2020年09月30日

岡本太郎記念館「対峙する眼」企画展示

東京・岡本太郎記念館では、企画展「対峙する眼」を、2020年9月30日(水)から2021年1月31日(日)まで開催する。

岡本太郎が描いた内容は一見しただけでは判然としないものの、それでもほぼ必ず現れるモチーフが「眼」、何かしらの生きものの“いのち”であった。なかでも頻出するのが「対峙する眼」であり、向かいあうふたつの“いのち”が、語りあい、睨みあい、笑いあい、そして見る者を睨みつけるかのように表現されている。

企画展「対峙する眼」では、対峙する生きものが描かれた作品を一堂に集めて紹介。《にらめっこ》をはじめ、生命力にたぎる岡本の作品世界にふれられるり

企画展「対峙する眼」
会期:2020年9月30日(水)〜2021年1月31日(日)
会場:岡本太郎記念館
住所:東京都港区南青山6-1-19
TEL:03-3406-0801
開館時間:10:00〜18:00(最終入館は17:30)
休館日:火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日(月)〜1月4日(月))
観覧料:一般 650円、小学生 300円

○ 壇蜜が川崎市岡本太郎美術館を訪問「真にマルチな人」と痛感

https://www.news-postseven.com/archives/20200929_1598936.html?DETAIL

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする