To Look For In Summer

ディスク: 1

  1. The Song Of The Clyde
  2. Dirty Dream Number Two
  3. Step Into My Office, Baby
  4. We Were Beautiful
  5. Seeing Other People
  6. If She Wants Me
  7. Beyond The Sunrise
  8. Wrapped Up In Books
  9. Little Lou, Ugly Jack, Prophet John
  10. Nice Day for a Sulk
  11. I Can See Your Future
  12. Funny Little Frog

ディスク: 2

  1. The Fox In The Snow
  2. If You're Feeling Sinister
  3. My Wandering Days Are Over
  4. The Wrong Girl
  5. Stay Loose
  6. The Boy Done Wrong Again
  7. Poor Boy
  8. Dog On Wheels
  9. The Boy With The Arab Strap
  10. I Didn't See It Coming
  11. Belle And Sebastian
  12. Century of Fakers *Bonus Track for Japan
  13. Expectations *Bonus Track for Japan   
posted by koinu at 23:23| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スペイン老人施設でファイザー製ワクチン投与の全員が感染 死者も」

スペインの老人ホームでファイザー社のワクチンの第1回の接種を受けた78人全員がCOVID-19に感染し、7人が死亡、4人が入院した。地元紙のEl Periodicoが報じている。

1月13日、トレド県ラガルテラ市にある老人ホームではファイザー社のワクチンの1度目の接種が実施された。ところが6日後、接種された全員にSARS-CoV-2による初期症状が現れた。地元のEl Periodico紙は、この初期症状はワクチンの副反応と判断されたと報じている。

老人ホームの事務所は老人らがコロナウイルス検査で陽性を示したことを受け、全員を別々の部屋に隔離した。
事務所側は、衛生管理規則は全て遵守していると明らかにしたうえで、パンデミック始まって以来と、老人施設で感染蔓延の事態が生じたのは初めてと驚いている。
先日、セルビアでも、米ファイザー社と独バイオンテック社が共同開発したワクチンを接種した半数以上に新型コロナウイルスワクチンの副反応が起きている。
(SPUTNIK 2021/2/2)

「スペイン老人施設でファイザー製ワクチン投与の全員が感染 死者も」
posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

句集「此処」池田澄子(朔出版)

◆『此処』12句抄 

初蝶来今年も音をたてずに来 

私生きてる春キャベツ嵩張る 

桜さくら指輪は指に飽きたでしょ 

大雑把に言えば猛暑や敗戦日 

ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 

玄関を出てあきかぜと呟きぬ 

散る萩にかまけてふっと髪白し 

粕汁の雲のごときを二人して 

偲んだり食べたり厚着に肩凝ったり 

この道に人影を見ぬ淑気かな 

生き了るときに春ならこの口紅 

柚子の皮刻み此の世よ有り難う 

〈第72回読売文学賞作品より〉


口語を駆使した俳句で人気の池田澄子が、80代を迎えて直面したのは 親しい句友、そして伴侶の死。 

亡き師へ、友へ、夫へ――語りかけるように、優しく切なく真っ直ぐ言葉で、 この世の「此処」から放つ380句。 前作『思ってます』以後、待望の第七句集。


◆「あとがき」より 俳句を詠むその時の思いは、この地球に何故か生まれたマンモスの、狼の、 金魚の菫の人間の、偶然に生まれ合わせたもの同士の偶然の出会いと別れの、 その数知れぬことの一つとして書こうとした。 

少なくともペンを持っているときの私の大小の悦びや嘆きは、 此の世に在る万物の思いの一つであった。 


◆池田澄子(いけだすみこ) 

1936年、鎌倉に生まれ、新潟で育つ。 30歳代の終り近く俳句に出会う。1975年、「群島」入会のち同人。 1983年より三橋敏雄に私淑、のち師事。 「俳句評論」を経て、1988年「未定」「船団」入会。 1995年「豈」入会。 2020年3月、「トイ」創刊に参加。 

2020年6月、「船団の会」散在。 

句集に、『空の庭』『いつしか人に生まれて』『ゆく船』『たましいの話』『拝復』『思ってます』『現代俳句文庫29・池田澄子句集』。 散文集に、『休むに似たり』『あさがや草紙』『シリーズ自句自解1・ベスト100』。 対談集 に『兜太百句を読む・金子兜太×池田澄子』。 現在「トイ」「豈」所属。第72回読売文学賞。


◆自選十五句より 
人たちよ駅に寒しと相知らず 
籠に蜜柑テレビのテロップに「爆破」 
年越し蕎麦の蕎麦湯暗渠に合流す 
此処あったかいよとコンビニエンスストアの灯 
心配をしながらリラを嗅いでいた 
夜目遠目染井吉野は花ばかり 
アマリリスあしたあたしは雨でも行く 
河骨や大人になり老人になり 
夕凪や寄港のたびに船古び 
わが晩年などと気取りてあぁ暑し


『池田澄子句集』抄

瞬いてもうどの蝶かわからない

閉経までに散る萩の花何匁

青い薔薇あげましょ絶望はご自由に

じゃんけんで負けて蛍に生まれたの

まいまいに生まれずまいまいを愛す

これ以上待つと昼顔になってしまう

生きるの大好き冬のはじめが春に似て

クリスマス熟睡の猫抱いてあげる

セーターにもぐり出られぬかもしれぬ

ピーマン切って中を明るくしてあげた

私より彼女が綺麗糸みみず

あめんぼがあめんぼを見る目の高さ

着ると暑く脱ぐと寒くてつくしんぼ

山彦や知らなくてもよいけもの道

鯣マラルメ年の始めが暇である

いつしか人に生まれていたわ アナタも?

小一時間噴水を見たり見なかったり

蝉殻を見つけオーイと男親

魚図鑑にデンキウナギがいつも一匹

枝垂桜わたくしの居る方が正面

想像のつく夜桜を見に来たわ

行く先はどこだったよくさくらさくら

舟虫のあつまりづかれしておる

さむいさむいと夜が好き雪が好き

おーいおーいと永久にあなたを呼ぶ山彦

藤壺の生死のほどがわからない

一旦緩急ありし山河よ蚊柱よ


「池田澄子句集」(現代俳句文庫)より

posted by koinu at 10:03| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

「療養食なのに脂っぽい」「野菜が少ない」などの声

 新型コロナウイルスに感染しても無症状や軽症の人が、病院の代わりにビジネスホテルなどで過ごす宿泊療養。10日間ほど隔離されて単調な日々が続く中、数少ない楽しみの一つが食事で、栄養管理の面でも重要だ。各地の療養者が献立をネット交流サービス(SNS)で投稿するなどして、施設や地域による違いが知られるようになってきた。「療養食なのに脂っぽい」「野菜が少ない」などの声を受けて改善した自治体もある。専門家は「療養者は感染して悪化のリスクもある。食事には十分な配慮が必要だ」と指摘する。
 「食事が脂っこく、発熱でしんどい時には一口か二口しか喉を通らなかった」。1月上旬から療養した大阪府内の60代男性が語る。家族にトマトやミカンなどを送ってもらい、栄養を整えようとしたという。
【毎日新聞】より
2CC8C5EF-6BB6-4528-9629-203AB5B9CE3B.jpeg
食べ物から、人の身体がやられてしまう。考える頭も劣化してしまう。
コンビニ食を幼年時代から与えてしまう母親がいたら、鬼畜だろうとも想像できないだろうか?
何故なら、伸び育ちある脳セレプターを、即カットする行為だからである。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流木は何処へ

P1170615.JPG
何処から来たものか、
流木は砂浜に打ち上げられている。
posted by koinu at 13:00| 東京 ☔| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

らせん状の造形

D28C8D62-BB24-4B13-8D56-FEDA0113EB67.jpeg

生まれてからのすべての君の年月 それはひとつの夢だ カア カア 街のバス 破れた鞄 広い散歩道

カア カア すべて誰かの幻

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「犀の角のようにただ独り歩め」

「犀の角のようにただ独り歩め」

サイ頭部にそそり立つ太い一本角のように、独りで自らの歩みなさい。

インドサイは群れではなく単独で行動するため、「犀一本の角」という比喩表現は「孤独」を意味する。


「私たちの悩みは人間関係から起こる」仲間の中では遊戯と歓楽があり、情愛は甚だ大である。愛しき者と別れることを厭いながらも、犀の角のようにただ独り歩めばいいだろう。

四方のどこにでも赴き、害心あることなく、何でも得たもので満足して、諸々の苦難に堪えて、恐れることなく、犀の角のようにただ独り歩むのだ。


「すべての生き物を捕らえず、何ひとつ傷つけず、子孫や仲間を作らず、一頭の犀のように 独りで彷徨い歩め」

posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする