2020年11月08日

ジージー・ワイリー「最後の優しいことばブルース」

Geeshie Wiley(ギシー・ワイリー) 本名:Lillie May Wiley  

ミシシッピ州ナチェスの出身、戦前デルタ・ブルース女性歌手。


Geeshie Wileyの代表的な歌、Last Kind Words Blues 

https://youtu.be/oAKfy2W70Qg


「最後の優しいことばブルース」

最後に優し気に語った父さんの言葉。「もし今度ドイツで始まった戦争で俺が病死したら、体はお前の母のところに運ぶように頼むよ。

もし俺が戦死したら埋めないで、ハゲワシどもに全部喰わせてやれ。もし俺があの裕福な農家の畑を横切って帰って来た時は、小麦粉は持って来れなくても、コーンミールぐらいは持って帰れるだろう。

停車場に行ったけど、もう夜空に星が輝き始めている。汽車が待っていても来ないのなら、歩いて行くしかなさそうだ。

お母さんが亡くなる前に言ったのは、「私の大切な娘よ、どうか身を慎んで生きてね」だった。

ミシシッピ河は幅広くて深いけど、ここに立って私の子供を彼岸から見ることも出来るわね。私の傍から離れたことが無い子だけど、私が深い海を渡ってしまったらもう見ることも出来なくなるわね。

ジージー・ワイリー


19303月に彼女は "Last Kind Word Blues"  "Skinny Leg Blues" をパラマウントで吹き込む。Elvie Thomas が伴奏を務めている。Thomas もこの時 "Motherless Child Blues""Over to My House"の録音をしている。Thomas の吹き込みでワイリーはギターの伴奏、コーラスを務めた。

19313月に二人は再び共に "Pick Poor Robin Clean"  "Eagles on a Half" を録音。


MONKEY vol.21 特集《猿もうたえば》

グリール・マーカス『消える、忘れる』ジージー・ワイリー「最後の優しいことばブルース」訳―柴田元幸

https://www.switch-store.net/SHOP/MO0021.html


経歴や活動の詳細については知られていないが、ニックネームの"Geechie""Geechee"はサウスキャロライナ、ジョージア沿岸部では一般的なあだ名だったのが知られている。

posted by koinu at 10:14| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする