2021年01月11日

アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock, KBE, 1899年8月13日 - 1980年4月29日)鬼才の作品系譜

イギリスの映画監督、映画プロデューサー。1939年からアメリカで活躍。スリラー映画で成功して、製作・脚本も手がけた。自作映画に頻繁にカメオ出演するので知られている。サスペンス映画の神様とも称される鬼才。

BA8DD7DC-45CA-4B37-BB78-F2E672CB7D69.jpeg
《イギリス時代》
1925 快楽の園 The Pleasure Garden
1926 山鷲 The Mountain Eagle
1927 下宿人 The Lodger: A Story of the London Fog
ダウンヒル Downhill
リング The Ring
1928 ふしだらな女 Easy Virtue
農夫の妻 The Farmer's Wife
シャンパーニュ Champagne
1929 マンクスマン The Manxman
恐喝 Blackmail
1930 ジュノーと孔雀 Juno and the Paycock (トーキー作品。原作ショーン・オケーシー)
殺人! Murder!
エルストリー・コーリング Elstree Calling
1931 スキン・ゲーム The Skin Game
メアリー Mary ※ 殺人! のドイツ版
1932 第十七番 Number Seventeen
リッチ・アンド・ストレンジ Rich and Strange
1933 ウィンナー・ワルツ Waltzes from Vienna
1934 暗殺者の家 The Man Who Knew Too Much
1935 三十九夜 The 39 Steps
1936 間諜最後の日 The Secret Agent
サボタージュ Sabotage
1937 第3逃亡者 Young and Innocent
1938 バルカン超特急 The Lady Vanishes
1939 巌窟の野獣 Jamaica Inn
2EB62BC5-26C9-43F6-926D-6E6A089C4E5F.jpeg
《アメリカ時代
1940 レベッカ Rebecca アカデミー作品賞
海外特派員 Foreign Correspondent
1941 スミス夫妻 Mr. & Mrs. Smith
断崖 Suspicion
1942 逃走迷路 Saboteur
1943 疑惑の影 Shadow of a Doubt
救命艇 Lifeboat
1944 闇の逃避行 Bon Voyage
マダガスカルの冒険 Aventure Malgache
1945 白い恐怖 Spellbound
1946 汚名 Notorious
1947 パラダイン夫人の恋 The Paradine Case
1948 ロープ Rope
1949 山羊座のもとに Under Capricorn
1950 舞台恐怖症 Stage Fright
1951 見知らぬ乗客 Strangers on a Train
1953 私は告白する I Confess
1954 ダイヤルMを廻せ! Dial M for Murder
裏窓 Rear Window
1955 泥棒成金 To Catch a Thief
ハリーの災難 The Trouble with Harry
1956 知りすぎていた男 The Man Who Knew Too Much
間違えられた男 The Wrong Man
1958 めまい Vertigo
1959 北北西に進路を取れ North by Northwest
1960 サイコ Psycho
1963 The Birds
1964 マーニー Marnie
1966 引き裂かれたカーテン Torn Curtain
1969 トパーズ Topaz
1972 フレンジー Frenzy
1976 ファミリー・プロット Family Plot

⭐︎ 映画監督として30代から40代の頃に、サスペンス映画ドラマの基盤を形成した足跡がある。
それらを錬磨して50代ではサスペンス映画の王座を築いている。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サスペンス映画の神様アルフレッド・ヒッチコック監督BSプレミアム放送

『レベッカ』『白い恐怖』『汚名』『鳥』『裏窓』『ロープ』などが毎週水曜日午後に連続放送される。


プレミアムシネマ「白い恐怖」

113日(水)[BSプレミアム]後1:002:52

精神病院を舞台にした『白い恐怖』は、大戦後のアメリカで流行していた精神分析ブームを反映している。病院の新院長に就任したエドワーズ(グレゴリー・ペック)が、白黒模様を見ると異変をきたす女性(イングリッド・バーグマン)の疑問に、その謎を解くための重要な手掛かりになっているのがであった。白い恐怖となる夢場面デザインしたのは、シュールリアリズム画家のサルバドール・ダリ。


プレミアムシネマ「レベッカ」

120日(水)[BSプレミアム]後1:003:11


アカデミー作品・撮影賞を受賞、ヒッチコック監督が、ハリウッドで最初に手がけたミステリー・ロマン。モンテカルロで大富豪のマキシムと出会い、結婚したわたしは、イギリスのマンダレーへやって来る。しかし、その邸宅は幽霊屋敷のようで、事故死した前妻レベッカを慕う使用人に冷たく迎えられるのだった。イギリスの作家ダフネ・デュ・モーリアの小説をもとに、光と影を生かした映像美が印象的な名作。


プレミアムシネマ「鳥」

127日(水)[BSプレミアム]後1:003:00

突然、人間を襲いはじめた鳥たち。巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督が華麗な映像テクニックを駆使して理由なき恐怖を描く傑作スリラー。ペットショップで出会った弁護士のミッチに好意を抱いたメラニーは、ミッチが母と週末を過ごす小さな漁村に、彼の妹への誕生日プレゼントの小鳥を持って訪れるが、ボートの上でカモメに襲われる。その後、次々と鳥たちが人間を襲い、村はパニックに。メラニーたちは脱出できるのか


プレミアムシネマ『裏窓』

23日(水)午後100分〜254

ヒッチコックの職人技がさえる傑作サスペンス。事故で足を骨折して、アパートで車いす生活となったカメラマンのジェフは、退屈しのぎに裏窓からアパートの住民たちを観察していた。ある日、向かいに住むセールスマンの妻がいなくなり、ジェフは、いつも口論していた夫が殺害したのではないかと推測し、恋人のリザと看護師ステラの協力を得て調査を始めるが。リザを演じたグレース・ケリーの華やかな美貌も印象的。


プレミアムシネマ『ロープ』

210日(水)午後100分〜222

天才監督ヒッチコックが、実話をもとにした舞台劇を映画化したサスペンススリラー。2人の青年フィリップとブランドンは、自らの優秀さを証明するため完全犯罪をたくらみ、友人をロープで殺害、部屋に死体を隠す。その部屋に被害者の親や婚約者を呼んでパーティーをするが、大学教授のルパートは2人の異常な行動に気づく

上映時間とドラマの進行時間を一致させ、長回しの映像で描くなど、斬新な演出の異色作。

posted by koinu at 10:30| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする