2021年01月09日

NHK国際放送が選んだ日本の名作(双葉文庫)

908FD964-05A3-4812-B5B7-DA434FE53AFF.jpeg

1 10分のしあわせ NHK国際放送が選んだ日本の名作』(双葉文庫)


世界で聴かれているラジオ番組「NHKワールドジャパン」で放送された短編小説アンソロジー。


朝井リョウ「清水課長の二重線」

石田衣良「旅する本」

小川洋子「愛されすぎた白鳥」

角田光代「鍋セット」

坂木司「迷子」「物件案内」

重松清「バスに乗って」

東直子「マッサージ」「日記」

宮下奈都「アンデスの声」


20197月に双葉文庫から出版された本で、8人の作家による短編集。外出制限されている時期に読まれる文庫本が増刷されてる。


56E5FCDE-5B30-40A1-B207-727B47EA3F35.jpeg

110分のごほうび  NHK 国際放送が選んだ日本の名作』(双葉文庫)


赤川次郎 仕事始め/便利な結婚/代筆

江國香織 晴れた空の下で/南ヶ原団地A号棟

角田光代 旅する本

田丸雅智 海酒/綿雲堂

中島京子 妻が椎茸だったころ

原田マハ 誕生日の夜

森浩美 最後のお便り

吉本ばなな みどりのゆび

https://ddnavi.com/review/613222/a/


《短編ドラマを構想するには、絶好の10分ショートストーリーたち》物品や対象となるものを、別のものに脚色してみる。色んなドラマが浮かんでくる。


81499E39-310C-4717-9870-0DFB15890D0D.jpeg

110分のぜいたく NHK国際放送が選んだ日本の名作』(双葉文庫)


通勤途中や家事の合間など、スキマ時間の読書でぜいたくなひとときを―。夫が遺した老朽ペンションで垣間見た、野生の命の躍動。震災で姿を変えた故郷、でも変わらない確かなこと。心が疲弊した孫に寄り添う、祖父の寡黙な優しさ。彩り豊かに贈る、好評シリーズ第三弾。


【目次】

みどり色の記憶(あさのあつこ)

果物屋のたつ子さん神主の白木さん(いしいしんじ)

バーバのかき氷(小川糸)

テンと月(小池真理子)

ピアノのある場所(沢木耕太郎)

おまじない(重松清)

ムシヤシナイ(高田郁)

ああ幻の東京五輪 世田谷区(山内マリコ)

団地への招待 板橋区

日本インド化計画 江戸川区

東京の誕生 東京都

posted by koinu at 13:21| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「女性性と力について」ハンナ・リード

「女性嫌悪は原始的なものです。だから、変えることが難しいのです。でも、それは恐ろしいもので、自身の中にある弱い部分や女性的な部分を否定するものです。まだ誰しもそういうところがあるのです」


https://nme-jp.com/news/97142/

ロンドングラマーの3THアルバムが、来月リリース。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする