2021年01月12日

『ヒッチコックに進路を取れ』(草思社)山田宏一、和田誠の対談集

スリル、サスペンス、ホラーの古典、ヒッチコック映画の秘密を二人が語り尽くす。映画、ミステリー・ファン必読の案内書。全篇に和田誠さんの楽しい映画場面イラストレーションが満載。

2A211267-A608-432D-A768-6506ED926636.jpeg

【目次】

〈イギリス時代(1925 - 39)〉

・ドイツ表現主義の時代

・最初の「ヒッチコック映画」

・トーキー第一作 - 『恐喝(ヒッチコックのゆすり)』

・『暗殺者の家』

・『三十九夜』とマクガフィン

・ピーター・ローレ

・誰が殺した - 『サボタージュ』

・『第3逃亡者』の見せ場

・『バルカン超特急』

・イギリス時代の最後のヒッチコック映画


1A7C2151-1BCF-40EC-988F-F7E0959B16D1.jpegB4868189-EF8B-461A-9039-C2FA8F9A12A3.jpeg

〈アメリカ時代(1940 - 76)〉

・『レベッカ』

・『海外特派員』

・『スミス夫婦』

・『断崖』

・『逃走迷路』

・『疑惑の影』

・『救命艇』

・『白い恐怖』

・『汚名』

・『パラダイン夫人の恋』

・『ロープ』

・『山羊座のもとに』

・『舞台恐怖症』

・『見知らぬ乗客』

・『私を告白する』

・『ダイヤルMを廻せ!』

・『裏窓』

・『泥棒成金』

・『ハリーの災難』

・『知りすぎていた男』

・『間違えられた男』

・『めまい』

・『北北西に進路を取れ』

・「ヒッチコック劇場」

・『サイコ』

・『鳥』

・『マーニー』

・『引き裂かれたカーテン』

・『トパーズ』

・『フレンジー』

・『ファミリー・プロット』

・ヒッチコックとその周辺

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『映画術 ヒッチコック・トリュフォー』Hitchcock/Truffaut, ou Le Cinéma selon Alfred Hitchcock

D2F5755F-0AC2-4BF3-957E-2DA3ED64FB4B.jpeg

処女作から最後の作品まで、華麗なテクニックとその映画人生のすべてを、520枚の写真を駆使して大公開。ヒッチコックの魅力を満載した名著、待望の決定版。


1962年にユニバーサル・スタジオの会議室で行った、ヒッチコックへの映画についてのインタビューが収録されている。それは1週間以上で録音テープは50時間分に及んで、トリュフォーはその音源を書き起こして、写真とともにヒッチコックのテクニックと映画理論を解説している。ふたりの会話は映画以上に、創作をする人々には刺激ある内容である。


389A4010-0450-48B0-9C5E-D540C0BDF200.jpeg55952081-A06C-432E-A4BF-F55DCD067548.jpeg


『山羊座のもとに』1949 の撮影中にイングリッド・バーグマンへ「イングリッド、たかが映画じゃないか!」と言う。監督作業では俳優を家畜だと思っていたらしい。



『定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー』Hitchcock/Truffaut, ou Le Cinéma selon Alfred Hitchcock

A・ヒッチコック、F・トリュフォー 山田宏一・蓮實重彦訳 B5判 388


◆登場する映画作品『レベッカ』『汚名』『快楽の園』『下宿人』『恐喝』『殺人!』『第十七番』『暗殺者の家』『三十九夜』『間諜最後の日』『サボタージュ』『第3逃亡者』『バルカン超特急』『海外特派員』『スミス夫妻』『救命艇』『白い恐怖』『サイコ』『ロープ』『裏窓』『ハリーの災難』『知りすぎていた男』『北北西に進路を取れ』『めまい』『鳥』『フレンジー』『ファミリー・プロット』「ヒッチコック劇場」etc.

32592932-36CF-4597-81D0-D6497CF84220.jpeg12B5B281-23AD-4262-AC3D-E67BACE47AC4.jpeg
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする